新刊のご紹介:絵本「しろくまのピナーク」が発売されました!

  • 2009.06.02 Tuesday
  • 23:00
葉祥明の新刊が発売されました!拍手拍手拍手

描き下ろしの新作絵本としては、
2007年8月に出版された「おひさま」以来の作品になります!びっくり

今回のお話しの舞台は、北極です。
葉祥明の絵本らしい広い風景が描かれ、
大地の白と大空の青が印象的な美しい絵本になっています。おはな

生まれて間もないしろくまのピナークが、お母さんと妹の帰りを独りぼっちでお留守番する、という何気ない一日を描いた物語ですが、その背景には「子供たちが、安心して生きていけるように…」という願いが込められています。

それでは、内容を一部ご紹介します。
ご覧下さい!見る

nextNETSHOPはこちらからどうぞ!back


【絵・文】葉祥明
【価 格】1470円(税込) 
【頁 数】32頁
【判 型】22.6×24.7×0.8cm(縦×横×厚)
【発 刊】2009年5月15日


ふたりは、そらを とんでいる ふしぎなものを みつけました。
「なんだろう? とりさんかな?」
むちゅうで おいかます。
うえばかり みていたので、ピナークは すってんころり。
「いたたたた」
そのあいだに、カナークは どんどん さきへ かけていきます。
「カナーク、まってー!」
カナークは とうとう みえなくなってしましました。



つぎに ピナークが あったのは、まっしろな いきものでした。
「きみ、だあれ?」
「わたし、あざらしの あかちゃん!」
「ねえ、ぼくに そっくりな しろくまの おんなのこ、みなかった?」
「ううん、しらない。
 わたし、ママが かえってくるのを ここで まっているの」



こおりの われめに たどりつきました。
のぞいてみると、ちっちゃな いきものが おしゃべりしています。
うみの ようせい、クリオネでした。
「ねえ、きみたち、ぼくの いもうと みなかった?」
クリオネたちに ちかづこうとした そのとき……どぼーん!
ピナークは つめたい うみへ おちてしまいました。


さて、如何でしょうか?
是非、絵本を手にとってお楽しみください!楽しい
コメント
いつもながら、青の色使いがいいですね。
  • toshi
  • 2009/06/03 8:25 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:音楽家4名によるアンサンブル!
    toshi (10/17)
  • フェアのお知らせ:2017年<いよてつ高島屋>にて!_原画販売案内!
    toshi (10/16)
  • オススメお食事&カフェ:<鎌倉餃子UMINECO Wine&Cafe>
    toshi (10/15)
  • お知らせ:鎌倉アート&カルチャーMAP
    toshi (10/14)
  • イベントのお知らせ:宝塚歌劇団花組・公演『ハンナのお花屋さん』_行って来ました!
    toshi (10/13)
  • 講演会のお知らせ:「第11回サウンドヒーリング研究会」@クリエクロス神田
    toshi (10/11)
  • 介護専門雑誌『おはよう21』2017年10月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (10/09)
  • イベントのお知らせ:鎌倉とアートを楽しもう!_お知らせ!
    toshi (10/08)
  • 葉祥明美術館の企画展:ことば集『幸せは日々の中に』原画展_展示の様子!
    toshi (10/06)
  • 新刊のご紹介:読み聞かせ英語絵本『ピーターパンとウェンディ〜Peter and Wendy〜』
    toshi (10/03)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM