掲載されました!:<Her Story・2012年5月>-その1

  • 2012.05.17 Thursday
  • 00:00
今日ご紹介するのは
世界平和女性連合(Women’s Federation for World Peace)”が発行している
私から始まる地球家族・月間『ハーストーリー』”。読書

世界平和女性連合”は1992年に創設されたNGOで、
海外では・女性の自立支援・子供の教育・医療と保健指導・エイズ予防教育のプロジェクトなどを展開し、日本ではそれらのプロジェクトを支える支援活動や留学生支援などの草の根ボランティア活動をされています。ひらめき

今回は“会いたい この人”というインタビュー記事です。
一部抜粋して、今日と明日の2回に分けてご紹介します!見る

URLこれまでの“掲載記事”はこちらから!back




         『子供らが自分らしく育つ教育を、女性の手で』

「子供を生み育てる女性は平和や安全をとても大切にします
 3・11を日本が「いのち」を大切にする女性原理に変わるきっかけにすべきです
 子供らが自分と世界を信じ、感動して夢を持てるように」

僕は終戦の翌年、熊本市に生まれました。
学校の屋上や熊本城などに上がると、遠くに阿蘇の山並みが見えてきます。
「山のあなたの空遠く」という情景が実感として湧いてくる自然豊かな環境の中で、
「大人になったら、あの山の向こうに行くんだ」というロマンを抱きながら育ちましたね。

絵は物心ついた時から描いていましたね。
紙にはもちろんのこと、地面や何にでも絵を描いてた。
だから、ぼくにとって絵を描くことは、
ご飯を食べたり、歩いたりするのとを同じなのです。

僕が「命」への優しさを一番大切にするのは、生まれつきだと思います。
誘われてスポーツもしましたが、それよりも1人でじっと自然を観察したり、
本を読むのが好きでした。ぼくの弟はどちらかというと元気に運動するタイプだったから、
「兄貴は病弱だ」と思っていたようです。

中学から大学までの10年間をどう過ごすか、真剣に考えました。
人生というのは、自由だから偶然もあり、簡単に答えを出せないものです。
どうしたらいいのか悩みました。中学以降は、受験体制に組み込まれて、
塾通いなどで自分の本来の道からそれてしまいます。

ぼくは自分らしい生き方の方が幸せだから、
「大学を卒業したら、自分本来の生き方をしよう」と、幼いなりに決心しました。
大学を卒業すれば自由になれると、幼稚ですが思っていたのです。(続く)
コメント
確かに、葉山館長は今も元気過ぎ‼ですね。
  • toshi
  • 2012/05/17 12:36 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新商品のご紹介:カレンダー<2021年版>-言葉カレンダー
    toshi' (09/19)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2021年版>-メルヘン
    toshi (09/17)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2021年版>-スケジュール
    toshi (09/14)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-卓上
    toshi (09/13)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_結果発表!
    toshi (09/12)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_速報!
    toshi (09/11)
  • 新商品のご紹介:ダイアリー手帳<2021年版>!
    toshi (09/10)
  • Save with Art ポスターデザイン公募:"SOS難民キャンプ" 世界の難民・避難民を新型コロナウイルス感染症から守ろう
    toshi (09/08)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2021年版>_店頭販売スタート!
    toshi (09/05)
  • 講演会のお知らせ:池川 明・葉 祥明「いまを生きるために」〜世代を繋ぐ応援謌 from 葉祥明美術館
    toshi (09/02)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM