新刊のご紹介:ことばの本「三行の智恵-人として生きる-」

  • 2011.04.13 Wednesday
  • 00:00
生き方について」「人との関わり方」「心の平和のために」に続き、
今回は“人としての心構え”・“大人としての生き方”を提示しています。鉛筆

メルヘン画家、絵本作家、詩人として知られている葉祥明ですが、
人としての“強さ”を感じさせるユニークな一冊です。読書

今の私たち一人一人に求められている“こと”であろう“智恵”を
是非、ご一読下さい!おはな

URL新刊「三行の智恵-人として生きる-」はこちらから!back

URL言葉の本「三行の智恵-人との関わり方」はこちらから!back
URL言葉の本「三行の智恵-生き方について」はこちらから!back
URL言葉の本「三行の智恵-心の平和のために-」はこちらから!back

       down(一部抜粋してご紹介します)down
【題 名】三行の智恵-人として生きる-
【ことば】葉祥明
【頁 数】104ページ
【出版社】日本標準(2010/8/5)
【サイズ】A6変型判(15.2×11.2×2.2cm)

<2-3ページ>
人は、自分の
好運には気を留めず
不運ばかりを言い立てる。
人は、他人の
欠点を言い立てるが
自分の欠点に気づかない。

<10-11ページ>
楽天的とは
運命に従順で
無欲なこと。
今日一日、
生きていられれた。
ありがたい!

<16-17ページ>
環境に左右されない。
環境の奴隷にならない。
精神の自由を放つ。
肉体の鍛錬と同様、
意志も思考力も
鍛錬できる。

<24-25ページ>
あなたは、自分自身の
心と身体を
気遣っているか?
まず自分自身の
問題を片付ける。
人の世話はそのあとで。

<30-31ページ>
得しなくていい。
損してもいい。
それが人の進化の証。
それでやっと人は
悪いことをしなくなり
善いことができるようになる。

<36-37ページ>
個人も集団も、
国家も結局
面子にこだわる。
得できるのに
あえて損をする。
それが精神の気高さ。

<40-41ページ>
人も集団も
謝罪することで
学び成長する。
謝ること
許すことは
人の成長の糧となる。

<44-45ページ>
考えすぎは
病気と不幸を
招く元。
物事をいつまでも
憶えていては
今と未来を失う。

<48-49ページ>
人生は、
生きるためのもの。
単なる暇つぶしじゃない。
生きるとは、
喜ぶこと、感動すること、
学び、追求すること。

<70-71ページ>
とらわれない。
こだわらない。
しがみつかない。
決めつけ、
思い込みは
真実を見失う。
コメント
「決めつけ、思い込みは真実を見失う」

これを肝に銘じて、今日を頑張ります!
  • toshi
  • 2011/04/13 8:14 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • テレビ放映:<鎌倉ケーブルテレビ>_2017年8月15日(火)
    toshi (08/16)
  • いちご新聞'17年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.22のご紹介です!_1/2
    toshi (08/15)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本『きみに聞いてほしい』原画展
    toshi (08/14)
  • こんなところにも葉祥明:<くまもと森都総合病院>
    toshi (08/12)
  • 掲載記事のご紹介:『熊本日日新聞』_2017年8月9日(水)
    toshi (08/11)
  • 新商品のご紹介:ジクレーN0.8618『私の桜島』_鹿児島山形屋先行商品!
    toshi (08/10)
  • ミュージアムトークのお知らせ:絵本『きみに聞いてほしい』原画展
    toshi (08/09)
  • イベントのご報告:<パステルシャインアート講座>-その13
    toshi (08/08)
  • 美術館の企画展:絵本『きみに聞いてほしい』原画展_原爆の日
    shou (08/07)
  • 美術館の企画展:絵本『きみに聞いてほしい』原画展_原爆の日
    toshi (08/06)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM