葉祥明ヒストリー:『ヘッセ詩集 手紙 -Der Brief-』1983年

  • 2007.01.19 Friday
  • 18:13
いまとなっては懐かしい…、葉祥明の過去の作品、仕事を
ご紹介するコーナー、葉祥明ヒストリーシリーズ。

本日は、1983年出版の『ヘッセ詩集 手紙』へ
スポットライトをあててみましょう…。ひらめき



読書ヘッセ詩集 手紙 -Der Brief-』1983年
絵:葉祥明 訳:飯吉光夫
発行:株式会社サンリオ

◇ギフトブックシリーズ◇と題された、文庫本サイズのかわいい詩集でした。
(綴じ方はきちんとしたハードカバーで、高級感があります グッド



シリーズには『リルケ詩集』『立原道造詩集』(ともに葉祥明が絵を担当)、
そして葉祥明自身のミニ詩画集『遠い日の夢』がありました。

以前のブログにて、このシリーズをお持ちのファンの方が
コメントを書き込みをしてくださっていましたね ラッキー
どうもありがとうございます。




いまこうして改めて見ても、とても美術的価値のある作品ですね。 さくらんぼ
ただただ、美しいです…。

この本の詩の作者、ヘルマン・ヘッセについての詳しい情報は、
以下のリンクよりご覧くださいね。

PC ヘルマン・ヘッセ - Wikipedia


《ヘッセ詩集によせて》 葉祥明
受験を控え、やりたいこともやれず、頭のどこかにいつもそのことが暗雲のように覆っていた少年時代にヘッセの自伝的小説「車輪の下」を読みました。当時の自分の境遇と小説の主人公とを重ね合わせ自分の暗い人生を思い、重苦しい気分でいたことをおぼえています。
人は、子供時代は学校や家庭に縛られて、大人になっては、誰もが決められたような人生を歩むことを余儀なくされているけれど、本当は各自にふさわしい、その人ならではの人生があっていい筈。どうして人の一生は車輪の下なのでしょう。だからこそ、野に出て、野に遊び、野に生きることを願ったヘッセの詩とその心は私を打ちます。そして詩人を自分の天職と考えていたヘッセを、今私がとても身近に感じるのは、私もまた彼と同じ七月生まれだからでしょうか。

今回ご紹介した本もまた、すでに絶版になっており
入手が難しい作品ではありますが、もし見かけることがありましたら
ぜひ、味わってみてくださいね。 見る

とても寒い毎日ですが、陽の当たる窓辺で、あたたかい飲み物とともに
良き時代のメルヘンにひたるひとときというのも、ちょっとぜいたくですよね ホットコーヒー
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『ピーターパンとウェンディ』原画展_チラシのご紹介
    toshi (11/20)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2017年11月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (11/19)
  • フェアのお知らせ:2017年<鹿児島山形屋>にて!
    toshi (11/18)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2019年版>_制作スタート!
    toshi (11/16)
  • 祥明美術館のお庭便り:2017年<秋の装い>-その6
    toshi (11/14)
  • 講演会のご報告:「第11回サウンドヒーリング研究会」@クリエクロス神田
    toshi (11/13)
  • 北鎌倉を楽しむ:<おくら北鎌倉〜雑貨・テイクアウトドリンク〜>さん
    toshi (11/11)
  • チャリティ活動:第31回 NHK厚生文化チャリティー展_作品販売のお知らせ!
    toshi (11/08)
  • 北鎌倉を楽しむ:<コンロラン〜いろんな国の雑貨〜>さん
    toshi (11/07)
  • 祥明美術館のお庭便り:2017年<秋の装い>-その5_玉菊来館!
    ゆきの (11/05)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM