葉祥明美術館館長のおすすめ映画:『ヒトラーの贋札』

  • 2008.03.26 Wednesday
  • 23:30
葉祥明美術館館長・堀内重見がお届けする
おすすめ映画シリーズ。 青い旗

今回ご紹介する映画は「ヒトラーの贋札」です。



2006年/ドイツ=オーストリア合作/96分
第80回アカデミー賞外国語映画賞 受賞作品
アドルフ・ブルガー著「ヒトラーの贋札 悪魔の工房」(朝日新聞社刊)

監督・脚本:ステファン・ルツォヴィッキー
音楽:マリウス ルーラント
出演:カール・マルコヴィクスアウグスト・ディール


<STORY>
第二次世界大戦末期、戦況不利に陥り始めていた
ナチス・ドイツは、イギリスの経済混乱を狙い
史上最大規模の贋札製造計画 <ベルンハルト作戦> を敢行する。

この作戦に駆り立されたのは、
ユダヤ人強制収容所に収監されていた囚人達。

中でも特殊技術を持つ者だけが密かに集められ、
完璧な贋札の大量生産を命じられた。

贋札を造らなければ死を意味し、
命令に従えばナチス・ドイツの延命となり、
家族や同胞への裏切り行為につながる。

果たして、彼らの “葛藤” がたどり着く先とは…

よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー


第二次世界大戦は、私たち日本人にとっても
忘れ去ることのできない歴史です。

誰にも止めることの出来なかった潮流が、
多くの市民の運命を左右していった悲しい出来事。

この映画にも、そんな時代背景に
翻弄されていく人々の姿が描かれています。


ユダヤ人であり、国際的な贋札造りのプロ、
サロモン・ソロヴィッチを軸に展開される物語は、
人間の “良心” と “呵責” のせめぎ合いを描いていました。

史実に基づき製作されたこの映画は、
まさに、人間の良心が作らせた作品である
言えるのかもしれません。

葉祥明も鑑賞したこの映画。
「時間があったら是非に!」とオススメしていましたよ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2019年<デパートリウボウ>にて!_告知!
    toshi (03/22)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2019年<春の装い>-その1
    toshi (03/20)
  • 掲載記事のご紹介:『産経新聞』_2019年2月17日(日)
    ゆずりは (03/19)
  • ミュージアムトークのご報告:『リトルブッダ』絵本原画展
    toshi (03/18)
  • 葉祥明美術館の企画展:『しあわせってなあに?』絵本原画展_チラシのご紹介
    toshi (03/16)
  • 葉祥明美術館看板猫:ドッポが亡くなって12年経ちました。
    toshi (03/14)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2019年3月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (03/13)
  • 掲載記事のご紹介:『産経新聞』_2019年2月17日(日)
    toshi (03/10)
  • フェアのお知らせ:2019年<横浜ロフト>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (03/07)
  • フェアのお知らせ:2019年<横浜ロフト>にて!_告知!
    toshi (03/04)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM