いちご新聞'17年11月号・『心にAroma(アロマ)』no.25のご紹介です!_2/2

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 23:00

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号を“2017年10月18日”の記事に続き掲載します。
内容は葉祥明のインタビューです!鉛筆2


それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

171129-1.jpg

Q:落ち込んでいるとき、いつにも増して誰かの温かい言葉や心に救われることがあると思うのですが、そんな状況のとき、乗り越えられるヒントを教えて頂けますか?

 

A:僕が今月の絵と詩で伝えたいのは、自分を支えてくれる存在が、この世にはたくさんいる、たくさんあるということ。誰かの存在、誰かの言葉。人に限らず、自分が見た絵や文学から得たメッセージ。意味も、陽の光も、おいしいソフトクリームにだって、救われるときがあるでしょう?

 

落ち込んだときに自分を救ってくれる「宝物」は、実は全ての人にひらかれていて、決して特別なものではないんだ。そういう見方で自分の身の回りにあるたくさんの「宝物」に気付いてほしいんだ。

 

呼吸とは空気を吸って出すことで、それを繰り返さないと人間は生きていけないように、人生にもいろんな波が来ては引いて、一定の状態を保ち続けることってないと思うんだ。天気だって雨が降ったり晴れたりすることで成り立っているし、学生も遊ぶ、勉強することのバランスがあり、大人になっても、休息と働く両面がある。

 

この宇宙の全ては、点・滅・点・滅…、ついたり消えたりしながら人生って、進んでいく。人生もそうだよ。恋していれば「うれしい!」、失恋すれば「悲しい」、そう思うのが人生であり、気分が上がる日もあれば、下る日もある。

 

大切なのは、その中で最善を尽くすこと。ちょっとした波で揺さぶられても、それで人生がすっかり終わってしまうと思ってはいけないよ。失敗、事故、怪我、病気に見舞われても、それでも人生は続くんだ。

 

だから、どんなときも、人生を支えてくれる「宝物」があることを忘れずに、人生を信頼する心を失わないで生きていってほしいと思う。

コメント
よし、今日もがんばろう。
  • toshi
  • 2017/11/30 5:59 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 講演会のご報告:『自分の人生をどう生きるか』@山梨県笛吹市
    toshi (11/12)
  • 「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:出演<山野希美>2nd
    toshi (11/11)
  • いちご新聞'18年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.36のご紹介です!_2/2
    toshi (11/10)
  • いちご新聞'18年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.36のご紹介です!_1/2
    toshi (11/09)
  • フェアのお知らせ:2018年<新宿高島屋>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (11/08)
  • 葉祥明美術館の企画展:ことばの本『こだわらない』原画展_チラシのご紹介
    toshi (11/06)
  • フェアのお知らせ:2018年<新宿高島屋>にて!_会場の様子!
    toshi (11/05)
  • ミュージアムトークのお知らせ:ことばの本『こだわらない』原画展
    toshi (11/03)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2018年9月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (11/01)
  • 新刊のご紹介:ジェイクの英語絵本が中国で出版されました!
    toshi (10/30)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM