掲載されました:ファミリーマガジン『かぞくのじかん』vol.33 秋号 !!_1/2

  • 2015.09.15 Tuesday
  • 18:00

主婦之友社”より発刊されている情報季刊誌『かぞくのじかん』に
葉祥明の書き下ろしエッセイが掲載されましたのでお知らせします!拍手拍手拍手

かぞくのじかん』は2007年に創刊され、
子育てをがんばるお母さんやお父さんのための雑誌ということで、
家計や料理、日々の暮らしに関する情報などが
オシャレなレイアウトでまとめられています。揺れるハート

葉祥明の寄稿は『えほんの誕生日』という連載エッセーのコーナー。
お子さんに絵本を選んだり、読み聞かせをしたりするときのヒントになるような内容が、
毎号、作家さん自身の言葉で書かれています。鉛筆2

それでは、本文から内容を抜粋してご紹介します!
早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

150915-1.jpg
【雑誌名】『かぞくのじかん』季刊誌(9、12、3、6月発行)
【判 型】A4ワイド判 
【価 格】820円(税込) ご購入はこちらのHPよりどうぞ

150915-2.jpg
えほんの誕生日 21 〜長くはない、幼い日々に〜 葉祥明』

もし自分に小さな子供がいたら、あるいは孫がいたら、どんな絵本がその子にふさわしいだろうか?二十四才の若い僕が創作絵画作家、画家を目指していたころ、僕なりのルールを自分に課して創作を始めた。

ストーリーはシンプルに。色彩は美しく、優しいタッチで描く。
子供たちが、温かくて、穏やかな世界を感じとってくれるように。(中略)

出版された『ぼくのべんちにしろいとり』は、正しく、そんな僕の気持ちとルールに従って制作された。テーマは出会いと別れ、優しい思いやり、友情、日常生活の中の、ちょっとした出来事…。

主人公の白い犬のジェイクは、おっとりとした性格で、お人(犬?)善し。
仲間からはぐれて、途方にくれていた白い鳩の世話をすることになる。(中略)

そして出来事が終わっての、余韻。僕は、それが描きたかった。
本当に人生は、出会いと別れだ。忘れてならないのは日々の生活の大切さ。
子供が、それを感じ取ってくれたら、「人生」の神髄の約半分を知ったことになるだろう。

二十四才の時、僕は、そう思った。
それから四十五年経って、七十才を前にして「うん、そうだね…、人生は、出会いと別れ、日々の暮らしで、成り立っている」と矢張り思う。(続く-1/2)
コメント
長くはない、幼い日々…。まさにその通りです。
  • toshi
  • 2015/09/16 5:48 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館のお庭便り:2019年<春の装い>-その1
    toshi (03/20)
  • 掲載記事のご紹介:『産経新聞』_2019年2月17日(日)
    ゆずりは (03/19)
  • ミュージアムトークのご報告:『リトルブッダ』絵本原画展
    toshi (03/18)
  • 葉祥明美術館の企画展:『しあわせってなあに?』絵本原画展_チラシのご紹介
    toshi (03/16)
  • 葉祥明美術館看板猫:ドッポが亡くなって12年経ちました。
    toshi (03/14)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年3月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (03/13)
  • 掲載記事のご紹介:『産経新聞』_2019年2月17日(日)
    toshi (03/10)
  • フェアのお知らせ:2019年<横浜ロフト>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (03/07)
  • フェアのお知らせ:2019年<横浜ロフト>にて!_告知!
    toshi (03/04)
  • 新商品のご紹介:<鎌倉彫×葉祥明>ジェイクペン皿!_発送スタート!
    toshi (03/03)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM