掲載されました:詩と批評『ユリイカ~やなせたかし アンパンマンの心 ~』2013年8月臨時増刊号_記事掲載その1

  • 2013.07.27 Saturday
  • 00:00
今日は雑誌『ユリイカ』に掲載された、
葉祥明書き下ろしのエッセイ「ロダンの誓い」をご紹介します。読書

アンパンマンの生みの親・やなせたかし氏と葉祥明との知られざる交流が綴られた、とても興味深い内容になっています。『詩とメルヘン』を通して、葉の作品が知られることになった背景もあり、敬愛の気持ちを込めて「僕の絵本のお父さん」と呼ぶ姿にも納得です。ニコニコ

二人の交流の様子を少しでも多くの方に知っていただきたく、
全文を数回に分けて掲載します。鉛筆

それでは、早速ご覧下さい!楽しい

URLこれまでの“掲載記事”はこちらから!back


『ロダンの誓い』 〜葉 祥明〜

やなせさんは、僕の少年時代には、既に世の中に知られた人でした。
一般誌・週刊誌などの、ひとコマ漫画、四コマ漫画で、その作品は知っていましたが、
僕が最初に「やなせたかし」という名前を認識したのは、
手塚治虫氏の一般向けのアニメ『千夜一夜物語』※です。

登場人物のキャラクターを手がけられ、
言わば大人の男女をデザインしたという、
後年、子ども向けのアンパンマンなどの作者とは違う一面だったのです。

その後、TVや新聞でよく印象的な顔を見かけて、
名前と顔が一致した、極めて珍しい存在でした。
僕もそうですが、さし絵画家、イラストレーター、アニメーター等は、
言わば、裏方の職人で、仕事場に閉じこもってこつこつ制作する地味な職業です。

有名性とか知名度はおろか、
顔が知られるということなどない存在ですから、
その点でも、やなせさんは特別です。
※やなせたかし氏が後々、たくさんのキャラクターを生み出すきかっけになった作品で、手塚治虫氏から直接電話で美術監督を依頼され、アニメの世界に入ることに。『千夜一夜物語』のヒットを受けて、虫プロから『やさしいライオン』を制作。“大藤信郎賞”を受賞。
コメント
へ〜ボタン、5つです。
  • toshi
  • 2013/07/28 8:47 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'20年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.59のご紹介です!_1/2
    toshi (10/21)
  • フェアのお知らせ:2020年<新宿伊勢丹>にて!_新作原画!
    toshi (10/18)
  • フェアのお知らせ:2020年<新宿伊勢丹>にて!_展示の様子!
    toshi (10/17)
  • 講演会のお知らせ:「LIFEいのち」特別野外上映会&スペシャルトーク&ヒーリングコンサート
    toshi (10/14)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_オープニング!
    toshi (10/13)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_葉祥明内覧!
    toshi (10/10)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_設営が始まりました!
    toshi (10/08)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_招待券プレゼント!
    toshi (10/06)
  • お知らせ:GoToトラベル地域共通クーポン券、ご利用頂けます!
    toshi (10/05)
  • ミュージアムトークのお知らせ:絵本原画展『宇宙からの声』&リモート・録画配信!
    toshi (09/30)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM