掲載されました!:『彩人〜それぞれのやなせたかし〜』-その2

  • 2012.10.31 Wednesday
  • 00:00
昨日に引き続き、“共同通信社・文化部”の配信記事、
彩人(さいじん)〜それぞれのやなせたかし〜』を紹介致します。鉛筆

今日は“葉祥明のインタビュー記事”を中心にした内容です。便箋

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“掲載記事”はこちらから!back


        『絵描きとして〜叙情性とサービス精神〜』連載第8回

画家の葉祥明(65)は、やなせたかし(93)に見いだされ、大きく羽ばたいた絵描きの一人だ。これまで多くの作品を見てきた葉は、やなせの絵を解説する。

「まず感じてもらいたいのは物語性です。イマジネーションが広がり、絵の前後の場面を、つい想像してしまう。例えば、これだって…」
葉が指した1枚の絵には、シルクハットを被った男が、バイオリンを弾きながら、氷の上を滑っている。辺りは暗い。後ろに巨大な赤いハイヒールと、その中に白いドレスの女。男の動きを目で追っているようにも見える。

「この男性はどこから来たのか。赤い靴はたぶんこっちから動いて来たのかな?女性とはどんな関係なんだろう…」絵の前で立ち止まって考えているうちに、その叙情性が知らぬ間に、心の中に染みこんでくる。そこが「やなせメルヘン」といわれる世界の真骨頂という。

2009年「メルヘンの王様 やなせたかし展」が、東京の弥生美術館で開かれた。担当した学芸員の中村圭子(56)は、やなせの誌と絵を見た来館者の年配の女性2人が、感激してこう言ったのを覚えている。

「私がいつも言いたくて言えなかったことが、ここに書いてある。何だか、不思議な気分になっちゃったわ」中村は、やなせ作品が心をとらえる大きな理由の一つに「見る人との“共感”を大切にする点」を挙げる。「表現したくてもできない心のつかえや、寂しくて満たされぬ部分を、代わりに表現してくれる。鑑賞する人を安らかな気持ちにさせる力を持っている」

葉が、雑誌「誌とメルヘン」編集部の廊下で、やなせと初めて会ったのは約40年前。
以来、色のバランス感覚など、画家として必要な多くのことを学んだ。

「やなせさんには自分が生み出すものすべて人々が見て、読んで、触れて、大いに喜んでもらうべきもの、という意識がある。芸術性の中に、大衆的なサービス精神が共存しているんですね」約20年前に実父を亡くした葉は、そんなやなせを、敬意と感謝の念を込め「おとうさん」と呼んでいる。
コメント
アンパンマンは偉大です。
  • toshi
  • 2012/10/31 6:17 AM
アンパンマン…スラスラと描ける位に大好きです。

葉先生のサービス精神は素晴らしいなぁと、ブログを読んでて感心することが多いのですが、ルーツ(!?)は、やなせたかしさんだったんですね(*^ー^*)

  • 美由紀
  • 2012/10/31 6:53 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'19年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.47のご紹介です!_2/2
    toshi (12/12)
  • いちご新聞'19年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.47のご紹介です!_1/2
    toshi (12/07)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年9月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (12/05)
  • ミュージアムキャット!:クリスマス仕様になったよ!
    toshi (12/02)
  • フェアのお知らせ:2019年<広島福屋八丁堀本店>にて!_ サイン会&原画販売!
    toshi (11/30)
  • 北鎌倉を楽しむ:カフェ<うぐいす>
    toshi (11/28)
  • 北鎌倉を楽しむ:けんちん汁<かまくら五山別館>と鎌倉彫・民芸陶芸<竜華樹>
    toshi (11/26)
  • 北鎌倉を楽しむ:<鎌倉 鉢の木>〜精進料理と会席料理〜
    toshi (11/23)
  • 「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:出演<片山裕子&松永知史>
    toshi (11/22)
  • 北鎌倉を楽しむ:<かまくら篆助>〜篆刻と詩書画のお店〜
    toshi (11/21)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM