『朝日小学生新聞』名作の中のお菓子物語:第19回「クリスマス・キャロル」

  • 2014.12.24 Wednesday
  • 00:00
2014年7月から2015年1月の毎週月曜日に“朝日小学生新聞”で、
2009年”と“2010年”に続く3回目の描き下ろしとして、
葉祥明の新作が連載中です。拍手拍手拍手

内容としては、だれもが知っている世界の名作を取り上げ、
その中で登場・イメージした“お菓子”を“今田美奈子”さんが再現し、
葉祥明が物語のイメージを描く、という企画です。鉛筆

今回はクリスマスイブらしい記事をご紹介します。
クリスマス・キャロル』です。読書
(第18回はまた次の機会に)

主人公のスクルージは欲の塊のような人物。その前に3人の幽霊が現れ、スクルージの過去、現在、未来を見せます。幸せだった子ども時代、強欲に孤独に生きる現在、疎まれたままこの世を去っていく未来。衝撃を受けたスクルージは生き方を変えようと決心します。地球

仏教用語でもある“因果応報”を感じさせるような物語ではありますが、
愛、絆、感謝、許しとは何か?を考えさせられるクリスマスらしいお話しですね。

さて、今回のお菓子は“クリスマス・プティング”!
クリスマスならではの飾り付けをして楽しみましょう!パクッ

それでは、紙面をご覧下さい!見る

URLこれまでの“名作の中のお菓子物語“の記事はこちらからどうぞ!back

クリスマス・キャロルチャールズ・ディケンズ(1812〜1870年)
イギリス生まれ。小説家。19世紀イギリス、ビクトリア女王が治めた時代を代表する作家。代表作は『オリバー・ツイスト』(38年)、『クリスマス・キャロル』(43年)、『二都物語』(59年)

          downdowndownこちらが紙面になります。downdowndown
            <平成26年12月01日 月曜日発行>
コメント
今日は平和を感じる日にしたいと思います。今日の絵は少しドキっとしました。
  • toshi
  • 2014/12/25 6:00 AM
神秘的な絵ですね
  • 石川
  • 2015/01/04 8:47 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!
    toshi (01/17)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/14)
  • ミュージアムトークのお知らせ:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/10)
  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_チラシのご紹介
    toshi (01/07)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年10月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (01/05)
  • ミュージアムキャット!:クリスマス仕様になったよ!
    sasa (01/04)
  • 謹賀新年<2020年>:北鎌倉葉祥明美術館よりご挨拶!
    toshi (01/02)
  • ご挨拶:大晦日<2019年>!
    toshi (01/01)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本原画展『マザーグースのうた2』_チラシのご紹介
    toshi (12/31)
  • ミュージアムキャット・絵夢!:出勤再開しました!
    toshi (12/28)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM