掲載されました:『葬祭流儀』神奈川版 vol.3_2/3

  • 2014.01.05 Sunday
  • 00:00
昨日のブログでご紹介した雑誌『葬祭流儀』の掲載記事です。
早速、ご覧下さい。読書

URLこれまでの“掲載記事”はこちらから!back


ご購入ご希望は“こちら”まで!


        『自身を見つめて、人生を愛してください』
              〜絵と言葉で僕が伝えたいこと

その優しく温かみのある色彩と、草原や海、空、風、光など、自然の風景の素晴らしさに、ふっと心の緊張がほぐれ、心地よさを感じる葉祥明さんの絵の世界。そこには、個性豊かな動物たちの物語もあれば、生命や自然を見つめる時、環境や平和への願いなど、さまざまな世代・境遇の読者に向けたメッセージが込められている。

「朝が苦手な自分に会社員は向かないと思い、イラストレーターを志したんです。そこで、谷内こうたさんの絵本と出会いました。自分と変わらない年齢の若者が絵本を出版していること、絵も文も一人の作者が書いていることを知り、絵本作家の道を選びました。

絵本ですから、子どもとお母さんに喜ばれる作品でなくちゃいけない。当然、出版社にとって売れる本でなくちゃいけない。一方で、国際NGO<難民を助ける会>からの依頼で『地雷ではなく花をください』の絵を担当し、これが大きなボランティア運動に発展しました。

人間としての教育や新しい生き方・考え方の啓発など、絵本の可能性は果てしないものがあると、僕自身が気付きを得ました。届くべき人に届けばいい、そんな祈りを込め、魂の栄養となる本を創らなきゃいけないと強く思うようになりました」

そう話すと、コンパクトなメッセージブックを手に取った。
寓話的な絵本とは違い、読者に直に語りかけるように綴られた『無理しない』『気にしない』『急がない』『比べない』『いのちあきらめない』の<5冊シリーズ>は、子育てやストレス社会、病気を前に、自身を見失いかけている人に向けて書かれた“読む薬”とも呼ぶべき本。そしてもうひとつ、<三行の智恵シリーズ>は、ビジネス書や哲学書にもなる、すべての人に向けられた自身の傑作だと話す。

「僕が発している言葉は、僕が思いついたことではなく、普遍真理を言っているのです。誰もが思っていること、誰にでも当てはまること。つまり、それは空気や太陽の光、水と同じことです。ここに書かれてある言葉は、万人に当てはまる<空気・光・水>なのです。だから納得がいくわけです。僕自身、葉祥明ではなく、<空気・光・水>と名乗りたいくらいですよ」と言って、悪戯っぽく笑った。
コメント
わかってはいるものの、言われるとはっと気付かされますね。
  • toshi
  • 2014/01/05 11:42 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_展示の様子!_その2
    toshi (02/16)
  • ミュージアムキャット・絵夢!:チョコをもらいました!
    toshi (02/15)
  • フェアのお知らせ:2020年<名古屋三越栄店>にて!_販売原画のご紹介
    toshi (02/10)
  • フェアのお知らせ:2020年<名古屋三越栄店>にて!_告知!
    toshi (02/09)
  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_展示の様子!
    toshi (02/04)
  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_告知映像デッサンバージョン
    toshi (02/03)
  • 美術館メンテナンス:ジェイクのおうちのペンキ塗り!ほか。
    toshi (01/31)
  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_
    toshi (01/29)
  • 新刊のご紹介:絵本『枯葉の囁き』
    toshi (01/28)
  • 新刊のご紹介:えいごのうた絵本『いっしょにうたおう♪マザーグースのうた◆
    toshi (01/26)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM