お客様からお便りシリーズ:『笑う門には福島来る』を読んで…。

  • 2011.09.26 Monday
  • 00:00
8月に出版されたばかりの書籍「笑う門には福島来る」をこの“ブログ”でも紹介し、
NETSHOP”や店頭でもお買い求めいただけるようにしていますが、
その本を読んだ読者のM.Uさんから感想が寄せられましたのでご紹介します。読書

現在進行形の原発事故。
この本を通して、少しでも福島の方々の気持ちに寄り添うことができればと思います。よつばのクローバー

それでは、早速ご覧下さい。見る

素晴らしい本と出会いました。泣いて、感動して、元気が出ました。
本の題名は「笑う門には福島来る」(燦葉出版刊)。
小説・・と思われがちな題名ですが、事実のノンフィクションなのです。

私の故郷福島市泉にある“銀嶺パン”の大橋雄二社長が社員と一緒になって、
震災以降、停電や断水を社員の知恵と行動力で乗り越え、
一日1万5000食を作り続けて、地域の食、施設の食を守り続けた実話なのです。

それも原発事故後から始まった「大橋雄二通信」という社長の友人知人たちへ送った
メールマガジンをまとめたものなのです。
だから、あまり報道されなかった福島市民の生活がリアルに描かれ、
同じ泉に住んでいる母や姉たちの避難生活と重なって泣けました。

ちなみに、私の母や姉たちは、銀嶺パンにいけばパンが手に入ると聞いて、
何度も並んで、パンを食べたといっていました。
スーパーにも何にもなく食卓にあるのは銀嶺パン。
そのパンを身を寄せ合っていた母と姉たちの家族で分けたそうです。
「その時のパンの味は、本当においしかった」ともいってました。

この本を書いたのは大橋雄二社長の友人のノンフィクション作家の“渥美京子”先生。
渥美先生自身の東京での放射能をめぐる葛藤と福島市での大橋社長が放射能と向き合う姿勢が時系列で対比されながら書かれていて、その話が東京に住んでいる私と福島市に住んでいる母と重なり、さらにぐいぐいと引き込まれました。

そして、本の表紙が私が大好きな画家・葉祥明先生の
広々とした野原の大地に木が一本、花に囲まれて立っている絵。
この絵と大橋社長の生き方がオーバーラップしてきます。

大橋社長は、子供の時大病をわずらい片足を切断。
車いすにのり今もその病気と闘いながら、大手のパンとは違う「地パン」という考え方で、
地産地消の無添加の健康に良いパンづくりをしています。
その生き方がこの本に見事に描かれています。

大橋社長は「震災や原発事故で、何万という人が被害を受けた、悲しい現実だけど、
しかし、悲観もせず、楽観もせず、どんな状況であってもできる限りのことをして
前向きに生きる、それが、いのちあるものの使命なのだと思う。
そして、生かされた命を精一杯、楽しく生き抜く覚悟ができた時、笑いが生まれる」といっています。大共感です。

私のマスコミの友人たち、NPOで活動している友人たちが、私が福島市出身ということで、
原発や放射能についてさまざまな情報を送ってくれます。
心配してくれるのはこころから感謝ですが、でも実際に私の母や姉、親戚、友人、同級生、
そして、その子供たちがその場所で住んで生きています。

国や東電の無策の批判よりも、
現地の人たちがその場所で前向きに生きるためのメッセージがほしいと思います。
この本は、本当に勇気を与えてくれます。
福島の姉も、元気が出たよっていってくれています。
本当のジャーナリズムってこの渥美京子先生のような姿勢ではないでしょうか。

インパクトのある題名で売るために「不安」をあおるより、
このように現地で懸命に生きている人達へ、
前向きにいきる勇気と元気を与えてくれるものだと思います。
この本を是非に読んでもらいたいです。

銀嶺パンは、一昨年癌で亡くなった兄と一緒に、100円握りしめて切り落としを
よく買いに行きました。自転車で5分の距離なのです。
真っ赤なほっぺをしてきた少年二人に、パンのはじっこの切り落としを袋いっぱいに
工場の人は詰めてくれるのです。これがおいしいのです。
帰るのが待ちきれなくて公園で兄と食べました。

銀嶺パンは、東京でも買えます。
成城石井とかピーコックとか、近所のスーパーにも置いてあり懐かしく買っています。
おいしいですよ、体にいいですよ。
あした、買いに行こうっと。
   (寄稿された文章より一部引用しました。ご自身のブログでも公開されています。)

【書 名】笑う門には福島来る
【 文 】渥美 京子
【表紙絵】葉祥明
【価 格】1,575円(税込)
【頁 数】219ページ
【サイズ】四六判(19.9×13.5×2cm
【出版社】燦葉出版社(2011/8/2)
コメント
タイトル、かなりのインパクトですね。
  • toshi
  • 2011/09/26 8:29 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'18年6月号・『心にAroma(アロマ)』no.33のご紹介です!_2/2
    toshi (07/20)
  • いちご新聞'18年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.33のご紹介です!_1/2
    toshi (07/19)
  • 講演会のお知らせ:『地雷ではなく花をください』@ふじのくに地球環境史ミュージアム
    toshi (07/18)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本『ジェイクから10のお願い』原画展
    toshi (07/16)
  • イベントのご報告:<パステルシャインアート講座>-その14
    toshi (07/14)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2018年7月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (07/13)
  • 新商品のご紹介:アイシングクッキー<夏!>
    toshi (07/11)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『マザーグースのうた』原画展_チラシのご紹介
    toshi (07/09)
  • 今日は七夕&葉祥明の誕生日です!
    toshi (07/08)
  • 葉祥明美術館の常設展:2018年<夏の展示>_クロウドの部屋
    toshi (07/06)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM