いちご新聞'17年4月号・『心にAroma(アロマ)』no.18のご紹介です!_1/2

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 23:00

 

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号が発刊されましたのでご紹介します!見る

心にAroma(アロマ)』!
皆さんの心の中に良い香りが漂ってきますように!ウィンク

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

170329-1.jpg

『 あの日 』   絵・文:葉祥明

 

あの日のことは

忘れない

あなたのことも

忘れない

いのちの

かけがえのなさを

知ったあの日の・・・

いちご新聞'17年3月号・『心にAroma(アロマ)』no.17のご紹介です!_2/2

  • 2017.03.03 Friday
  • 23:00

 

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号を“2017年3月2日”の記事に続き掲載します。
内容は葉祥明のインタビューです!鉛筆2

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

Q:今月はバレンタインデーとホワイトデーにちなんで、恋愛についてお願いします。

A:好きな人ができると、相手から好きって言ってもらえるのが一番うれしい。本当はそうなってほしいと思うけど、残念なことに実際なかなかそのようにはいかない…。

 

相手への気持ちを、ずっと心の中に秘めて想い続けることは、僕はとってもピュアだと思うし、それは永遠の宝物だと思うんだ。その気持ちはずっとピュアなまま保たれていることになるから。相手に返答の責任を押しつけたくないという気持ちで、想いを秘めたままにしている人がいたなら、それも僕は、相手への思いやりだと思う。お互い今まで通りでいられるしね。一方、自分から相手に気持ちを伝える人も、それは自分の心を見つめ直し、前に進むためのいいステップだと思う。

 

恋愛は、相手があることだから、自分の気持ちだけでどうにかなることではないということを、忘れてはいけない。自分にできることは、相手を思いやること。そして、自分の気持ちを大切に、見つめ直すことなんじゃないかな。

いちご新聞'17年3月号・『心にAroma(アロマ)』no.17のご紹介です!_1/2

  • 2017.03.02 Thursday
  • 14:00

 

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号が発刊されましたのでご紹介します!見る

心にAroma(アロマ)』!
皆さんの心の中に良い香りが漂ってきますように!ウィンク

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

ある日… 』   絵・文:葉祥明

 

あなたが好き!って

素直に爽やかに

言えたら

全てが変わる

そんな気がする

 

介護専門雑誌『おはよう21』2017年4月号:葉祥明コーナーのご紹介

  • 2017.02.27 Monday
  • 17:03

 

介護専門職の総合情報誌「おはよう21」の
最新号に掲載された葉祥明コーナーのご紹介です。鉛筆

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“おはよう21“の記事はこちらからどうぞ!back

 

170227-1.jpg

『Life is…』 No.142   絵・詩:葉 祥明

 

あなたは

自分ができることを

すればいいのです

 

あなたが

できないことは

 

それをできる

誰かがやります

 

掲載記事のご紹介:『読売新聞』西部朝刊_2017年2月19日(日)

  • 2017.02.25 Saturday
  • 17:30

 

聖徳太子 1400年の祈り>…。

聖徳太子が創建した法隆寺の“熊本地震・復興支援イベント”が

3月14日(火)に熊本で行われます!拍手拍手拍手

 

応募要項などすでにお伝えしている通りですが、

その告知記事が読売新聞西部版に掲載されましたので、ご報告します!

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

170225-1.jpg

紺野美沙子さんが朗読〜来月14日 阿蘇を描いた絵本〜

 

3月14日に「くまもと県民交流館パレア」(熊本市中央区)で開かれる「『和』のこころを語る〜復興への道しるべ〜」(読売新聞社など主催)で、俳優・紺野美沙子さんが、熊本出身の絵本作家・葉祥明さんの「ASO〜阿蘇、ぼくの心のふるさと〜」(佼成出版社)を朗読する。

 

紺野さんは2010年から「紺野美沙子の朗読座」を主宰。全国でアートと朗読を組み合わせた公演を実施しており、東日本大震災の被災地でも披露してきた。「ASO」はカラーのB4変型版、36ページ。鮮やかな緑の草原が広がる場面などが描かれ、阿蘇への望郷の思いなどがつづられている。

 

葉祥明さんの作品を紹介する北鎌倉葉祥明美術館(神奈川県鎌倉市)の堀内重見館長は「地震や豪雨など苦難が続いた今こそ、熊本の人に聞いてほしい」と話している。

 

イベントでは、法隆寺の大野玄妙管長と紺野さん、熊本出身の俳人・長谷川櫂さんが鼎談。奈良県マスコットキャラクター「せんとくん」も登場する。

掲載されました:『ゼロからスタートENGLISH』!第48号(2017年冬号)

  • 2017.02.20 Monday
  • 17:30

 

Jリサーチ出版”から出版されている絵本といえば、当館では“英語絵本シリーズ”ですが、

同出版社から販売されているメインの書籍は『ゼロからスタートENGLISH』!グッド

 

ここ数年の英語熱の後押しもあって、

店頭での販売はもちろん、定期購読の方も増えているそうです。びっくり

 

そして、その雑誌に“Message from JAKE”と題して、“最新号”にジェイクが登場!

描き下ろしなので、なかなか貴重です…。汗

 

皆さんもこれを機会に英語、どうでしょうか?

私も読んでみようか…、と思案中です!イヒヒ

 

家これまでの“ジェイク絵本英語読み聞かせシリーズ”の記事はこちらから!

 

Listen, even the snow is singing.

While the days are cold

snowy landscapes are few and far between

so let's enjoy them together.

 

ほら、雪も歌ってる。

寒い日もあるけど、

でも、1年で数えるくらいしかないこの雪景色。

みんなでEnjoyしよう

 

downちなみに…、

こちらは定期購読を申し込んで下さった方への図書カード・ギフトだそうです!

170220-1.jpg

掲載されました:『かまくら春秋』_2017年1月号

  • 2017.02.11 Saturday
  • 17:30

 

かまくら春秋社”が発刊している鎌倉・湘南の情報誌『かまくら春秋』1月号に

葉祥明がエッセイを寄稿しました。鉛筆2

 

私の鎌倉』というコーナーで、

北鎌倉を取り上げ、自身の美術館である当館も紹介していますよ〜。汗

 

皆さんも、是非、“北鎌倉で一日過ごしてみて下さい!グッド

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

 

170211-1.jpg

私が本当に鎌倉らしいと思っているのが「北鎌倉」だ。昔から余り変わっていない木造の小さな駅舎。円覚寺側の改札口を出ると、目の前に巨木がうっそうと林立した円覚寺だ。いつ訪れても一瞬の内に自分の気分が変わる。七百年前の古鎌倉に迷い込んだかのようだ。鎌倉駅前の都会的賑わいとは違う。心身が浄められるような、静かな佇まいは、今も昔も変わらない。

 

北鎌倉の狭い区域には円覚寺の他に、建長寺、浄智寺という大きなお寺さんがあり、その他、かつては、駆け込み寺だったという庭が美しい、東慶寺。実は個人的には、この小ぢんまりとした寺が私のお気に入り。そして、アジサイで有名な明月院!

 

アジサイの季節には寺全体が幻想的な、青アジサイで埋め尽くされ、人々をうっとりさせる。一生の内、一度は、この青い花の世界を訪れて欲しいと思う。

 

この明月院通りに、葉祥明美術館がある。前庭が印象的な小ぢんまりとした渋いレンガの洋館で、近くには、食事処、甘味店、カフェなどもある。今日は、思い切って、「北鎌倉」だけ味わうってのも素敵だと思う。(葉祥明)

取材を受けました:通販カタログ『佳人手帳』春号!

  • 2017.01.18 Wednesday
  • 17:00

昨日の1月17日は阪神淡路大震災の日でした。

あの時の映像には信じられない思いを抱きましたが、4月16日には熊本地震から1年となります。

まさか、自分の故郷・熊本が…、と、日本中、どの地域でも震災が起こってもおかしくないことを思い知らされました。ノーノー

 

今回の取材はその熊本地震復興支援の一環として、

小学館が発行している通販カタログ『佳人手帳』に特集ページを企画し、熊本を応援して下さることに!有り難いことです。ロリポップ!

 

熊本の物産を主に取り扱うということですが、

被災地・南阿蘇の“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”もその一つに加えたいとのことで、

取材と商品の提供をすることになりました。ウィンク

 

今日はその取材の様子をご紹介します。

葉山館長の上京に合わせて、兄弟二人揃ってのインタビューです!あっかんべー

 

URLこれまでの“取材を受けた様子”はこちらから!back

 

170118-1.jpg

 

170118-2.jpg

 

170118-3.jpg

 

170118-4.jpg

二人が手にしている原画の他、アートグラフも販売します!モグモグ

いちご新聞'17年2月号・『心にAroma(アロマ)』no.16のご紹介です!_2/2

  • 2017.01.13 Friday
  • 17:30

いちご新聞サンリオ』の最新号を“2017年1月11日”の記事に続き掲載します。
内容は葉祥明のインタビューです!鉛筆2

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

170112-1.jpg

Q:新たな年を迎え、今回の絵にはどんなメッセージを込められましたか?

A:一歩離れて、自分の時間を持つこと。みんな日々の渦の中にいて、その中で夢中になっ

  ていると思うんだ。今年はその渦から離れる時間と場所、そして気持ちを持ちましょ

  う、という気持ちを込めて、この広大な冬の大地の景色を描きました。

 

Q:一歩引いて、冷静になるということですね。一人の時間を持つということですか?

A:そうだね。一人でいること、離れること、静けさの中にいることで、本来自分が持って

  いるけれども疲れなどでダメになっている部分を取り戻すことができると思うんだ。

  英語で「Retreat(リトリート)」。

 

Q:離れるということは、具体的にどんなことですか?

A:気持ち的に現実から離れる、解放されるということだね。たとえば、静かな場所に行

  く。神社だったり、お寺でもいいし、公園、美術館とかもいいよね。好きな音楽を聴

  くのでもいいし、本を一人静かに読むのでもいいと思うよ。そういう時間が少しでもあ

  ることで、神経が研ぎ澄まされるんだ。自由で、お金もかからず、心身を治癒する方

  法、それがRetreat=「一人の時間の中で、自分の内側を見ることで、自分を取り戻す

  こと」。スマホを見たり、コンサートに行ったり、お祭りなど、それらは、外側で起き

  ていること。外側だけを見るのではなく、新年は内側に引き下がって、自分を取り戻

  時間も大切にして欲しい。

 

  みんなやっぱり無意識に時間に追われているんだよね。自分の時間があるはずなのに、

  心では時間に追われている。日本には「間(ま)」という言葉があるけど、「間」があ

  ってこそ、次に行けると僕は思う。まさに自分の内側を見つめる「ひと休み」が「間」

  であり、「Retreat」の時間であり、とても大事なことだと思うよ。

いちご新聞'17年2月号・『心にAroma(アロマ)』no.16のご紹介です!_1/2

  • 2017.01.11 Wednesday
  • 18:00

 

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号が発刊されましたのでご紹介します!見る

心にAroma(アロマ)』!
皆さんの心の中に良い香りが漂ってきますように!ウィンク

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

170111-1.jpg

北の大地 』   絵・文:葉祥明

 

北の大地の

新しい夜明け

確かな足どりで

群は黙々と進む

未来に何が

待ち受けていようと

躊躇することなく

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'17年4月号・『心にAroma(アロマ)』no.18のご紹介です!_1/2
    toshi (03/30)
  • 公式ホームページ:あと5日です!
    toshi (03/27)
  • 葉祥明美術館メールマガジンvol.73を配信しました!
    toshi (03/26)
  • フェアのお知らせ:2017年<うすい郡山>にて!_ 告知!
    toshi (03/26)
  • 平成28年熊本地震:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_催行決定!と追加募集!
    toshi (03/25)
  • 葉祥明美術館の常設展:2017年<春の展示>
    toshi (03/23)
  • フェアのお知らせ:2017年<横浜ロフト>にて!_原画販売!
    toshi (03/22)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『赤毛のアン』原画展_展示の様子!
    toshi (03/21)
  • 葉祥明美術館「ミュージアムミュージック」のご報告:出演<リラ・コスモス >!
    平川(リラ・コスモス) (03/20)
  • 葉祥明美術館「ミュージアムミュージック」のご報告:出演<リラ・コスモス >!
    toshi (03/19)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM