東京電気大学理工学部鳩山キャンパス新聞に「葉祥明講演会」掲載!

  • 2008.01.22 Tuesday
  • 23:00
昨年9月29日、東京電気大学・鳩山キャンパスにて
葉祥明の講演会が行われました。

その内容が同校のキャンパス新聞「キャッツアイ」に
掲載されましたので、ご紹介したいと思います。


葉祥明と記事の執筆者・小川翔平さん(情報社会学科3年生)

葉祥明氏講演会「芸術とは何か?」

去る9月29日に絵本作家・画家・詩人の葉祥明氏の講演会が鳩山キャンパスで開かれた。
11月並の肌寒い気候の中ではあったが、一般の方に加えて学生も集まり、
講演に耳を傾けていた。

「芸術とは何か?」という大きなテーマについて、
「アートとは人間が手を加えたという意味。
人間の持つ、知性とセンスで美しいものを作り出すことがアートだ」と葉氏は語った。

一見、電気大学とアートとはあまり関連がないように思えるが、
「ものづくり」の視点からは、この世の人間が生み出すものすべてがアートと考えられ、
そこに関連性が見えてくる。
実は「art」の語源であるラテン語の「ars」には「技術」という意味もある。

講演会中に公開した『葉祥明〜人と自然への愛』は、葉祥明氏(の作品)と
情報社会学科3年の小川(筆者)がコラボレーションしたビデオアート作品である。
8月中旬から企画に入り、葉祥明美術館に完全協力頂いて完成した。
海、空、大地、そして人間。
葉祥明氏の作品に流れる、深々として心温まるものが私たちの心に語りかける。

海の波音は聞いているか。
山の鳥のさえずりは聞こえているか。
大地の鼓動は感じているか。
私たち人間はひとりで生きているわけではない。
私たちが住むこの地球と共存している。
人はひとりでは生きていけない。

葉祥明氏の思想の根本には生命(いのち)がある。
あなたは生命を感じているだろうか。

悠久の美の世界を描き続ける葉氏。
地雷ではなく花をください」などの絵本でも知られているとおり、
平和活動に尽力している。
またスピリチュアルな世界をも描いている葉氏は、
私たちがどこかに忘れてきてしまった
自然や地球に対する感謝の気持ちを伝えてくれている。

葉氏の美術館は北鎌倉南阿蘇にある。
近くまで行ったときは立ち寄ってみてはどうだろうか。

小川さん、映像製作に記事寄稿と大変お疲れ様でした!
ありがとうございました!

作家・葉祥明の世界に、少しでも多くの学生さんがご興味をお持ちいただき
触れるきっかけとなっていただければ非常に嬉しいと思います 楽しい
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 原画展<笠岡市小野竹喬美術館>:葉祥明原画展開催のお知らせ!
    toshi (10/27)
  • いちご新聞'20年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.59のご紹介です!_2/2
    toshi (10/25)
  • いちご新聞'20年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.59のご紹介です!_1/2
    toshi (10/21)
  • フェアのお知らせ:2020年<新宿伊勢丹>にて!_新作原画!
    toshi (10/18)
  • フェアのお知らせ:2020年<新宿伊勢丹>にて!_展示の様子!
    toshi (10/17)
  • 講演会のお知らせ:「LIFEいのち」特別野外上映会&スペシャルトーク&ヒーリングコンサート
    toshi (10/14)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_オープニング!
    toshi (10/13)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_葉祥明内覧!
    toshi (10/10)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_設営が始まりました!
    toshi (10/08)
  • 原画展<伊達市梁川美術館>:『葉祥明原画展〜メルヘン・絵本・詩〜』_招待券プレゼント!
    toshi (10/06)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM