講演会のお知らせ:聖トマス大学「再び会う日のために」

  • 2010.01.04 Monday
  • 00:00
こちらの講話は定員に達し、締め切りました。
ご応募をありがとうございました。


1月に行われる葉祥明講演会のお知らせです。拍手拍手拍手

今回の講演会は、
一般財団法人・JR西日本あんしん社会財団の寄付を主体とした、
聖トマス大学・日本グリーフケア研究所主催の公開講座です。ニコニコ

日本グリーフケア研究所とは、日本で初めて「グリーフケア」を扱う研究所として、
福知山線列車事故を契機に生まれました。
昨年4月に聖トマス大学内に誕生し、関係各所から大きな注目を集めましたが、
諸般の事情により、今年4月から上智大学に移管されます。ノーノー

グリーフケアの定義は確立されていないそうですが、
「死別体験などから来る悲嘆・悲哀から心の癒しと立ち直りを手助けする」
という意味合いで使われることが多いようですよ。ポロリ

『第五期「悲嘆」について学ぶ』では、
昨年10月2日から今年2月19日までの間に15名の講師を招き、
それぞれの専門家がお話しをする趣向になっています。おはな

葉祥明の他に、講師としては、先日にご一緒したカール・ベッカーさん、
永田萠さん、佐藤初女さん、日野原重明さんなど、
お馴染みの方もいらっしゃいます。ひらめき

それでは、詳細をご覧ください。見る


■2010年1月29日(金)18:00〜19:30

【テーマ】悲嘆について学ぶ〜再び会う日のために〜

【会 場】聖トマス大学 本館301号教室
【住 所】〒661-8530 兵庫県尼崎市若王寺2-18-1

【参加費】無料
【申込み】ハガキに住所、年齢、職業、電話番号を記入の上、
     上記住所で「聖トマス大学気付公開講座宛」までお申込ください。先着300名。
【問合せ】平日10:00~16:00/TEL:06-6491-7161)

【販売・サイン会】有り
コメント
なかなか難しいテーマではありますが。
写真は阿蘇なのでしょうか??そっちも気になります。
  • toshi
  • 2010/01/04 8:25 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その3(明月院情報)
    toshi (06/03)
  • 葉祥明美術館の企画展:新作絵本原画展『花のすきな おおかみ』_告知動画のご紹介!
    toshi (06/01)
  • <開館についてのお知らせ>:6月1日(月)より再開致します!
    toshi (05/31)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その2
    toshi (05/28)
  • 北鎌倉を楽しむ:日本料理・懐石<北鎌倉 円(えん)>_テイクアウト版!
    toshi (05/26)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『そらのむこうに』展_展示の様子!
    toshi (05/24)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その1
    toshi (05/23)
  • 商品のご紹介:絵本『そらのむこうに 〜THE SKY DOME〜』
    toshi (05/21)
  • 新商品のご紹介:マグネットの新柄!_5柄!
    toshi (05/19)
  • お知らせ:葉祥明阿蘇高原絵本美術館が再開しました!
    toshi (05/17)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM