掲載されました:人間学を学ぶ月刊誌『致知』_2017年12月号_その2/2

  • 2018.02.01 Thursday
  • 12:00

 

人間学を学ぶ月刊誌『致知』の“葉祥明インタビュー記事”の続きをご紹介します。鉛筆2

 

掲載されたのは「致知随想」というコーナー。

2回に分けての掲載ですが、前回は絵本作家という職業を選んだ理由やそこに到った過程をお読み頂きました。今日は絵本作家としての矜持、ひとりの人間としての人生への姿勢を語ります。楽しい

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

致知随想》 『自分のための仕事が 人のためにもなる ー 葉 祥明ー

 

当初は自分の「つくりたい」という思いだけでしたが、訪れた方々が私の絵や詩を見て冒頭で紹介したような感動を抱いてくれていると思うと、少しでも世の中に貢献できているのだと実感させられます。

 

自分のやりたいことと、世の中のためになること、その両輪が揃った仕事ができることは幸せです。人間は一人では生きていけませんし、他人のためだけに生きることも苦痛になります。

 

しかし、ボランティアなど突発的な慈善活動をしなくても、日々の仕事の中で社会貢献はできるものです。料理人も歌手も、皆仕事を通じて人々を幸せにし、社会に貢献することができます。あらゆる職業はお金を稼ぐと同時に、人に喜んでもらうという両輪があるのです。

 

こうした考えを持つようになったのは一九八六年、五十歳の時に起こったチェルノブイリ原発事故がきっかけです。地球規模の災害に対して、自分は何ができるのかと考えた結果、「絵本を通じて子供たちに事実を伝えよう!」と思い至ったのでした。

 

この世における私の役割を自覚した、大きな転機だったと思います。これを境に私の作風も変わり、ファンタジーから社会的なテーマまで幅広く扱うようになりました。

 

私の絵には真っ青な空と広々とした大地が多く登場します。そこには見る人のバックボーンや、見る時の心情の違いによって、一枚の絵から様々な思いを巡らせてほしいという願いを込めてきました。

 

見る人が、私の作品の主役です。そのため、絵が書き上がったら完成ではなく、見て感想を抱いてもらった時に初めて、仕上がるのです。たとえ絵自体が一日で完成しても、数日間じっくり観察する期間を取り、様々な立場の人の心になりきって、その作品の仕上がりを考察しています。

 

その時に大事なのが、自分をなくして「無」になりきること。ただ一人静かに、じーっと絵を眺めるのです。そうした私の思考の原点を探ると、高校の玄関に掲げてあった「役に立つ善人たれ」という言葉を思い出します。

 

誰もが善人を目指しますが、ただ「いい人」になるだけでなく、「人の役に立ついい人」でなければいけないのだと、考えさせられる言葉です。

 

私は既に古希を超えましたが、これからの夢は、いままでどおり世の中の様々な事象を俯瞰し、自分の頭で考えたことを絵や言葉で表現していくこと。そして寿命がある限りそれを積み重ねることです。

 

いつ死ぬかは誰にも分かりませんが、八十で死んでも九十で死んでも、「生きた」と実感を持てる人生を生き切りたいと思います。(了)

 

(よう・しょうめい=絵本作家・画家・詩人)

コメント
葉さんにはまだまだ頑張って欲しいですね。
  • toshi
  • 2018/02/02 5:59 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • イベントのお知らせ:映画『赤毛のアン・初恋』の全国上映中!
    葉祥明美術館館長 堀内重見 (10/16)
  • イベントのお知らせ:映画『赤毛のアン・初恋』の全国上映中!
    toshi (10/16)
  • フェアのお知らせ:2018年<パルクアベニュー・カワトク>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (10/14)
  • イベントのお知らせ!:学芸員がススめる・鎌倉アート&カルチャーMAP_2018年秋の特別イベント!_美活ウォーク!
    toshi (10/13)
  • イベントのお知らせ!:学芸員がススめる・鎌倉アート&カルチャーMAP_2018年秋の特別イベント!
    toshi (10/11)
  • 葉祥明美術館の企画展:ミュージアムトーク日程記載の<訂正とお詫び>
    toshi (10/10)
  • 雑誌「SAKIGAKE(魁)」'18年夏40号:「葉祥明の世界」のご紹介です!
    toshi (10/09)
  • フェアのお知らせ:2018年<新宿高島屋>にて!_告知!
    toshi (10/08)
  • フェアのお知らせ:2018年<さくら野百貨店 弘前店>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (10/07)
  • 講演会のお知らせ:『自分の人生をどう生きるか』@山梨県笛吹市
    toshi (10/06)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM