いちご新聞'15年10月号・葉祥明『心のハーブ』vol.100のご紹介です!_2/3

  • 2015.09.30 Wednesday
  • 00:00

サンリオ”さんより発行されている、
いちご新聞』の最新号が発刊されましたのでご紹介します!見る

祝今号で節目の第100回!祝

今日のブログは特別記念として、見開きになったページをご覧頂きます!
葉祥明のインタビュー記事も合わせてどうぞ!鉛筆2
(1回で全文掲載の予定だったのですが2回に分けてお届けします…。ひやひや

URLこれまでの『幸せになるための・心のハーブ』の記事はこちらから!back

150930-1.jpg

150930-2.jpg
サンリオが1980年代に出版していた『詩とメルヘン』の挿絵、そして1990年代からいちご新聞に絵や詩を書いてくれている画家・詩人の葉祥明先生。2007年に始めた人気連載「心のハーブ」は今月号で100回目を迎え、絵と詩の癒しのページとして、また、自分のことを考えたり、いろんなことに気づかせてくれるページとしてメイトに大人気☆ 100回目を記念して、今月は葉先生にインタビュー!

Q:小さい頃から絵を描いていたの?
A:そう、物心ついた頃から!湯気でくもったお風呂場の壁や、紙、地面、なんでも二次元で描けるものには描いていたね。今も昔も絵を描くのが大好きだよ。

Q:画家になるのは、小さい頃からの夢?
A:いや、小さな頃は画家になりたいとは思っていなかったよ。歴史上、名を遺した画家には悲劇的な人生を送った人が多かったからね。それを知って、むしろ画家になってはいけないと思ってたよ。(笑)

Q:では、いつ画家になろうと思ったの?
A:大学生の時。何か仕事をしなくては食べてはいけないと思った時、やはり自分は絵を描いていく人生がいいと思ってね。そして、注文を受けて挿絵を描く仕事“イラストレーター”を目指したんだ。

Q:そうだったんですね!先生の絵はやさしい感じで大好きです。いつも描く時に考えていることってあるんですか?
A:見る人をやさしく招き入れたいと思って描いているよ。ぼくの絵は「これでいいだろう!素敵だろう!」と言うほど積極的ではない。せまってくるような迫力はないし、「見て見て!」って主張もない。見たくなければ通り過ぎていいの。見たい人が立ち止まって見てくれればいい。そう思っています。絵も生活も、ぼくは相手の気持ちを尊重したい。だから見たいと思った人をやさしく迎え、見たいと思っていない人には無理に押しつけたくないんだよ。(続く)
コメント
挿絵集めたら素敵な絵本になりますね。
  • toshi
  • 2015/10/02 5:49 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館の企画展:絵本原画展『花のすきな おおかみ』_展示の様子!:ひまわり!
    toshi (08/07)
  • 新商品のご紹介:スマホリング!_先行予約受付中!
    toshi (08/05)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_告知!
    toshi (08/04)
  • いちご新聞'20年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.58のご紹介です!_2/2
    toshi (08/03)
  • いちご新聞'20年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.58のご紹介です!_1/2
    toshi (08/02)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_速報!_1
    toshi (08/01)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2020!_スタートします!
    toshi (07/29)
  • 雑誌「SAKIGAKE(魁)」'19年夏43号:「葉祥明の世界」のご紹介です!
    toshi (07/27)
  • ミュージアムキャット・絵夢!:<鉢の木>さん_テイクアウト「ひつまぶし」
    toshi (07/26)
  • 新商品のご紹介:CD『ライアーで聴く美しの里』_楽譜!!
    toshi (07/25)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM