掲載されました:『地雷探知犬ニーナ NEENA』

  • 2015.05.21 Thursday
  • 00:00
劇団マグネットワールド”の『地雷探知犬ニーナ』という演劇をご存知でしょうか?
神奈川県を中心に全国各地で公演している劇団のオリジナル作品です。地球

劇団の代表が絵本『地雷ではなく花をください』に出会ったことで生まれた作品で、
10年ほど前に私も拝見したことがあるのですが、
生の舞台の迫力の中に、笑いと悲しみ、そして次世代に続く未来が描かれ、
とても感動的でした。
なんと本物のシェパードも出演するんですよ!犬

先日、その代表が書かれた作品に寄せる想いが『影向舎ニュース』に掲載されましたので、
皆さんにご紹介します。読書

お近くで『地雷探知犬ニーナ』の公演がある時は、
是非、是非、お出かけ下さい。ジョギング





葉祥明さんとの出会いから「地雷探知犬ニーナ」を制作しました。この「地雷探知犬ニーナ」制作のきっかけになったのは、葉祥明さんという方が描かれた一冊の絵本です。私はこの絵本との出会いに心から感謝しています。題名は「地雷ではなく花をください」。

内容は、サニーちゃんといううさぎが地球上に埋められた地雷を処理するために奔走するというもので、ひと言で語っては申し訳ないほど、それは美しく優しい心温まる色彩の絵本です。

でもテーマは「地雷」です。この絵に描かれているのは破裂する地雷や、手足を失い体中ぼろぼろになった人々や動物たちなのです。背景の空や山々や草原が美しすぎて悲しくなってくるのです。

私は最初にこの絵本に出会ったとき、身勝手に地雷を埋め、地球を傷つけ、尊い生き物の命をずたずたにする、人間の愚かな行動に怒りを覚えずにはいられませんでした。ところが、時間が経つにつれ、その怒りは自分自身に向き始めました。

それまで私は、地雷の問題を知ろうともせず、世界で起こっている現実に目をやろうともしなかった。それに、問題は地雷だけではないはず。愚かなのは自分ではないか!それから私は、「何かしたい!小さな事でもいいから、何か自分にできることを!」と強く思うようになり、その気持ちは、「地雷探知犬ニーナ」を制作することへと発展しました。

それまで二十年近く演劇に携わってきた自分としては、その時の思いを舞台に込めるのは当然のことだったと思います。

コメント
地雷が早く無くなる事を願っています。それにしても、葉さん若い。
  • toshi
  • 2015/05/21 11:28 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!_販売原画のご紹介
    toshi (01/18)
  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!
    toshi (01/17)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/14)
  • ミュージアムトークのお知らせ:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/10)
  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_チラシのご紹介
    toshi (01/07)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年10月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (01/05)
  • ミュージアムキャット!:クリスマス仕様になったよ!
    sasa (01/04)
  • 謹賀新年<2020年>:北鎌倉葉祥明美術館よりご挨拶!
    toshi (01/02)
  • ご挨拶:大晦日<2019年>!
    toshi (01/01)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本原画展『マザーグースのうた2』_チラシのご紹介
    toshi (12/31)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM