新刊「LIFE〜生きる〜」出版のお知らせです!

  • 2007.07.04 Wednesday
  • 23:00
本日は、葉祥明美術館で現在行なっている葉祥明写真展のベースになった
写真ことば集「LIFE〜生きる〜」をご紹介します!



販売価格:1,050円(税込)
版  径:13.5cm×13.5cm×1cm

とてもシンブルで、CDジャケットとほぼ同じ大きさということもあり、
手に取ってみると意外にかわいい本になっています。

この本の特徴はとにかく、
葉祥明自らが海外取材のたびに取り続けて来た写真!と言えます。


葉祥明の大好きなN.Y.のセントラルバーク。


イギリスのケンジントンバーク。


スリランカ。

葉祥明と言えば、「絵を描く人」ですが、こうして写真も取り、風景ばかりではなく、
人物も撮影していました。今回のタイトルにもあるように「人生」がテーマなので、
あえて人物に焦点をあてたということです。

言葉はなかなか厳しい面もありますが、美術館でも発売以来、多くのお客様に
お買い求めいただいていますので、受け入れていただき、共感してくださっている様子です。
先日も60代後半とおぼしき男性が「良い本だ。」と一言つぶやいていらっしゃいました。

「大切なのは 自分が そして相手が
 今、生きてる ということです
 何か良いことがあるかどうか
 何かがうまくいったかどうか
 また病気であるかどうか
 でもなく今、いきている
 そのこと自体が ありがたいことなのです」〜本文より〜
「人は誰でも 他人には 正しいことを はっきり言えます
 しかし
 自分では 仲々そうはいきません
 そのことを自覚するだけでも
 人はずい分 謙虚になれます」 〜本分より〜


最後に本文のあとがきを。
『人生って何でしょう?
 生きるってどういうことでしょう
 そして、生命とは…?

 今、世界に生きる何十億の人の数だけの
 人生と生活がある
 若い人、年老いた人、まだ幼い子供たち
 幸せな人、不幸な人
 微笑む人、悲しむ人
 踊る人、寝る人
 うつむく人、考える人
 希望にあふれた人、絶望に打ちひしがれた人

 言えることは、全員が
 今この世界で共に生きている
 魂の兄弟姉妹だと いうことです  〜葉祥明〜』
コメント
「今、いきている
 そのこと自体がありがたいことなのです」
そうですね…、この世に生まれ、
生きていられる…。
これだけで奇跡なのかもしれません。

今日、いえもう昨日ですね、
「LIFE〜生きる〜」注文させて頂きました。
手元に届くのが待ち遠しいです…。
  • ゆりこ
  • 2007/07/07 12:48 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 掲載記事のご紹介:『毎日新聞』_2019年2月15日(金)
    toshi (02/17)
  • いちご新聞'19年2月号・『心にAroma(アロマ)』no.40のご紹介です!_2/2
    toshi (02/16)
  • いちご新聞'19年2月号・『心にAroma(アロマ)』no.40のご紹介です!_1/2
    toshi (02/15)
  • ミュージアムイベントのお知らせ:絵本『リトルブッダ』原画展_浄智寺住職・朝比奈恵温氏が語る〜御仏の心と絵本『リトルブッダ』〜
    toshi (02/13)
  • 北鎌倉を楽しむ:北鎌倉つるし飾りのある街_開催のお知らせ!_2019年版!
    toshi (02/11)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2019年<冬の装い>-その1
    toshi (02/10)
  • ミュージアムトークのお知らせ:『リトルブッダ』絵本原画展
    toshi (02/09)
  • 北鎌倉を楽しむ:くじ引き散歩〜北鎌倉をぐるぐるして景品をもらおう!〜_19年春版!
    toshi (02/06)
  • イベントのお知らせ:第三回<春をよぶ音楽祭>コンサート@大崎市
    toshi (02/04)
  • フェアのお知らせ:2019年<名古屋三越栄店>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (02/03)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM