葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:2010年<五月の風景>

  • 2010.05.20 Thursday
  • 00:00
先週末に阿蘇を約2年ぶりに訪れました!飛行機

晴天にも恵まれ、
五月のさわやかな季節を存分に堪能!おてんき

早速、その風景をご覧下さい!見る


きれいに芝刈りされた正面玄関。
葉山館長やスタッフ皆さんの努力の賜物ですね。悲しい


庭からみた美術館全景。
左側の白いテントは、“南阿蘇絵本のくに「第5回誕生祭」”が行われる会場です。ひらめき


木漏れ日から望む“ジェイクの丘”。ポッ


木立の間にベンチがうまく配置され、
とても寛ぐことができますよ。グッド


もちろん館内では、
葉祥明の原画やブルー・ビーの原画もご覧頂けます!見る

皆様も是非、お出かけ下さい!ジョギング

葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:2010年<春の風景>

  • 2010.05.05 Wednesday
  • 00:00
このGWは天候に恵まれましたね!
里帰りやお出かけには最高の日和りだったと思います。おてんき

阿蘇でも、本格的な春の訪れと共に、
さまざまな草花が元気に顔を出しています。植物

今日は、葉山館長から送られてきた、
そんな画像をお届けします。見る


こちらは、ご存じの方も多いと思います。“アマドコロ”です。
生薬や健康茶としても知られていて、
シミ・ソバカスを防止する成分が入っているそうです!ラブラブ


こちらは“マムシグサ”。
この画像ではちょっと分かりにくいですが、
その茎やその花のもたげ方がマムシに似ているので、そのような名前になったとか…。
実際、球根の部分はシュウ酸カルシウムが含まれいるので、食べると危険びっくり


そして、先日のブログでご紹介した青い鳥が再び飛来!
ルリビタキ”ということが判明しました!ひらめき

阿蘇にいらっしゃった際は、
こんな野草や野鳥の観察もされてみては如何でしょうか?楽しい

葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:休館のお知らせ!

  • 2010.04.29 Thursday
  • 00:00
オフィシャルHPでは、
すでに告知していましたが、改めてお知らせ致します。鉛筆

葉祥明阿蘇高原絵本美術館が下記の日程で、
誠に勝手ながら終日休館致します。ポッ

お出かけのご予定を計画されていらっしゃるお客様がありましたら、
その日の前後などに日程を変更していただき、
ご来館下さいますようお願い申し上げます。ニコニコ

ご迷惑をおかけします…。


<葉祥明阿蘇高原絵本美術館・休館日のお知らせ>
【月 日】2010年5月15日(土)及び、同月26日(水)
【時 間】終日
【電 話】0967-67-2719

葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:2009年<春の風景>

  • 2010.04.18 Sunday
  • 00:00
昨日の午前中は、冷たい雨が降っていましたが、
午後には晴れ、無事にミュージアムトークも行われました。
ご報告は後日に致します。鉛筆

そして、
阿蘇地方は終日晴天に恵まれました。おてんき

葉山館長より、
画像が送られて来ましたのでご紹介します。見る


高原の春らしい、
さわやかな陽気が感じられますね。おはな


そして葉山館長も初めて見たという“青い鳥”が飛来!
すごくきれいなブルーだったそうですよ。びっくり
一度、見てみたいですね!楽しい

葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:<2010年>春!

  • 2010.04.04 Sunday
  • 00:00
今日は久しぶりに、
阿蘇から“春のお便り”が届きました!メールブルー

阿蘇も春らしい良い天気だったようですよ。
それでは、早速ご覧ください!見る


コブシの木です。
花が満開を迎えるのは、これからのようです。
野焼きしたあとの牧草地も緑が目立って来ていますね。よつばのクローバー


こちらは“りんどう”です。
熊本県の県花、そして鎌倉市の市町村花でもあります!ひらめき


そして“ツクシ”です。ラッキー

今回、画像をお届けくださったのはT.Yさん。
いつもありがとうございます!楽しい

葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:<2010年>3月の風景

  • 2010.03.05 Friday
  • 00:00
なかなか晴れの続かない天気が続いていますが、
今日のブログでは、
久しぶりに阿蘇から届いた風景をご覧下さい。カメラ

それでは、早速どうぞ!見る


雲と大地の狭間にあるベンチと木の佇まいが
静かに何かを語りかけてくるようです。ニコニコ


阿蘇の春は、もう少し先…。よつばのクローバー

でも、その前に春を迎えるための、
野焼きがありますよ。イヒヒ

葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:熊日「キャロット」で連載開始!

  • 2010.01.21 Thursday
  • 00:00
葉祥明阿蘇高原絵本美術館・葉山祥鼎館長の
新しいプロジェクトがスタートします!拍手拍手拍手

地元・熊本日日新聞社の幼稚園、保育園向けに発行している
朝刊「ウィークリーキャロット」と「情報誌キャロット」で、
毎月1回(8月は除く)掲載されることになりました!

全10回のお話しが集まって、
最後には1冊の絵本(エコブック)になるそうですよ。グッド

早速、掲載された記事をご覧ください!見る


   『絵本を通して親子の語らいを
          “自然”をテーマに「エコブック」プロジェクトがスタート


葉祥明阿蘇高原絵本美術館と株式会社フジバンビが
タイアップした絵本の連載「エコブック」プロジェクトが
今月、くまにち「キャロット」でスタートします。

自然を守るために大切なこと、
そのために何ができるかを教えてくれる心温まるストーリーの数々。
親子で読んで、“大切なこと”を語り合ってみませんか。
「エコブック」の舞台・南阿蘇を訪れ、作者の葉山祥鼎さんにお話しを聞きました。

「エコブック」の舞台となるのは、美術館の目前に広がる「絵本の丘」。
葉山さん兄弟が子どものころ、お父さんと何度も訪れた大切な場所です。

「小さいころどんな場所に足を運んだか、そこでどんな体験をしたかが、
子どもたちの成長に大きく関わるのではないでしょうか。」と葉山さん。

環境についても同じで
「自然とどう関わっていくかを、小さいころから生活の一部として考え、
慣れ親しんでおくことが大切」と強調します。

「エコブック」は、葉山さんの手がけるストーリーに、
スイス在住の画家で葉山さんの長男・ハヤマテイジさんが絵を添えます。

葉山さんは「エコブックそのものが、私と息子の語らいの場であるように、
みなさんも、絵本を通した親子の時間を楽しんでほしい」と話していました。
                            (掲載記事より一部引用)

そして、このプロジェクトのきっかけになった、
フジバンビ代表取締役社長の吉田高成さんのインタビューも掲載されています。
地元熊本に創業して61年。
みなさんに“夢と笑顔”を届けるお菓子の販売に加え、
当社の企業理念のひとつが、「子どもを大切にする」こと。
絵本を通した“語らいの場”をつくる「エコブック」プロジェクトもそのひとつ。

「地球を汚さない」「CO2」を減らそうといった教育も大事だと思いますが、
本当に大切なのは今ある美しい自然を「本当に美しい」と感じる、
そんな心を育むことではないでしょうか。

「エコブック」プロジェクトが、
美しい自然を「心から大事にしたい」と思え、
またその思いが次の行動につながるきっかけになることを願っています。
                            (掲載記事より一部引用)

どんな物語が展開されるのか、
とても楽しみですね!楽しい

葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:2010年<積雪>!

  • 2010.01.14 Thursday
  • 00:00
昨日は、九州地方の平野部でも積雪があったとのことですが、
当然のことながら、山間部にあたる阿蘇地方にも積雪が…。雪

昨年末にも雪は降りましたが、
今回はかなりの厚みになったそうです。モゴモゴ

それでは、その様子の
画像が送られてきましたので、
早速、ご覧ください!見る


駐車場側からの美術館全景。


木々の様子からも、
かなりの積雪だと分かりますね…。ゆき

ちなみに、
北鎌倉は晴天でした。おてんき

謹賀新年<2010年>:葉祥明阿蘇高原絵本美術館からご挨拶!

  • 2010.01.03 Sunday
  • 00:00
今日は、
葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのご挨拶です!拍手拍手拍手

年末から雪が降ることが多く、
元日は夕方頃から陽が差し始めて明るくなったとのこと。おてんき


空の広さを感じますね…。ニコニコ


陽が当たらない場所は雪が残っています。ゆき


『King of Tree』…。
葉山祥鼎館長が敷地内を探検して発見した巨木です。モゴモゴ
まっすぐではなく、なぜか水平に幹が延びた不思議な木。
大人が2,3人は腰掛けることができます。びっくり

今年も、大自然の阿蘇にて、
皆様のお越しをお待ちしております!楽しい

葉祥明阿蘇高原絵本美術館からのお便り:新刊「水の里」が新聞記事に!

  • 2009.12.18 Friday
  • 00:00
先日、<文:葉祥明阿蘇高原絵本美術館館長・葉山祥鼎>、
絵:永田萠さん>の共著で絵本『水の旅はるか』が刊行されました!拍手拍手拍手

葉祥明との朋友である永田萠さんとの共著ということで、
葉山館長自身にとっても思い入れの深い作品になったようですよ!グッド

そして、<讀賣新聞・熊本版2009年12月17日付け>に、
そのインタビュー記事が掲載されましたので、ご紹介致します。

それでは、早速どうぞ!見る

南阿蘇村河陽の葉祥明阿蘇高原絵本美術館館長、
葉山祥鼎さん(61)が文を担当した絵本「水の旅はるか」が出版された。

「水の里」で生まれた主人公の水の童「勇心」が、川の流れをたどる旅に出て、
春の嵐、夏の日照り、冬の銀世界などを体験。
一滴の水が大河となって海に注ぎ、水が人や動植物を育んでいる事を知る、との内容。

絵は京都市のイラストレーター永田萠さんが担当した。

葉山さんは
「自然の声に耳を傾け、大切にしようというメッセージを込めた」と話す。

出版したのは、全国170自治体でつくる「水源の里連絡協議会」。
同協会は2007年4月設立(事務局・京都府綾部市)。

過疎や高齢化の進む集落を「水源の里」と呼び、下流の都市住民が
ボランティアで植樹するなどの活動を呼び掛けている。
県内からは阿蘇市が加盟している。

A4判変形、32ページ。1500円
問い合わせは同美術館へ(0967-67-2719)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 介護専門雑誌『おはよう21』2018年6月号:葉祥明コーナーのご紹介
    toshi (06/22)
  • ミュージアム解説:団体様への解説を受け付けています。
    toshi (06/21)
  • ネット放映:<ラジオ de ハピネス>出演:元サンマーク出版編集長・高橋朋宏さん
    toshi (06/19)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2018年<紫陽花便り>-その5
    toshi (06/18)
  • フェアのお知らせ:2018年<東武宇都宮>にて!_会場の様子!
    toshi (06/16)
  • いちご新聞'18年6月号・『心にAroma(アロマ)』no.32のご紹介です!_2/2
    toshi (06/15)
  • いちご新聞'18年6月号・『心にAroma(アロマ)』no.32のご紹介です!_1/2
    toshi (06/14)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2018年<紫陽花便り>-その4
    toshi (06/12)
  • ミュージアムワークショップ:ハーバリウムを作ろう!_ご報告!
    toshi (06/11)
  • 新商品のご紹介:アイシングクッキー_9日より発売スタート!
    toshi (06/08)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM