いちご新聞'19年3月号・『心にAroma(アロマ)』no.41のご紹介です!_2/2

  • 2019.03.30 Saturday
  • 23:00

 

いちご新聞』の3月号に掲載された葉祥明コーナー『心にAroma』を“3月29日”の記事に続き掲載します。
内容は葉祥明のインタビューです!鉛筆2


それでは早速ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

190329-1.jpg

Q:菜の花畑がきれいですね!どんなメッセージを込めて描かれたのですか?

 

A:僕たちは、つい忙しさや面倒臭さで大切なことを忘れてしまいがちだけど、この絵のように、ただただ「純粋」で美しい世界を見たり、想像したりすることは、大切なことだと思う。いろんなことに流されてしまって自分を見失いそうになったときは、自分が持っていたはずの「純粋」な心を思い出して欲しいんだ。そんな世界への憧れを絵に描いてみた。

 

僕の絵を見て、「現実と違うんじゃないか」、と言う人もいるけれど、でも美しいとは言えない現実の奥にある、純粋な世界に「憧れる」ってことも大事だし、気持ちの中だけでも平和でいたいと思う。なぜなら、こうした純粋な心をしっかり持つことが、心ある人間としての原点とも言えるから。

 

Q:この絵が、先生の原点を表しているんですね。

 

A:そうだね。平和で牧歌的な田園風景…ぼくのこの絵で、純真な心や純粋さを表しているんだ。お花畑に建つ小さな家に住んでいる誰かに、少年は花を届けにやって来た。姿は見えないけれど、多分家には幼なじみの女の子が住んでいるのだろう。

 

大人同士の複雑な関係とは違う、とても純粋な心が、二人の間にはある。ぼくはずっと、そんな少年の心を保ってきたつもりだけれど、大抵の人は、そうしてられない。大人になるってことは、言わば少しずつ純粋さを失うこと。もっと言えば、忘れていくってことでもあるからね。

 

この絵を見ることで、自分の中にある、そんな初々しい心をみんなが思い出してくれたらと思う。純真さや純粋な心って、生きる力と言ってもいいからね。

コメント
いつまでも少年のような純粋な気持ちを忘れないようにしたいですね。
  • toshi
  • 2019/04/01 6:05 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その3(明月院情報)
    toshi (06/03)
  • 葉祥明美術館の企画展:新作絵本原画展『花のすきな おおかみ』_告知動画のご紹介!
    toshi (06/01)
  • <開館についてのお知らせ>:6月1日(月)より再開致します!
    toshi (05/31)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その2
    toshi (05/28)
  • 北鎌倉を楽しむ:日本料理・懐石<北鎌倉 円(えん)>_テイクアウト版!
    toshi (05/26)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『そらのむこうに』展_展示の様子!
    toshi (05/24)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その1
    toshi (05/23)
  • 商品のご紹介:絵本『そらのむこうに 〜THE SKY DOME〜』
    toshi (05/21)
  • 新商品のご紹介:マグネットの新柄!_5柄!
    toshi (05/19)
  • お知らせ:葉祥明阿蘇高原絵本美術館が再開しました!
    toshi (05/17)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM