『朝日小学生新聞』名作の中のお菓子物語:第12回「クマのプーさん」

  • 2014.10.21 Tuesday
  • 00:00
2014年7月から2015年1月の毎週月曜日に“朝日小学生新聞”で、
2009年”と“2010年”に続く3回目の描き下ろしとして、
葉祥明の新作が連載中です。拍手拍手拍手

内容としては、だれもが知っている世界の名作を取り上げ、
その中で登場・イメージした“お菓子”を“今田美奈子”さんが再現し、
葉祥明が物語のイメージを描く、という企画です。鉛筆

今回は『クマのプーさん』です。読書

この物語は作家の"A・A・ミルン”が44才の時に一人息子の“クリストファー・ロビン・ミルン”のために書いた物語です。
作中の少年に息子の名前を付けるなど、父親の愛情に溢れた作品とも言えますね。グッド

お菓子は“プーさんのハニーバターキャラメル”!ラブラブ

プーさんが大好きなはちみつを風船に乗って取りに行くなど、度々はちみつが登場します。
紀元前5千年頃には職業として養蜂があったとか。ビタミンやミネラルをたくさん含んだ栄養価の高い食材で殺菌効果もあります。
ノドを痛めたり、風邪をひいたりしたときに、温めたミルクに入れて飲むなど、これからの季節に活躍するかもしれませんね!モゴモゴ

それでは、早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“名作の中のお菓子物語“の記事はこちらからどうぞ!back

クマのプーさんA・A・ミルン(1882〜1956)
イギリス・ロンドン生まれのスコットランド人。児童文学作家、詩人、劇作家。代表作の『クマのプーさん』(1926年)は、一人息子のクリストファー・ロビン・ミルンのために書かれた作品。

          downdowndownこちらが紙面になります。downdowndown
            <平成26年10月6日 月曜日発行>
コメント
葉さんの描くプーさんもなかなか良いですよね。自宅にある絵を見て改めてかわいいなと思いました。
  • toshi
  • 2014/10/22 6:02 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新刊のご紹介:絵本『枯葉の囁き』
    toshi (01/28)
  • 新刊のご紹介:えいごのうた絵本『いっしょにうたおう♪マザーグースのうた◆
    toshi (01/26)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年11月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (01/25)
  • 原画展<アートハウスおやべ>:『葉 祥明 展〜メルヘンの風にのせて〜』_展示に向けて
    toshi (01/23)
  • 原画展<アートハウスおやべ>:『葉 祥明 展〜メルヘンの風にのせて〜』チラシができました!
    toshi (01/20)
  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!_販売原画のご紹介
    toshi (01/18)
  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!
    toshi (01/17)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/14)
  • ミュージアムトークのお知らせ:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/10)
  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_チラシのご紹介
    toshi (01/07)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM