掲載されました!:『朝日小学生新聞』2013年11月

  • 2013.11.30 Saturday
  • 00:00
2013年10月13日に「やなせたかし」さんが亡くなられ、
葉祥明へそのことに関してのコメントや執筆依頼がいくつかありました。鉛筆

今日は“朝日小学生新聞”に掲載された文章をご紹介します。見る

URLこれまでの“やなせたかしさん関連記事”はこちらから!back

URLこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

                   〜私の意見〜
             『1人ではなく、みんなでかじられよう』

「正義」という言葉を考えてみましょう。
「正」は「正しい」という意味ですが、
何が正しくて何が正しくないかは時代や立場によって変わります。

そこで「義」という、人間の尺度を超えて正しいことをあらわす言葉もついています。
つまり正義とは、まちがいなく正しい行いを指す言葉だと考えられます。

人間はしばしば、自分は正しくて相手は間違っていると考えがちです。
行動を起こすときは、客観性、理性、知性を総動員し、
本当に正しいかどうかを考えなくてはいけません。

アンパンマンはそれができる義人ではないかと、ぼくはみます。
ただし、正義には犠牲がともないます。
この世に悪がはびこるのは、善なる人が善を行わないからだとぼくは考えますが、
人間は生きのびなければなりません。

「君子危うきに近寄らず」という言葉があるように、
一人で背負うのは酷なことです。

そういうときこそ警察や国の出番です。
ちかんは犯罪です。
いじめも犯罪だときちんと決めて、正義に基づき、取り締まるべきです。

ぼくはアンパンマン法という法律を作って
社会が正義を守ることを笑顔で約束してはどうかと考えます。

それが無理ならクラスの中で正義を約束するアンパンマン法を作り、
いじめを見つけたら1人でかじられるのではなく、
みんなでかじられるクラスにしてもらいたいです。 (了)
コメント
葉さん、さすがです。
  • toshi
  • 2013/12/01 6:22 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館のお庭便り:2018年<秋の装い>-その4
    葉祥明美術館館長 堀内 重見 (11/16)
  • 講演会のお知らせ:『絵本を通して心の平和を』@山梨県中央市立玉穂生涯学習館(図書館)
    toshi (11/16)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2018年<秋の装い>-その4
    toshi (11/15)
  • 講演会のご報告:『自分の人生をどう生きるか』@山梨県笛吹市
    toshi (11/12)
  • 「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:出演<山野希美>2nd
    toshi (11/11)
  • いちご新聞'18年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.36のご紹介です!_2/2
    toshi (11/10)
  • いちご新聞'18年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.36のご紹介です!_1/2
    toshi (11/09)
  • フェアのお知らせ:2018年<新宿高島屋>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (11/08)
  • 葉祥明美術館の企画展:ことばの本『こだわらない』原画展_チラシのご紹介
    toshi (11/06)
  • フェアのお知らせ:2018年<新宿高島屋>にて!_会場の様子!
    toshi (11/05)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM