お客様からお便りシリーズ:葉祥明作品との再会!

  • 2011.12.16 Friday
  • 00:00
来年の2012年は“葉祥明画業40周年”となり、
2世代だけでなく3世代を超えて、
葉祥明の作品に親しんでくださる方も多くあります。モゴモゴ

今日の“お客様からのお便り”は、
そんな葉祥明の画歴ならではの嬉しいメールを、
勉学に励む大学生のM.Yさんから頂きましたのでご紹介します!メールピンク

URLこれまでの『お客様からのお便り』シリーズはこちらから!back

私は小学校1年生の時に、小学校の図書室で、
絵本『地雷ではなく花をください』に出会いました。
今思えば、あんなに幼い頃に地雷のことをきちんと理解していたのか、わかりません。

でも、何よりもあの温かい絵(当時の私はサニーちゃんがお気に入りだったのかな?)が
好きで、図書室で絵本を借りて、毎日のように読んでいました。

絵本の貸し出しの期限がきても、
ずっと私が延長して借りるものだから、ついに図書室の先生から
「ずっと借りていたら他のみんなが借りられないよ」と注意されたほどでした。

それから年月は流れ、今日、ふらっと立ち寄った文房具店で、
葉祥明さんの『明日に向かって』というメッセージブックを見つけました。
「あの絵はもしかして‥『地雷ではなく花をください』の絵だ!」と
思って手にとりました。

絵も詩もとても素敵で、嬉しくて、なんだか涙がでてきました。
本来このメッセージブックは他の人へ贈るものなのかもしれませんが、
私は自分のために購入しました。

葉さんの絵はとても優しくて暖かくて、
私を包み込んでくれるようで‥本当に大好きです。

このことをきっかけに葉さんのホームページにたどり着きました。
葉さんが熊本県出身なことや、ブログを書かれていること、
絵本の他にもたくさんのグッズがあることを、今日初めて知りました。

これからちょくちょくブログを拝見したり、絵本を探し読んだり、
他のグッズを購入したりしたいと思っています。

葉さんの作品を見るとなんだか心に清々しい風がふくようで、
とても幸せで前向きな気持ちになれます!
これからも陰ながらずっと応援していますので、頑張ってください(*^^*)

M.Yさん、素敵なメールをありがとうございました!楽しい
コメント
振り返れば、僕はいつ葉さんのことを知ったのだろう?
恐らく、上通りのギャラリーで出会ったのが最初では
ないでしょうか。阿蘇の美術館も建築中から下見に行って
ました。お陰で、子供たちも大ファンです。
  • toshi
  • 2011/12/15 10:50 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館の企画展:物語『パヤタスに降る星〜ごみ山の子どもたちから届いたいのちの贈り物〜』原画展_展示の様子!
    toshi (01/22)
  • 葉祥明美術館よもやま話
    toshi (01/21)
  • 公式ホームページ:中国語版を制作中!〜繁体字版〜
    toshi (01/20)
  • フェアのお知らせ:2018年<名古屋三越栄店>にて!_告知!
    toshi (01/18)
  • 葉祥明美術館の常設展:2017年<冬の展示>
    toshi (01/16)
  • お知らせ:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の冬期お休みについて
    toshi (01/15)
  • いちご新聞'18年1月号・『心にAroma(アロマ)』no.27のご紹介です!_2/2
    toshi (01/14)
  • いちご新聞'18年1月号・『心にAroma(アロマ)』no.27のご紹介です!_1/2
    toshi (01/13)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『ピーターパンとウェンディ』原画展_産経新聞<2017年12月24日>!
    toshi (01/12)
  • 講演会のお知らせ:『葉祥明の絵本文学の世界』@おだわら市民交流センター
    toshi (01/10)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM