掲載されました!:教団広報誌『光明』6月号!-その2

  • 2013.05.28 Tuesday
  • 00:00
昨日のブログ”では、広報誌『光明6月号』に絵本『美しの里』から
作品名「慈しみの丘」が掲載されたことをご案内しました。読書

今日は“佐治晴夫”氏が書かれた寄稿文の後半をご覧下さい!見る

URLこれまでの“掲載記事”はこちらから!back


佐治晴夫先生連載 宇宙のかけら いのちのしずく
  〜なぜ、人は1人では生きられないの?〜より

「星の王子さま」と「やさしさ」の原点
続き)その一方で、たがいに支えあって生きるために欠かせないのがコミュニケーションです。それは、人と人との間ということに留まらず、広く環境、自然との関わりを意味しています。

たとえば、人間が生きるためには、必要な酸素を空気から体内に取り入れ、肺を通して血液の中に送り込み、逆に血液から排出される二酸化炭素を空気中に放出しますが、それを人間に必要な酸素に変えるのが樹木です。

ということは、樹木は、人間の体の外にあるもう一つの肺と考えてもいいですね。これが、自然と人間との共存の姿です。

ところで、共に生きるといっても、すべてが同じだったらたがいに切磋琢磨しながらより高度な方向への進化は望めません。となると、たがいに協力しながら、ひとつの目的にむかって、各人なりの努力を重ねていく先に、すべてにとっての豊かな未来があるということになります。

ふと、「星の王子さま」の作者でもあるサン=テグジュペリの言葉を思い出します。「愛するということは、たがいに見つめあうことではなく、同じ方向を見ることだ」。見つめ合ってばかりいると、相手の欠点ばかりが目につくようになることを見越しての賢い生き方への指標で、指摘し合うより互いに寄り添うことの大切さを言っているのでしょう。これこそが「やさしさ」の原点だと言ってもいいのではないでしょうか。(了)
コメント
人という字は支え合って、、、というのがありましたね。
  • toshi
  • 2013/05/29 8:28 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年11月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (01/25)
  • 原画展<アートハウスおやべ>:『葉 祥明 展〜メルヘンの風にのせて〜』_展示に向けて
    toshi (01/23)
  • 原画展<アートハウスおやべ>:『葉 祥明 展〜メルヘンの風にのせて〜』チラシができました!
    toshi (01/20)
  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!_販売原画のご紹介
    toshi (01/18)
  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!
    toshi (01/17)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/14)
  • ミュージアムトークのお知らせ:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/10)
  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_チラシのご紹介
    toshi (01/07)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年10月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (01/05)
  • ミュージアムキャット!:クリスマス仕様になったよ!
    sasa (01/04)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM