新刊のご紹介:「ジェイクとかみひこうき」

  • 2014.07.28 Monday
  • 00:00
先日のブログでもご紹介していた、
絵本『ジェイクとかみひこうき』が発売されました!拍手拍手拍手

この絵本の原作は1993年にJAL・日本航空の機内絵本として出版された
ジェイクそらをとぶ』がベースになっています。

その後、長らく絶版となっていたのですが、
お客様からの要望と“所沢市民文化センター ミューズ”で行われる“原画展”で
メインビジュアルを担うこともあり、“自由国民社”さんから改題して再版されました。祝

絵と日本語は旧バージョンと同じですが、
英訳は葉祥明が表現したニュアンスにより近づけるため、
葉村ロングかおり&ビル・ロング”夫妻にお願いしました。グッド

ジェイクのやさしい世界ときれいな空、
そして葉祥明自身の空へのあこがれを描いた本作をお楽しみ下さい。楽しい

URL 絵本『ジェイクとかみひこうき』のお買い求めはこちらから!back

<表紙>

【書籍名】絵本『ジェイクとかみひこうき』
【絵と文】葉祥明
【翻 訳】葉村ロングかおり&ビル・ロング
【装 丁】水崎真奈美
【価 格】1,600円(税込)
【頁 数】24ページ
【判 型】21.4×21.2×0.8 cm(縦×横×厚)
【出 版】自由国民社(2014年6月6日)

<2-3ページ>(本文を一部抜粋してご紹介します)

うーわん!
なんだこれ?
ちょうちょさん このしろいもの
なんだろね……

<4-5ページ>              <6-7ページ>


<8-9ページ>

すごいすごい
とんでる とんでる
ちょうちょさん ぼくたち
そらのうえだよ!

<10-11ページ>             <12-13ページ>


<14-15ページ>

もっとたかく もっととおく
もっともっと はてしなく
そらのかなたに とんでいこう

<16-17ページ>             <18-19ページ>


<20-21ページ>             <22-23ページ>


<24ページ・あとがき>

ぼくがこの世で一番好きなのは「空」です。
果てしない空を見ていると、心が広々としてきます。
本当に、この青空の果てには一体何があるのでしょう。
そんなぼくの、空に対する夢と憧れを、
ジェイクが自由に空を飛んで叶えてくれました。
                                     葉祥明

コメント
待ってました。
  • toshi
  • 2014/07/28 8:43 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『星の王子さま』原画展_展示の様子!と<顔出しパネル>!
    toshi (05/23)
  • 掲載記事のご紹介:『朝日新聞』_2017年5月20日(日)
    葉祥明美術館館長・堀内重見 (05/23)
  • 掲載記事のご紹介:『朝日新聞』_2017年5月20日(日)
    ゆきの (05/21)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『星の王子さま』原画展_展示の様子!
    toshi (05/20)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2017年<春の装い>-その5
    toshi (05/20)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『星の王子さま』原画展_写真家・景山正夫「星の王子さまに出会う旅」展
    toshi (05/19)
  • いちご新聞'17年5月号・『心にAroma(アロマ)』no.19のご紹介です!_2/2
    toshi (05/17)
  • いちご新聞'17年5月号・『心にAroma(アロマ)』no.19のご紹介です!_1/2
    toshi (05/16)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本『赤毛のアン』原画展
    toshi (05/15)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『星の王子さま』原画展_チラシのご紹介
    葉祥明美術館館長 堀内重見 (05/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM