いちご新聞'18年4月号・『心にAroma(アロマ)』no.29のご紹介です!_2/2

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 23:00

 

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号を“2018年4月16日”の記事に続き掲載します。
内容は葉祥明のインタビューです!鉛筆2


それでは早速ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

Q:今月の阿蘇の絵ですか?

A:僕のふるさと、熊本・阿蘇の景色です。ついこの間、大きな災害があったけれど、自然は必ず息を吹き返す。それが自然の偉大な力というものです。それを賛美したくて描きました。

 

大自然の中にいると、僕はえりを正すというか、改めて謙虚な気持ちになる。ふと立ち止まって「生きていることがかけがえのない大切なものなんだ」と、故郷の山々はいつも気付かせてくれる。

 

Q:国内外、様々な災害がありますが、葉先生として、どのように受け止めていますか?

A:災害は、ない方がいいけど、どうしても起きてしまう・・・それに対して僕たちは、どう向き合えばいいのか。その苦しみを、どうやって乗り越えたらいいのか。人間にとって、それはとても重要な問題だね。

 

その答えは、実は日々の生活の中にある。毎日起こる、いろんな出来事から学ぶってことなんだ。学校や芸術、映画から学べることがたくさんあるよ。病気だって、その苦しみから何かを学べたら、その苦しみも意味があったと思える。

 

そしてそう思えた時、その人はその苦しみを精神的に乗り越えたと言えるんじゃないかな。大切なのは学ぼうとすること。「この出来事は、自分にいった何を教えようとしているのか?」「あのことがあったから今の自分がいる」と思えることや、「このことを経て、わかったことがある」と思えること。人類はこうして長い過酷な歴史を生き抜いてきたんだ。

 

どんなことも、物事を深く考えるためのきっかけとなる。それら1つ1つのことがつながって、今こうして僕がここにいる。ここに生きている。「私は全てをきっかけとなんて思えない」と言う人もいるかもしれない。しかし戦争も災害も病気も死別も、一瞬一瞬を大切にして、生きなさいと僕たちに告げているんだ。そういう「学び」、それが唯一僕たちにできることだと思うな。

コメント
南阿蘇も少しずつ復興しています。これからもがんばろう熊本。
  • toshi
  • 2018/04/18 5:40 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ミュージアムイベントのご報告:『リトルブッダ』絵本原画展_浄智寺住職・朝比奈恵温氏が語る〜御仏の心と絵本『リトルブッダ』〜
    toshi (03/24)
  • フェアのお知らせ:2019年<デパートリウボウ>にて!_告知!
    toshi (03/22)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2019年<春の装い>-その1
    toshi (03/20)
  • 掲載記事のご紹介:『産経新聞』_2019年2月17日(日)
    ゆずりは (03/19)
  • ミュージアムトークのご報告:『リトルブッダ』絵本原画展
    toshi (03/18)
  • 葉祥明美術館の企画展:『しあわせってなあに?』絵本原画展_チラシのご紹介
    toshi (03/16)
  • 葉祥明美術館看板猫:ドッポが亡くなって12年経ちました。
    toshi (03/14)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年3月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (03/13)
  • 掲載記事のご紹介:『産経新聞』_2019年2月17日(日)
    toshi (03/10)
  • フェアのお知らせ:2019年<横浜ロフト>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (03/07)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM