追悼記事<やなせたかし>さん:月刊『詩とメルヘン〜1981年3月増刊号・葉祥明の世界〜』より_その2

  • 2013.10.18 Friday
  • 00:00
『詩とメルヘン』を通して“やなせたかし”さんと出会った葉祥明。
そのことがきっかけで、多くの方に絵を知っていただく機会に恵まれました。おはな

今回ご紹介するのは昨日に引き続き、『詩とメルヘン』の増刊号として、
1981年3月に発刊された“葉祥明の世界”の中で行われた
やなせたかしさんと葉祥明の対談記事です。鉛筆

それでは、早速ご覧下さい!

URLこれまでの“『詩とメルヘン〜1981年3月増刊号・葉祥明の世界〜』”はこちらから!back


           『うまい絵って何だろう?』 やなせたかし×葉 祥明
               〜空気の部分を描く人は少ない

やなせ:「詩とメルヘン」でイラストコンクールをやっていますが、ものすごくうまい絵が
    くるんですね。デッサンにしろ、絵の具のぬり方にしろ、すばらしいんだけれども
    必ずしも入選しない。なぜかというと、芸大とかデザイン学校を出た絵のうまい人
    はたくさんいて、うまい絵描きになるだろうと思うんだけれども、そのうちの何人
    かしか残らないんです。ですから一体、うまい絵とは何かというところを話してみ
    たいんです。
    たとえば葉君の絵を見ると、たぶんだれでも、あっこれは描けると思うんじゃない
    ですか。

葉  :そうですね。絵心のある人は俺の方がうまいと思うし、絵の描けない人は自分でも
    描けると思うでしょうね。

やなせ:でも、まねして描いたとしても、どこか違うんです。絵がうまいからといって「詩
    とメルヘン」のイラストをお願いするかというとお願いできない。それはどうして
    でしょう。

葉  :それが不思議なところです。

やなせ:そうなんです。展覧会へ行っても、自分がひきつけられる絵というのは、めったに
    ないですね。

葉  :心を打つというのは絵画技術の問題ではないわけですね。

やなせ:僕も実はよく分からないんですが、精神的な部分だろうと思うんですよ。僕はこの
    絵はいいとかだめだとか、感性の部分で判断しているんですが、世間で絵の分から
    ない人でも好きな絵というのはありますから、そのパーセンテージが高い絵という
    のは、やっぱりいい絵なんですよ。

葉  :この間、ロダン美術館でキャリエールを初めて見たんですけど、先生は以前から知
    っていて、やっぱりいいなと言ってましたよね。

やなせ:僕は非常に好きなんですが、日本ではキャリエールの画集はないですね。

葉  :今までのところ僕の絵は、自分でも描けそうだなとか、かわいいとか言われて好ま
    れているんですけど、自分自身の絵の修業の目標としては、いわゆる純粋絵画にあ
    こがれをいだいて、年ごとに強まっているんです。どんなものでしょうかね。

やなせ:パリで葉君にそう言われた時、無理、無理、って言ったんだけど(笑)、今はあ
    るいはいけるかもしれないという気がしてます。僕は自分の絵は額縁に入れる絵じ
    ゃないし、大衆絵画の方だと思っていますから、全くその気はないんですが、葉君
    の場合は、初期の頃から比べると深みが出てきたんですね。例えば葉君の絵が展覧
    会に出て、たくさんの絵の中にあっても、好きだという人がだいぶいるんじゃない
    かと思うんです。純粋絵画の多くの人は、裸体とか花とか山とかをうまく描くので
    すが、空気の部分を描く方は割に少ないんです。だからもしかすると葉君はいける
    かもしれないなと……。

葉  :画家に天才型と努力型がいるみたいですが、僕は正統的な絵画技術が欠けていて天
    才型でないのは確かです。だから今34歳ですが、10年後、20年後、30年後と、
    歳をとるに従って、技術を身につけられると思っているんですよ。

やなせ:80歳くらいで非常によくなる(笑)。いや、本当に。

葉  :僕もそう思うんですよ(笑)。だから、今、心がけているのは、デッサンとか絵画
    技術の修業の前に、健康を大切に長生きしたいと考えているんです。(続く)

             『詩とメルヘン〜1981年3月増刊号・葉祥明の世界〜』より
コメント
人のつながりは財産ですね。
  • toshi
  • 2013/10/18 11:24 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新刊のご紹介:『Open Your Mind〜ヒーリングキャット2〜(仮題)』_編集作業進行中!
    しろねこ (10/22)
  • イベントのお知らせ:「北鎌倉 猫月間〜ヒーリング・キャットを探して〜」クイズ&スタンプラリー!
    toshi (10/22)
  • イベントのご報告!:学芸員がススめる・鎌倉アート&カルチャーMAP_2019年秋の特別イベント!_美活ウォーク!
    toshi (10/21)
  • 北鎌倉を楽しむ:くじ引き散歩〜北鎌倉をぐるぐるして景品をもらおう!〜_19年秋版!
    toshi (10/17)
  • 新商品のご紹介:スケジュールダイアリー<2020年版>!
    toshi (10/15)
  • 【台風19号における開館について】_10月13日<通常開館>
    toshi (10/14)
  • 【台風19号における開館について】_更新_10月11日午後6時_<臨時休館>
    toshi (10/12)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-言葉
    toshi (10/11)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-メルヘン
    toshi (10/08)
  • 新商品のご紹介:カレンダー<2020年版>-スケジュール
    toshi (10/07)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM