葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』_その3

  • 2019.01.19 Saturday
  • 17:00

 

三日連続で詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』から、“リラちゃんのお部屋”で展示している葉祥明作品のご紹介です。鉛筆

 

原画作品の展示としては、表紙絵なのですが、詩は別のページからの引用となっています。

そちらも合わせてご一読下さい。見る

 

作品は今日も“ヘルマン・ヘッセ”の詩より。

すごく分かりやすいのですが、相当なロマンチストのように感じます。

でも、そこに葉祥明の絵がマッチするということは、やはり同じようにロマンチストなのかもしれませんね!ウィンク

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_3299 2.jpg

 

IMG_3300.jpg

 

 

恋愛詩_3net.jpg

愛の歌』 詩」ヘルマン・ヘッセ 絵:葉祥明

 

ぼくの故郷は何だろう?

ぼくの故郷は かわいらしい

ここかと思うと またあちらへ

ぼくの心をうばって つれて行く

痛みを 安らぎを ぼくにあたえる

きみこそが ぼくの故郷

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

<表紙カバー>

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』_その2

  • 2019.01.18 Friday
  • 19:30

 

昨日に引き続き、“リラちゃんのお部屋”の展示作品のご紹介です。

 

画集『世界の恋愛詩を読みかえす』より、葉祥明の作品が掲載されているページの原画を展示しています。ロリポップ!

(※昨日は「世界の名詩を読みかえす」としてご紹介しましたが、上記の間違いでした。お詫びして訂正致します)

 

今日も“ヘルマン・ヘッセ”の詩より。

私生活では何度も失恋し、結婚生活も何度も破綻したとか…。

だからこそ、生まれた名詩なのかもしれませんね。

1946年にはノーベル文学賞を受賞しています。鉛筆

 

そして、葉祥明の濃紺の夜の絵がちょっと寂しくも、どこかに柔らかな眼差しを感じます。ニコニコ

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_0064.jpg

 

IMG_0065.jpg

 

恋愛詩_2.jpg

なんと毎日が…』 詩」ヘルマン・ヘッセ 絵:葉祥明

 

なんと毎日がやりきれないのだろう!

どんな暖炉にあたっても

からだがあたたまらない

太陽ももう

わたしにほほえんではくれない

なにもかもうつろで

なにもかも冷ややかで 心つれない

やさしい明るい星たちも

どう慰めたらいいのかわからないまま

わたしを見つめている

恋も死ぬことを

身にしみて知ったあの日から

 

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

<表紙カバー>

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』

  • 2019.01.17 Thursday
  • 15:00

 

先日、“階段とクロウドの部屋の常設展示”をご案内しましたが、“リラちゃんのお部屋”では、詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』より、葉祥明の作品が掲載されているページの原画を展示しています。ロリポップ!

 

本書はヘッセ、ハイネ、リルケ、ゲーテ、コクトーなど、世界の名だたる詩人が読んだ恋愛詩を49編セレクトして、そこに、日本を代表する画家の絵を添えたユニークな詩画集です。とても知的で品位のある一冊としてロングセラーになっています。ニコニコ

 

今日は、その中から1点、ご紹介します。鉛筆

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_0058.jpg

 

IMG_0057.jpg

おねがい』 詩:ヘッセ 絵:葉祥明

 

いつかあなたが

言えないことをたくさん言える

あなたのかわいらしい手を

さしのべてくれたとき

わたしはあなたにききました

わたしを愛してくださいますか と

 

でも いまのおねがいは

愛してください ではありません

ただ あなたがわたしのそばにいて

ときおり 黙ったままそっと

手をさしのべてさえいてくだされば

いいのです

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

 

※昨日アップした記事の内容を訂正しております。掲載本が「世界の名詩よ読みかえす」ではなく、正しくは「世界の恋愛詩を読みかえす」でした。お詫び致します。

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_階段&クロウドの部屋の様子

  • 2019.01.10 Thursday
  • 21:00

 

<2018年_秋の展示>をご紹介しないまま、<冬の展示>に…。モゴモゴ

 

階段壁の片面はジェイクをメインにしてみました。

クロウドの部屋>は“はちぞう”がとってもかわいらしい、絵本『ほしにいのりを』です。ラッキー

 

いずれの作品も原画ならではの細緻で美しい色が間近でご覧頂けますよ!

原画の前を通るたびに「きれいだなぁ」と思います。ロリポップ!

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_3288.jpg

「HOUSE OF PUPPY」…。

小さい方がジェイクなのか?ジェイクはここには居ないのか…?

葉はあるとき「ジェイクという犬種じゃない?」とも…。「えぇ?」

 

IMG_3289.jpg

 

190110-4.jpg

こちらが、絵本『ほしにいのりを』の原画を展示している<クロウドの部屋>。

この星に降り注いだ流れ星が“”という命をもたらしてくれた、という先進的な仮説が織り込まれています!

 

190110-5.jpg

 

190110-3.jpg

 

downdowndown画像ではかわいらしさ、素晴らしさを伝えきれない一枚です。downdowndown

190110-1.jpg

是非、ご自身の目で!

葉祥明美術館の常設展:2018年<夏の展示>_クロウドの部屋

  • 2018.07.05 Thursday
  • 18:20

 

今回、クロウドの部屋では“前回と同じ出典”となる、月間保育絵本『こどものせかい』から葉祥明作『ひかりの なかで』の原画を展示しています!ウィンク

 

こどものせかい』は“至光社”が1955年に創刊した月刊絵本で、キリスト教幼稚園、保育園で広く読まれてきました。葉祥明のデビュー作、絵本『ぼくのベンチにしろいとり』が生まれたご縁の深い絵本作品集です。ロリポップ!

 

本作は、こどもたちが健やかに安心してこの世界の“愛”を感じてほしいという願いが込められています。“ひかり”や“かみさま”と表現されている部分は、お母さん、お父さん、あるいは子どもたちをあたたかく見守る人々や自然のことなのかもしれませんね。ニコニコ

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_1706.jpg

 

IMG_1715.jpg

 

down本文を一部紹介します。鉛筆2

180705-1.jpg

冊数限定で特別に当館店頭で販売しております。

 

IMG_1707.jpg

あさごはん

  いただきまーす!

 

おこめを つくってくれた ひと

パンを やいてくれた ひと

ぱく ぱく もぐ もぐ

 

  ごちそうさま

      ありがとう!

 

IMG_1708.jpg

ひかりの なかで

きょうが はじまる

 

   いってきまーす!

     いってらっしゃい!

 

IMG_1709.jpg

きょうは みんなで ピクニック!

  はい ならんで ならんで げんきよく

 

ひかりの なかで たのしいな

 

IMG_1710.jpg

 ただいま!

 

みんな まってた?

 あいたかったよ

 

みんなのこと

  だーいすき!

 

IMG_1712.jpg

ゆうやけは

 かみさまからの

ひかりの おくりもの

 

IMG_1714.jpg

よるの しずけさの なかに

  かみさまが いる

 

おやすみなさい

  おやすみなさい

 

また あした

葉祥明美術館の常設展:2018年<夏の展示>_階段の様子

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 18:30

 

今日も夏ですね!

葉と打ち合わせしたのですが、本人はもうバテてしまっていました…。たらーっ

 

さて、今日は当館の<夏の展示>をご紹介します。

 

やはり夏と言えばシチュエーションとしては“”。

葉祥明の描く海は、あくまでも静かで涼しげです。

入道雲が描いてあったとしても、真夏の強い日差しや暑さを強調する手段ではなく、夏という状況を作る大道具のようなものかもしれません。ニコニコ

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_1703.jpg

 

IMG_1704.jpg

 

IMG_1705.jpg

 

                     <白いヨット・1984年制作>

 

          <夜のヨット・1976年制作>

 

IMG_1716.jpg

 

IMG_1717.jpg

 

down絵本『海からの風』より

IMG_1719.jpg

安心して
その身をまかせておけば

海も人生も
君を優しく包み込み
様々な経験をさせてくれる
そしていつのまにか
風と潮の流れは
君を人生の最終目的地へと
運んでくれるだろう

葉祥明美術館の常設展:2018年<春の展示>_階段の様子

  • 2018.03.18 Sunday
  • 19:00

 

今日は<春の展示>階段のコーナーをご覧頂きます。見る

 

春の絵は葉祥明の得意とするところ。

広々とした緑の草原と青い空。そこに集う子どもや花々、動物たちを描けば、命がきらきら輝く春の絵になります。アート

 

今回はジェイクとガールフレンドが描かれた作品の他、はちぞうとその仲間たちなど、楽しい絵を中心に展示しています。ウィンク

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

 

 

down絵本『ジェイクの幸せってなあに?』より鉛筆2

 

downジェイクとグレイス!ハート大小

 

down絵本『はちぞうのぼうけん』より鉛筆2

 

 

葉祥明美術館の常設展:2018年<春の展示>_クロウドの部屋

  • 2018.03.17 Saturday
  • 12:30

 

3月に入り、美術館2階の展示室も“”へと衣替えをしました!グッド

 

今回、クロウドの部屋では月間保育絵本『こどものせかい』から葉祥明作『かみさま おてつだいしま〜す』の原画を一部展示しています!ウィンク

 

こどものせかい』は“至光社”が1955年に創刊した月刊絵本で、キリスト教幼稚園、保育園で広く読まれてきました。作品の一部は絵本化されるだけでなく、翻訳本として海外出版されるケースがあります。読書

 

そのひとつの事例が絵本『ぼくのベンチにしろいとり』なのです!

まさに、葉祥明のデビューとなった深い関わりのある月刊絵本。ロリポップ!

 

今回も宗教という枠を越え、幼児教育の大切さを感じるとてもよい小作品になっています。ニコニコ

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

 

 

 

 

 

 

down本文を一部紹介します。鉛筆2

かみさま うれしい はるを ありがとう

ぼくも かみさまの おてつだいしたいなぁ

いろんな はるが

さいている さいている

むしさんたちも

いきている いきている

みんな みんな

かみさまに いかされている

よぞら いっぱいの

おほしさま おつきさま

ここに いてねって

かみさまが いったんだよね

そうか おほしさまも おつきさまも

かみさまの おてつだいしているんだね

ぼくたちも かみさまの おてつだいします!

いきものを かわいがる

ないているこを なぐさめる

ひとりぼっちのこの ともだちになる

じぶんがしてほしいことを してあげる

たすけあう やさしくする

いじわるしない いじめない

みんなと なかよくする

葉祥明美術館の常設展:2017年<冬の展示>

  • 2018.01.15 Monday
  • 18:30

 

今日は、季節ごとに展示を変えている“冬の常設展”のご案内です。鉛筆2

(タイトルは2017年に準ずる展示ですので、2018年にしませんでした)

 

冬の絵は当然、寒々しい色合いになるものですが、ジェイクの絵となると、それも関係なく明るい絵になりますね!ラッキー

 

そして<クロウドのお部屋>では、1978年、1998年と重版を重ねたものの、絶版になってしまった絵本『小さなえんとつそうじ屋さんと作曲家』(サンリオ)で描かれた作品をご覧頂きます。初期のメルヘンな風合いがとってもかわいらしいです!ラブラブ

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

 

down絵本『ぼくのゆきんこ』より

 

down絵の具の厚塗りの様子がよくわかります。

 

downこちらが<クロウドの部屋>です。

 

 

とっても雰囲気があって、メルヘンなかわいらしさがあります。

色彩感も葉祥明らしい、やさしさにあふれています。地球

葉祥明美術館の常設展:2017年<秋の展示>

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 23:00

 

9月に入り、残暑厳しい…と思っていたのですが、このまま秋になってしまうのでしょうか?モゴモゴ

 

さて、当館では階段とクロウドのお部屋、リラちゃんのお部屋を“秋の展示”に衣替えしました。ウィンク

 

階段とリラちゃんのお部屋では“秋らしい風景”を。

クロウドの部屋では絵本『ジェイクとかみひこうき』の原画を展示しています。あっかんべー

特にピンクの絵「夕暮れの空のオルガン」は41年前の“1976年「いちごえほん」5月号”に掲載されたとても貴重なメルヘン画です。ポッ

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

170906-1.jpg

 

170906-2.jpg

 

170906-3.jpg

 

170906-4.jpg

 

170906-5.jpg

 

170906-6.jpg

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • イベントのお知らせ:<パステルシャインアート講座>第34期
    toshi (01/22)
  • 葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』_その3
    toshi (01/20)
  • 葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』_その2
    toshi (01/19)
  • 葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』
    toshi (01/18)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年1月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (01/16)
  • ミュージアムトークのご報告:『Mountains 〜山からの風〜』原画展
    toshi (01/14)
  • イベントのご報告:「星に願いを〜チャリティコンサート」!@茅ヶ崎市民文化会館小ホール
    toshi (01/13)
  • 葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_階段&クロウドの部屋の様子
    toshi (01/11)
  • 掲載されました:『毎日新聞』_<「Life is ......」書評>_2019年1月6日
    toshi (01/10)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2018年12月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (01/08)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM