原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_葉祥明来館!

  • 2019.07.19 Friday
  • 23:30

 

2019年7月20日(土)から9月23日(月祝)”の期間、富山県黒部市にある“黒部市美術館”にて葉祥明原画展が開催されます!拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

 

いよいよ、明日から開幕する本展。

10時から実施されるオープニング&ギャラリートークに出席するために、葉祥明が黒部市入りし、夕方に内覧をしました!ジョギング

 

「うわ〜、きれいかね〜!」と熊本弁で開口一番。

時間をかけて準備してきた私たちにとっても嬉しいひと言です。ウィンク

 

風雨が心配されますが、少しでも多くのお客さまにお越し頂ければ、と期待しています!ポッ

 

おうちこれまでの“黒部市美術館”の記事はこちらから!back

 

 

 

 

downdown地元のケーブルテレビ<みらーれTV>さんの取材も入りました!

 

 

 

 

 

downdown長井と私もインタビューを受けましたよ〜。モゴモゴ

 

原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_展示作業!

  • 2019.07.18 Thursday
  • 23:30

 

2019年7月20日(土)から9月23日(月祝)”の期間、富山県黒部市にある“黒部市美術館”にて葉祥明原画展が開催されます!拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

 

今日は朝9時から日通さんと一緒に、原画の展示作業を終日行いました。

全体の進捗としては、ほぼ完了し、明日は最後の仕上げをして、夕方に葉が来館する予定になっています。グッド

 

展示された作品は「美しい」のひと言です。

「今、僕はここにいる」という葉の軌跡をたどる旅。

きっと満足して頂けるのではないか?と思います。揺れるハート

 

それでは、展示作業の様子をご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“黒部市美術館”の記事はこちらから!back

 

downdown展示見取り図!

 

downdownいつものように、まずは作品を並べていきます。

 

 

downdown葉祥明の言葉が皆さんを誘います。

 

downdown日通さんと打ち合わせ!

 

downdown図面からでは計れない細かな部分までこだわります!工具

 

downdown取り付け作業開始!

 

 

downdown地元のケーブルテレビ“みらーれTV”さんの取材も!ラブラブ

 

downdown照明調整は自分たちで!あっかんべー

 

downdown作業完了!「いや〜、いいですねぇ。」と、ご満悦です!モゴモゴ

 

皆さん、長時間、お疲れ様でした!楽しい

原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_搬出!

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 23:30

 

2019年7月20日(土)から9月23日(月祝)”の期間、富山県黒部市にある“黒部市美術館”にて葉祥明原画展が開催されます!拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

 

今日は朝から黒部市入りしました!新幹線

 

そして、本当に久しぶりの太陽の光が美術館のある公園の緑を鮮やかに輝かせ、とてもきれいで、思わずバチバチと写真を撮ってしまいました…。モゴモゴ

 

もちろん、原画やグッズの搬入作業と、明日から始まる展示作業の下準備もバッチリ!工具

 

今日は、“黒部市美術館”がある素晴らしい公園の様子などをご覧下さい。写真の枚数がその癒し力を物語っているかと!

ゼッタイに、行きたくなりますよ!楽しい

 

おうちこれまでの“黒部市美術館”の記事はこちらから!back

 

downdownやっぱり、カッコイイ…。

 

downdown美術館は“黒部市総合公園”の一角にあります。

 

downdown道路前の看板もバッチリ!

 

downdown美術館に入る道路前

 

downdown看板が目印です!

 

downdownそして、こちらが正面玄関になります。

 

 

downdown館内の様子。北島学芸員と長井学芸員です。

 

 

downdownショップ場所です。とりあえず、在庫数を数え終えました。

 

downdown窓から見える外の風景。一服の絵のようです。

 

downdown天気もよく、北島学芸員の案内で散歩に!ご覧下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

downdownそして、美術館から500mくらい行くと、この海の風景が…。

downdown素晴らしい環境に囲まれた中にある“黒部市美術館”ということがお分かり頂けたと思います!

 

downdowndown開催要項!downdowndown

黒部_チラシ表.jpg

【タイトル】黒部市美術館開館 25 周年『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』
【開催場所】黒部市美術館
      〒938-0041 富山県黒部市堀切 1035

      TEL&FAX:0765−52−5011
【会  期】2019年7月20日(土)〜9月23日(月・祝)

【作家来場】7月20日(土)10:00〜12:30

                 <オープニングセレモニー〜葉祥明によるギャラリートーク&サイン会〜>
      場所:黒部市美術館展示室(予約不要・要入館料)

      9月7日(土)13:30〜15:30

      <講演会&サイン会>
      場所:部市国際文化センターコラーレ(富山県酩市三日市 20 番地)

         ※要予約(入場無料)、定員 150 名

         ※予約先 酩市美術館 TEL/FAX 0765-52-5011(月曜日を除く)

      9月8日(日)10:30〜12:30

      <葉祥明によるギャラリートーク&サイン会>
      場所:黒部市美術館展示室(予約不要・要入館料)

   
【開館時間】9:30から16:30まで(入館は16:00まで)
【休館日 】月曜日(但し8月12日、9月16日・23日は開館)8月13日、14日、9月17日、18日
【観覧料 】一般 700 円、高校・大学生 500 円 中学生以下無料

      ※障害者等手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料となります。

 

原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_搬出!

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 19:30

 

2019年7月20日(土)から9月23日(月祝)”の期間、富山県黒部市にある“黒部市美術館”にて葉祥明原画展が開催されます!拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

 

今日は冨山に向けて走ってくれるトラックに、原画やグッズを載せる作業をしました!工具

 

夜には現地に到着し、私と長井学芸員は明朝に新幹線で向かいます!新幹線

 

私自身、冨山は初訪問でもありますし、葉祥明の本格的な原画展としても北陸初となります。どんなオープニングを迎えることになるか、とても楽しみです!右斜め上

 

報告にも力が入ります!

どうぞ、ご期待下さい!楽しい

 

おうちこれまでの“黒部市美術館”の記事はこちらから!back

 

downdownトラック来ました〜。小雨になったのを見計らっての作業です。モゴモゴ

 

downdown原画と販売グッズを載せて、冨山まで走って下さいます!どうぞ、ご無事で!ロリポップ!

 

downdowndown開催要項!downdowndown

黒部_チラシ表.jpg

この度、黒部市美術館では開館25周年を記念して、葉祥明による北陸初の本格的個展を開催致します。1973年に創作絵本『ぼくのべんちにしろいとり』でデビューした氏は、月刊誌『詩とメルヘン』や『いちごえほん』に作品が掲載されたことをきっかけに広く知られるようになりました。半世紀に近い創作活動の中で、氏のまなざしは人間の心や平和、環境といった様々なテーマへ向けられていきます。本展で は初期メルヘン画を始めとし、絵本原画、油彩画、詩作品などを通してその活動を総合的にご紹介いたし ます。自然の美しい情景や物事の本質に触れた言葉の数々と共に、心豊かなひとときをお過ごしいただ ければ幸いです。

【タイトル】黒部市美術館開館 25 周年『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』
【開催場所】黒部市美術館
      〒938-0041 富山県黒部市堀切 1035

      TEL&FAX:0765−52−5011
【会  期】2019年7月20日(土)〜9月23日(月・祝)

【作家来場】7月20日(土)10:00〜12:30

                 <オープニングセレモニー〜葉祥明によるギャラリートーク&サイン会〜>
     場所:黒部市美術館展示室(予約不要・要入館料)

      9月7日(土)13:30〜15:30

      <講演会&サイン会>
      場所:部市国際文化センターコラーレ(富山県酩市三日市 20 番地)

         ※要予約(入場無料)、定員 150 名

         ※予約先 酩市美術館 TEL/FAX 0765-52-5011(月曜日を除く)

      9月8日(日)10:30〜12:30

      <葉祥明によるギャラリートーク&サイン会>
      場所:黒部市美術館展示室(予約不要・要入館料)

   
【開館時間】9:30から16:30まで(入館は16:00まで)
【休館日 】月曜日(但し8月12日、9月16日・23日は開館)8月13日、14日、9月17日、18日
【観覧料 】一般 700 円、高校・大学生 500 円 中学生以下無料

      ※障害者等手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料となります。

原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_招待券プレゼント!

  • 2019.07.12 Friday
  • 18:45

 

2019年7月20日(土)から9月23日(月祝)”の期間、富山県黒部市にある“黒部市美術館”にて葉祥明原画展が開催されます!拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

 

そこで、展示会への“ご招待券”を10組20名様にプレゼントすることに致しました!

ご自身でお使いになられる方はもちろん、ご親戚やご友人へ、という使い方でも結構です!グッド

 

ご希望の方は応募要項を記した上で、当館メールアドレスまでお知らせ下さい。

また、勝手ながら先着順とさせて頂きます。ひらめき

応募要項

・応募先:jake@yohshomei.com

・お名前:

・ご住所:

・電話番号:

を明記の上、応募された動機なども書き添えてくださると嬉しいです!

Instagram、Twitter、FBからも可能です。

 

7月20日(土)には、オープニングもありますしね!

皆さまのご応募をお待ちしております!

当選は発送をもって代えさせて頂きます!ジョギング

 

おうちこれまでの“黒部市美術館”の記事はこちらから!back

 

downdowndown招待券見本!downdowndown

190712-1.jpg

 

downdowndownチラシ表downdowndown

黒部_チラシ表.jpg

この度、黒部市美術館では開館25周年を記念して、葉祥明による北陸初の本格的個展を開催致します。1973年に創作絵本『ぼくのべんちにしろいとり』でデビューした氏は、月刊誌『詩とメルヘン』や『いちごえほん』に作品が掲載されたことをきっかけに広く知られるようになりました。半世紀に近い創作活動の中で、氏のまなざしは人間の心や平和、環境といった様々なテーマへ向けられていきます。本展で は初期メルヘン画を始めとし、絵本原画、油彩画、詩作品などを通してその活動を総合的にご紹介いたし ます。自然の美しい情景や物事の本質に触れた言葉の数々と共に、心豊かなひとときをお過ごしいただ ければ幸いです。

【タイトル】黒部市美術館開館 25 周年『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』
【開催場所】黒部市美術館
      〒938-0041 富山県黒部市堀切 1035

      TEL&FAX:0765−52−5011
【会  期】2019年7月20日(土)〜9月23日(月・祝)

【作家来場】7月20日(土)10:00〜12:30

                 <オープニングセレモニー〜葉祥明によるギャラリートーク&サイン会〜>
     場所:黒部市美術館展示室(予約不要・要入館料)

      9月7日(土)13:30〜15:30

      <講演会&サイン会>
      場所:部市国際文化センターコラーレ(富山県酩市三日市 20 番地)

         ※要予約(入場無料)、定員 150 名

         ※予約先 酩市美術館 TEL/FAX 0765-52-5011(月曜日を除く)

      9月8日(日)10:30〜12:30

      <葉祥明によるギャラリートーク&サイン会>
      場所:黒部市美術館展示室(予約不要・要入館料)

   
【開館時間】9:30から16:30まで(入館は16:00まで)
【休館日 】月曜日(但し8月12日、9月16日・23日は開館)8月13日、14日、9月17日、18日
【観覧料 】一般 700 円、高校・大学生 500 円 中学生以下無料

      ※障害者等手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料となります。

原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』チラシができました!

  • 2019.06.01 Saturday
  • 20:00

 

2019年7月20日(土)から9月23日(月祝)”の期間、富山県黒部市にある“黒部市美術館”にて葉祥明原画展が開催されます!拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

 

開幕まで約2ヶ月弱。

チラシが出来上がりましたので、ご紹介します!ラッキー グッド

 

メインビジュアルになったのは、美しい色彩が印象的な名作『妖精の棲む森』。

観る人の心を明るくし、心穏やかでメルヘンな世界へ誘います。ウィンク

 

画業45年を越えても尚、新作を発表し続けている葉祥明ですが、その多岐に渡る作品が故に、絵本作家、画家、詩人、という枠だけでは捉えることができないほど、長い時間をかけて築き上げてきた深い思索があります。ポッ

 

本展では、その全貌を少しでもご覧頂き、葉祥明が居る場所に、皆さんと一緒に立ちたいと思います。ぴかぴか

 

黒部市美術館開館25周年記念の展示会として、北陸では初の本格的原画展になります。ロリポップ!

 

一人でも多くの方にご覧頂きたいと思います。

お時間を作って、是非、お立ち寄り下さい。おはな

 

おうちこれまでの“黒部市美術館”の記事はこちらから!back

 

      downdowndownチラシ表downdowndown

黒部_チラシ表.jpg

この度、黒部市美術館では開館25周年を記念して、葉祥明による北陸初の本格的個展を開催致します。1973年に創作絵本『ぼくのべんちにしろいとり』でデビューした氏は、月刊誌『詩とメルヘン』や『いちごえほん』に作品が掲載されたことをきっかけに広く知られるようになりました。半世紀に近い創作活動の中で、氏のまなざしは人間の心や平和、環境といった様々なテーマへ向けられていきます。本展で は初期メルヘン画を始めとし、絵本原画、油彩画、詩作品などを通してその活動を総合的にご紹介いたし ます。自然の美しい情景や物事の本質に触れた言葉の数々と共に、心豊かなひとときをお過ごしいただ ければ幸いです。

【タイトル】黒部市美術館開館 25 周年『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』
【開催場所】黒部市美術館
      〒938-0041 富山県黒部市堀切 1035

      TEL&FAX:0765−52−5011
【会  期】2019年7月20日(土)〜9月23日(月・祝)

【作家来場】7月20日(土)10:00〜12:30

                 <オープニングセレモニー〜葉祥明によるギャラリートーク&サイン会〜>
     場所:黒部市美術館展示室(予約不要・要入館料)

      9月7日(土)13:30〜15:30

      <講演会&サイン会>
      場所:部市国際文化センターコラーレ(富山県酩市三日市 20 番地)

         ※要予約(入場無料)、定員 150 名

         ※予約先 酩市美術館 TEL/FAX 0765-52-5011(月曜日を除く)

      9月8日(日)10:30〜12:30

      <葉祥明によるギャラリートーク&サイン会>
      場所:黒部市美術館展示室(予約不要・要入館料)

   
【開館時間】9:30から16:30まで(入館は16:00まで)
【休館日 】月曜日(但し8月12日、9月16日・23日は開館)8月13日、14日、9月17日、18日
【観覧料 】一般 700 円、高校・大学生 500 円 中学生以下無料

      ※障害者等手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は無料となります。

 downdowndownチラシ表downdowndown

黒部_チラシ裏.jpg

 

原画展<ギャラクシティ>: 葉祥明ギャラリートークの様子!

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 19:00

 

2019年5月17日(金)から5月19日(日)”の三日間という短い期間でしたが、

足立区西新井駅近くの“ギャラクシティ”にて葉祥明原画展が開催されました!拍手拍手拍手

 

そして、5月19日(日)は、葉祥明によるギャラリートークを実施し、先着40名様がお越し下さいました!グッド

 

メモを熱心に取る方もおられ、小さなスペースではありましたが、原画展としても中身の濃い内容だったのではないかと思います。楽しい

 

それでは、今日はトークの様子をご紹介します!鉛筆2

 

おうちこれまでの“ギャラクシティ”の記事はこちらから!back

 

downdown通常のギャラリートークでは、皆さんと一緒に回廊するのですが、

  今回は着座でのお話しになりました。

190520-2.jpg

 

downdownまずは詩画集『おたんじょう おめでとう』から!downdown

190520-3.jpg

詩画集『おたんじょう おめでとう』では、橋本ご夫妻の詩に、色とりどりの絵が使用された本です。淡い色が多いですが、“母と子”、そして“愛”ということを表しています。温かく、幸せな色です。

 

190520-4.jpg

 

190520-5.jpg

 

190520-6.jpg

 

190520-1.jpg

僕は白い画用紙に空から描き始め、大地を描きます。そこに家なのか、木なのか、描きます。まるで天地創造のようです。そして、その絵を皆さんがパッと見たときに、あれこれ絵を解釈しようとする“自分”というものを忘れて絵の世界に入り込んで下さい。生きていくためには“自我”は必要ですが、“無我の境地”という深い意識に至ることも時には大切なのです。

 

downdown最後に記念撮影!downdown

190520-7.jpg

葉祥明を囲んで、橋本ご夫妻、ギャラクシティの村田館長(右端)、そしてギャラクシティの大室(左端)さん!ロリポップ!

 

ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。

スタッフの皆さま、お疲れ様でした!ラッキー

原画展<ギャラクシティ>: 橋本昌彦さん×小谷博子さん対談の様子!

  • 2019.05.18 Saturday
  • 19:00

 

2019年5月17日(金)から5月19日(日)”の三日間という短い期間ですが、

足立区西新井駅近くの“ギャラクシティ”にて葉祥明原画展が開催中です!拍手拍手拍手

 

今日は詩画集『おたんじょう おめでとう』の共著者である、“橋本昌彦・さやか夫妻”が製作した“プラネタリウム『LIFEいのち』”の特別上映&コンサートに合わせて、12時30分から約40分、ご夫妻と“東京未来大学”のこども心理学部准教授、“小谷博子”さんの対談が行われました!楽しい

 

葉祥明の出演はありませんでしたが、保育の現場や子育て、そして夫婦とは?自分とは?と多岐に渡るとっても有意義なお話し会でした。ニコニコ

 

明日は、葉祥明出演のギャラリートークとサイン会です。

橋本さんご夫妻もご来場とのことですから、予定外の演出があるかもしれませんよ!

ご来場、お待ちしております!楽しい

 

おうちこれまでの“ギャラクシティ”の記事はこちらから!back

 

190518-3.jpg

 

190518-2.jpg

きちんと子供や伴侶と向き合って共同作業で行うべき“子育て”。しかし、現実は仕事や生活でのストレス、あるいはこれまで心に抱えたままの怒りや寂しさから、一気に不満が噴出してしまう場面が多々ある。お互いにぶつかることは、それぞれの考えや感性、歩んできた人生を受容するための前向きな過程と捉え、自分で自分の状態に気づく<自己ヒーリング>の力を養うこと大切。そのことが優しさや思いやりの行動につながり、愛情表現として次に進むステップになるのではないだろうか?

 

190518-6.jpg

upup対談後は、原画の鑑賞。upup

 

190518-1.jpg

明日も、会場前で販売会とサイン会を実施します!

 

190518-4.jpg

 

downdown橋本昌彦・さやか夫妻”、おつかれ様でした!downdown

190518-5.jpg

 

maga_ギャラク.jpg

【テーマ】『葉祥明原画展〜いのちとこころの情景を描き続ける絵本作家〜
【期 間】2019年5月17日(金)〜19日(日)9:00〜18:00
【会 場】ギャラクシティ 2F わーくしょっぷスタジオ
【観覧料】無料
【作家来場】5月19日(日)14:00〜15:00 ギャラリートーク&サイン会

【予 約】当日先着40名様

原画展<ギャラクシティ>:設営と展示の様子!

  • 2019.05.17 Friday
  • 16:30

 

2019年5月17日(金)から5月19日(日)”の三日間という短い期間ですが、

足立区西新井駅近くの“ギャラクシティ”にて葉祥明原画展が本日より開催です!拍手拍手拍手

 

詩画集『おたんじょう おめでとう』の共著者である、“橋本昌彦・さやか夫妻”が製作した“プラネタリウム『LIFEいのち』”の特別上映&コンサートに合わせて企画されました。楽しい

 

本展では、「私たちの命はどこから来たのか?命を育むということは?」ということをコンセプトに、詩画集『おたんじょう おめでとう』、絵本『宇宙からの声』、DVD『Healing Heart』から抜粋してご覧頂きます。ロリポップ!

 

ちょっと壮大な感じではありますが、葉祥明作品をご覧頂くことで、日々の疲れを癒し、ご自身の生活や子育て、お仕事へポジティヴに向き合うきっかけにして頂ければと思います!ラッキー

 

今日は設営と展示の様子をご覧下さい!グッド

 

おうちこれまでの“ギャラクシティ”の記事はこちらから!back

 

downdown会場は2階のわーくしょっぷスタジオ。臨時会場です。downdown

190517-1.jpg

 

downdown二人がかりでパーテーションを運び込んで、壁面を作っていきます。downdown

190517-2.jpg

 

190517-4.jpg

 

downdown普段はお子さんが遊ぶお部屋が原画展会場に様変わりしていきます。downdown

190517-3.jpg

 

190517-5.jpg

 

190517-6.jpg

 

190517-7.jpg

 

downdown完成です!すっきりとまとまりました。downdown

190517-8.jpg

 

downdownプロフィール、ご挨拶からスタート。downdown

190517-9.jpg

 

downdown詩画集『おたんじょう おめでとう』のコーナーdowndown

190517-10.jpg

 

downdownDVD『Healing Heart』。downdown

190517-11.jpg

 

downdownモニターも設置しましたので、ご覧頂けますよdowndown

190517-12.jpg

 

downdown絵本『宇宙からの声』。downdown

190517-13.jpg

 

190517-14.jpg

 

downdown5月18日(土)には橋本昌彦さんと小谷博子准教授の対談の他、

  『LIFEいのち』の上映&特別コンサートが行われますよ!downdown

190409-2.jpg

maga_ギャラク.jpg

【テーマ】葉祥明原画展〜いのちとこころの情景を描き続ける絵本作家〜
【期 間】2019年5月17日(金)〜19日(日)9:00〜18:00
【会 場】ギャラクシティ 2F わーくしょっぷスタジオ
【観覧料】無料
【作家来場】5月19日(日)14:00〜15:00 ギャラリートーク&サイン会

【予 約】当日先着40名様

原画展<ギャラクシティ>:葉祥明の原画展開催決定!_のお知らせ!

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 18:00

 

2019年5月17日(金)から5月19日(日)”の三日間という短い期間ですが、

足立区西新井駅近くの“ギャラクシティ”にて葉祥明原画展が開催されることが決まりました!拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手拍手

 

昨年この施設で、詩画集『おたんじょう おめでとう』の共著者である、“橋本昌彦・さやか夫妻”が製作した“プラネタリウム『LIFEいのち』”が上映され、その時に葉祥明がゲスト出演したのがご縁で、更に館長ご自身も葉祥明の大ファンということもあり、実現!楽しい

 

原画の展示数としては約30点ほどですから、多くはありませんが、中身の濃い展示になれば、と思っています。ロリポップ!

 

どうぞ、ご期待下さい!グッド

 

maga_ギャラク.jpg

【テーマ】『葉祥明原画展〜いのちとこころの情景を描き続ける絵本作家〜
【期 間】2019年5月17日(金)〜19日(日)9:00〜18:00
【会 場】ギャラクシティ 2F わーくしょっぷスタジオ
【観覧料】無料
【作家来場】5月19日(日)14:00〜15:00 ギャラリートーク&サイン会

【予 約】当日先着40名様

 

downdowndownこちらがギャラクシティの外観です。

 

downdowndownギャラクシティNEWS>の巻頭を飾っています!

190409-1.jpg

 

downdowndown原画展開催期間中となる5月18日には『LIFE いのち』の上映もありますよ!

190409-2.jpg

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_葉祥明来館!
    toshi (07/20)
  • 原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_展示作業!
    toshi (07/19)
  • 原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_搬出!
    toshi (07/17)
  • ミュージアムイベントのご報告:Life is......葉祥明&ウォン・ウィンツァン〜朗読とピアノのコンサート〜
    toshi (07/16)
  • 原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_招待券プレゼント!
    toshi (07/13)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年6月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (07/12)
  • ミュージアムトークのお知らせ:詩画集『Life is ......』原画展!
    toshi (07/11)
  • 今日は七夕&葉祥明の誕生日です!
    toshi (07/08)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2019年<紫陽花便り>-その4
    toshi (07/07)
  • 葉祥明作詞『小さな祈り〜My Little Prayer〜』のご紹介!
    toshi (07/06)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM