掲載されました!:「かまくら春秋」6月号!

  • 2010.06.02 Wednesday
  • 00:00
このブログでご案内している『詩とファンタジー』を
憶えていらっしゃる方も多いと思います。ひらめき

その出版元である“かまくら春秋社”が発刊している
鎌倉・湘南の情報誌『かまくら春秋』で、
葉祥明美術館の紹介がありました。グッド

それでは、早速ご覧ください!見る


1991年の開館から来年で20年を迎えるが、
決して古びない、清楚で重厚な佇まいを保ち続ける。

むしろ、人々が訪れ、陽や風にさらされるたびに、
その壁のレンガや、館内の白い壁、床板や階段の手すりから、
生き生きとした味わいが湧き出てくるような不思議な建物だ。
別名「リラ館」とも呼ばれている。

知人の紹介で現地を見に来た葉氏が、
江戸時代まで寺院が建っていたとされる空き地に立った時、
そこには陽光に溢れ「ここに建てたい」と心に響くものがあったという。

建物には、葉氏と妻によって織り込まれた物語がある。
家の主人は絵本作家で画家で詩人。
その妻と、娘(10才)と息子(5才)の四人家族が、
かつて住んでいたという設定だ。

リビング、書斎、子供部屋と作品を見ながら館内を巡ると、
その一家の暮らす姿や、場面が思い浮かぶようで、
さしずめ一冊の絵本世界に入り込んだようだ。

前出の「リラ館」には、
庭に植えられた花「ライラック」のフランス語名とともに、
妻の名前「理美(リミ)」と愛犬「ララ」の頭文字がかかっている。

葉氏は「家族に会いに来るように、くつろいだ気持ちでここを訪れて欲しい。
会員になれば、365日いつでも好きなだけ通えますよ(笑)」と、
笑顔で語ってくれた。
コメント
久しぶりに行きたくなりました。
阿蘇もいいですが、鎌倉もいいですね。
  • toshi
  • 2010/06/02 8:26 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 介護専門雑誌『おはよう21』2020年8月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (09/26)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『宇宙からの声』展_展示の様子!
    あい (09/24)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『宇宙からの声』展_展示の様子!
    toshi (09/23)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2021年版>-言葉カレンダー
    toshi' (09/19)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2021年版>-メルヘン
    toshi (09/17)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2021年版>-スケジュール
    toshi (09/14)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-卓上
    toshi (09/13)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_結果発表!
    toshi (09/12)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_速報!
    toshi (09/11)
  • 新商品のご紹介:ダイアリー手帳<2021年版>!
    toshi (09/10)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM