葉祥明美術館館長のおすすめ映画:『テラビシアにかける橋』

  • 2008.04.03 Thursday
  • 20:00
葉祥明美術館館長・堀内重見がお届けする
おすすめ映画シリーズ。 青い旗

今回ご紹介する映画は「テラビシアにかける橋」です。



2007年/アメリカ/95分
原題:Bridge to Terabithia
原作:キャサリン・パターソン「テラビシアにかける橋」(偕成社刊)

監督:ガボア・クスポ
脚本:フェフ・ストックウェル、デヴィッド・パターソン
出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アナソフィア・ロブ
   
<STORY>
11才の男の子ジェスは、家では父親に頭ごなしに怒られ
姉たちからはのけ者扱い、しかも学校ではいじめられっ子。

でも、空想の世界にひたり、
架空の生き物をどんどん描いていく想像力は、ピカ一。

そんなジェスの隣家に、
活発で個性的な女の子レスリーが引っ越してきた。

同じクラスになった彼らはすぐに友達になり、
家裏の森の中に2人だけの国「テラビシア」を創り上げていく…

よつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバーよつばのクローバー


我が子が大人になっていく過程の中で、
その身に起こる事を、どのように子どもに諭していくのかは
どの親にとっても、大きな課題だと思います。

この物語は「国際アンデルセン賞」など
数々の賞を受賞してきたキャサリン・パターソンが、
実生活の中で自分の子どもに起こった出来事を
真正面から見つめることで生まれた物語です。

少しずつ「自覚」というものを感じ始める子どもにとって、
この社会に馴染むことは、簡単なことではありません。

自分が「自分」でいられなくなるような不安な気持と
未来への大きな希望が同時に感じられ、
心がいつも揺れ動いている、そんな状態でいます。

この物語では、「ファンタジー」という世界観を取り入れながらも、
ストーリー展開はあくまでも、現実の世界を軸に進んでいきます。

みなさんも子ども時代、当たり前のように友達や兄弟と一緒に、
いつも空想の世界の中で遊んでいたと思います。

そんな世界を思い出させてくれる映像美と細やかな描写は、
まさに映画ならでは!と思いました。

お子様にも安心してオススメできる映画です。
ぜひご一緒に観てくださいね!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'18年6月号・『心にAroma(アロマ)』no.33のご紹介です!_2/2
    toshi (07/20)
  • いちご新聞'18年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.33のご紹介です!_1/2
    toshi (07/19)
  • 講演会のお知らせ:『地雷ではなく花をください』@ふじのくに地球環境史ミュージアム
    toshi (07/18)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本『ジェイクから10のお願い』原画展
    toshi (07/16)
  • イベントのご報告:<パステルシャインアート講座>-その14
    toshi (07/14)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2018年7月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (07/13)
  • 新商品のご紹介:アイシングクッキー<夏!>
    toshi (07/11)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『マザーグースのうた』原画展_チラシのご紹介
    toshi (07/09)
  • 今日は七夕&葉祥明の誕生日です!
    toshi (07/08)
  • 葉祥明美術館の常設展:2018年<夏の展示>_クロウドの部屋
    toshi (07/06)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM