葉祥明美術館の常設展:2015年<秋の展示>

  • 2015.08.31 Monday
  • 23:00
すっかり夏が終わり、厳しい残暑もなく、秋に入ってしまった感のあるこの1週間。
当館でも階段と2階展示室を<秋の展示>に衣替えしました。YES!

少しもの悲しい雰囲気も漂う秋の絵ですが、
夏の疲れを癒す、やさしい時間になればと思います。ニコニコ

クロウドの部屋”は詩画集『日本の名詩を読みかえす』をご紹介したく、
掲載された作品を展示しています。
こちらは明日のブログでご紹介します。モグモグ

それでは今日は“階段”と“リラの部屋”をご覧下さい。見る

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

150831-1.jpg

150831-3.jpg

150831-2.jpg

150831-6.jpg

150831-4.jpg

150831-5.jpg

葉祥明美術館の常設展:2015年<夏の展示>

  • 2015.06.10 Wednesday
  • 23:00
6月から8月の約3ヶ月間、
当館の階段や2階の展示作品を<夏の展示>に衣替えしました。YES!

階段は夏らしい海の絵。
クロウドの部屋”は『朝日小学生新聞』に連載された絵本『はちぞうのぼうけん』より、
夏休みのお子様向けに。ラッキー
そして“リラの部屋”はいつものようにメルヘン風にしてみました。楽しい

それでは早速ご覧下さい。見る

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

階段




クロウドの部屋




リラの部屋


150720-5.jpg

150720-6.jpg

葉祥明美術館の常設展:2012年<冬の展示>

  • 2012.12.06 Thursday
  • 00:00
秋から冬へ…。
あまりにも当然のように四季の移ろいは“自然”にやって来ますが、
いつもながら“自然”の力はすごい、と感じます。
そして、その自然に合わせて、当館の常設展も“冬の展示”に衣替えしました。ゆき

それでは早速ご覧ください!見る

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back


階段から冬の風景がスタートします。パー


ジェイクのクリスマスや雪原の風景などを展示。雪


こちらでは“冬”ではなく、庫本『実験犬シロのねがい』と絵本『星空のシロ』を展示。
“クリスマス”と“シロ”の縁はとても深いこともあり、展示をしました。犬


リラの部屋”での展示です。女


そして、こちらは毎年恒例の“クリスマスツリー”です。
ちょっと大人な感じにしてみました。モゴモゴ

掲載されました!:<この本読んで!・2011年秋・第40号>-その4

  • 2011.09.03 Saturday
  • 00:00
今日は雑誌『この本読んで!』で掲載された“葉祥明”記事紹介の4回目です。
今日でこの記事の紹介分は最終回になります。

特集最終ページでは、
北鎌倉葉祥明美術館を紹介してくださいました。
それでは、早速ごらんください。見る

URL昨日までの記事は“こちら”からどうぞ!back


自然の風が吹き抜ける心地よい展示室

電車を降りると目の前には円覚寺の庭園の緑。
線路に沿ってのんびり歩き、「あじさい寺」で知られる名刹・明月院へ向かう細い路地を
左折すると、左手にレンガ造りの瀟洒な洋館があらわれます。

庭先からの、コジュケイやウグイスの鳴き声と、小川のせせらぎがBGM。
町の喧噪から乖離したような空間に、心がほどけていきます。

葉祥明さんがインスピレーションを感じたこの地に、
「来館者の癒しの場になるように」との願いを込めて建てられた美術館は1991年に開館。
今年で20周年を迎えました。

エントランスに入ると、
おなじみのキャラクター「ジェイク」のぬいぐるみが来館者をお出迎え。
かつては当館名物のご近所ネコ「ドッポ」がしばしばここで堂々と寝そべっては、
訪れる人たちを和ませていたのだとか。

1階の企画展示室・油彩の部屋には、ゆったりとしたソファやピアノがあり
「ミュージアムミュージック」と称したコンサートイベントや作品の朗読会、
葉さんと来館者のトーク会などが催されます。

ふと気づいたのは、展示室に入るたびに「おじゃまします」と言いたくなる不思議な感覚。
美術館というよりも、なんだかゲストとして知人の家を訪れたかのような気分になります。

なぜならここは「画家で詩人の父とその夫人、娘のリラちゃんと息子のクロード君の
一家がかつて住んでいた洋館」というコンセプトによってつくり上げられた空間だから、
なのだそう。

2階にある「お父さんの書斎」は、落ち着いた控えめな照明のもと、
小鳥や小動物のデッサンや葉さんの私的コレクションを展示。
「クロードの部屋」には世界各国のおもちゃコレクションが飾られ、
はつらつとした5歳の男の子像を彷彿とさせる空間です。

白で統一された「リラの部屋」には、
壁面に飾られた葉作品のブルーとグリーンが清々しさを添えています。

通路には、1970年代に描かれた珍しい油絵の作品群や写真作品も展示。
「言葉の部屋」では、葉さんの思索を形成してきた書物のコレクションも
自由に閲覧できます。絵本作家の肩書きだけではおさまならい、
多面的んが姿を発見することができるとでしょう。

現在、開館20周年記念として原画展「ジェイクと海のなかまたち展」も開催中です。
(今月23日まで)

がんばりすぎて疲れきった心をリセットするため、
繰り返しこの地を訪れる女性が多いのも本館の特徴。
作品と向き合うことから生まれる癒しの力を求めて、
次の休日は北鎌倉へ出かけてみませんか。

YOUテレビ「ナイス素適音楽館」:葉祥明美術館にて収録が行われました!-2

  • 2008.10.12 Sunday
  • 23:00
ナイス株式会社さん提供で、ケーブルテレビ「YOUテレビ」が
制作する「ナイス素適音楽館」の収録シーン2回目のご紹介です。ニコニコ


葉祥明美術館の2階・リラの部屋で、制作風景の撮影をしました。
用意されたカメラは2台。

描きかけの原画を私が部屋に持ち込んだ瞬間、
部屋全体が緊張に包まれました。汗


貴重なショットになりました。

11月から放映される「ナイス素適音楽館」。
どんな風に編集されるのか、とても楽しみです!楽しいカメラ

北鎌倉葉祥明美術館の常設展:秋の展示になりました!

  • 2008.09.08 Monday
  • 23:00
北鎌倉も、夜になると鈴虫の音が聞こえてくるようになりました。ニコニコ
秋が深まりつつあるようです。

そんな中、先週末に階段や2階部屋の一部を「秋の展示」に衣替えしましたので、
ご紹介したいと思います。見る

<階段>
画面左のグリーンの絵は、
36年前に描かれた、絵本「ぼくのべんちにしろいとり」の表紙絵です。
歴史を感じますね・・・。嬉しい

<リラの部屋>
絵本「おなかの赤ちゃんとお話ししようよ」の原画を飾っています。
葉祥明らしい優しいメルヘンな画風をお楽しみください。ラブラブ

<クロウドの部屋>
絵本「奇跡をさがして」の原画を飾っています。
文・吉武祥子さんの実話に基づく物語が胸を打ちます。ポロリ

展示は11月末までの予定です。
皆様のお越しをお待ちしております!楽しい

葉祥明美術館から花便り

  • 2008.04.20 Sunday
  • 22:00
今日の北鎌倉は、曇り空ではありましたが、くもり
ゆっくりとソファで過ごされるお客様が多く、
穏やかな一日でした。ニコニコ

今日はそんな葉祥明美術館から
久しぶりに「お花」の様子をお届けします見る


まずは「アンネのバラ」から。

たくさんある蕾の中から一番大きい状態のものを撮影しました。
かなり赤い感じですが、
ここからどんどん色目が変化していきます。

あと1週間から10日ほどで、
綺麗に咲いた様子をご覧いただると思いますよラッキー


白いチューリップに加え、
黄色いチューリップも咲きました。


こちらは、門を入って右側に咲くスノーフレークです。
美術館の「リラの部屋」に似合いそうですねラブラブ

もうすぐGWです。
ご来館くださった際には、
いろんな表情を見せてくれる花々にも
ぜひ、ご注目ください!グッド

葉祥明美術館が、高見沢さん(アルフィー)のプロマイドに!?

  • 2007.08.23 Thursday
  • 23:00
以前、こちらのブログでアルフィーの高見沢さんが、
パンフレット撮影のためにご来館された時の様子をご紹介したことがあります。

アルフィーの高見沢さん、葉祥明美術館に現る!

その時に撮影された写真が、なっ、なんと!
プロマイドになっていました びっくり


リラの部屋で、「Mr.Big John」を抱いて、パチリ カメラ

実は、このプロマイドは葉祥明美術館の会員さんが持って来てくださいました グッド
コンサートの時に販売してあった商品の付録で入っていたそうです。
ファンの間では、かなりレアものみたいですよ〜 楽しい
しかも、もう一点、別のプロマイドもあるとか。
どなかた持っていらしゃったら、お知らせください 見る

さて、明日、昼12時20分からNHK総合の「金曜バラエティー」に、
ルー大芝さん出演されます。
「MOTTAINAI」を歌われるようなのですが、
その時にバックダンサーとして子供たちが、
な、な、な、なんと!
「MOTTAINAI×JAKE」Tシャツを着る予定とか!
楽しみですね〜 拍手拍手拍手

葉祥明美術館の展示の様子

  • 2007.07.29 Sunday
  • 23:00
昨日のブログでは、企画展示室の原画の入替を行ない、
絵本「ジェイクと海のなかまたち」に変えている様子をお伝えしました。

それまで展示していた「LIFE」の写真を常設することにし、
2階廊下奥に5点だけですが、移動しました。グッド


油絵と写真の組み合わせがうまくいくか、ちょっと心配でしたが、
如何でしょうか?


今まで、この壁面には「猫の原画を展示していました。
かなり活躍してくれましたので、しばらくは「お休み」ですzzzzzzzzz


リラの部屋から廊下に出てすぐの作品です。
メルヘンから一気に「人生」へと内容が展開してしまいますが、
これも葉祥明という作家の持つ、表現力の幅の広さと解釈していただければと思います!

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2019年<京急上大岡>にて!_告知!
    toshi (08/20)
  • 原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_NHK冨山でニュース番組に!
    toshi (08/18)
  • いちご新聞'19年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.46のご紹介です!_1/1
    toshi (08/16)
  • 雑誌「SAKIGAKE(魁)」'19年春42号:「葉祥明の世界」のご紹介です!
    toshi (08/15)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2019!_途中経過発表!
    toshi (08/13)
  • いちご新聞'19年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.45のご紹介です!_2/2
    toshi (08/11)
  • いちご新聞'19年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.45のご紹介です!_1/2
    toshi (08/10)
  • 広島 原爆の日:絵本『きみに聞いてほしい〜広島に来た大統領〜』より…。
    toshi (08/07)
  • お知らせ:会員様特典<壁紙プレゼント>2019年8月!
    葉祥明美術館 堀内 重見 (08/05)
  • お知らせ:会員様特典<壁紙プレゼント>2019年8月!
    toshi (08/05)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM