フェアのお知らせ:2013年<さくら野百貨店 弘前店>にて!_原画販売案内!

  • 2013.10.27 Sunday
  • 00:00
今度の火曜日から“さくらの百貨店 弘前店 ”で開催されるフェアでは
葉祥明の原画販売も行われます。
今回は1点だけになりましたが“ご当地原画”を描き下ろしました。

葉祥明にとっての“阿蘇”と同じように、
青森の方にはなくてはならない“岩木山”です。
あえて夜の風景にすることで、より荘厳なイメージを表現しました。地球

葉祥明の描く“岩木山”…。
早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“フェアのお知らせ”はこちらから!back


【タイトル】夜の岩木山
【予定価格】¥320,000(税別)
【絵サイズ】17.8cm×22.5cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。


さくらの百貨店 弘前店
期  間:2013年10月29日(火)〜 11月4日(月・祝)
サイン会:11月03日(日)14:00〜16:00(3時から約20分休憩あり)
場  所:3階グラフィックステーション
住  所:〒036-8092 弘前市城東北3-10-1
電  話:0172-27-7363
コメント
実物も綺麗なんでしょうね。
  • toshi
  • 2013/10/27 7:32 PM
 月の明るい部分が天頂方向になっているのがどうしても気になるのですが…。日没後の西空であれ、日の出前の東空であれ、太陽は地平線の下にかくれているわけですから、本来なら月の明るい部分は地平線のほうになり、影はそれとは反対側にできるはずです。
 もし、「これは空想上の風景だからそんな細かいことはどうでもいいのだ」と作者がお考えなのならば、戯言として無視してくださってもかまいませんが…。
  • 白河陽子
  • 2013/11/02 2:21 AM
白河陽子さま
ご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
葉というよりも、私自信がもう少し勉強が必要ですね。
本来は夜で、見えるはずのない山を象徴的に描き、より神秘的で荘厳な雰囲気を演出した絵でもあります。実はこの月の形については、私と葉の間でもいろいろと話しをし、ネットで調べつつも、実際の見え方を強くは意識していませんでした…。“演出”という部分はあったにせよ、配慮が足りなかったかもしれません。
いずれしても、岩木山を愛する地元の方に受け入れていただえれば嬉しいですね!
白河様、これからも葉祥明の世界をご愛顧下さいませ!
  • 葉祥明美術館館長・堀内重見
  • 2013/11/02 10:23 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'17年12月号・『心にAroma(アロマ)』no.25のご紹介です!_2/2
    toshi (12/16)
  • いちご新聞'17年12月号・『心にAroma(アロマ)』no.26のご紹介です!_1/2
    toshi (12/15)
  • 来年の年賀状絵柄:銀河鉄道の夜!
    toshi (12/14)
  • 祥明美術館のお庭便り:2017年<秋の装い>-その8
    toshi (12/12)
  • 美術館紀行:田辺市立美術館@和歌山
    toshi (12/11)
  • 全国美術館会議:第46回“小規模館研究部会”に参加しました!
    toshi (12/10)
  • クリスマスの装飾<2017年>
    toshi (12/08)
  • 講演会のご報告:「芸術が人生に教えてくれること〜人生と子育てと〜」@MIHO美学院
    toshi (12/06)
  • 北鎌倉葉祥明美術館のクリスマスパーティー:お誘いのお知らせ!
    toshi (12/02)
  • いちご新聞'17年11月号・『心にAroma(アロマ)』no.25のご紹介です!_2/2
    toshi (11/30)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM