掲載されました:『朝日新聞-Tokyo Evening』_2014年10月1日(水)

  • 2014.10.04 Saturday
  • 00:00
朝日新聞-Tokyo Evening”紙面で、
当館常設作品が2点紹介されましたので、ご報告します!読書

葉祥明自身が選んで、記者の方に解説したものが記事になりました。
特に「LIRA」は本邦初公開!
原画鑑賞の参考にして下さいね!モゴモゴ

それでは、早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“掲載記事”はこちらから!back


美博ピックアップ 〜北鎌倉 葉祥明美術館〜
古寺に囲まれた閑静な住宅街に、小さな洋館がある。絵本作家・葉祥明さん(68)が23年前に開館した美術館だ。館のコンセプトは、「画家で詩人で絵本作家の父と優しい母、2人の子供が住む家」。ソファや本棚などの家具が置かれた空間に、原画や詩、デッサンなど約70点が展示されている。(竹越萌子)

■RILA(左絵・1980年代、油彩)
副題は「忘れえぬ女(ひと)」。7年前に亡くなった葉さんの妻の部屋にかざられていたが、今は館の2階の隅っこにひっそりと展示されている。優しい色彩の作品が多い中、セピア色の本作は目を引く。「長い髪に隠された表情は、見る人が自由に想像してほしい」と葉さん。

■聖者の行進(右絵・1980年代後半、油彩)
小さくぽつんと描かれた赤い太陽、その下で列をなすのは、無数の魂たちだ。安らかに天へ昇っていく様子が、淡い水色や紫のグラデーションの中に表現されている。「命を愛らしく、美しく描きたい」と話す葉さん。絵本の仕事で忙しい時、自分自身とじっくり向き合うためにも油絵を制作するという。絵を見て涙する来場者もいるそうだ。「この美術館は薬局なのです」と葉さんは微笑む。
コメント
薬局とは、みごとな表現ですね。
  • toshi
  • 2014/10/05 5:47 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'20年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.59のご紹介です!_2/2
    toshi (10/25)
  • いちご新聞'20年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.59のご紹介です!_1/2
    toshi (10/21)
  • フェアのお知らせ:2020年<新宿伊勢丹>にて!_新作原画!
    toshi (10/18)
  • フェアのお知らせ:2020年<新宿伊勢丹>にて!_展示の様子!
    toshi (10/17)
  • 講演会のお知らせ:「LIFEいのち」特別野外上映会&スペシャルトーク&ヒーリングコンサート
    toshi (10/14)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_オープニング!
    toshi (10/13)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_葉祥明内覧!
    toshi (10/10)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_設営が始まりました!
    toshi (10/08)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_招待券プレゼント!
    toshi (10/06)
  • お知らせ:GoToトラベル地域共通クーポン券、ご利用頂けます!
    toshi (10/05)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM