トークイベントのお知らせ:葉祥明×橋本昌彦@足立区「 ギャラクシティ」

  • 2018.09.28 Friday
  • 22:00

 

急きょお知らせ!”となりますが、明日29日(土)から予約受付がスタートする<『LIFEいのち』上映記念特別コンサート第2弾!>に葉祥明が出演することになりました。拍手拍手拍手

 

詩画集『おたんじょう おめでとう』の共著者である、“橋本昌彦・さやか夫妻”が製作した“プラネタリウム『LIFEいのち』”の上映が西新井駅近くの“ギャラクシティ”で行われることになり、葉祥明もゲストとして参加します!ウィンク

 

橋本さんご夫妻はずっと「子育て・いのち」をテーマにアーティスト活動をしてこられ、昨年より各地のプラネタリウムで公開が相次ぎ、その輪が広がっています。ワッ!

 

私たちの命、体がどこから誕生し、どれだけの時間と愛情が費やされてきたのかを体感することのできる作品で、満天の星空を投影させるのにぴったりなプラネタリウムが欠かせません。まさに時空をこえたアドベンチャーストーリーでもあります。ハート大小

 

満天の星空の下で「いのち」を語る>…。

葉祥明の近著で詩画集『Life is ……』も含めて、是非、みなさんに“体験”頂きたいと思います。YES!

 

ご予約、お待ちしております。地球

 

おうちこれまでの“イベントのご報告”はこちらから!back

 

IMG_2519.jpg

【テーマ】『LIFEいのち』上映記念特別コンサート第2弾!〜満天の星空の下で「いのち」を語る〜
【日 時】2018年11月3日(日)19:00〜20:30
【会 場】ギャラクシティ まるちたいけんドーム
【参加費】大人500円 小中高生100円
【販売・サイン会】アリ

【予 約】03-5242-8161(事前予約100名 当日券70名)

     2018年9月29日受付開始

平成28年熊本地震:あれから1年経ちました。

  • 2017.04.14 Friday
  • 19:00

 

熊本を震度7の大地震が襲って、1年が経ちました。

犠牲になられた方のご冥福と一日も早い復興を改めてお祈りします。

 

“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”も本震で被災しましたが、

この一年、実に多くの方にご支援を頂戴したことを実感します。

 

“出演”という形でご支援下さった方をはじめ、イベントに参加して下さった方、

物品を買って下さった方、募金箱やお見舞金を下さった方…。ニコニコ

 

お一人、お一人にお礼をお伝えしたいのですが、

まずはこのブログから、その気持ちをお伝えできればと思います。

本当にありがとうございました。ハート大小

 

そして、振り返る画像のトップバッターは“くまモン”から!

特に、この人?には元気をもらえました。ウィンク

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

170414-1.jpg

 

170414-2.jpg

くまモン”来館の様子はこちらから!

 

最初のご支援は“ギャラリー&カフェ 画廊茶屋 梵天”さんでのチャリティ絵本原画展。

 

160603-1.jpg

1000枚を販売することができた復興支援ブルービーTシャツ

 

160814-3.jpg

いちよ・きよ・やぎりんバンド”による“チャリティコンサート

 

160725-10.jpg

Fiary Flower”による“チャリティコンサート

 

160929-8.jpg

ウォン・ウィンツァン”さんと“橋本昌彦”さんによる“チャリティコンサート”。

 

161003-3.jpg

熊本で公演された“音楽劇『リトル・ツリー』”。

 

170116-2.jpg

そして、“村上信夫”さんと“金亜軍”さんによるチャリティ朗読会

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「チャリティーコンサート」@日本橋_ご報告!_その2/2

  • 2016.09.30 Friday
  • 17:00

 

2016年9月25日(日)”に、日本橋の“パソナグループ本部 アーバンファーム”にて、熊本地震で被災した“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”のためのチャリティコンサートが開催されました!拍手拍手拍手

 

第一部は葉山館長のお話からスタート。

震度7という巨大地震とはどんなものだったのか?その時、人々はどう動いたのか?

そして、被災地・阿蘇は? 現状を含めて、いろいろなお話がありました。ポッ

 

そのあと、“橋本昌彦”さんのコーディネートで“ウォン・ウィンツァン”さんに“葉祥明”が加わり、

4人でのトーク。震災についての他、皆さんの創作の秘訣も語られました。ワッ!

 

休憩を挟んでの第二部はウォン・ウィンツァンさんと橋本昌彦さんによる、それぞれのソロコンサート。葉も詩の朗読をするなど、一部、二部合わせて約2時間半たっぷりとお楽しみ頂けたのではないかと思います。ウィンク

 

今回、250席のチケットが完売したことは、

少しでも阿蘇のためにと善意を寄せて下さった方々の思いの結晶というだけでなく、

「諦めないで」という大きな声援をもらったのではないかと感じています。ニコニコ

 

プロジェクトを発案・企画して下さった“橋本昌彦”さんご夫妻をはじめ、

率先してお手伝いをして下さったスタッフの皆さん、“ウォン・ウィンツァン”さんご夫妻、

そしてお客様…、改めて厚く御礼申し上げます。ラブ

 

それでは、本番の様子をご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

160929-5.jpg

 

160929-6.jpg

 

160929-1.jpg

 

160929-2.jpg

 

160929-3.jpg

 

160929-4.jpg

 

160929-7.jpg

 

160929-8.jpg

 

160929-9.jpg

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「チャリティーコンサート」@日本橋_ご報告!_その1/2

  • 2016.09.28 Wednesday
  • 11:16

 

2016年9月25日(日)”に、日本橋の“パソナグループ本部 アーバンファーム”にて、熊本地震で被災した“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”のためのチャリティコンサートが開催されました!拍手拍手拍手

 

熊本地震に関連する報道がほとんどなくなった今、

どれだけの方にお越し頂けるのか心配していましたが、

サポーターの皆さんのお声掛けの成果もあって、満席で当日を迎えることができました!悲しい

 

今日はコンサートの準備の様子をご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

160927-1.jpg

販売ブースです。工具

 

160927-2.jpg

チラシの折り込み作業。工具

 

160927-3.jpg

音響のバックヤード。るんるん

 

160927-4.jpg

 

160927-5.jpg

 

まずは“橋本昌彦”さんのリハ。カラオケ(ここだけ本番中の写真…。)

 

160927-6.jpg

ウォン・ウィン・ツァン”さんと“葉祥明”。

ウォンさんがおどけて葉のマイクを調整中!楽しい

 

160927-7.jpg

 

160927-9.jpg

 

160927-8.jpg

最後に“葉山祥鼎”館長のリハ。読書

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「チャリティーコンサート」@日本橋_お知らせ!

  • 2016.08.23 Tuesday
  • 23:00

 

2016年9月25日(日)”に、日本橋の“パソナグループ本部 アーバンファーム”にて、

熊本地震で被災した“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”のためのチャリティコンサートが開催されます!

 

出演は瞑想のピアニストとしても知られ、葉祥明とは旧知の仲である“ウォン・ウィンツァン”さんに、葉祥明と何度も共演したことのあるシンガーソングライターの“橋本昌彦”さん!

もちろん、葉山館長と葉祥明も出演します!

 

葉祥明とウォンさんのコラボレーションは“2010年の雲仙観光ホテル”以来!

橋本さんとは2014年のクリスマスコンサートでもご一緒しています。

 

8月8日の開館記念日に再オープンしたとはいえ、復旧工事をしなければならない場所はまだありますし、観光客の方がどれだけ南阿蘇に戻ってきて下さるかも心配です…。

どうぞ、皆様のご支援を宜しくお願いします。

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

160823-1.jpg

 

熊本地震葉祥明阿蘇高原絵本美術館チャリティトーク&コンサート

          〜希望へと続く道〜
【期 日】2016年9月25日(日)14:00より
【場 所】パソナグループ本部 アーバンファーム

    〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-4
【出 演】ウォン・ウィン・ツァン+橋本昌彦+葉祥明+葉山祥鼎

【お申込】こちらから
【問合せ】info@masahikohashimoto.com (橋本昌彦音楽事務所)

     TEL:050-3636-5770
【料 金】前売3,500円/当日券4,000円(全席自由席)

     収益は、交通費・準備費を省いた全額を美術館のために寄付します。

160823-2.jpg

講演会のご報告:長野県飯田市『自分の人生をどう生きるか?』_2/2

  • 2014.12.05 Friday
  • 00:00
時間が空いてしまいましたが、
2014年11月16日(日)に長野県飯田市の
りんご並木のエコハウス”行われた講演会の続報です。

集まった皆さんで“ティータイム”を過ごしたあと、
葉祥明のお話し、橋本昌彦さんの歌と対談、そしてシェアタイムで進行しました。YES!

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“講演会のご報告”はこちらから!back


自分の人生、自分の世界が何であるかはやにわには分からない。分からないから必死で生きるしかない。だからこそ、自分の心地良い時間と場所、シチュエーションあるいは相手をちゃんとしっかり認識しておくことが大切です。


葉のリクエストに応えて“Oh Danny Boy”をアカペラで歌って下さいました。



講演会のご報告:長野県飯田市公民館『おたんじょう おめでとう〜いのちを繋ぐ・想いを繋ぐ〜』_その2/2

  • 2014.11.27 Thursday
  • 00:00
2014年11月15日(土)は“飯田市公民館”さん主催の講演会『おたんじょう おめでとう〜いのちを繋ぐ・想いを繋ぐ〜』が行われ、長野県飯田市に行ってまいりました。車

前回のご報告”から日にちが経ってしまいましたが、
今日は講演の様子をご覧下さい。見る

URLこれまでの“講演会のご報告”はこちらから!back


今回の講演会は歌手の橋本昌彦さんとの共演でした。
まずは葉祥明のお話しから。きのこオレンジ


葉のお話しに続き、橋本昌彦さんのトークと歌の時間。
絵本『おたんじょう おめでとう』の朗読もありました。読書


そして対談。
とは言え、橋本さんが葉に質問をするようなスタイル…。汗


葉は“魂の進化論”、橋本さんは“新曲の披露”と、楽しいひとときとなりました。楽しい

講演会のお知らせ:長野県飯田市公民館『おたんじょう おめでとう〜いのちを繋ぐ・想いを繋ぐ〜』

  • 2014.11.08 Saturday
  • 00:00
今回の主催は“飯田市公民館”さんです。おはな

絵本『おたんじょう おめでとう』でご一緒した歌手の“橋本昌彦”さんと共に、
いのち”について語ります。地球

生まれたばかりの小さないのちの事だけでなく、
個々の“人生”についても大きなテーマとして捉え、
お話し、朗読、歌と、バリエーション豊かにお届けする予定です。カラオケ

それでは、応募要項をご覧下さい!見る

URLこれまでの“講演会のお知らせ”はこちらから!back


【テーマ】おたんじょう おめでとう〜いのちを繋ぐ・想いを繋ぐ〜
【日 時】2014年11月15日(土)15:00〜17:00
【会 場】飯田女子短期大学講堂
     〒395-0812 長野県飯田市松尾代田610
     電話:0265-22-4460
【受講料】無料(定員200名)/要予約
【問・申】飯田市公民館(担当:湯澤)
     〒395-0085 長野県飯田市吾妻町139
     TEL:0265-22-1132 FAX:0265-22-1022

北鎌倉葉祥明美術館のクリスマスパーティーのご報告<2013>-その2

  • 2013.12.15 Sunday
  • 00:00
昨日行ったクリスマスホームパーティ。
この日を迎えると一年を無事に過ごすことが出来たこと、
お客様に支えられていることを実感します。ニコニコ

寒い中、お越しくださった皆さんに少しでも楽しんで頂けていたら嬉しいですね!
それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『北鎌倉葉祥明美術館のクリスマスパーティー』のご報告はこちらから!back


阿蘇から参加してくれた葉山館長のお話からスタート!モグモグ


そして、葉祥明がこの一年を振り返りつつ、
先日死去された故“やなせたかし”さんへの思いを語りました。ポッ


そして、ティータイム!
今回のケーキは自由が丘からほど近い場所にある“ローレル”から。ケーキ


第二部は“橋本昌彦”さんのソロステージ。
詩画集『おんじょう おめでとう』誕生のエピソードや
素敵な歌声に涙される方も。カラオケ


そして恒例のクリスマスプレゼント会。
まずまず好評な声をいただき、一安心。モゴモゴ


サイン会の前に「聖夜」「White Christmas」を全員で合唱!
なんと葉山館長がピアノで伴奏をしてくれ、盛り上がりました!びっくり

来年は、どんなプログラムにしようか?とすでに思案中です。モグモグ

北鎌倉葉祥明美術館のクリスマスパーティーのご報告<2013>-その1

  • 2013.12.14 Saturday
  • 00:00
今日は毎年恒例となっている
“北鎌倉 葉祥明美術館”のクリスマスホームパーティでした!グッド

今年は私たちも含めて、お客様もリラックスした雰囲気の中、
おおいに盛り上がり、とてもあたたかい一夜になりましたよ。ラブ

それでは、準備の様子をお届けします!見る

URLこれまでの『北鎌倉葉祥明美術館のクリスマスパーティー』のご報告はこちらから!back


前席の準備が整いました。プシュー


音響・映像の準備もバッチリ!ワッ!


今回のゲストは詩画集『おたんじょう おめでとう』でご一緒した
歌手の“橋本昌彦”さんです!カラオケ


今年も軽食は“メゾン・カイザー”。ラッキー

明日は本番の様子をお届けします。赤りんご

講演会のご報告:『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』_本番!

  • 2013.09.09 Monday
  • 00:00
9月7日(土)に行われた
新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』。カラオケ

顔なじみの会員さんも多く駆けつけてくださり、
さながら“ミュージアムトーク”のような雰囲気にもなっていました。
それでは、本番の様子をご覧下さい!見る

URLこれまでの“講演会のご報告”はこちらから!back


一番遠方からのお客様は“九州”からでした。飛行機


それは葉山館長も同じです。
この日のために阿蘇から上京!
新刊絵本『チャビの冒険』もお披露目されましたよ!グッド


井上文子”先生はご自身の体験をお話しされ、『ありがとう 愛を!』を読んで、
まるで娘さんからのメッセージのようだったと感想を下さいました。ニコニコ


こちらは第二部の“池川明”先生との対談です。
ご自身の「胎内記憶」の研究を通して、“人間は魂の存在なのではないか?”という、
実感を持ってらっしゃるとのこと!びっくり


最後に“橋本昌彦”さんのソロステージとなりました。
心のこもった歌声と歌詞、そして朗読のひととき。ポッ

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
そして出演の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした!楽しい

講演会のご報告:『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』_当日リハーサル!

  • 2013.09.08 Sunday
  • 00:00
昨日は『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』が
開催されました!拍手拍手拍手

会場は出演者お一人おひとりの言葉と橋本昌彦さんの歌に感動の涙を流されるなど、
一体感に包まれ、心地良い空間に。ニコニコ

今日は本番前のリハーサルの様子をご覧下さい。見る

URLこれまでの“講演会のご報告”はこちらから!back











講演会のお知らせ:『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』_リハーサル!

  • 2013.09.04 Wednesday
  • 00:00
今年5月に発売された詩画集『おたんじょう おめでとう』。
今週土曜日にいよいよ東京にて出版記念コンサートが開催されます。ひらめき

昨日は橋本昌彦さんとバイオリン、ビオラ、チェロ、ピアノとのリハーサルが行われました。
とても美しいハーモニーで感動的だったとのこと!悲しい

皆様のお越しをお待ちしております!楽しい

URLこれまでの“講演会のお知らせ”はこちらから!back

           downdowndownリハーサルの様子です!downdowndown



【タイトル】葉祥明&橋本昌彦
      新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート
【出  演】葉祥明・橋本昌彦・池川明・井上文子
【日  時】2013年9月7日(土)開演14:30〜16:40ごろ
      (開場は13:30より)   
【場  所】パソナグループ本社 8階ホール 
      〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-4
【チケット】前売2,500円 当日3,000円
【予約・問】要予約
      お名前・人数・ご連絡先をお知らせくださいませ!
      先に代金をお振り込みいただき、確認後、チケット発行を致します。
      橋本昌彦事務所:info@masahikohashimoto.com
              TEL: 050-3636-5770
       downdowndownこちらは裏面ですdowndowndown

葉祥明美術館の常設展:2013年<秋の展示>-「おたんじょう おめでとう」

  • 2013.09.01 Sunday
  • 00:00
今日から9月にもかかわらず、セミがたくさん鳴き、残暑厳しい一日。
まだまだ“”です…。
とはいえ、当館の展示はさっそく“秋の風景”に衣替えをしました!おはな

クロードのお部屋”では、
絵本「くんくんきみだあれ」から詩画集「おたんじょう おめでとう」に。見る

詩画集「おたんじょう おめでとう」は熊本県出身のシンガー・ソングライターの“橋本昌彦”さんと奥様が詩を書かれ、葉祥明が絵を担当して生まれた一冊です。
沢山の愛が詰まった詩は共感を呼び、ギフトとして贈られることも多くなってきましたよ!プレゼント

そして、“2013年9月7日(土)”には東京都千代田区にある“パソナグループ本社”にて、
葉祥明&橋本昌彦 新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート”が
開催されます!カラオケ

この機会に是非、コンサートと原画展をお楽しみ下さい!楽しい

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back











講演会のお知らせ:『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』

  • 2013.08.09 Friday
  • 00:00
今年5月に発売された詩画集『おたんじょう おめでとう』。
6月8日には“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”にて出版記念のトーク&コンサートがありました。カラオケ

その後、東京でもコンサート!をという声が多数寄せられ、
来月7日(土)に開催されることが決まりました!拍手拍手拍手

今回はスペシャルゲストとして、
詩画集にメッセージを寄せてくださった“池川明”氏と
ソーシャルワーカー“井上文子”氏も参加されます。ひらめき

橋本昌彦さんのコンサートでは、
バイオリン、ビオラ、チェロ、ピアノの生演奏と共にお楽しみ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております!ジョギング

URLこれまでの“講演会のお知らせ”はこちらから!back


【タイトル】葉祥明&橋本昌彦
      新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート
【出  演】葉祥明・橋本昌彦・池川明・井上文子
【日  時】2013年9月7日(土)開演14:30〜16:40ごろ
      (開場は13:30より)   
【場  所】パソナグループ本社 8階ホール 
      〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-4
【チケット】前売2,500円 当日3,000円
【予約・問】要予約
      お名前・人数・ご連絡先をお知らせくださいませ!
      先に代金をお振り込みいただき、確認後、チケット発行を致します。
      橋本昌彦事務所:info@masahikohashimoto.com
              TEL: 050-3636-5770
       downdowndownこちらは裏面ですdowndowndown

講演会のご報告:阿蘇『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』

  • 2013.06.14 Friday
  • 00:00
去る2013年6月8日(土)に“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”にて、
新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート”が行われました!ジョギング

この日は心配されていた雨も降ることなく、
東京、山梨、大阪、兵庫、鹿児島、福岡などからファンの方々がかけつけるなど、
大変賑わい、感動的なひとときとなりました!おはな

それでは、早速ご報告です!鉛筆

URLこれまでの“講演会のご報告”はこちらから!back


まずは三人によるトーク。詩画集発売にいたった経緯などが話されました。
葉山館長も一緒です!モグモグ


緑の生い茂る広いお庭でのコンサート。
100名を超えるお客様と共に。ロリポップ!


葉祥明は自著の新刊『ありがとう 愛を!』を朗読しました。
その内容に本人も、お客様も涙、涙の時間…。地球


第二部では橋本昌彦さんのソロステージがありました。カラオケ


阿蘇の自然の中で、橋本さんの心のこもった歌声が響き、
とても素晴らしいコンサートになりましたよ!グッド

足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
そして演者の皆様、お疲れ様でした!楽しい

講演会のお知らせ:阿蘇『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』-新聞掲載されました!

  • 2013.06.05 Wednesday
  • 00:00
絵を葉祥明、詩を“橋本昌彦・さやか”ご夫妻が書かれた
新刊『おたんじょう おめでとう』の出版記念トーク&コンサートが
6月8日に熊本の“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”で行われます。グッド

先日のブログ”でご紹介した記事に続き、“毎日新聞-熊本地方版_2013年5月25日”にも、
橋本昌彦”さんのインタビュー記事が掲載されましたのでお知らせします!読書

当日の会場はどうやら丘の上でやるようですよ!
是非、沢山の方のお越しをお待ちしております!ジョギング

URLこれまでの“講演会のお知らせ”はこちらから!back

来月8日、記念トーク&コンサート

シンガー・ソングライターの橋本昌彦さんと絵本作家の葉祥明さんが、新しい命が生まれる喜びをテーマに共作した詩画集『おたんじょう おめでとう』(中央法規出版)を刊行した。共に熊本県出身で、出版記念のトーク&コンサートが6月8日、熊本県南阿蘇村の葉祥明阿蘇高原絵本美術館で開かれる。

本は、絵を葉祥明さん、詩を橋本さんと妻のさやかさんが担当。
母親の胎内に宿った小さな命が訴えかけるメッセージを、やさしい言葉と絵で表現した。

橋本さんは4歳になる息子の出産に立ち会った体験から、
子育て支援の音楽活動へと幅を広げ、親子で楽しむコンサートや講演会に取り組んでいる。

葉祥明さんはボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞するなど、日本を代表する絵本作家として活躍中。葉さんの絵に感動した橋本さんが共作の企画を打診し、出版が実現した。

「いじめや育児放棄など悲しい事件も多いですが、人間関係の原点は親子。誰でもこの地球に生まれてきた尊い命ということを葉さんと共に楽しみながら伝えたい」と橋本さんは話している。



ちなみに、こちらはコンサート後に行われる“蔦谷書店・熊本三年坂店”の様子です!


【タイトル】葉祥明&橋本昌彦
      新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート
【日  時】2013年6月8日(土)開演13:30〜16:00ごろ   
【場  所】葉祥明阿蘇高原絵本美術館  
      〒869-1401 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5988-20
      TEL/FAX:09676-7-2719
【チケット】大人1,500円(中学生以上) 子供1,000円(小学生) 
      未就学児…無料 (入館料含む)
【予約・問】要予約
      お名前・人数・ご連絡先をお知らせくださいませ!
      橋本昌彦事務所:info@masahikohashimoto.com
              TEL: 050-3636-5770

新刊のご紹介:詩画集『おたんじょう おめでとう』いのちの出会いが教えてくれること

  • 2013.05.26 Sunday
  • 00:00
葉祥明の絵画作品は、あたたかく、やわらかで、スウィートなイメージです。
ファンの多くは女性であることからも、そのことがうかがえます。
そして、その世界観は“赤ちゃん・子どもの世界”にもひろがります。赤ちゃん

今回の詩画集は文章をシンガーソングライターでもある“橋本昌彦さんと奥様”が
赤ちゃんからのメッセージ”としてとして書かれた詩に、葉祥明の絵が添えられました。ラブラブ

赤ちゃん・子ども”はママとパパからありったけの愛を注がれて育っていくように、
実は両親も逆に愛をもらっているのかもしれません。
そんな気づきと優しさがあふれた詩画集です。ロリポップ!

詩としては“5編”と少ないですが、一編が数ページに分けて掲載され、
読む人のリズム、朗読するときの“”を大切にした一冊となっています。
各先生方から寄せられた文章もとっても素敵ですよ。鉛筆

6月8日には“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”にて“ジョイントコンサート”も開催予定です!
こちらも、絵本とご一緒に親子でどうぞお楽しみ下さい!楽しい

URL 絵本『おたんじょう おめでとう』のお買い求めはこちらから!back

<表紙>
【書籍名】絵本『おたんじょう おめでとう』いのちの出会いが教えてくれること
【絵と文】橋本昌彦、橋本さやか=詩/葉祥明=絵/竹内正人、池川明、井上文子=文
【価 格】1470円(税込) 
【頁 数】71ページ
【判 型】19.0×15.5×0.8cm(縦×横×厚)
【出 版】中央法規出版(2012年5月29日)

<2-3ページ>(本文を一部抜粋してご紹介します)

ぬくりもの記憶
ねぇママ
いま ママのおなかにはいってきたよ
ママのおなかは ふわふわして あたたかくて
とってもきもちがいいよ!
これがぬくもりなんだね
目が見えなくたって 耳がきこえなくたって
からだができていなくたって
感じることができるんだね
このぬくもりに ずっとずっと つつまれていたいな   (次頁に続く…)

<4-5ページ>             <6-7ページ>


<8-9ページ>             <10-11ページ>


<12-13ページ>             <14-15ページ>

ママのぬくもり〜子宮的に生きよう〜」 文:竹内正人(産科医)
ヒトには自分と他人を見分けて、他者を拒絶する免疫という仕組みが備わっています。私たちが生きてゆくのにかかせない仕組みです。ところが子宮は、国や人種、宗教、DNAが違っていても、誰の受精卵でもそのまま受け入れて、育んでくれる特別な臓器です。そんな拒絶をしない子宮があるから、命はここまでつながってきました。   (続く…)

<16-17ページ>

ぼくのねがい
ひかりの世界から
ママのこと ずっとさがしていたよ
どうしてママを選んだか
ママは気づいているかな   (次頁に続く…)

<18-19ページ>             <20-21ページ> 


<22-23ページ              <24-25ページ>


<26-27ページ>             <28-29ページ>

幸せとは〜胎内記憶のある子どもたちからのメッセージ〜
                    文:池川明(医学博士・池川クリニック院長)
私は、生まれる前の記憶(胎内記憶)をもった子どもたちのことを調査・研究しています。
その子どもたちに話しを聞くと、色々と面白いことを教えてくれます。多くの子どもたちは、「生まれる前は光だった」と表現します。私たちは光り輝く存在だったというのです。
                                   (続く…)

<30-31ページ>

おたんじょうび
ぼくのなまえを呼ぶ ママの声が聞こえるよ
パパが ママのおなかにふれる あたたかさ
ママとパパの うれしそうなきもち 伝わってくるよ
ママとパパの愛をもらって
ぼくのからだは こんなにも 大きくなってきているよ
やさしく 眠りにつかかせてくれる
ママのしんぞうの音も
おだやかな きもちにさせてくれる
ママのぬくもりも
ぼくは わすれないよ(次頁に続く)

<32-33ページ>             <34-35ページ>


<36-37ページ>             <38-39ページ>


<40-41ページ>

奇跡の出会いに感謝を」 文:井上文子(ソーシャルワーカー)
つい最近、家族で沖縄旅行をしました。白い浜辺で無邪気に遊ぶ息子の姿を眺めていたら、まるでダイヤモンドのようにキラキラと輝いてみえ、「私の人生は、この子たちの親になれただけで十分価値があった」、そう思ったとたんに涙が溢れてきました。家族と過ごす何気ない毎日が、どれだけ幸せで、愛しいものであるかを教えてくれたのは、7年前に亡くした娘の存在です。   (続く…)

<42-43ページ>

愛のたからもの
ママとパパと いっしょにいられることが
ほんとうにしあわせだよ
ママ ぼくをうんでくれて ありがとう
ママとパパが そそいでくれる たくさんの愛は
ぼくが ぼくを愛すること
ぼくを信じることを 教えてくれる(次頁に続く)

<44-45ページ>             <46-47ページ>


<48-49ページ>             <50-51ページ>


<52-53ページ>             <54-55ページ>

魂の計画」 文:葉祥明
人は誰でも、意味もなく、この世に生まれてくるのではありません。すべての人が、その人なりの課題や目的をもって生まれてくるのです。たまたま偶然に、母となる人のおなかに宿った訳でもないのです。   (続く…)

<56-57ページ>


<58-59ページ>

永久に…
あなたは 星のように輝き
わたしもまた 星のように輝いています
その光は あなたとわたしを
ふわふわと やさしく 包み込んでいます
やがて あなたとわたしの
愛にふれたい という想いは
形あるものとなり
いのち という限りある時間の中で 出会います(次頁に続く)

<60-61ページ>             <62-63ページ>


<64-65ページ>             <66-67ページ>


<68-69ページ>             <70-71ページ>

講演会のお知らせ:阿蘇『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』-新聞掲載されました!

  • 2013.05.15 Wednesday
  • 00:00
絵を葉祥明、詩を“橋本昌彦・さやか”ご夫妻が書かれた
新刊『おたんじょう おめでとう』の出版記念トーク&コンサートが
6月8日に熊本の“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”で行われます。グッド

それに先立って“讀賣新聞-熊本地方版_2013年5月12日”に、
橋本昌彦”さんのインタビュー記事が掲載されましたのでお知らせします!読書

“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”で、葉祥明が参加するイベントも数年ぶりです。
是非、沢山の方のお越しをお待ちしております!ジョギング

URLこれまでの“講演会のお知らせ”はこちらから!back

詩画集出版記念ライブ

県出身のシンガー・ソングライター橋本昌彦さん(33)(神戸市)と、絵本作家の葉祥明さん(66)(東京)が合作した詩画集の出版記念トーク&コンサートが6月8日、南阿蘇村河陽の
葉祥明阿蘇高原絵本美術館で開かれる。

橋本さんは水俣市出身。関西大卒業後、音楽の道へ進んだ。
4年前から母親を応援する曲を作るなど、子育て支援活動にも取り組んでいる。

今回、親子の愛や絆などをテーマに初の詩集を手がけ、
熊本市出身の葉さんが表紙を描くなど全面的に協力した。

詩画集のタイトルは「おたんじょう おめでとう〜いのちの出会いが教えてくれること〜」
で、母親のおなかの中からストーリーが始まり、5編の詩で構成。
葉さんや産科医らのメッセージも掲載されている。

6月8日は美術館の敷地内で、葉山祥鼎・同美術館長を交えた3人トークや詩画集の朗読、
橋本さんのコンサートがある。


【タイトル】葉祥明&橋本昌彦
      新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート
【日  時】2013年6月8日(土)開演13:30〜16:00ごろ   
【場  所】葉祥明阿蘇高原絵本美術館  
      〒869-1401 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5988-20
      TEL/FAX:09676-7-2719
【チケット】大人1,500円(中学生以上) 子供1,000円(小学生) 
      未就学児…無料 (入館料含む)
【予約・問】要予約
      お名前・人数・ご連絡先をお知らせくださいませ!
      橋本昌彦事務所:info@masahikohashimoto.com
              TEL: 050-3636-5770

講演会のお知らせ:阿蘇『新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート』

  • 2013.04.19 Friday
  • 00:00
昨年末に企画としてスタートした葉祥明の新刊が5月末に、
介護専門雑誌『おはよう21』の出版元である“中央法規出版”から
2冊!ほぼ同時に上梓さることになりました!拍手拍手拍手

一冊目となる詩画集『おたんじょう おめでとう』は、
絵は葉祥明で、詩を“橋本昌彦・さやか”ご夫妻が書かれました。
「親子の愛・親子の出会い」をテーマに妊娠中、育児中のお母さんへお届けします。ラッキー

二冊目の絵本『ありがとう 愛を!』は、文も葉祥明で、
お腹に命を宿したけど、様々な理由でお母さんのお腹から旅立たなければならなかった魂と
お母さんの交流を描きます。ニコニコ

本の詳細については、また次の機会にお伝えしますが、
詩画集『おたんじょう おめでとう』の出版記念コンサート開催が
決まりましたのでお知らせします!鉛筆

作者の“橋本昌彦”さんは、葉祥明と同じ熊本出身で、
シンガーソングライターとしても、各方面で活躍されています。
そのご縁もあり、“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”にてイベントが決定!グッド

葉祥明自身も過去に“南阿蘇えほんのくに”のイベントで出演のため、
葉祥明阿蘇高原絵本美術館に行くことはありましたが、
自身のイベントの一環としては初の訪問となります。モゴモゴ

当日は葉祥明のお話しと『ありがとう 愛を!』の朗読の他、
橋本昌彦さんの素敵な歌と音楽をお楽しみ頂く予定です。
詩画集『おたんじょう おめでとう』の原画も展示しますので、
是非、合わせてご覧下さい!おはな

皆様のお越しをお待ちしております!楽しい

URLこれまでの“講演会のお知らせ”はこちらから!back




【タイトル】葉祥明&橋本昌彦
      新刊「おたんじょう おめでとう」出版記念トーク&コンサート
【日  時】2013年6月8日(土)開演13:30〜16:00ごろ   
【場  所】葉祥明阿蘇高原絵本美術館  
      〒869-1401 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5988-20
      TEL/FAX:09676-7-2719
【チケット】大人1,500円(中学生以上) 子供1,000円(小学生) 
      未就学児…無料 (入館料含む)
【予約・問】要予約
      お名前・人数・ご連絡先をお知らせくださいませ!
      橋本昌彦事務所:info@masahikohashimoto.com
              TEL: 050-3636-5770

新刊のご紹介:新しい詩画集の制作がスタート!

  • 2012.11.19 Monday
  • 00:00
来年の春くらいを目指して、子育て中のママに向けた“いのちや親子のめぐりあわせの意味”を
テーマにした詩画集が出版されることになりました。鉛筆

ストーリーのある絵本ではなく、詩画集ということもあり、
これまで葉祥明が描きためて来た作品をベースに構成することになっています。読書

詩はシンガーソングライターの“橋本昌彦”さん。
葉と同じく熊本県出身で、「何気ない日常の中にある大切な愛」を表現し、
現在は全国の保育園、児童館など、子育てをするママへ応援歌を届ける活動をされています。カラオケ

そして、先日、作者となる橋本ご夫妻、出版社、デザイナーそして葉祥明及び私の6名で
打ち合わせを致しました。壁掛時計

その時の様子をご紹介します!見る


沢山ある作品から絞り込み、更にチョイス!
いろいろな雑談をする中でアイデアが生まれます。
雑談が妙に盛り上がりました…。たらーっ


表紙絵やカット絵など、
描き下ろしをするページのイメージも決めていきました。ラッキー


左から橋本(さやか、昌彦)ご夫妻、中央法規出版の寺田さん、デザイナーの岡本さん。
岡本さんは「言葉カレンダー」を毎年デザインして下さっています!
葉とは20代の頃からの長いおつきあい!びっくり

これからレイアウトデザインなど、具体的な作業に入っていきます。
意義深い作品になりそうですよ!グッド

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'18年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.35のご紹介です!_2/2
    toshi (10/19)
  • いちご新聞'18年9月号・『心にAroma(アロマ)』no.35のご紹介です!_1/2
    toshi (10/18)
  • イベントのお知らせ:映画『赤毛のアン・初恋』の全国上映中!
    葉祥明美術館館長 堀内重見 (10/16)
  • イベントのお知らせ:映画『赤毛のアン・初恋』の全国上映中!
    toshi (10/16)
  • フェアのお知らせ:2018年<パルクアベニュー・カワトク>にて!_原画販売のご紹介!
    toshi (10/14)
  • イベントのお知らせ!:学芸員がススめる・鎌倉アート&カルチャーMAP_2018年秋の特別イベント!_美活ウォーク!
    toshi (10/13)
  • イベントのお知らせ!:学芸員がススめる・鎌倉アート&カルチャーMAP_2018年秋の特別イベント!
    toshi (10/11)
  • 葉祥明美術館の企画展:ミュージアムトーク日程記載の<訂正とお詫び>
    toshi (10/10)
  • 雑誌「SAKIGAKE(魁)」'18年夏40号:「葉祥明の世界」のご紹介です!
    toshi (10/09)
  • フェアのお知らせ:2018年<新宿高島屋>にて!_告知!
    toshi (10/08)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM