絵本制作:取材紀行-その1

  • 2011.10.29 Saturday
  • 00:00
10月27日と28日に先日のブログでご紹介した宮城県大崎市に伺いました。
素晴らしい体験をしましたが、取材そのものの様子はまた別日にご報告することとし、
今日は絵本制作依頼のベースになっているテーマを簡単にご案内します。読書

今回の主なテーマは二つあります。
宮城県北部に位置する「蕪栗沼」の“ふゆみずたんぼ”と“マガン”です。ひらめき

「蕪栗沼」はラムサール条約で登録された湿地帯です。
動植物の保全を促す目的のために重要な湿地,湿原,沼地,干潟等を保護し、
同時に開発による破壊を食い止めるための国際条約です。鉛筆

その「蕪栗沼」では約300年も前から、冬でもたんぼに水を張る農耕を行い、
他地域では害鳥として嫌われていたマガンと共生してきたとても貴重な場所です。!

この「ふゆみずたんぼ」(冬期湛水水田)は稲刈りが済んだあと、
通常は春先までそのままの状態のところを12月頃から水田に水をはります。
すると稲の切り株やワラなどが水中で分解され、微生物や藻が発生し、
それを餌とする小さな生物が集まってきます。
そうすると、その生物をエサにする渡り鳥が飛来し、採食地とします。きのこオレンジ

その結果、自然環境としての循環が完成し、
「トロトロ層」と言われる抑草効果のある土の層ができます。
これは無農薬,無化学肥料で稲を育てることにつながり、
おいしいお米ができる、という訳です。グッド

ちょっと長くなりましたが、
これまで美しい風景だけでなく、“地雷”“環境問題”“人権問題”“原爆”“原発”など
さまざまな事柄を描いてきた葉祥明がこのテーマにどのように取り組み、
どんな作品を生み出していくのか、皆さんと少しでもその過程を共有できれば、と思います。楽しい
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【台風19号における開館について】_10月13日<通常開館>
    toshi (10/14)
  • 【台風19号における開館について】_更新_10月11日午後6時_<臨時休館>
    toshi (10/12)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-言葉
    toshi (10/11)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-メルヘン
    toshi (10/08)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-スケジュール
    toshi (10/07)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-卓上
    toshi (10/06)
  • 原画展<安来市加納美術館>:『葉 祥明 原画展 〜平和への祈り〜 』_ギャラリートーク&サイン会!
    toshi (10/04)
  • ミュージアムイベントのご報告:ことば展『許そう』_シスター高木による「許すこと」の大切さ
    toshi (09/30)
  • ミュージアムイベントのお知らせ:ことば展『許そう』_シスター高木による「許すこと」の大切さ
    toshi (09/28)
  • 原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_最終日&備忘録!
    toshi (09/23)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM