『朝日小学生新聞』名作の中のお菓子物語:第20回「マッチ売りの少女」

  • 2015.01.11 Sunday
  • 00:00
2014年7月から2015年1月の毎週月曜日に“朝日小学生新聞”で、
2009年”と“2010年”に続く3回目の描き下ろしとして、
葉祥明の新作が連載中です。拍手拍手拍手

内容としては、だれもが知っている世界の名作を取り上げ、
その中で登場・イメージした“お菓子”を“今田美奈子”さんが再現し、
葉祥明が物語のイメージを描く、という企画です。鉛筆

今回は“アンデルセン”の『マッチ売りの少女』です。読書

雪が降る大晦日にはだしのままマッチを売る少女。
寒さに耐えられなくなった女の子は売り物のマッチを一本、また一本とすってしまいます。
一本するごとに炎の中に現れるガチョウの丸焼きやクリスマスツリー、
ついには女の子をとてもかわいがってくれたおばあちゃんが現れます。
そして女の子は…。ポロリ

今の日本では考えられない過酷な設定になっていますが、
アンデルセンの母親の少女時代をモデルにしているそうです。
物質的に豊かになった現代ですが、心の中が“幸せ”であるかどうかは人それぞれ。
少女が幸せそうなほほえみをたたえていたのがせめてもの救いです。ニコニコ

さて、今回のお菓子は“マッチ棒のプリッツェル”!
まっすぐなプリッツェルにチョコをつけてマッチ棒にみたてたお菓子を作ります!
ちなみに紙面には「皆さんはマッチを見たことがありますか?」と書いてあり、驚愕!
確かに我が家にもライターはあってもマッチはないですね…。汗

それでは、紙面をご覧下さい!見る

URLこれまでの“名作の中のお菓子物語“の記事はこちらからどうぞ!back

マッチ売りの少女ハンス・クリスチャン・アンデルセン(1805〜1875年)
デンマークのオーデンセ生まれ。童話作家、小説家、詩人。代表作は、小説『即興詩人』(1835年)や、童話『人魚姫』(1837年)、『雪の女王』(1844年)、『マッチ売りの少女』(1848年)など。

          downdowndownこちらが紙面になります。downdowndown
            <平成26年12月8日 月曜日発行>
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!_販売原画のご紹介
    toshi (01/18)
  • フェアのお知らせ:2020年<岡山タカシマヤ>にて!
    toshi (01/17)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/14)
  • ミュージアムトークのお知らせ:絵本原画展『マザーグースのうた2』
    toshi (01/10)
  • 葉祥明美術館の企画展:倉木麻衣20周年記念『倉木麻衣×葉祥明』展_チラシのご紹介
    toshi (01/07)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年10月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (01/05)
  • ミュージアムキャット!:クリスマス仕様になったよ!
    sasa (01/04)
  • 謹賀新年<2020年>:北鎌倉葉祥明美術館よりご挨拶!
    toshi (01/02)
  • ご挨拶:大晦日<2019年>!
    toshi (01/01)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本原画展『マザーグースのうた2』_チラシのご紹介
    toshi (12/31)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM