ミュージアムトークのご報告:絵本『きみに聞いてほしい』原画展

  • 2017.08.13 Sunday
  • 18:00

 

2017年9月15日(金)”まで開催中の絵本原画展『きみに聞いてほしい』に合わせて、

葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2017年8月13日(日)”に行いました。地球

 

今日は猛暑というほどの暑さではありませんでしたが、

暑い中、12時前からお客様がお越し下さり、1時30分ごろにはほぼ満席。

最終的にはオフィスのイスも出動(汗)という盛況ぶりでした!拍手拍手拍手

 

それでは早速ご覧下さい!見る

 

家これまでの“ミュージアムトークの記事こちらからback

 

170813-2.jpg

お盆ということもあるのでしょうか、

愛知や関西など遠方から駆けつけて下さった方もいらっしゃいましたよ!びっくり

 

170813-1.jpg

“戦争と平和”というのは僕にとって人生・作品のテーマでもあります。これまで長崎の原爆を描いた『あの夏の日』や『地雷ではなく花をください』もそうです。ですから、今回の依頼もすんなりとお引き受けできました。

原稿を読み込んでいくとオバマ元大統領の人類・運命・人生に対する深い思いを感じることができました。大変だけどやりがいのある仕事でした。

ミュージアムトークのご報告:絵本『星の王子さま』原画展

  • 2017.07.14 Friday
  • 17:10

 

北鎌倉葉祥明美術館にて本日終了の絵本原画展『星の王子さまに合わせて、

葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2017年7月8日(土)”に行いました。地球

 

この日は真夏を感じさせる暑さではありましたが、久しぶりのトークということもあってか、

お昼過ぎの早い時間からお客さまがお越しになり、トーク開始30分前にはほぼ満席状態に!びっくり

 

「星の王子さまが好きで…」という声もちらほらありましたので、

テーマ的にも期待感が高かったのだろうと思います。チャペル

 

それでは早速ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの“ミュージアムトークの記事こちらからback

 

170714-1.jpg

トーク後の絵本の売れ行きもこれまでになくお買い求め下さいました。

サイン会の列もなかなか縮まらず…。ご迷惑をおかけしました…。ムニョムニョ

 

170714-2.jpg

お話に出てくるシーンの情景を僕も見たいし、星の王子さまの声を聞きたい。この物語はロマンチックな作品と思っているので、酔っ払いや実業家などおじさんが出てくるシーンは要らない!ということで、あくまでもメルヘンに徹しました!この絵本を描くために絵本作家になった、と言っても過言ではないくらいの気持ちで取り組みました。

ミュージアムトークのご報告:絵本『赤毛のアン』原画展

  • 2017.05.14 Sunday
  • 12:30

北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の絵本『赤毛のアンの絵本原画展に合わせて、

葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2017年5月13日(土)”に行いました。地球

 

この日はまたまた週末の大雨…。

気持ち的には落胆していたのですが、そこは“赤毛のアン”パワー!

プリンスエドワード島へ行ったことがある、という方も多く参加してくださいました!

大雨で足元の悪い中、ご来館くださり、誠にありがとうございます。楽しい

 

それでは早速ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの“ミュージアムトークの記事こちらからback

 

170514-1.jpg

後ろの席もいっぱいになりました。

笑いの絶えないトーク会に葉祥明もゴキゲン!

皆さんから元気をもらったようです!グッド

 

170514-2.jpg

僕は架空の僕の見たい風景、行きたい風景を描いていたつもりだったのですが、プリンスエドワード島に行って驚きました。葉祥明の世界が前後左右に広がっている!誰かが言った「葉祥明さんの絵は『赤毛のアン』そのものの世界」というのがよくわかりました。『赤毛のアン』は演劇になったり、映画になったりしていますが、当然のことながら物語に焦点が当てられて、舞台となっているプリンスエドワード島があまり描かれていない。そこで、僕は本作では“プリンスエドワード島の魅力”を満載にした絵本にしたいと思ったのです。

ミュージアムトークのご報告:絵本『サニーちゃん、シリアへ行く』原画展

  • 2017.02.04 Saturday
  • 17:30

 

北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『サニーちゃん、シリアへ行くの絵本原画展に合わせて、

葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2017年2月4日(土)”に行いました。地球

 

天気は良かったのですが、珍しくお客さんが少なかったですね…。

とはいえ、岐阜や四国から目指してお越し下さった方もあり、

葉自身も元気をもらったようでしたよ!グッド

 

次回のミュージアムトークは“2017年5月中旬”を予定しています!ロリポップ!


URLこれまでの“ミュージアムトーク記事こちらからback

 

170204-2.jpg

 

170204-3.jpg

最近はオシャレ?を意識してメガネをかけていることが多くなりました。モゴモゴ

 

170204-1.jpg

そして、3月18日(土)に予定している“ミュージアムミュージック”にご出演予定の

リラ・コスモス”のお二人による“ライアー”の演奏もお披露目!

メソポタミア文明に起源を持つ竪琴が美術館の雰囲気にとてもマッチしていました!ニコニコ

ミュージアムトークのご報告:児童文学絵本『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』原画展

  • 2017.01.07 Saturday
  • 18:30


北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』に合わせて、

葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2017年1月7日(土)”に行いました。地球

 

今年最初のイベント。

天候にも恵まれ、沢山のお客さまがお越し下さいました!

葉も皆さんの元気なお顔を拝見して、また気持ちがリフレッシュしたようでしたよ!楽しい

 

そして、来週15日(日)には、“ミュージアムイベント”として本展作品の朗読会を催します。

村上信夫”さんによる朗読を聞く機会がようやく持てます。私自身もとても楽しみです。

是非、お出かけ下さい!ジョギング

 

次回のミュージアムトークは“2017年2月7日(土)”を予定しています!ロリポップ!


URLこれまでの“ミュージアムトーク記事こちらからback

 

170107-1.jpg

(見づらくて申し訳ありません。カメラの調子が悪く、画像処理しても厳しかったです…。)

 

170107-2.jpg

子たちはいずれもこの苦しい世界を生きていくことになります。けれど、子供時代だけでも絵本というファンタジックな物語を通して、世界って面白いな、素敵だな、と思えるような魂の強さを養う作品を生み出していきたいと思います。

ミュージアムトークのご報告:第72回『怒らない〜幸せな人生のために〜』原画展

  • 2016.10.23 Sunday
  • 19:00


北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『怒らない〜幸せな人生のために〜展』に合わせて、

葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2016年10月8日(土)”に行いました。地球

 

この日は朝から大雨…。

外を歩いている観光客の方も少なく、来館者も少ないだろうな、

と心配していたのですが、杞憂に終わり、久しぶりに満席!

嬉しい限りです!ウィンク

 

今年のミュージアムトークはこれで終わり、

次は来年“2017年1月7日(土)”を予定しています!ロリポップ!

 

それではご覧下さい!見る

URLこれまでの“ミュージアムトーク記事こちらからback

 

161022-1.jpg

初めてお越しになられた方も多く、

葉も皆さんから元気をもらい、楽しくお話ができたようです。YES!

 

161022-2.jpg

絵のない文字だけの展示ではありましたが、「これ、いいね!」と、自画自賛…?猫2

たしかに、じっくりと丁寧に読まれる方が多いのが本展の特徴ですね。わーい

 

  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

160911-1.jpg

【期  間】2016年9月17日(土)〜11月18日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2016年09月18日(日)11:30 & 14:00<ミュージアムミュージック>

      2016年10月08日(土)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク> 

ミュージアムトークのご報告:第70回『今田美奈子と葉祥明の『名作の中の素敵なワンシーン?〜お菓子物語展〜』

  • 2016.07.02 Saturday
  • 23:00



北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『名作の中の素敵なワンシーン?〜お菓子物語展〜』に合わせて、葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2016年7月2日(土)”に行いました。地球

 

この日は“紫陽花の季節”の最後の週末ということもあってか、

7月にも関わらず、北鎌倉は沢山の観光客で賑わっていました!

もちろんミュージアムトークにも沢山のお客様がご来館!

 

熊本からは葉山館長も急きょ参加し、

地震の体験や被災者の方の体験談も交えて熊本地震の“現実”を話してくれました。

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでの“ミュージアムトーク記事こちらからback



 

 

 

ミュージアムトークのご報告:今田美奈子と葉祥明の『名作の中の素敵なワンシーン供舛菓子物語展〜』

  • 2016.06.26 Sunday
  • 23:00


2016年5月21日(土)〜7月15日(金)まで、
レシピ絵本『名作の中のお菓子物語』からチョイスした原画を展示中です!拍手拍手拍手

 

そして、6月25日(土)午後2時から“今田美奈子”先生による、

ミュージアムトークを開催致しました!ロリポップ!

 

予定の45分を超えて、約1時間たっぷりとお話して下さいました。

 

心の喜び、平安のために“お菓子”は人間の知恵が生み出した“文化”なのです、

というフレーズが印象に残りました。

 

家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

 

160625-11.jpg

 

160625-22.jpg

 

160625-33.jpg

  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

【期  間】2016年5月21日(土)〜7月15日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2016年6月25日(土)14:00〜15:00<今田美奈子ミュージアムトーク>(終了)
      2016年7月02日(土)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

ミュージアムトークのご報告:第69回『夢みるジェイク原画展』

  • 2016.04.05 Tuesday
  • 23:00

北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『夢みるジェイク原画展』に合わせて、
葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2016年4月2日(土)”に行いました。地球

この日は満開の桜で皆さまをお迎えできればと考えていたのですが、
残念ながら桜のつぼみが開きそうもない寒い一日となりました…。
それでも、ご来館くださった熱心なお客さまに感謝、感謝です。わーい

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでの“ミュージアムトーク記事こちらからback



僕はジェイクを通して、小さな子どもたちがこれから生きていくこの世界を絵本で見せようと思って描いてきました。いろんな世界をできるだけデフォルメしないでリアルさを感じさせるくらいの芸術的な変容が大切です。描くものはすべて好ましい世界です。そうでない世界はいずれ知ることになるのだから…。この世界は生きるに値する、勇気と喜びを描きたいと思っています。

ミュージアムトークのご報告:第68回『ひろい かわの きしべ』

  • 2016.02.13 Saturday
  • 23:00

北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『ひろい かわの きしべ』に合わせて、
葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2016年2月13日(土)”に行いました。地球

いつもお見かけするお客さまの他、初めて参加する方が多かったように思います。
仙台や広島からこの日に向けてお越し下さった熱心なファンの方もいらっしゃいましたよ!
ジョギング

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


160214-2.jpg

160214-1.jpg
『ひろいかわのきしべ』には人生上に起こる様々なことが歌詞になっています。その歌詞を絵本にするにはなかなか大変でした。この歌は二人の恋愛と解釈してもいいし、人生の流れとして解釈してもいいと思います。時の流れに人生が色褪せていく…。儚い。沈みかけていく人生…。どうやって生きていったらいいか分からないもどかしさ。しかし、その先には素晴らしいものが待っているんです。魂が目覚めかけていく。だから絵も最初は暗いんですが、読者の皆さんには希望を持ってもらいたいと思い、少しずつ色味をつけていきました。

ミュージアムトークのご報告:第67回『名作の中の素敵なワンシーン 』

  • 2016.01.16 Saturday
  • 23:00

北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『名作の中の素敵なワンシーン』に合わせて、
葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2016年1月9日(土)”に行いました。地球

新年最初の当館イベントということで、年始のご挨拶でスタート。
お席がいつもよりゆったりした感じで、
葉も珍しく(?)きちんとテーマに沿ってお話していました!ラッキー

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback



昔は童話や物語、神話、伝説によって人が生きる道を学んで来ました。どれも素敵なお話ですが、それぞれに教訓があります。それと同じように私たちも自分自身や周辺で起こる出来事から何かを学ぶようにしたいものです。

ミュージアムトークのご報告:第66回『幸せに生きる100の智恵〜葉祥明が綴る言葉』

  • 2015.11.07 Saturday
  • 23:00

2015年11月7日(土)に“『幸せに生きる100の智恵〜葉祥明が綴る言葉』”の
ミュージアムトークを行いました。地球

この日は12時30分頃からお客様がお越しになり、開始30分前にはほぼ満席に。
皆さんの熱心な思いに葉祥明も元気をもらったようでしたよ!ラッキー

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback

151107-2.jpg
満席です!熱気が伝わりますでしょうか?温泉

151107-1.jpg
一人ひとりが「幸せに生きる」、それは「自由」であること。
社会的な問題、家族の問題、あるいはお金の問題があったとしても、
自分が自分らしくあるための「自由」は大切にする必要があります。

ミュージアムトークのご報告:第65回『ジェイクとかみひこうき』絵本原画展

  • 2015.08.17 Monday
  • 23:00

2015年8月16日(日)に“『ジェイクとかみひこうき』絵本原画展”の
ミュージアムトークを行いました。地球

日差しが強い、とても暑い一日ではありましたが、
午後2時のスタート前にはほぼ満席となり、
暑い中お越しくださったお客様には頭が下がる思いです。
ありがとうございます。ラッキー

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback

150817-1.jpg
終戦記念日の翌日ということもあり、
私の冒頭の挨拶では『いちご新聞8月号』に掲載された葉祥明の言葉と、
いちごの王さま”の言葉を紹介させて頂きました。ウィンク
   up(明日のブログに掲載します)鉛筆2

150817-2.jpg
もともとこの作品は『ジェイク そらをとぶ』というタイトルでJAL(日本航空)の機内絵本として出版依頼があり、描き下ろしたのです。しかし残念ながら絶版になり、今は自由国民社から『ジェイクとかみひこうき』というタイトルで装い新たに出版されました。
やなせたかしさんは昔、会う度に「アンパンマンを沢山の人に知ってもらいたい」と言っていました。ジェイクもいつか広く世間に知れ渡ると良いなと思っているのですが、今年から来年にかけて新作3部作が出る予定ですので、期待したいと思います。
ジェイクが象徴するのは平和、優しさ、思いやり、友情です。そんな何でもない存在が日々の生活の中でどんなに大切か、ということが世界の様々な出来事を通して痛感しています。

ミュージアムトークのご報告:第64回『ドルフィンメッセージ』絵本原画展

  • 2015.07.12 Sunday
  • 17:00
2015年7月11日(土)に“『ドルフィンメッセージ』絵本原画展”の
ミュージアムトークを行いました。地球

この日は前日まで続いていた雨がぱたりと止み、まるで真夏のような日差し。
さすがにこの暑さではお客様が少ないだろうと危惧しましたが、
逆に席が足りない賑わいとなりました。グッド

葉も到着までに疲れた様子でしたが皆さんのエネルギーをもらい、
元気に帰って行きましたよ!ぴかぴか

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback

150712-2.jpg
一階の前室。

150712-3.jpg
こちらが後室。手前の方は葉の姿が見えない状態でした。
申し訳ございません…。ムニョムニョ

150712-1.jpg
先日69歳になりまして、来年は70歳になります。そうするとあと何年生きられるかと考えたときに、エコロジー、社会問題、戦争、平和に関することなどグローバルな事を20歳くらいからずっと考えてきたけれど、より普遍的なことを伝えたいと思うようになりました。それは逆に小さくなって個人的なレベルです。「人は自分自身のために生きる」です。この「ドルフィンメッセージ」では“ジャック・マイヨール”だったらこう言うだろうな、こう伝えたいんだろうな、ということを各ページに書きました。でもまとめてしまうと「自分らしく生きる」ということです。本当にこれでいいのだろうか、と立ち止まり、考えることが大切です。

ミュージアムトークのご報告:第63回『にじいろのみち-風がはこぶ物語-』絵本原画展

  • 2015.04.16 Thursday
  • 00:00
2015年4月11日(土)に“『にじいろのみち-風が運ぶ物語-』原画展”の
ミュージアムトークを行いました。地球

午前中まで雨がぱらつき寒かったこともあり、
午後から晴れたものの、傘をお持ちのお客様が多くいらっしゃいました。パクッ

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


お天気が良ければ前回同様に満席だったと思うのですが、
割と空席がありました…。たらーっ


多くの芸術家が旅をしながら感動を絵や言葉に残しています。今回の絵本はそういったものを熊本を舞台に描きました。葉祥明のメルヘンな世界とは違うから「絵」になるかな?っと心配していたのですが、風景だけでなく、野焼き、水俣、天草の隠れキリシタンにイルカなど、それぞれに歴史と文化がある。それらを含めて描くことで絵本にすることが出来ました。

ミュージアムトークのご報告:第62回『もっと素敵になるために』原画展_2/2

  • 2015.02.16 Monday
  • 00:00
今日のブログは土曜日に行われたミュージアムトークの続報です。ペン

この日は葉祥明のトークだけでなく、
前回”と同じように“コンサート”の告知を兼ねて、
出演してくださる“美しの里シスターズ”の皆さんにプチ演奏をお願いしました!グッド

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


この日も満席になりました。
寒い中、お越し下さりありがとうございます。ラッキー


僕の絵は空を描き、地平線を描いて天と地という空間が出来る。
木をポツンと描く。よく見ると小鳥が居る。これで“世界”のお膳立てが出来ました。
そこにキツネが来る。少年が来る。物語が始まることを感じ取れる訳です。
この世界の出来事には二つ以上のものがあってそこで何かが起こります。
その結び目をイベントホライズン=縁起と言います。
僕は人の心の動きを踏まえたそういう世界を情景画として描いている訳です。


そして詩の朗読の時間は、
インテリアCD『もっと素敵になるために』をアレンジしての演奏です。
素晴らしい癒しのひとときとなりました。ニコニコ


3月7日のコンサートのチケット概要はこちらから!
お申し込みお待ちしております!楽しい

ミュージアムトークのご報告:第62回『もっと素敵になるために』原画展_1/2

  • 2015.02.14 Saturday
  • 00:00
この日の北鎌倉は朝の気温がグッと下がり、立派な霜柱が立っていたのですが、
真っ青な空が広がり、とても穏やかな一日となりました。おてんき

今回のミュージアムトークでも“前回”と同じように“コンサート”の告知を兼ねて、
出演ミュージシャンの“美しの里シスターズ”の皆さんにお越しいただきましたよ!グッド

今日はそのリハーサルの様子をご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


インテリアCD『もっと素敵になるために』の音楽を作曲された“黒石ひとみ”さん。
この日はピアノの演奏をして下さいました。赤りんご


チェロの“永富”さん。小さい頃から度々ご来館されていたとのこと。
残念ながらコンサート当日は不参加…。青りんご


ベトナムの民族楽器“トルン(竹琴)”を演奏して下さった“小栗久美子”さん。
ご夫婦で昔から葉祥明のファンだそうです!青りんご



ミュージアムトークのご報告:第61回『あおいしか』絵本原画展

  • 2015.01.13 Tuesday
  • 00:00
2015年1月10日(土)に“『あおいしか』絵本原画展”のミュージアムトークを行いました。地球

この日は葉祥明のトーク&サイン会の他に、
1月23日(金)に“パーシモンホール”で予定している
ハーモニージョイントコンサート〜しあわせの響きと共に〜”のプチ演奏も実施!おはな
チケットは当館でも販売しています

ご一緒するピアニストの“林晶彦”さんと
クリスタルボウル奏者の“佐々木恵美子”さんが駆けつけて下さいました!ジョギング

それでは早速、どうぞ!見る

長井学芸員のトピックスMY SELECTIONも合わせてご覧ください!
           upupupupupupupupupupupup

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


リハーサル中の“林晶彦”さん。男


リハーサル中の“佐々木恵美子”さん。女


中央に葉祥明が立ち、朗読をしました。
クリスタルボウルの厳かな響きと静かに奏でられるピアノ。
新年にふさわしい特別なひとときになりました。
皆さんにも是非、コンサートホールで体感して頂きたいですね!YES!


三連休の初日で今年初のイベント!
満席になりました。グッド

ミュージアムトークのご報告:第60回『空気さん ありがとう』絵本原画展

  • 2014.10.11 Saturday
  • 00:00
本日、2014年10月11日(土)に“『空気さん ありがとう』絵本原画展”の
ミュージアムトークを行いました。地球

台風19号による悪天候を危惧しましたが、秋らしいよい天気となりました。
顔なじみのお客様も多くお越し下さり、葉もリラックスしてお話しができたようです。ニコニコ

それでは早速ご覧下さい。見る

長井学芸員のトピックスMY SELECTIONも合わせてご覧ください!
            upupupupupupupupupupup

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


めずらしく満席ではなかったですが、それでも約50名の方がお越し下さいました。グッド


空気は見えない、と思っているけれど空を見て下さい。人間の目は青を感じやすくなっています。何層も重なった空気を青色として見ることができるんです。そして息が吸える、呼吸できることがどんなに大切かということを感じて下さい。

ミュージアムトークのご報告:第59回『はちぞうのちいさなねがいごと』!

  • 2014.09.10 Wednesday
  • 00:00
2014年8月17日(日)に“『はちぞうのちいさなねがいごと』”の
ミュージアムトークを行いました。

毎年、お盆に合わせて“ミュージアムトーク”を企画するのですが、
“暑さ”でお客様が少ないのではないか?という危惧が杞憂に終わるくらい満席になります。
ありがとうございます。ニコニコ

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback



ミュージアムトークのご報告:第58回 DVD『Healing Heart 〜心の風景を求めて〜』!

  • 2014.07.13 Sunday
  • 00:00
昨日は“DVD『Healing Heart・心の風景を求めて』”のミュージアムトークを行いました。
台風一過の暑さでお客様も少ないのでは?と心配していたのですが、大盛況!
初めてお越しになられた方も多く、大変賑わいました。びっくり

それでは早速ご覧下さい。見る
(第57回はまた後日…)

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


20年以上経った空調の調子が悪く、熱気が勝っている感じでした…。たらーっ


初期の頃のメルヘンからニューランドスケープがこのDVDには収められています。
最近はお花を描くことが多くなって来て、その絵もあります。
メルヘン”はソフト、ウォーム、スウィート。
ニューランドスケープ”は精神が鋭敏な頃に描いたシャープ、クール、クリアーな絵です。

ミュージアムトークのご報告:第56回「新作原画販売展」!

  • 2014.04.06 Sunday
  • 00:00
ご報告が遅くなりましたが、
3月8日に行われた“ミュージアムトーク”の様子をご紹介します。

この日は日よりも良く、椅子が足りないほどのお客様!
2月が大雪続きでしたから、館としても嬉しいイベントとなりました!グッド

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


久しぶりの活況に、葉の話しも盛り上がり、お客様からたくさんの笑いが起きました。楽しい




そして、本展開催中にお客様からいただいた“オリジナル原画ご注文”の作品贈呈式!祝


この日は二組の“贈呈式”が行われました!
娘さんへのプレゼントと結婚20周年記念ということでした。ラブラブ

ミュージアムトークのご報告:第55回「「テルモ×葉祥明カレンダー10周年記念原画」展!

  • 2014.01.23 Thursday
  • 00:00
明日で終了する“「テルモ×葉祥明カレンダー10周年記念原画展」”。
この作品をテーマにした“ミュージアムトーク”を1月11日(土)に行いました。ひらめき

新年明けての最初の公式イベントとして毎年恒例で行っています。
最初の挨拶は「新年あけましておめでとうございます!」です。

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


寒い季節ですがこの新年ミュージアムトークはいつも満席になります。
この日は私も葉もなにか外れていたのか、良い意味で抑制の効いていないコメントが続き、
「初笑い」のようなトークになりました…。

当初の絵は“葉祥明らしさ”でスタートしましたが代理店のアートディレクターが“世界を描く”という発想をしたので、世界各地の観光地や世界遺産などさまざま場所を描きました。
展示会に関するコメントは以上となり、あっという間に脱線…。
ちょっとびっくりしましたが、そこがこのミュージアムトークのおもしろさでもあります。
コメントが少なかったので、朗読した“ことば”を一部ご紹介します。
・人に教えられる
 今日出会った人 すべての人が教えてくれている
 生きるってことは どういうことか?

・人生は相手の欲していることに応えることと、
 自分の欲していることのバランスだ。
 それが崩れると 困ったことになる

・人は 明るさを求めるばかりでなく
 ときには 暗さの中で 静かに自分を振り返る必要がある
 人は 暗さの中で 息を潜めているばかりでなく
 明るさの中に 飛び出す必要もある

・人生の目的
 それは第一に 生きること
 生き延びること

・特別な日?
 一月一日 誕生日 クリスマス 春休み…
 そんな 祝祭日よりも
 本当は 君が過ごしている この一日一日
 それこそが特別な日なんだ

・一人でいるときの孤独は 安らぎと豊かさでいっぱいだ
 しかし二人でいるときの孤独は 悲しみと寂寥感がただよう
 
・あなたが今の境遇に 感謝することができれば
 人生は ますますいいものを 与えてくれるだろう
 あなたが 今の境遇に 不平不満を抱いているなら
 人生は ますます忍耐が必要な試練を投げかけるだろう 

ミュージアムトークのご報告:第54回「渡り鳥からのメッセージ」展!

  • 2013.10.07 Monday
  • 00:00
北鎌倉葉祥明美術館にて展示中の“「渡り鳥からのメッセージ」絵本原画展”。
この作品をテーマにした“ミュージアムトーク”を10月5日(土)に行いました。ひらめき

ご存知のように、この日は朝から雨…。あめ
その前の三連休は台風で、どうも土日に天気が悪いことが多いです。
(うらめしい。悲しい

でも、そんな足下の悪い中、いつものように多くのお客様がお越し下さいました。
ありがとうございます!ラッキー

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


さすがに今日は空席がありました。
いつもは展示室の脇からしか撮ることができない満席状態ですが、
今回のショットは後ろの空いている席からです!カメラ


この渡り鳥との出会いは感動的でした。
感動とはその出来事と一体化することです。
この絵本では、その“感動”を描きました。
手にとって読んで感動してもらい、そして現地に行って生の感動を体で感じて欲しいです。
実際は早朝だったり、寒かったりと大変な部分もありますが、
魂は熱く燃えることになると思います。

ミュージアムトークのご報告:第53回「オレンジいろのペンギン」展!

  • 2013.08.29 Thursday
  • 00:00
北鎌倉葉祥明美術館にて展示中の“「オレンジ色のペンギン」絵本原画展”。
この作品をテーマにした“ミュージアムトーク”を8月17日(土)に行いました。ひらめき

1時からスタートした“ミュージアムミュージック”の段階で満席状態。
トークの時は椅子が足りなくなってしまいました…。汗
(そろそろ買い足すことを考えます…たらーっ

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


いつも前方の部屋半分をご紹介していますが、今日は後ろからのショットです。
満席”の様子が伝わりますでしょうか?びっくり


オレンジ、黄色、赤は暖かい感じがする。
それは意味と効果と目的があります。ジェイムズの“オレンジ”がそうです。
この絵本で言いたかったことは、すべての人たちに“個性”がある。
その理由はやにわには分からないけれど、人生上のある時期に性質・才能を発揮して、
この世の、あるいは誰かの役に立つ時が来るという訳です。

ミュージアムトークのご報告:第52回「絵はがき」展!

  • 2013.07.11 Thursday
  • 00:00
2013年7月6日(土)は北鎌倉葉祥明美術館にて、
展示作品『絵はがき』展に関するミュージアムトークを行いました。グッド

この日は“梅雨明け”が午後に発表され、館内の冷房はフル稼働!
皆様には少しご迷惑をおかけしたかもしれません…。たらーっ

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


12時過ぎに椅子を並べ終えたあと、続々とお客様のご来館で2時10分前には満席!

僕は風景を描いているけど、情景を描いています。
情とは心のこと。人間的なドラマ、ストーリー、命ある交流、何かがある。
僕の絵をご覧くださった方と実は無言の交流をしているわけです。
僕の絵では鳥や家、木、自転車などをちょっと描き入れています。
それをポイントに心がつながり、見る人の中からいろいろな物語が出てくればいいな、
と思って描いています。
ただの絵ではなく、意味のある絵にしたいのです。

ミュージアムトークのご報告:第51回「海からの風」展!

  • 2013.04.18 Thursday
  • 00:00
2013年4月6日(土)は北鎌倉葉祥明美術館にて、
展示作品『海からの風』展に関するミュージアムトークを行いました。グッド

ここのところ、イベントの度に悪天候が続いて、
なんだか“お約束”のようになってしまっています…。たらーっ

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


前日からの天気予報で「不要不急のお出かけは控えて下さい」と強く言われていたこともあり、
いつもよりはお客様が少なかったのですが、リラックスしたトーク会になりました。よつばのクローバー


海の絵を描くのはすごく好きです。
海が見えると「あ!海だ!」と思わず言ってしまいます。
「海」は何も言わないけれど、色んな思いがあって海に行ってしまう。
海が僕らに力をくれる、エネルギーをくれる。明日への糧になるような気がします。
これは海が見守ってくれている。母親のような「愛」があるんではないでしょうか。
果てしなく広いし、深い。恐ろしと思いえば、恐ろしいけど、
身を委ねると、自然にあるべきところに落ち着く。
海と人生は似ているのではないかと思います。

ミュージアムトークのご報告:第50回「雲のゆくおるがん」展!

  • 2013.02.13 Wednesday
  • 00:00
2013年2月9日(土)は北鎌倉葉祥明美術館にて、
展示作品『風のゆくおるがん』展に関するミュージアムトークを行いました。グッド

“今道友信先生を偲んで”、というタイトルにあるように、
いつもとは違う厳かな雰囲気の中、スタートしました。

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


今道先生にゆかりのある方々も多く出席してくださいました。
いつものように満席です!

今道先生は昨年に亡くなられましたが、僕の中では脈々とご健在な感じがします。
「雲のゆくおるがん」…。とても不思議です。やにわには理解できない。新聞取材のときにもこの点について聞かれたのですが、実はこれが「詩」なんです。感覚で受け取って頂きたい。目をつぶって感覚を研ぎ澄ますと、その世界に入っていける。響きが大切なんです。

この本の中で僕の好きな詩は『盲目となったオッタヴィアのために』です。年老いて盲目になった犬と少年たちとの交流なんですが、まるで戯曲のような雰囲気に驚きました。「オッタヴィア」という名前にまずは古代ローマのような、イタリア映画のような世界を想像してしまいました。でも、最後の一行で現代・現実に呼び戻される。愛の交流という麗しい世界から破壊・暴力という世界へのつぶやき。なんという詩でしょう!これが詩の世界が持つ“普遍性”の一つなのです。


そして、今道先生のご子息であられる“今道友隆”さんとのスリーショット!
バービーボーイズ世代の私としては普通にテンション上がってしまいました。

ミュージアムトークのご報告:第49回「学びの思い出」展!

  • 2013.01.25 Friday
  • 00:00
2013年1月12日(土)は北鎌倉葉祥明美術館にて、
展示作品『学びの思い出』展に関するミュージアムトークを行いました。グッド

当日は1月最初の三連休初日ということもあり、
沢山のお客様に起こし頂きましたよ!モグモグ

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


本年最初のイベントとなり、年始のご挨拶でスタート。

<
学校の勉強があまり好きではなかった僕が、30年後に教科書の表紙を描くことになったので、僕の絵が載っていることで、その科目があんまり嫌いじゃなくなればいいなとか、
きれいだなーと思ってもらえるように、あるいは好き嫌いがないように、楽しく描くことを心がけをしました。

今、何十年も経ってみて、習ったことや授業の内容は覚えてないし、作家の名前は知らないけれど、どこかで見たことがあるなぁ、ということになっているのは幸いです。

ミュージアムトークのご報告:第48回「宇宙からの声」展!

  • 2012.11.04 Sunday
  • 00:00
2012年10月27日(土)は北鎌倉葉祥明美術館にて、
展示作品『宇宙からの声』展に関するミュージアムトークを行いました。グッド

週末はお天気が悪いというサイクルが続いていましたが、
この日はそういう心配もなく、お客さまをお迎えすることができました。モグモグ

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


本日も満席でした!
葉も来館した時は少々疲れていたようでしたが、
お話しを始めると元気になって行きましたよ!


久しぶりに絵本『宇宙からの声』を読み直してみました。
ここ15年ほどで宇宙規模、地球規模、社会的な大事件、さまざまなことが起こりました。
ただ、いずれにしても大切なのは皆さんの日々の生き方です。

特にこの絵本で書いているのは「パワー」です。言葉もエネルギー。
-新しい時代、新しい世界には新しい意識が必要です-ということを書いています。
意識さえもがエネルギーであり、皆さんそのものがエネルギーなんです。

そのエネルギーをどの方向で、どのように使うべきなのかを
この絵本で描きました。

ミュージアムトークのご報告:第47回「ぼくのべんちにしろいとり」展!

  • 2012.09.07 Friday
  • 00:00
昨日の記事に引き続き、
先月に行われたミュージアムトークのご報告です。

2012年8月18日(土)は北鎌倉葉祥明美術館にて、
展示作品『ぼくのべんちにしろいとり』展に関するミュージアムトークを行いました。グッド

毎年、お盆の時期にMTを実施しているのですが、一年で一番暑い時期。
お客様にはご苦労をおかけするので、今年は取りやめようかとも考えていたのですが、
この時期でないと遠方からお越しできない方には逆にご迷惑をおかけすることになると思い、
例年通りに開催しました。おはな

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


今回も満席!ひらめき
暑い中、本当にありがとうございます。

色が美しいこと、お話しもフォルムもシンプルなこと。表現がソフトなこと。
そして絵に影を入れず立体的に描かない。
といういくつかのルールを決めて、僕の理想とする絵本を目指しました。

最初は少年が花馬車に乗って、世界中の悲劇があった場所を訪れて花をたむける、
という絵本にしようと思ったのですが、絵本の持ち込み先だった至光社は
幼稚園児向けの内容を求めていたので、3本目の企画として、
動物を主人公のものがいいなと考えて「ぼくのべんちにしろいとり」が生まれました。

この物語は僕がサンフランシスコの公園で飛べなくなっていたハトを保護して、
公園の管理人さんに渡したことがベースになっているのですが、
ジェイクが僕で、ハトが白い小鳥になったという訳です。

実はこのときは友人たちと一緒だったのですが、
その時のハトを抱えた僕の写真が残っていて、
実話がベースになっている、ということがよく分かります。

次回のミュージアムトークは10月27日(土)です!ジョギング

ミュージアムトークのご報告:第46回「ヒーリング・キャット」展!

  • 2012.09.06 Thursday
  • 00:00
ご報告が遅くなりましたが、
2012年7月14日(土)に北鎌倉葉祥明美術館にて、
展示作品『ヒーリング・キャット』展に関するミュージアムトークを行いました。グッド

本作は『地雷ではなく花をください』や『おなかの赤ちゃんとお話ししようよ』に並ぶ、
葉祥明の代表作のひとつと言えるほど、人気のある絵本となっています。おはな

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事こちらからback


暑い中、満席のお客様となりました。ひらめき

ヒーリングは 10年前にはちょっと怪しい言葉でしたが、今は当たり前になりました。
体の不快な症状や痛みが改善する、リラックスさせるという単純な意味よりも
もっと深い意味があります。
肉体的なことから、心、精神、魂そして、人生全体、あるいは規模を大きくすれば
地球全体が“癒やされる”あるいは“バランスを取り戻す”ということです。
この絵本「ヒーリング・キャット」にはますます重要なメッセージが
入っていると言って良いでしょう。

ミュージアムトークのご報告:第45回「こぐまのトムトム」展!

  • 2012.05.31 Thursday
  • 00:00
5月12日(土)は北鎌倉葉祥明美術館にて、
展示作品『こぐまのトムトム』展に関するミュージアムトークを行いました。グッド

久しぶりに天気のよい週末と春らしい温かさで、
会自体がゆっくりとした雰囲気となりました。おはな

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


いつもより少ないお客様になりましたが、
遠方から足を運んでくださる会員さんの姿もありました!ひらめき


親クマは大きくて怖いですけど、シロクマの小熊はかわいい!
そんな小熊を品良く描いて、擬人化してみました。
普段の生活の中で鈍感になってしまっている感覚を抜けて、
心地よい、心休まる世界にスーッとなってくれたらと思います。

次回のミュージアムトークは7月14日(土)です!ジョギング

ミュージアムトークのご報告:第44回「美しい朝に」展!

  • 2012.02.27 Monday
  • 00:00
冷たい雨がしとしと降る中、ミュージアムトークを行いました。あめ

今回のテーマは絵本『美しい朝に』。
今の日本、そして世界が置かれている“原発のある世界”のことを考え、
表現した絵本を語ります。地球

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


寒い雨の中、お越しくだったお客様、
ありがとうございます!ニコニコ


この絵本は“静かな絵本”です。
心から何かを感じる、感じて欲しい絵本として出版しました。
僕にとって原発はエネルギーやお金の問題ではありません。
実は原発を作った時点で、10万年も放射能を管理しなければならない。
そんなことが果たして人間に可能なのか?という、ちょっと考えただけでも
答えが出そうなことをイマジネーションできないところが問題なのです。
心で受け止め、感じることが出来なくなっているところに、
“現代”という時代のひずみがあるように思います。

ミュージアムトークのご報告:第43回「いちご新聞」展!

  • 2012.01.22 Sunday
  • 00:00
今年最初のミュージアムトークを
2012年1月7日(土)14:00より行いました。拍手拍手拍手

すでに展示会は一昨日に終わっていますが、
ご報告がまだになっていましたので、
遅ればせながらお伝えします!

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


新年早々にもかかわらず満席!
いつもよりも早めに会場設営をしました。


絵と詩とエッセイをこの仕事ではやっています。
僕の絵もそうですが、文章もまずは「なるほど、そうだなぁ」と、
みんなに共感してもらえるように心がけています。

しかし、それは当たり前のことなので、
僕の言いたいことはその次のエッセイにあります。

一人ひとりが幸せになるためには、
自分らしくありたい、自分らしく生きたい、
ということを深く掘り下げて伝えて行くことです。

ミュージアムトークのご報告:第42回「Imagine & Voice」展!

  • 2011.10.08 Saturday
  • 00:00
2011年10月1日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『Imagine & Voice』展をテーマに
ミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


厳しい残暑が終わり、とても気持ちのいい一日。
皆さんのほがらかな笑顔の中でのお話しになりました。ニコニコ


仏教の経典がベースにもかかわらず、
ここまで違うものにしてしまってもいいのかと心配にはなりましたが、
依頼主となるお坊さんがまったくそういう発想は必要ない、
ということでまず古典的な仏教の色ではなく、僕のパステル調を基調にし、
英語のタイトルにしました。

Imagine & Voiceは実に今日的なテーマです。
潜在意識をありありとイメージし、そうなるように力を尽くす。
「引き寄せの法則」というのがありますが、
幸せも喜びも自分自身がどれだけ鮮明に強く決心してイメージできるかが重要です。


そして、書籍『笑う門には福島来る』の著書である“渥美京子”さんがおいでくださり、
出版へのきっかけや、福島への思いを語って下さいました。down

10年ほど前からこの本の主人公である大橋さんとはご縁がありました。
今回の原発事故にはとても恐怖でどうなってしまうのだろう?と絶望の気持ちでいました。
そんな中、大橋さんたちは3.11直後から社員総出で1日1万5千個のパンを作り、
町の人に配ってらっしゃいました。放射能が沢山降り注いでいることも知らずに必死で
互いに支え合っていたことに心揺さぶれれました。
この本は7月までの福島の人たちの思い、悩み、苦しみと悲しみ、
そして原発で何が起きているのかをノンフィクションで書かせていただきました。
私たち自身、悲観もせず、楽観もせず、一日一日を一所懸命に生きて、
また未来を切り開いて行ければと思っています。

ミュージアムトークのご報告:第41回「ジェイクと海のなかまたち」展!

  • 2011.08.19 Friday
  • 00:00
2011年8月13日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『ジェイクと海のなかまたち』展をテーマに
ミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

展示作品そのものは海の環境汚染がテーマになっているのですが、
描かれた絵はとてもブルーがきれいで、人気のある絵本です。ひらめき

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


猛暑日にも関わらず、
ご覧のようにお客様がお越しくださいました。おてんき


本来は海洋問題を“告発”する本だったのですが、それを真正面から描くのは“闘い”のような感じがしました。そこで、海の素晴らしさや命の豊かさがいかに満ち満ちているかをジェイクに潜ってもらって語る本にしたのです。
そして、海の中をどんどん潜っていくと、漆黒の世界が広がっています。そこで“全ては宇宙から始まっている”と、僕が感じていることを最後に描いた訳です。

ミュージアムトークのご報告:第40回「心に響く声」展!

  • 2011.07.22 Friday
  • 00:00
2011年7月16日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『心に響く声』展をテーマに
ミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

6月は“紫陽花の季節”ということで実施しませんでしたので、
2ヶ月ぶりのトークということになりました。GO!

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


とても暑い日だったにもかかわらず、満席のお客様にお越し頂きました。
葉祥明もお話しに熱が入っていましたよ!プシュー

「ことば」は確かに脳でキャッチするけれど、来ているところは違う。
心がキャッチした声、心に響いた声、あるいはインスピレーションがわく、
来たという状態でノートに書いていくんです。

次回のミュージアムトークは8月13日(土)の予定です!楽しい

ミュージアムトークのご報告:第39回「思い出のタオル展」!

  • 2011.05.16 Monday
  • 00:00
2011年5月14日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『思い出のタオル』展をテーマに
ミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

この日は朝から天気が良く、
初夏のような陽ざしではありましたが、
館内に入ってくる風は気持ちよかったですよ。船

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


沢山のお客様にお越し頂きました。
立ち見の方もありました…。モゴモゴ

懐かしい商品ですね!
あの頃は30才前半ということもあってか、
絵の中に力強さを感じます。

次回のミュージアムトークは7月16日(土)の予定です!楽しい
(司会時には間違えて9日(土)と言っておりました…。お詫びして訂正致します。)

ミュージアムトークのご報告:第38回「はちぞうのちいさなねがいごと」

  • 2011.03.11 Friday
  • 00:00
2011年3月5日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『はちぞうのちいさなねがいごと』展をテーマに
ミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

前日は天候が悪かったのですが、
この日は小春日和となり、沢山のお客様にお越し頂きました。ジョギング

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


早い方は午前中からゆっくりとお過ごしの方もありましたよ!さくらんぼ


この作品では「言葉」を中心にしました。
学ぶ・ひとり・心・想像力・感覚・考え・責任・夢・理想・素直・許し・いじめ・命…。
それらの言葉を使って考える。考えを伝える。コミュニケーションする。
一見難しそうだけど、小学生だけでなく大人にも必要な感覚です。
それぞれの言葉の意味を大いに考えて欲しいです。

次回のミュージアムトークは5月14日(土)の予定です!楽しい

ミュージアムトークのご報告:第37回「Message book展 Thank you for my family」が行われました!

  • 2011.01.10 Monday
  • 00:00
2011年1月8日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『Message book展 Thank you for my family 〜大切な家族へ〜 』展をテーマにミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

今回はこの狭い美術館に80名を越えるお客様がお越し下さり、
NHK「ラジオ深夜便」の大きな反響を実感したしだいです。ひらめき

とはいえ、
美術館のイスを総動員しても立ったままで聞いて頂く状況で、
心苦しい思いをしました…。ノーノー

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


いつもは動かさないピアノを壁際に移動したりと
着座の場所を少しでも広くとれるように心掛けたのですが、
それでも難しかったです…。ムニョムニョ


孤族”で生きる人々が多くなってきた現代において、
どう生きるべきか?を真剣に考えなくはいけない時代になっています。
自然的な本能や今までの常識通りではいかなくなっている。
しかし、逆に言えば、どうにかしていは生きていける。
だからこそ、哲学・思想と言う分野に我々は深く関わっていく必要がある。

次回のミュージアムトークは“3月5日(土)”を予定しています!楽しい

ミュージアムトークのご報告:第36回「The art of Shomei Yoh」展が行われました!

  • 2010.11.07 Sunday
  • 00:00
2010年11月6日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『The art of Shomei Yoh』展を
テーマにミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

前回の時”は猛暑の続く8月28日でしたが、
今日は秋晴れのとても気持ちのいい一日で、
たくさんのお客様にお越し頂きました!おはな

これまでのミュージアムトーク記事はこちらから!back


展示されている原画を指しながらのお話しです。


全体がとてもHAPPYな画集になっています!」とご紹介しましたよ!グッド

次回のミュージアムトークは“来年の1月8日(土)”の予定です。楽しい

ミュージアムトークのご報告:第35回「はちぞうのぼうけ」展が行われました!

  • 2010.09.10 Friday
  • 00:00
2010年8月28日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『はちぞうのぼうけん』展を
テーマにミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

外出するにも気持ちがなえそうな猛暑日の中、
さすがにいつもよりは若干お客様が少ない印象でしたが、
多数のご来館がありました。ジョギング

ほんとうにありがとうございました!おはな

これまでのミュージアムトーク記事はこちらから!back


美術館にたどり着くまでに自分が熱中症になるのではないか!と、
元気に話し始めた葉でした…。たらーっ


本展示のテーマになっている絵本「はちぞうのぼうけん」は、
絵本「ぼくははちぞう」「ほしにいのりを」とは一線を画す「はちぞう」の物語です。

小学生向けの“朝日小学生新聞”に連載されるということで、
学習の要素も取り入れなければなりません。
そこで、はちぞうが絶滅危惧種に出会うというアイデアを盛り込むことになりました。

けれど、週間連載です。
絵を描くことで精一杯になるので、
物語そのものは“室生あゆみ”さんにお願いすることになりました。

9月23日(木)には、音楽朗読劇「はちぞうの不思議な旅」の最終公演でもあり、
今月で“朝日小学生新聞”連載終了です。モゴモゴ

いま一度、「はちぞう」の世界にふれていただければ、と思います。楽しい

ミュージアムトークのご報告:第34回「贈る言葉-草稿-」展が行われました!

  • 2010.07.22 Thursday
  • 00:00
2010年7月17日(土)に、
『贈る言葉展』をテーマにした
ミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

とても、とても暑い一日になりました〜。
にも関わらず、沢山のお客様にお越しいただき、
感謝申し上げます!ニコニコ

これまでのミュージアムトーク記事はこちらから!back


暑さのためか、スタート時は少々空席がありましたが、
終わる頃にはいつものように満席になりました。モゴモゴ


「〜ない」という、一瞬立ち止まらせるような韻を含ませることで、力強さが出て来ます。“自分らしさ”、“その人らしさ”を尊重する世の中になってきていることを考えると、「〜ない」ということが、これまでの価値観や人生観を大きく変える助けになるのではないか、と考えています。

ミュージアムトークのご報告:第33回「地雷ではなく花をください」が行われました!

  • 2010.05.01 Saturday
  • 00:00
2010年4月17日(土)に、
絵本原画『地雷ではなく花をください』をテーマにした
ミュージアムトークを行いました。グッド

ご存じのように、例年よりも寒い日が長引いていましたが、
この日は太陽も出て、たくさんのお客様にご来館いただきました。ジョギング

それでは、早速ご覧ください!見る

これまでのミュージアムトーク記事はこちらから!back


山口など、遠方からのお客様もありましたよ!びっくり

戦前の雰囲気が色濃く残る時代に小学生になったので、
新憲法や平和のこと、民主主義のことを教わったのがとても印象に残っていて、
「戦争と平和」について考えるのが、人生のテーマになっています。

とは言うものの、
難民を助ける会”から“地雷撤去絵本”の話しをいただいたときは、
一瞬「どうしたものか?」と悩みました。

しかし、“地雷原を花畑に変える”、という発想のおかげで、
絵本を創作するイメージを持つことができました。
次回のミュージアムトークの日程は、まだ決まってませんが、
5月9日にはミュージアムミュージックを企画しています!

ミュージアムトークのご報告:第32回「ホワイトウルフの教え」が行われました!

  • 2010.02.22 Monday
  • 00:00
2010年2月20日(土)に、
北鎌倉葉祥明美術館にて、ミュージアムトークが行われました。グッド

2月に入ってから、
週末の天候がずっとすぐれなかったのですが、
この日は春のような陽気でホッとしました。たらーっ

・ブログ「ホワイトウルフの教え」展はこちらからback
・作品のブログはこちらから。back
・NETSHOPはこちらから。back


今回のテーマは「ホワイトウルフの教え」です。
たくさんのお客様がご来館くださいました!ジョギング


古来から動物が神の化身の一つとして崇められてきました。

今回は僕の心の奥の、奥にあるそういったイメージを、白いオオカミに託し、
ホワイトウルフのスピリットあるいはエッセンスとして表現してみました。

でも、そのために必要なのが静けさです。

波がまったく立っていない静かな水辺に、
わずかな「風」やポツンと落ちてくる「落ち葉」が分かるのとのと同じように、
かすかな「ことば」を感じるためには、
愛や平和や歓びに満たされた静けさが重要です。
次回のミュージアムトークは、
4月17日(土)を予定しています!楽しい

ミュージアムトークのご報告:第31回「葉祥明人物画」に篠宮龍三氏ご来館!

  • 2010.01.18 Monday
  • 00:00
昨日のブログでは、ミュージアムトークの様子をお伝えしましたが、
そこにフリーダイバーの篠宮龍三さんも参加されました!拍手拍手拍手
          (しのみやりゅうぞう)

映画「グラン・ブルー」などがきっかけでジャック・マイヨール氏に憧れ、
2009年4月3日に氏の持つ105mに到達。びっくり水泳冷や汗

現在は、世界ランク3位として、水深100mを超えたダイバーで作る
100mクラブ」に7番目の会員として在籍。
在籍者数は世界でも10名しかいないそうです!ひらめき

この数年は、NHK番組「トップランナー」にも出演されるなど、
多岐にわたり活躍され、夏に沖縄で開催される世界大会にも出場されます。グッド

今回は、葉祥明のファンとして、
イルカの星」「クジラの海」のメッセージに共感してくださり、
挨拶を兼ねて、ご来館くださいました。ジョギング

篠宮龍三さんのオフィシャルHPはこちらから!back
篠宮さんのブログでも美術館を紹介して下さいましたよ!


こちらは、2009年11月23日朝日新聞発行の
「GLOBE」に掲載された記事です。読書


トークとサイン会の後に記念撮影。カメラ
100mという未知の世界へ到達した篠宮さんへいろいろ質問攻め。
とても楽しそうなひとときになっていました!ラッキー

3月22日は新江ノ島水族館で篠宮さんのイベントも予定されるとか。
篠宮龍三さんの活躍に大注目です!楽しい

ミュージアムトークのご報告:第31回「葉祥明人物画」が行われました!

  • 2010.01.17 Sunday
  • 00:00
2010年最初のミュージアムトーク「葉祥明人物画展」を
1月9日(土)に行いました。拍手


三が日後、最初の土曜日ということで、
お客様はそれほど多くはないと予想していたのですが、
50名を超える沢山の方がご来館くださいました!びっくり


この日のお話しでも何度かの“脱線”はあったものの、
作品に関するコメントもたくさんありましたよ。モグモグ


憧れや、理想や欲しいものを絵に描くのが画家。
カリエールという画家の作風を参考にしました。
カリエールはロダンとも深い親交のあった画家で、
マティスやドランなどを輩出したアカデミーを設立するなど、
精力的な活動をした人物です。ニコニコ

次回のミュージアムトーク予定は、
2月20日(土)「ホワイトウルフの教え」です!楽しい

7/14 葉祥明ミュージアムトークのご報告です!

  • 2007.07.14 Saturday
  • 23:00
本日の北鎌倉は激しい雨でした。雨

葉祥明美術館でのミュージアムトークへご来場の方もさすがに
少ないかもしれない…と思っていましたが、
そんな心配は必要なく、非常にたくさんの方にお越しいただきました!

本当にありがとうございました!拍手


今回のテーマである新刊「LIFEを熱心に語ります。


お客様が座っているスペースへ、今回初めて入っていきました。
写真に写っている人々の「LIFE」を葉自身のイメージで語ります。

そして、トークが終わったあとは、先週迎えた誕生日を祝って、
会場の皆さんと一緒に「ハッピバースデー」を歌いました!カラオケ

サイン会も大盛況!
三連休の初日ということもありましたが、
台風の影響による大雨にも関わらず、たくさんの方にご来館頂きました!ラッキー
ありがとうございました。


それでは最後に、

お客様が差し入れてくださったバースデーケーキに灯をつけて。
にっこり!ケーキ

ルー大柴さんと葉祥明は、初トーク?!

  • 2007.04.16 Monday
  • 23:00
4月15日に行われました葉祥明ミュージアムトークに、
スペシャルゲストとしてルー大柴さんがいらっしゃってくださいました 拍手
そのため、二夜連続で、葉祥明ミュージアムトークのご報告をさせていただいております。

昨日から引き続き、ルー大柴さんと葉祥明のトークの様子をお送りしますね ラッキー



葉祥明とルーさんは、実は今回が初めてのご対面 NEW!
実は、ここだけの話、葉祥明は少々緊張していたようです。
なにしろパワートークのルーさんですから イヒヒ

ところが、ルーさんの上手なリードやつっこみで、
葉祥明も負けずにこんなトークを交わしていましたよ てれちゃう

まず、会場のみなさんからルーさんにこんな質問が パー

「私は保育士をしているのですが、この『MOTTAINAI』がとてもいい歌だと思うので、
 是非子ども達に踊りを教えたいのですが、簡単な振りつけを教えていただけませんか?」



ルーさん、「これは、ナイスな質問 !」ということで、
出し惜しみせずに、ウエルカムウエルカムと、
アカペラで唄いながら、振りつけを教えてくださいました ワッ!

そこで、ルーさんから葉祥明に……

ルー「先生は何度もDVDで歌はご覧いただいていますよね?」
葉 「ええ、もちろん、何度も!」
ルー「では、先生、振りつけ、バッチリですよね?」
葉 「いや、あの〜 汗
ルー「じゃあ、みなさん、是非、先生のリードでみんなで踊ってみましょう!ねえ? 先生?」
葉 「いや〜 汗 汗 汗
ルー「だって、これ、簡単な振りつけですから、何度も見ていたら、バッチリですよね? イヒヒ
葉 「いや〜、ボク、ついついジェイクしか観てなくて… たらーっ
   (爆笑)
ルー「先生、うまいな〜 ! そのネタ、昨日から考えていたでしょ〜?イヒヒ
   (爆笑)



そんな訳で、ルーさんの「トゥギャザーしようぜ!」のかけ声のもと、
葉祥明を筆頭に、会場中のみなさんと一緒に踊りました グッド



そして、トークと踊りで多いに盛り上がった後は、なんと二人並んでのサイン会 おてんき
たくさんの方とコラボでサイン会をさせていただいてきた葉祥明ですが、
今回くらい迫力のあるサイン会はなかったかもしれません モゴモゴ



収益金の一部が寄付されるという『MOTTAINAI』CDも,
会場のたくさんの方々にお買い上げ頂き、二人のサインがCDに書き込まれました 祝



少しでも多くの方に『MOTTAINAI』精神が伝わればうれしいですね ニコニコ



二人でパチリ カメラ

ルー大柴さん、楽しい時間を、本当にありがとうございました.。
是非、またお気軽に葉祥明美術館においでください。

そして、ファンの方々も、多方面から注目される葉祥明の世界を、
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 祥明美術館のお庭便り:2017年<秋の装い>-その3
    toshi (10/24)
  • イベントのお知らせ:平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_東京公演!
    toshi (10/23)
  • イベントのお知らせ:宝塚歌劇団花組・公演『ハンナのお花屋さん』_行って来ました!
    もちもち (10/22)
  • 北鎌倉を楽しむ:オススメお食事&カフェ:<牛煮込み専門フレンチ「紫 -Yukari」>
    toshi (10/22)
  • イベントのお知らせ:くじ引き散歩〜北鎌倉をぐるぐるして景品をもらおう!〜
    toshi (10/21)
  • いちご新聞'17年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.24のご紹介です!_2/2
    toshi (10/20)
  • いちご新聞'17年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.24のご紹介です!_1/2
    toshi (10/19)
  • 「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:音楽家4名によるアンサンブル!
    toshi (10/17)
  • フェアのお知らせ:2017年<いよてつ高島屋>にて!_原画販売案内!
    toshi (10/16)
  • オススメお食事&カフェ:<鎌倉餃子UMINECO Wine&Cafe>
    toshi (10/15)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM