新刊のご紹介:絵本「しろくまのピナーク」が発売されました!

  • 2009.06.02 Tuesday
  • 23:00
葉祥明の新刊が発売されました!拍手拍手拍手

描き下ろしの新作絵本としては、
2007年8月に出版された「おひさま」以来の作品になります!びっくり

今回のお話しの舞台は、北極です。
葉祥明の絵本らしい広い風景が描かれ、
大地の白と大空の青が印象的な美しい絵本になっています。おはな

生まれて間もないしろくまのピナークが、お母さんと妹の帰りを独りぼっちでお留守番する、という何気ない一日を描いた物語ですが、その背景には「子供たちが、安心して生きていけるように…」という願いが込められています。

それでは、内容を一部ご紹介します。
ご覧下さい!見る

nextNETSHOPはこちらからどうぞ!back


【絵・文】葉祥明
【価 格】1470円(税込) 
【頁 数】32頁
【判 型】22.6×24.7×0.8cm(縦×横×厚)
【発 刊】2009年5月15日


ふたりは、そらを とんでいる ふしぎなものを みつけました。
「なんだろう? とりさんかな?」
むちゅうで おいかます。
うえばかり みていたので、ピナークは すってんころり。
「いたたたた」
そのあいだに、カナークは どんどん さきへ かけていきます。
「カナーク、まってー!」
カナークは とうとう みえなくなってしましました。



つぎに ピナークが あったのは、まっしろな いきものでした。
「きみ、だあれ?」
「わたし、あざらしの あかちゃん!」
「ねえ、ぼくに そっくりな しろくまの おんなのこ、みなかった?」
「ううん、しらない。
 わたし、ママが かえってくるのを ここで まっているの」



こおりの われめに たどりつきました。
のぞいてみると、ちっちゃな いきものが おしゃべりしています。
うみの ようせい、クリオネでした。
「ねえ、きみたち、ぼくの いもうと みなかった?」
クリオネたちに ちかづこうとした そのとき……どぼーん!
ピナークは つめたい うみへ おちてしまいました。


さて、如何でしょうか?
是非、絵本を手にとってお楽しみください!楽しい
コメント
いつもながら、青の色使いがいいですね。
  • toshi
  • 2009/06/03 8:25 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • テレビ放映:<鎌倉ケーブルテレビ>_2017年8月15日(火)
    toshi (08/16)
  • いちご新聞'17年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.22のご紹介です!_1/2
    toshi (08/15)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本『きみに聞いてほしい』原画展
    toshi (08/14)
  • こんなところにも葉祥明:<くまもと森都総合病院>
    toshi (08/12)
  • 掲載記事のご紹介:『熊本日日新聞』_2017年8月9日(水)
    toshi (08/11)
  • 新商品のご紹介:ジクレーN0.8618『私の桜島』_鹿児島山形屋先行商品!
    toshi (08/10)
  • ミュージアムトークのお知らせ:絵本『きみに聞いてほしい』原画展
    toshi (08/09)
  • イベントのご報告:<パステルシャインアート講座>-その13
    toshi (08/08)
  • 美術館の企画展:絵本『きみに聞いてほしい』原画展_原爆の日
    shou (08/07)
  • 美術館の企画展:絵本『きみに聞いてほしい』原画展_原爆の日
    toshi (08/06)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM