掲載されました:『かまくら春秋』_2017年1月号

  • 2017.02.11 Saturday
  • 17:30

 

かまくら春秋社”が発刊している鎌倉・湘南の情報誌『かまくら春秋』1月号に

葉祥明がエッセイを寄稿しました。鉛筆2

 

私の鎌倉』というコーナーで、

北鎌倉を取り上げ、自身の美術館である当館も紹介していますよ〜。汗

 

皆さんも、是非、“北鎌倉で一日過ごしてみて下さい!グッド

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

 

170211-1.jpg

私が本当に鎌倉らしいと思っているのが「北鎌倉」だ。昔から余り変わっていない木造の小さな駅舎。円覚寺側の改札口を出ると、目の前に巨木がうっそうと林立した円覚寺だ。いつ訪れても一瞬の内に自分の気分が変わる。七百年前の古鎌倉に迷い込んだかのようだ。鎌倉駅前の都会的賑わいとは違う。心身が浄められるような、静かな佇まいは、今も昔も変わらない。

 

北鎌倉の狭い区域には円覚寺の他に、建長寺、浄智寺という大きなお寺さんがあり、その他、かつては、駆け込み寺だったという庭が美しい、東慶寺。実は個人的には、この小ぢんまりとした寺が私のお気に入り。そして、アジサイで有名な明月院!

 

アジサイの季節には寺全体が幻想的な、青アジサイで埋め尽くされ、人々をうっとりさせる。一生の内、一度は、この青い花の世界を訪れて欲しいと思う。

 

この明月院通りに、葉祥明美術館がある。前庭が印象的な小ぢんまりとした渋いレンガの洋館で、近くには、食事処、甘味店、カフェなどもある。今日は、思い切って、「北鎌倉」だけ味わうってのも素敵だと思う。(葉祥明)

コメント
鎌倉…また行きたいですね。
  • toshi
  • 2017/02/11 9:12 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 祥明美術館のお庭便り:2018年<冬の装い>-その1
    toshi (01/23)
  • 葉祥明美術館の企画展:物語『パヤタスに降る星〜ごみ山の子どもたちから届いたいのちの贈り物〜』原画展_展示の様子!
    toshi (01/22)
  • 葉祥明美術館よもやま話
    toshi (01/21)
  • 公式ホームページ:中国語版を制作中!〜繁体字版〜
    toshi (01/20)
  • フェアのお知らせ:2018年<名古屋三越栄店>にて!_告知!
    toshi (01/18)
  • 葉祥明美術館の常設展:2017年<冬の展示>
    toshi (01/16)
  • お知らせ:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の冬期お休みについて
    toshi (01/15)
  • いちご新聞'18年1月号・『心にAroma(アロマ)』no.27のご紹介です!_2/2
    toshi (01/14)
  • いちご新聞'18年1月号・『心にAroma(アロマ)』no.27のご紹介です!_1/2
    toshi (01/13)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『ピーターパンとウェンディ』原画展_産経新聞<2017年12月24日>!
    toshi (01/12)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM