いちご新聞'19年4月号・『心にAroma(アロマ)』no.42のご紹介です!_2/2

  • 2019.06.29 Saturday
  • 19:30

 

いちご新聞』の4月号に掲載された葉祥明コーナー『心にAroma』を“6月26日”の記事に続き掲載します。
内容は葉祥明のインタビューです!鉛筆2

 

4月号掲載誌ですので、内容に時間的なギャップがあります。

ご了承下さい…。


それでは、皆さんの心の中に良い香りが漂ってきますように!ウィンク


URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

190626-2.jpg

Q:東日本大震災から8年、熊本地震から3年、その他日本で起きた多数の災害をふりかえって、というのが今月のテーマですが、どんな想いでしょうか?

 

A:やっぱり被災者とそうでない者では、全く違う想いだと想います。被害を受けた方々にとっては命の闘いだったと思うし、今でも辛く苦しい日々を過ごしている方々も多いと思う。そのことを僕たちは忘れてはいけない。

 

一方、直接の被害は受けず、メディアで様子を見たり、被災地・被災者を応援してきた僕たちにできることってなんだろう?って、いつも考えるけれど、命を大切にし、一所懸命「生きる」ということだと思う。「生きる」ということのすごさを、いろいろなものを通じて学び、実感していくことかなって。もちろん被災地を訪れたり、ボランティアをしたりすることも、大切だよね。

 

Q:命の大切さをメッセージに込めたのが、今月の詩ということですね。

 

A:そう、この詩はある意味、ひとつの悟りの境地とも言えるだろうね。この境地に行き着くことができれば、人生やこの日々が、とてもかけがえのないものだと思えるようになるはず。

 

災害や不幸に見舞われたとき、どうすればいいか。そして、そこから自分は、どんなことを学ぶか。その答えのひとつを、この絵と詩で表現したんだよ。

ミュージアムイベントのお知らせ:Life is......葉祥明&ウォン・ウィンツァン〜朗読とピアノのコンサート〜

  • 2019.06.06 Thursday
  • 16:30

 

ただ今、“2019年5月18日(土)から7月26日(金)”まで、詩画集『Life is ......〜人生を彩る幸福のエッセンス〜』の原画展を開催中です。拍手拍手拍手

 

今回、その関連イベントとして、なんと日本におけるヒーリングミュージックの第一人者でもあるピアニストの“ウォン・ウィンツァン”をお迎えして、葉祥明とのジョイントコンサートが開催されることになりました!右斜め上

 

葉祥明とウォンさんは互いのコンサートに出演し合ったり、CDのジャケットに葉の作品を使って頂くなど、尊敬し合うアーティストとして20年以上に渡り、交流を続けています。最近では、ウォンさんが<熊本地震チャリティコンサート>に出演して下さっています。ウィンク

 

コンサートでは、二人のパートだけではなく、詩の朗読とピアノの共演をこれまでのジョイントコンサート以上にたっぷりとお聞き下さい。ニコニコ

 

詩画集『Life is......』のサブテーマに書かれてある「人生を彩る幸福のエッセンス」を体感するような、心がふるえる、贅沢なひとときをお届けします。ラッキー グッド

 

会場が当館ではなく、北鎌倉駅から2駅先の逗子駅で、そこから徒歩1分ほどの場所です。

真夏の日差しが厳しい一日になるかもしれませんが、北鎌倉で原画を鑑賞して、その後にコンサート、というのもいいかもしれませんね!モゴモゴ

 

皆さまのお越しをお待ちしております!地球

 

おうちこれまでの“ミュージアムイベント”はこちらから!back

青い旗詩画集『Life is ……人生を彩る幸福のエッセンス』のお買い求めはこちらからback

家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

 

 downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

190605-3.jpg

【日時】7月7日(日)開場15:30 開演16:00 (終演予定18:00)

【料金】5,000円(事前振込み・自由席)  

    ※未就学児の入場はご遠慮願います。 

【会場】結・YUIコミュニティホール (逗子市山の根1-3-13)

    逗子駅西口(山側)を出て、左に歩いて1分。

    右側にある黒い建物。

    さかきばらバレエスタジオの真向かいです。

【申込】T&T 小山内:080-5654-1331(tt.blue.earth@gmail.com)

 上記のアドレスに件名「7/7コンサート」として、

 ,名前 電話番号 人数 ず親会参加人数をお書きの上、送信してください。

 折り返し受付の確認と、お振込先などをお知らせいたします。

 T&Tホームページ

 https://ttblueearth.wixsite.com/tt-happy

 

<懇親会>

【時間】19:00〜20:30予定。

【料金】3,000円

【定員】20名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

【会場】同じ建物内の別室になります。

 downdowndownチラシ裏面downdowndown

190605-2.jpg

 

 downdowndownウォン・ウィンツァンさん。downdowndown

190605-1.jpg

 

 downdowndown会場の<結・YUIコミュニティホール>さん!downdowndown

いちご新聞'18年4月号・『心にAroma(アロマ)』no.29のご紹介です!_1/2

  • 2018.04.16 Monday
  • 17:30

 

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号が発刊されましたのでご紹介します!鉛筆2

 

 

今日は熊本地震の本震から2年が経ちました。

 

葉祥明にとっても、故郷の災害は心痛むものでした。

それでも前を向いて生きなければならない人生…。

故郷を思って描いた絵と言葉を掲載します。ニコニコ

 

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

 

生きる』   絵・文:葉祥明

 

人生も世界も人の心だって

悪いことばかりじゃない

良いことだってたくさんある

そのことを忘れないでいよう

それが生きるってことだから

熊本地震:南阿蘇村復興支援‘‘希望の種まき’’ 〜ひとり1坪の花畑運動〜_ご報告

  • 2018.04.15 Sunday
  • 17:30

 

あれから2年が経ちました。

復興が目に見える形で進んでいるところもあれば、なかなかそうとは言えない現実もあります。ノーノー

 

その復興に少しでも力添えをするため、“南阿蘇えほんのくに運営委員会”の呼びかけに応え<南阿蘇村復興支援‘‘希望の種まき’’ 〜ひとり1坪の花畑運動〜>へのご協力をお願いしたところ、多数のご支援を頂戴し、去る4月8日(日)にその種まきが行われました!拍手拍手拍手

 

まだまだ遠い道のりではありますが、美術館の草原にまた花々が咲き誇る時が来ると信じています。グッド

 

この活動は今後も引き続き行われます。

これからもご支援・ご協力を宜しくお願いします!楽しい

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

参加してくださった皆さんです!

野焼きが済んだばかりなので、足元は真っ黒。あっかんべー

(写真は“南阿蘇えほんのくに えほんのおうち”さんから転用させて頂きました)

 

葉山館長も参加〜。ウィンク

 

 

 

今回はパープルロケット、おみなえし、白花のクローバーを蒔きました。
6月にはそれぞれ咲いてるそうです。ロリポップ!

ご挨拶:大晦日<2017年>!

  • 2017.12.31 Sunday
  • 18:00

 

今日は大晦日…。

 

昨年は“熊本地震”で大変な一年になりましたが、今年もやはり熊本地震関連として、〜熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜が思い興されます。どうにか天候にも恵まれ、被災地の様子も見て頂くことができ、何より“葉祥明阿蘇高原絵本美術館の無事”をご自身の目で確かめて頂けたのが良かったと思います。参加して下さった方には改めて御礼申し上げます。ニコニコ

 

葉祥明関連としては、やはり原画展がビッグイベントとなりました。

2017年6月24日(土)から9月18日(月・祝)の約3ヶ月間、《萬鉄五郎記念美術館》にて開催された『葉祥明展〜絵本文学の世界〜』です。作家来場のイベントでは、館の方もびっくりする程のお客様がお越し下さり、とても盛り上がりました。ロリポップ!

 

書籍としては絵本『きみにきいてほしい』、絵本『ピーターパンとウェンディ』、ことば集『こだわらない』が主な出版物となりました。鉛筆2

 

それぞれに気持ちのこもった作品ですが、『ピーターパンとウェンディ』では、大きな海賊船の絵を描くなど印象深いシーンがありました。『きみにきいてほしい』では、“池上彰”さんとの共著となり、原画展が“新聞”に掲載されるなど、注目度の高い作品展になりました。『こだわらない』は来秋に展示予定です。

 

本年も一年間、ご愛顧をありがとうございました。

心より感謝申し上げます。わーい

 

あと数時間で除夜の鐘がなります。どうぞ佳い年をお迎え下さい。
そして、2018年が皆さまにとって幸せで実りある一年となりますように…。
ポッ

 

URLこれまでの“大晦日ご挨拶“の記事はこちらからどうぞ!back

 

down今日の美術館。ちょっと曇り空でした。ひやひや

皆さまへのお願い:南阿蘇村復興支援‘‘希望の種まき’’ 〜ひとり1坪の花畑運動〜

  • 2017.12.29 Friday
  • 23:45

 

昨年4月に発生した“熊本地震”では、<葉祥明阿蘇高原絵本美術館>がある南阿蘇は震源地の一つとして、大きな被害を受けました。地面が割れ、山崩れが発生し、人命を失い、多くの人が住む家を失いました。美術館も例外なく被害を受けたのですが、多くの皆さまの善意と関係者の努力で復興への歩みを進めています。

 

そして、村の生命線となる新しい橋の架け替え工事で出土する土砂の廃棄場所として、美術館の1万坪に及ぶ草原が国土交通省の依頼により使用されることになり、この度、整地が終了しました。葉山館長が大切に守ってきた自然ではありますが、村の復旧のために欠かせない工事となりました。

 

今回、その整地された場所を再び草花が茂る自然へと甦らせるため、<南阿蘇村復興支援‘‘希望の種まき’’ 〜ひとり1坪の花畑運動〜>の“一口1,000円の募金活動が始まります!南阿蘇の豊かな自然の力を信じ、皆さまのご支援を賜りたく、お願い申し上げます!

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

呼びかけ人:南阿蘇えほんのくに運営委員会より

南阿蘇えほんのくにで「えほんの丘」と称する葉祥明阿蘇美術館の丘には、希少種の昆虫や植物の住む美しい沢がありました。しかし、地震復興のため、新しく橋を作るための残土が、その沢にたくさん盛られ、広大な広場(約10000坪)になってしまいました。私たちはその丘を美しく再生するために、ワイルドフラワーの種をまき、蝶や虫たちを呼び戻したいと思っています。

 

そこで、3月に行われる野焼きが終わった春に、種をまいて、夏か秋に広大な丘一面に色とりどりの花が咲くことを願っています。それが、希望の花となり、南阿蘇村震災復興の力になると思います。

 

ワイルドフラワーの種の購入資金の募金を始めます。資金があつまったらワイルドフラワーの種を買います。そうしたら皆さん、春の丘に種をまきに来てください!みなさんがまく花の種で10,000坪のひろばを花でいっぱいにしてください!!皆さまの温かいご支援をお待ちしています!

 

一口1,000円の募金活動”です。 

 

<振込先>

ゆうちょ銀行:01740-0-150036

口座名:南阿蘇えほんのくに

呼びかけ人:南阿蘇えほんのくに運営委員会 

住所:南阿蘇村中松4120-2

 

      <葉祥明阿蘇高原絵本美術館の鳥瞰図

・青い線が敷地

・画像右上に美術館

・白い部分が残土で埋め立てられた箇所

・アルファベットA〜Cが下記写真の写された場所と方向

 

 

 

 

この写真は「C」の“Before”となります。比較して見て頂くと変化が分かり易くなります。

尖った一本杉が目印です。

 

葉が訪問した時の埋め立て前の様子

 

 

イベントのお知らせ:平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_東京公演!

  • 2017.10.22 Sunday
  • 18:00

 

熊本地震で大きな揺れを何度も体験してしまった子どもたちのために今年3月、葉祥明原作の絵本から生まれた“音楽劇『リトル・ツリー』”が小学校や熊本市現代美術館など合わせて8箇所を巡回するプロジェクトが実施されました。拍手拍手拍手

 

その模様は地元の新聞やテレビでも取り上げられ、子供も大人も楽しんでくれた様子が北鎌倉にも伝わってきました。グッド

 

そして、今秋、東京凱旋として“音楽劇『リトル・ツリー』”の<熊本バージョン>上演が決定し、このプロジェクトが再び動き出します!びっくり

 

葉祥明が生んだ“自分が自分であるために”というメッセージがこれからも全国で届けられるよう、是非、皆さまにもご覧頂ければと思います。目の前で繰り広げられる熱い演技にきっと心動かされますよ!悲しい

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

MAIL “リトル・ツリー公式HP”はこちらから!back
URLこれまでの『リトル・ツリー』の記事はこちらから!back

 

171022-1.jpg

地震なんかに負けない

子供たちの笑顔がありました

 

2016年4月に九州を襲った熊本地震。被災地の人々の為に何かできないかと考えた私たちは音楽プロジェクトを立ち上げ、2017年3月、熊本の小学校など8箇所をまわり音楽劇「リトル・ツリー」を上演してきました。

 

子供たちは音楽に合わせて楽しく踊り、大人の方の中には被災後初めて涙を流すことができたとおっしゃる方もいました。

 

たくさんの方々からの寄付金のおかげで、可能となった今回のプロジェクト。

 

我々は皆さんへの感謝を込めて、再び東京で「リトル・ツリー」を上演致します。これからもこの物語を全国に届け続けることができるよう、皆様にご支援いただけると幸いです。

【日時】11月24日(金)16:00開演、19:00開演

    11月25日(土)11:30開演、14:30開演

【場所】アスピアホール(京王新線「幡ヶ谷」北口から徒歩2分)

【料金】大人 4000円、
    子供 3000円、
    親子ペア 5000円
    未就学児入場可

【予約】< PC >https://ticket.corich.jp/apply/85496/

    <携 帯>http://ticket.corich.jp/apply/85496

【問合】<メール>littletree.musical@gamail.com

    <電 話>070-3352-2712

【原 作】葉祥明 【演 出】白峰優梨子

【作 詞】シーラ 【脚 本】中川千英子

【作曲・ピアノ】吉田佐由子 【バイオリン】千葉裕之 【パーカッション】赤羽拓真

【キャスト】青木さおり・川井佐知子・土器屋利行・早川久美子・溝渕俊介(50音順) 

【主催】Little Tree くまもと制作委員会 【共催】She-friends

《熊本の形式で公演いたします。熊本では体育館で音楽の質を高く保つ為に音響は使いましたが、照明は使わずシンプルな形式でやらせていただきました。五感とイメージを俳優たちがフルに使い、観客の皆様にもそれが伝わり臨場感のある作品になっておりますので、十分楽しんでいただける事と思います。》

171022-2.jpg<MAP>

掲載記事のご紹介:『熊本日日新聞』_2017年8月9日(水)

  • 2017.08.10 Thursday
  • 10:34

 

2017年8月9日(水)”の<熊本日日新聞>に“ブルー・ビー”飛来の記事が掲載されました!グッド

 

昨年は熊本地震の影響があったのか、飛来数がとても少なく心配していたのですが、

今年はちょっと増えたようで安心しました。

皆さんも是非、お越しになって下さい!ジョギング

 

それでは早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

170810-1.jpg

南阿蘇のシンボルとして「ブルー・ビー」の愛称で親しまれるルリモンハナバチが、南阿蘇村河陽の葉祥明阿蘇高原絵本美術館で舞い始めた。幸せを呼ぶとされ、観光客らが見物に訪れている。

 

体長1.5センチほどのミツバチの仲間。同美術館は15年ほど前から、ハチが花密を好むバジルを庭に植えており、今年も数匹が飛来している。来館者は、飛び交う数種のハチの中から、鮮やかな青と黒のしま模様のブルー・ビーを見つけては写真に収めていた。同美術館は昨年の熊本地震で被災し、再開から丸一年となる。

 

葉山祥鼎館長(68)は「地震にも負けず今年も訪れてくれた。南阿蘇の自然の力強さや美しさの象徴だ」と喜んでいる。ブルー・ビーは晴れた日に多く飛ぶ。今後はさらに増え9月中旬まで見ることができるという。(堀江利雅)

イベントのお知らせ:宝塚歌劇団花組・公演『ハンナのお花屋さん』

  • 2017.07.28 Friday
  • 18:10

 

葉祥明の絵本を原作に、これまで絵本『リトルツリー』や絵本『はちぞうのぼうけん』などが舞台化されてきました。

特に『リトルツリー』は熊本地震復興支援のために、上演されるなど実績を積んできています。グッド

 

そして、この度、絵本『続々・地雷ではなく花をください』を作品に取り入れた、

ビックリするような公演が行われることが決定しました!!

 

なんと、あの“宝塚歌劇団の花組”とのコラボレーション!!!!!!

 

関係者一同、本当に驚きました。

えぇ?という信じられないお話だったのですが、

記者会見にサニーちゃんが同席していますし、

絵本も朗読して下さったとのことですから、本当です…。モゴモゴ

 

何故にサニーちゃん?と、物語との結びつきは明らかにされていませんが、

旧ユーゴスラビアから逃れてきたヒロインの背景に関係しているようです。ウィンク

 

鑑賞して下さった方々に少しでも何か心に残ればいいな、と思います。

今から楽しみです!わーい

 

一般の方へのチケット販売は9月3日(日)から!

どうぞお早めに!ウィンク

 

おうちこれまでの“イベントのお知らせ”はこちらから!back

 

170728-1.jpg

ロンドンの閑静な高級住宅地ハムステッドヒース、その一角に一軒の花屋があった。デンマーク人のフラワーアーティスト、クリス・ヨハンソンが営むその店の名は、“Hanna's Florist(ハンナのお花屋さん)”。自然との調和に包まれ、地元の人達からも愛されるその店には、心癒される穏やかな時間が流れていた。ところが、ある日、クリスの作品が栄誉あるフラワーコンペティションに入賞したことで、大きなビジネスチャンスが訪れる。トップフローリストとしての成功を目指すか、それとも・・・?そんな時、クリスは、仕事を求めて東欧からやって来たミアと出会い、次第に、自分の心の声に気付かされていく。故郷デンマークの森への郷愁、そして“Hanna's Florist”という店名に込められた想いとは・・?
世界中から人が集まる街ロンドン、そして自然豊かな北欧を舞台に、21世紀を生きる我々が求める本当の幸せ、人生の豊かさを問いかけるオリジナルミュージカル。花組トップスター明日海りおの爽やかな魅力と共に、ハートウォーミングなひと時をお届け致します。(公式HPより)

【名  称】花組公演『ハンナのお花屋さん
【公演期間】〜 

【会  場】TBS赤坂ACTシアター

【チケット】S席 8,800円 A席 6,000円 (いずれも税込)

      一般販売は9月3日(日)より

 

170728-2.jpg

 

170728-3.jpg

掲載記事のご紹介:通販カタログ『佳人手帳』春号!

  • 2017.07.15 Saturday
  • 17:00

 

2017年1月18日”のブログで、

葉祥明作品が通販カタログ『佳人手帳』に掲載される旨の記事を書きましたが

次号夏号も新作販売原画を取り扱って頂けることになり、慌てて?の過去記事アップです!たらーっ

 

春号では“熊本地震から1年”ということで、熊本物産を扱う特集ページでの掲載。

お陰様で掲載した原画4点のうち3点が売約済みとなり、とても嬉しい反響でした!ラッキー

 

それでは、早速ご覧下さい。見る

 

URLこれまでの“取材を受けた様子”はこちらから!back

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

170715-1.jpg

 

地平線や水平線が印象的な、穏やかな画風で知られる葉祥明さん。

作品の原点は子供の頃から眺めてきた阿蘇の山なみだという。

後年、その小高い丘に念願の美術館を建てたが、昨年の大地震で被災した。

 

「幸い8月には再開できましたが、地元にはまだ多くの課題が残っています。

私は心配しているのは産業への影響。阿蘇の草原は放牧のための野焼きによって守られてきた自然。

人の営みが衰退すると風景も変わってしまいます。

そのためにも、今まで通り気軽に阿蘇へ足を運んでいただきたいのです」

 

本誌は、復興支援の一助として作品を特別販売。売上げの一部を復興団体に寄付する。

下の絵はなんと、今回のための描き下ろし作品。貴重な機会をぜひお見逃しなく。

 

     down発売初日に早速お買い求め頂きました!拍手拍手拍手

掲載記事のご紹介:『朝日新聞』_2017年5月20日(日)

  • 2017.05.21 Sunday
  • 17:40

 

葉祥明阿蘇高原絵本美術館”の館長・葉山祥鼎による“くまモン”絵本の第二弾『くまモンとブルービーの大冒険』が発売され、“朝日新聞”にそのことが掲載されました!拍手拍手拍手

 

記事を読むと、第二弾を執筆するにあたり、“熊本地震”の影響は大きかったことが分かります。

美しい自然は私たちに大きな試練を与えることがありますが、本来は実り豊かななくてはならないもの。くまモンとブルービーのように決して諦めず、智恵を出し合い、力を合わせて乗り越えていきたいものです。グッド

 

とっても楽しい物語になっていますよ!

テイジさんの絵もかわいらしい!

是非、ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

くまモンの絵本出たよ 困難乗り越える描写、震災もとに

 

くまモンを主人公にした新しい絵本「くまモンとブルービーの大冒険」(中央法規出版)ができた。くまモンたちが海で嵐に遭いながら新しい仲間と困難を乗り越える物語。自然に向き合い、助け合って生きるという、熊本地震で改めて気づかされた普遍的なテーマを描いた。2015年秋にできた前作に続く第2弾。全国の書店で販売中だ。

 

 文は熊本県南阿蘇村の葉祥明(ようしょうめい)阿蘇美術館長、葉山祥鼎(しょうてい)さん(68)、絵は長男でスイス在住の画家ハヤマテイジさん(42)が手がけ、当時の県のくまモン担当部署が監修した。「ブルービー」は幸せを呼ぶとされる青い蜂。夏に美術館の庭に姿を現し、地元の人々や観光客に親しまれてきた。

 

 前作の「くまモンとブルービーのなかまたち」は、阿蘇を舞台にくまモンとブルービーが力を合わせてツリーハウスを造る物語だった。16年4月の熊本地震で美術館一帯は大きく被災し、葉山さんは敷地の地割れや建物の復旧、地域の支援に駆け回りながら、新しい絵本の構想を練った。震災で精神的に疲弊する中、モデルにした天草の海での取材で出会ったイルカや景色に癒やされたという。

 

 美術館を訪れる人は地震前と比較にならないぐらい減ったまま。傷の深さを実感する日々だが、「ものの復旧は時間がかかるが、文化や芸術を復興のきっかけにしたい」と考えている。

 

 絵本は1500円(税別)。前作とともに売り上げの一部は県に震災復興の義援金として寄付される。(後藤たづ子)

紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その6

  • 2017.05.04 Thursday
  • 13:00

 

2017年4月16日と17日の1泊2日の旅、

熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ〜の続報です。鉛筆2

 

二日目は予報通りの雨で、しかも相当に強い!

でも、そこはツアーならでは?の奇跡が起こりました!

移動中は雨、目的地に着くと雨が止む…。びっくり

 

それでは、お昼までの様子をご覧下さい!見る

 

家前回ツアーの“葉祥明・熊本ゆかりの地を訪ねる旅”の記事はこちらから!backback

家本ツアーの“熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』”の記事はこちらからbackbackback

 

170504-1.jpg

今回も“九州産交”さんにお世話になりました!わーい

 

170504-2.jpg

まずは“阿蘇神社”!お清めです。

雨が降っていなかったら桜も楽しめたかもしれませんね〜。猫2

 

170504-5.jpg

倒壊した楼門は復旧工事のため、シートで囲われていました。

拝殿も倒壊し、大きな被害を受けました。

パワースポットとしての復活が待たれます。YES!

 

170504-10.jpg

そして、地震で崩落した道路の復旧工事が進む中、片側通行区間を通り抜け、“草千里”に到着。

残念ながらご覧の通りの雨!泣き顔

 

170504-11.jpg

でも、しばらくすると雨が止み、光が差し込んできました!ウィンク

 

170504-12.jpg

お馬さんたちも食事のため、思い思いの場所へ。ラッキー

 

170504-3.jpg

“道の駅”にも立ち寄りました!

 

170504-4.jpg

お待ちかねの昼食は“バイエルン”さん!

ドイツをイメージしたメルヘンな店内にとってもくつろげました。ロリポップ!

 

170504-6.jpg

食事前には営業部長の“阿南公和”さんから地震当時の様子をお話し頂きました。

阿蘇観光の復興に尽力なさっています。ニコニコ

 

170504-7.jpg170504-8.jpg

ハムステーキとハンバーグ!

数々の賞を“受賞”した絶品の味でした!グッド

 

170504-9.jpg

最後に店内で販売している自家製のハムやソーセージをお買い物!

発送も受け付けて下さいますので、阿蘇にお越しの際はお食事と合わせてどうぞ!楽しい

紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その5

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 11:30

 

2017年4月16日と17日の1泊2日の旅、

熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜の続報です。鉛筆2

 

二日目となる翌日は何度予報を見ても、降水確率100%…。悲しい

雄大な阿蘇の景色を見渡すことは相当に難しいな、という判断で、

急きょ、予定を変更して“大観峰”に向かうことにしました。バス

 

迂回路となる“ミルクロード”の渋滞も心配されましたが、

特に問題なく予定よりも早く到着。

ちょっと風が強かったものの、皆さんに“阿蘇五岳”を見てもらえました!グッド

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

家前回ツアーの“葉祥明・熊本ゆかりの地を訪ねる旅”の記事はこちらから!backback

家本ツアーの“熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』”の記事はこちらからbackbackback

 

170501-1.jpg

いよいよ広々とした大地が見えてきます。ロリポップ!

 

170501-3.jpg

外輪山に広がる牧草地帯。

見た限りでは地震の被害は見受けられませんが、道路を挟んだ右側の斜面は到るところに亀裂や崩落が散見され、“ラピュタの道”と呼ばれる絶景ポイントは立入禁止のままでした…。ポロリ

 

170501-2.jpg

放牧されている牛さんたち。癒されます。猫2

 

170501-4.jpg

夕陽の時刻で、少し霞がありましたが無事にご覧頂けました。ニコニコ

 

170501-5.jpg

テンション右斜め上

 

170501-6.jpg

そして、ホテルでの夕食です。食事

 

170501-7.jpg

大宴会!という雰囲気になりました。

食器の数がすごい多い…。実際、品数が多くて食べきれませんでした…。パクッ

 

170501-8.jpg

おなかいっぱいになったあとは温泉です!

1日目を無事に終えられて、ホッとひと息でした。ポッ

紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その4

  • 2017.04.30 Sunday
  • 18:00

 

前回の掲載から10日経ってしまいましたが、

思い出したように2017年4月16日と17日の1泊2日の旅、

熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜の続報です。鉛筆2

 

今日は初日午後の“熊本城訪問”の様子をご覧頂きます!

とっても天気が良くて顔が焼けました…。猫2

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

家前回ツアーの“葉祥明・熊本ゆかりの地を訪ねる旅”の記事はこちらから!backback

家本ツアーの“熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』”の記事はこちらからbackbackback

 

170430-1.jpg

紅蘭亭”で食事を済ませたあと、自由時間を利用して、

ご希望の方には“熊本城”の城壁をご覧頂こうと思い、徒歩でご案内。ジョギング

 

170430-2.jpg

崩落した石垣はすでに別の場所に移動してありましたが、

残った城壁はこれ以上の損傷を食い止めるため、モルタルで保護してありました。工具

 

170430-4.jpg

そして、バスに戻ろうとしたときに、奇跡の出会いが!

私もビックリしましたが、ご一緒した皆さんは更にビックリ。びっくり

 

なんと葉祥明のお兄さん、祥泰(しょうたい)さんにバッタリ…。

12歳離れた一番上のお兄さんならではの葉祥明とのエピソードをご披露してくれました!ウィンク

 

170430-3.jpg

そして、二の丸公園より、熊本城を案内スタート!

あらかじめ、ボランティアガイドさんに依頼しておきました。モグモグ

 

170430-5.jpg

遠目からはあまり崩れている様子は分かりませんが、

修復作業のためのクレーンが鉄筋を天守閣に組み入れている様子が見られました。ニコニコ

 

170430-6.jpg

GWが終わったら、ブルーシートに覆われるそうです。

当分見られなくなるので、タイミングとしてはちょうどよい訪問でした。地球

 

170430-11.jpg

 

170430-7.jpg

 

170430-8.jpg

 

170430-14.jpg

 

170430-10.jpg

 

170430-12.jpg

石垣が整然と並べられている姿に改めてショック…。がく〜

 

170430-13.jpg

しかしながら、文化財として丁寧に管理されていることに人々の愛情を感じました。ポロリ

 

170430-16.jpg

 

170430-15.jpg

約1時間の散策が終了!ロリポップ!

 

翌日の天気予報が100%降雨ということで、早めに時間を切り上げて、

このあと阿蘇で夕陽を見ることに急きょ予定変更!

急げ、急げ!電車

 

紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その3

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 15:00

 

2017年4月16日と17日の1泊2日の旅、

熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜の続報です。鉛筆2

 

益城町を出発して、次は中心街へ向かいます。

葉祥明の実家があった場所から“上通”を抜けて“下通”へ。

葉祥明の実家が経営する“紅蘭亭”本店で昼食です!食事

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

家前回ツアーの“葉祥明・熊本ゆかりの地を訪ねる旅”の記事はこちらから!backback

家本ツアーの“熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』”の記事はこちらからbackbackback

 

170419-1.jpg

今回のバスも“九州産交”さん。

運転手さんは益城町にお住まいでご自宅は半壊。補助金を受けて現在はご自宅に戻られています。

 

170419-2.jpg

日曜日のお昼どき。お客さんで賑わう紅蘭亭とスイスが入る上通の“パビリオン”に立ち寄りました。ここは平屋で四角い作りで頑丈なこともあり、地震の被害はお皿2枚が割れただけ…。

 

170419-3.jpg

そして、路面電車が通る大通りに出ると熊本城が!どんっ

 

170419-4.jpg

皆さん、一気にテンションが上がって撮影会!upupupup

 

170419-5.jpg

 

170419-6.jpg

 

170419-7.jpg

紅蘭亭”本店。

外装が一部崩落したこともあり、応急処置の他、シートで覆われていました。ポロリ

 

太平燕(たいぴーえん)”、“酢排骨(すーぱいこ・酢豚)”など6品いただきました!

170419-8.jpg

 

170419-9.jpg

 

170419-10.jpg

そして、食後のスイーツ。

普通は杏仁豆腐が出てくるところですが、ここは“スイスのケーキ”にて!あっかんべー

 

170419-11.jpg

葉祥明の甥で紅蘭亭の代表取締役“葉山耕司”氏から地震当時の様子などをお話し頂きました。

 

そして、午後はいよいよ熊本城訪問です!楽しい

(続く)soon

紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その2

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 17:30

 

2017年2月19日から募集をしていた〜熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜。

4月16日と17日の1泊2日の旅を無事に終え、帰京しました。拍手拍手拍手

 

皆さんの感想としては「百聞は一見にしかず」とツアーに参加してとても有意義だったと嬉しいお言葉を頂戴しました。私自身も故郷熊本の現状をお伝えすることができて良かったと思いますし、参加して下さった15名の方々の“心意気”にとても感激しました。悲しい

(1名様は発熱で不参加になってしまいました…。団体行動なのでご迷惑をかけることはできない、と苦渋の決断…。)

 

それでは、どんなツアーになったのか、気になる方もたくさんいらっしゃると思いますので、

数回に分けて記事に致します。鉛筆2

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

家前回ツアーの“葉祥明・熊本ゆかりの地を訪ねる旅”の記事はこちらから!back

家本ツアーの“熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』”の記事はこちらから!back

 

170418-1.jpg

皆さん、集合時間にきちんとお集まり頂きました。いよいよフライトです。飛行機

 

170418-2.jpg

天気がよく、横浜、横須賀、鎌倉、湘南が一望できました。

当館も見えるハズ!てれちゃう

 

170418-3.jpg

熊本城を中心にした市街地。

ブルーのパッチワーク状態だった震災直後に比べると、だいぶ復旧している様子が伺えます。

 

170418-4.jpg

熊本空港に降り立ったあと、早速“益城町”へ。

バスを避難所になった“益城町総合体育館”に停め、自衛隊の給水車や緊急車両のこと、車中泊や配給に並んでらっしゃる様子など、当時の緊迫した様子をお話ししました。実際の避難所を訪れることで自身が被災した時、どのような状況に置かれるのかイメージして頂けたと思います。

 

170418-6.jpg

この一帯は無傷な住宅はありませんでした。

現在はほぼ撤去作業が終了し、多くが更地になっていました。

 

170418-7.jpg

それでも路地を入るとまだそのままの状態の所も…。

 

170418-8.jpg

 

170418-9.jpg

当時、私が撮影した画像を元に、更地になった現在の様子と見比べる形でお話。

惨状の様子をお伝えできたのではないかと思います。

 

170418-19.jpg

この橋桁は当時のままでした…。

 

いろいろな形での助け合い。

170418-10.jpg

 

170418-12.jpg

 

170418-11.jpg

 

本来の益城町”の姿と言える秋津川と河川敷。美しい場所で人々の憩いの場所です。よつばのクローバー

170418-5.jpg

 

そして一行は昼食をとるために中心街に向かいました。(つづく)soon

紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その1

  • 2017.04.16 Sunday
  • 09:00

 

2017年2月19日から募集をしていた〜熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜。

いよいよ本日16日と17日の1泊2日の旅で行って参ります!飛行機

 

早朝にもかかわらず皆さんきちんと集合いただき、

8時5分発の日本航空で羽田を無事に飛び立ちました。拍手拍手拍手

 

1日目は“益城町”と“熊本城”訪問がメインになります。

昼食は“紅蘭亭”で“太平燕(タイピーエン)”などを頂きます!グッド

 

明日は100%の降雨率…。

そこで今日の予定を少し変更して、阿蘇で夕陽を見ることができればと思っています。ウィンク

 

安全第一で、楽しい旅にしたいですね!わーい

 

家前回ツアーの“葉祥明・熊本ゆかりの地を訪ねる旅”の記事はこちらから!back

家本ツアーの“熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』”の記事はこちらから!back

 

IMG_4693.jpg

今回も羽田空港第一ターミナルからのフライトです!右斜め上

 

平成28年熊本地震:あれから1年経ちました。

  • 2017.04.14 Friday
  • 19:00

 

熊本を震度7の大地震が襲って、1年が経ちました。

犠牲になられた方のご冥福と一日も早い復興を改めてお祈りします。

 

“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”も本震で被災しましたが、

この一年、実に多くの方にご支援を頂戴したことを実感します。

 

“出演”という形でご支援下さった方をはじめ、イベントに参加して下さった方、

物品を買って下さった方、募金箱やお見舞金を下さった方…。ニコニコ

 

お一人、お一人にお礼をお伝えしたいのですが、

まずはこのブログから、その気持ちをお伝えできればと思います。

本当にありがとうございました。ハート大小

 

そして、振り返る画像のトップバッターは“くまモン”から!

特に、この人?には元気をもらえました。ウィンク

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

170414-1.jpg

 

170414-2.jpg

くまモン”来館の様子はこちらから!

 

最初のご支援は“ギャラリー&カフェ 画廊茶屋 梵天”さんでのチャリティ絵本原画展。

 

160603-1.jpg

1000枚を販売することができた復興支援ブルービーTシャツ

 

160814-3.jpg

いちよ・きよ・やぎりんバンド”による“チャリティコンサート

 

160725-10.jpg

Fiary Flower”による“チャリティコンサート

 

160929-8.jpg

ウォン・ウィンツァン”さんと“橋本昌彦”さんによる“チャリティコンサート”。

 

161003-3.jpg

熊本で公演された“音楽劇『リトル・ツリー』”。

 

170116-2.jpg

そして、“村上信夫”さんと“金亜軍”さんによるチャリティ朗読会

葉祥明美術館メールマガジンvol.73を配信しました!

  • 2017.03.26 Sunday
  • 18:00

 

メールピンク葉祥明美術館メールマガジンvol.73を配信しました。メールブルー

 

今回のお知らせでは<熊本地震・復興支援ツアーの募集延長>や

4月1日に公開予定の<公式HPリニューアル>、

そして入館料やミュージアム会員規約変更のお知らせなど、重要なご案内が盛り沢山です!​グッド
 

当館にとっても大きな節目になりそうな新年度。

じっくりとご覧下さい!鉛筆2

それでは、早速どうぞ!見る

赤い旗これまでの『葉祥明美術館メールマガジン』の記事はこちらから!back

 

★□★□==============================================
□★□     ★☆☆☆☆☆☆★ yohshomei.com     ★☆☆☆☆☆☆★
       ★☆☆☆☆☆☆★    メルマガvol. 73   ★☆☆☆☆☆☆★
========================================= 2017.3.26==
皆様こんにちは。

桜開花のニュースが届いていますが、なかなか本格的に温かくならない春ですね…。

さて、ブログでご案内しました通り、<熊本地震・復興支援ツアー>では16名様から
お申し込み頂戴し、無事に催行することが決まりました!4月10日(月)まで継続し
て募集を致しますので、どうぞこの機会に是非!
ちなみに、愛知・小牧空港からや地元熊本の方が参加されたりもします!

そして、ついに!2017年4月1日(土)に、当館公式HPがリニューアルします!
合わせて入館料が値下げ…に…!?
どうぞ、こちらもお見知りおき下さいませ!

それでは、今回のメールマガジンをご覧下さい!

◆◇◇◆contents◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆
【1】北鎌倉葉祥明美術館からのお知らせ!
【2】熊本地震復興支援ツアー(追加募集)!
【3】公式HP公開のお知らせ!
【4】ミュージアム会員規約につきまして!
【5】新刊のご紹介!
【6】講演会のお知らせ!
【7】フェアのお知らせ!
◆◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆
★□★□-----------------------------------------------------------------------------------
□★□      【1】北鎌倉葉祥明美術館からのお知らせ!
------------------------------------------------------------------------------------------
<企画展示作品>
【テーマ】絵本『赤毛のアン〜Anne of Green Gables〜』原画展
【期 日】2017年3月11日(土)〜5月19日(金)
【ブログ】こちらからどうぞ
【内 容】葉祥明の英語絵本・世界名作シリーズの第二弾、『赤毛のアン』です。
     今回の展示はスペースの問題で全作品を展示することは出来なかったの
     ですが、物語の舞台となっている“プリンスエドワード島”の風景が葉祥
     明ならではの美しい色合いと広々した風景画として再現されています。

<次回展示予告>
【テーマ】絵本『星の王子さま』原画展
【期 日】2017年5月20日(土)〜7月14日(金)
【内 容】昨年発売した英語絵本・世界名作シリーズ第一弾!あの不思議な世界観が
     見事に再現された作品です!書店でも人気があるそうですよ!

<葉祥明ミュージアムトーク>
【期 日】2017年5月13日(土)14:00~15:00
     絵本『赤毛のアン』原画展

【期 日】2017年7月8日(土)14:00~15:00
     絵本『星の王子さま』原画展

【出 演】葉祥明
【場 所】北鎌倉 葉祥明美術館 企画展示室
【参加費】入館料のみ。会員様は無料です。
【予 約】必要ございません。
【サイン】トーク後にサイン会がございます。
現在展示中の作品解説をメインにした作家によるトークを開催致します。ご予
約は必要ありませんが、先着順のご入館になりますので、お立ちのままになる
場合もございます。12時より始める会場設営が終わり次第お座りいただけます。

<ミュージアムミュージック>
【期 日】2017年6月3日(土)と4日(日)
【出 演】ピアニスト山野希美さん
【場 所】北鎌倉 葉祥明美術館 企画展示室
【参加費】入館料のみ。会員様は無料です。
【予 約】必要ございません。その他会場については上記イベントに準じます。
【サイン】葉祥明の参加はありませんので、サイン会はございません…。

★□★□-----------------------------------------------------------------------------------
□★□       【2】熊本地震復興支援ツアー(追加募集)
------------------------------------------------------------------------------------------
熊本地震の復興支援の一環としてツアーを企画し、16名の参加を得て無事に催行す
ることになりました。つきましては4月10日(月)まで追加募集を致します!

【料 金】ツイン:57,000 円(お一人様)、シングルはプラス5,000円
     ※料金には飛行機代、宿泊費、食事代を含みます。
【旅 程】4月16日(日)〜17日(月) 
     ・葉祥明実家の紅蘭亭や熊本城・益城町訪問
     ・司ビラパークホテル(阿蘇泊) 
     ・葉祥明阿蘇高原絵本美術館・被災地訪問・阿蘇観光
【その他】申込先:北鎌倉葉祥明美術館(TEL:0467-24-4860)
     葉祥明本人の参加はございません。
【詳 細】こちらからどうぞ

★□★□----------------------------------------------------------------------------------
□★□        【3】公式HP公開のお知らせ
------------------------------------------------------------------------------------------
前述しました通り2017年4月1日(土)午前0時を目標に当館の公式ホームページが
一新することになりました!

約15年ぶりに新しくなります。葉祥明作品らしいインターフェイスと、より当館の
魅力が伝わるようにデザインしました。更に!Facebook、Twitter、Instagramが加
わります!これまでのファンの方だけでなく新しい若い世代の方にもアピールでき
ればいいな、と考えています。英語版もできますよ!
公開に向けて鋭意調整中…。どうぞご期待下さい!
【ブログ記事】こちらからどうぞ
★□★□----------------------------------------------------------------------------------
□★□      【4】ミュージアム会員規約につきまして
-----------------------------------------------------------------------------------------
今回、上記でご案内したHPリニューアルに合わせて、当館入館料を600円に値下げ
することになりました。つきましては会費との整合性を図るため、4月1日からご本
人の他にご家族やご友人とお気軽にご来館いただけるよう<特別ご招待券>を2枚
プレゼント致します。また、現在会員の方には別途<特別ご招待券>を1枚お送りし
ますのでご利用下さい。

そして、遅延が続いております“Cafe Jake”につきましては、誠に申し訳ございませ

ん…。心よりお詫び申し上げます。今後の配信はSNSへの対応など業務増加か考えら

れ、ますます難しくなることが予想されます。勝手を申し上げて、大変こころ苦しい

のですが、4月より“壁紙”のみのプレゼントとして本文記事の配信を停止することに

致しました。どうぞ、ご容赦下さいませ。
遅延しておりました分の壁紙プレゼントにつきましては、追ってご案内致します。

重ねてお詫び申し上げます。

<規約についての変更点・追加点>
・パソコン“壁紙”のみのプレゼント(“Cafe Jake”配信停止)
・<特別ご招待券>2枚プレゼント(4月1日より)

★□★□----------------------------------------------------------------------------------
□★□             【5】新刊のご紹介
-----------------------------------------------------------------------------------------
現在、世界名作絵本『ピーターパン』を執筆中です!
5月の発売予定です。ご期待下さい!

★□★□----------------------------------------------------------------------------------
□★□          【6】講演会のお知らせ!
-----------------------------------------------------------------------------------------
6月まで公開講演会の予定はありません。

★□★□----------------------------------------------------------------------------------
□★□          【7】フェアのお知らせ!
-----------------------------------------------------------------------------------------
いずれの会場でも新作原画が発売されます。
是非、お立ち寄り下さい!

<そごう横浜・横浜ロフト>
【期  間】2017年3月17日(金)〜4月6日(木)
【会  場】7階横浜ロフト特設会場
【サイン会 】4月2日(日)14:00〜16:00
【電  話】045-461-4749

【ブログ記事】こちらからどうぞ

<郡山うすい百貨店>
【期  間】2017年4月12日(水)〜4月18日(火)
【会  場】1階 中央ホール
【サイン会 】4月16日(日)14:00〜16:00
【電  話】024-921-1351

【ブログ記事】こちらからどうぞ

◆◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆
==================================================
今回のメルマガは以上です。お付き合いくださりありがとうございました。
ご質問、お問い合わせは下記までお寄せ下さい。お待ちしております。
jake@yohshomei.com
-----------------------------------------------------------------------------------------
このメルマガがご不要の方はお手数ですが、このまま返信してください。
------------------------------------------------------------------------------------------
「MUSEUM MEMBER 」(年会費3,000円)は1年間の北鎌倉の葉祥明美術館と葉祥
明阿蘇高原絵本美術館の入館パス、グッズの割引サービス(10%OFF)、パソコンの
壁紙プレゼント、ホームコンサートのご案内など様々な特典をご用意しております。
http://blog.yohshomei-netshop.com/?day=20120918
==================================================
発行: 有限会社バード(発行責任者:堀内重見)
    〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内318-4
    TEL:0467-24-4860 FAX:0467-24-6536
    Copy right (C) BIRD CO.,LTD. All right reserved. 
==================================================

平成28年熊本地震:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_催行決定!と追加募集!

  • 2017.03.24 Friday
  • 23:00

 

2017年2月19日から募集をしていた

熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜の締切を本日迎えました。飛行機

 

今日までに16名の方にお申し込みを頂戴し、

本ツアーを催行することが決定しました!拍手拍手拍手

(ご応募頂いた方には別途、旅行代金等につき、お知らせ致します)

 

日程的にもハードルの高い旅程だったかとは思いますが、

お忙しい中、ご都合をつけて下さった参加者の皆様には心より感謝申し上げます!ロリポップ!

 

更に、ツアー決定を受け、

引き続き4月10日(月)まで募集を続けます!ウィンク

(申し訳ございません9日までと変更し、受付終了しました。)

 

どうぞ、まだ悩んでらっしゃる方、

ご友人・お知り合いにお勧めできそうな方がいらしたら是非、お誘い下さい!わーい

熊本復興支援への一助をお願い申し上げます…。ニコニコ

 

鎌倉から熊本へ>…。

皆様のご参加をお待ちしております。おはな

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

鎌倉から熊本へ〜熊本地震・復興支援ツアー

葉祥明・熊本ゆかりの地と被災地を訪ねる旅

 

2016年4月16日の未明に震度7の大地震が熊本を襲いました。前震でも大きな被害を受けた益城町と同様に、熊本市内、そして「葉祥明阿蘇高原絵本美術館」がある南阿蘇の山々・大地も大きく揺れました。人命が失われただけでなく、多くの人が平安な生活を奪われ、避難所での暮らしを余儀なくされることになります。本ツアーは「熊本地震」からちょうど1年となるこの日に、熊本の支援と被災された方々の復興を祈念し、熊本城・益城町・南阿蘇を訪れます。   <鎌倉から熊本へ>…。

 

ご旅行内容

【実施日】2017年4月16日(日)・17日(月)の1泊2日

【料 金】ツイン:57,000円(お一人様)

     ※シングル追加代金 5,000円  ※料金には飛行機代、ホテル代、食事代(一部)を含む。

 

4月16日(日)

・08:05(羽田)→09:50(熊本)JAL625便

     集合時間7時30分。羽田空港までは各自でお越し下さい。

     事前にEチケットを送付致します。

・10:30 貸切バスで空港近くの益城町に向かいます。

・12:30 葉祥明実家界隈を散策した後、同じく実家経営の中華料理店“紅蘭亭”にて昼食。

     熊本名物・太平燕(タイピーエン)と“スイス洋菓子店”のケーキをどうぞ!

     合わせて崩落したビルの一部をご覧頂きます。

・13:30 自由時間。熊本市内の繁華街をご散策下さい。

     ご希望の方にはツアーには含まれない熊本城城壁崩落カ所の一部にご案内。

・15:00 本震で大きく被災してしまった熊本城をガイドの方に案内してもらいながらご覧

     頂きます。

・17:00 “司ビラパークホテル”へ。

     市内より約1時間強で到着。国道57号線通行止めのため迂回路を使用します。

・19:00 夕食は特別室にて阿蘇の食材を使った和食会席。

     食後は阿蘇温泉で展望浴場・露天風呂をお楽しみ下さい。

 

4月17日(月)

・09:15 チェックアウト。朝食はバイキングです。

・09:30 本震で被災した阿蘇神社や被災により観光客が減ってしまった地域を巡ります。

     草千里にも向かいます。

・13:00 葉祥明阿蘇高原絵本美術館訪問。

     昼食は震災直後から営業再開したドイツ料理店“バイエルン”にて。 

     美術館では葉山館長の被災時のお話の他、お庭を散策して頂きます。

・14:30 甚大な被害を被った南阿蘇を廻ります。崩落した阿蘇大橋や東海大の他、

     地元で人気のパン屋さんや道の駅に。

・18:00 熊本空港着。機内ご案内まで空港でお過ごし下さい。

     お土産などをお求めいただけます。夕食はこちらでお済ませ下さい。

・19:50(熊本)→21:25(羽田)JAL638便。現地解散となります。お疲れ様でした。

 

【その他】

・旅行の催行人数は15名から25名です。人数に達しなかった場合は実施致しません。

 また、本ツアーの申込み期限は2017年4月10日(月)(9日までと変更し終了しました)まで。

・葉祥明本人の参加はございません。

・ホテルでは阿蘇随一の景観を持つお部屋をご準備しております。

 お食事は(朝1、昼2、夜1)にてご用意。

・お部屋は完全禁煙ルームのご用意はございません。換気には注意を払っておりますが

 消臭対応となります。予めご了承下さいませ。施設利用料込。

・お申込は<北鎌倉葉祥明美術館(TEL:0467-24-4860)>まで。

・料金代金のお振込先につきましては別途ご案内します。

・キャンセル料金につきましては次の通りです。

 4月7日まで(旅行代金の40%)、前日まで(同50%)、当日(同100%)です。

・このツアーはJTBパッケージを利用しています。旅行規約はJTB規約に準じます。

・ツアー詳細・問い合わせ:トラベルサロン田園調布

 担  当:毛塚・砂原(TEL:03-3721-0353)

 営業時間:10:00〜18:00(土曜〜15時)  定休:水・日・祝日

・当ツアーは「北鎌倉 葉祥明美術館」主催です。ツアー責任者は館長の堀内重見です。

 添乗員として皆様をご案内します。

フェアのお知らせ:2017年<熊本鶴屋>にて!_原画販売!

  • 2017.03.09 Thursday
  • 14:00

 

2017年3月8日(水)から14日(火)”まで、
熊本鶴屋百貨店”にて葉祥明フェアが開催中です!拍手拍手拍手

 

今日は本フェアのために描き下ろした販売原画15点のうち、7点をご紹介します。

熊本地震”からの復興への祈りを込めた作品が多くなりました。

是非、会場にお立ち寄り下さい!ジョギング

 

URLこれまでの“フェアのお知らせ”はこちらから!back

 

熊本鶴屋百貨店
【期  間】2017年3月8日(水)〜 3月14日(火)
【サイン会】3月12日(日)14:00〜16:00(ミニトークショー有)
【場  所】鶴屋百貨店 本館5階 シーズンメッセージ
【住  所】〒860-8586 熊本県熊本市中央区手取本町6-1
【電  話】096-327-3924(グラフィックステーション)

 

170309-4.jpg

【タイトル】草千里の心 
【予定価格】¥150,000 (税別)
【絵サイズ】14.0cm×18.5cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

 

170309-5.jpg

【タイトル】草千里から中岳を望む  
【予定価格】¥600,000 (税別)
【絵サイズ】27.1cm×38.3cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

 

170309-6.jpg

【タイトル】熊本城と長塀 
【予定価格】¥300,000 (税別)
【絵サイズ】20.0cm×27.0cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

 

170309-2.jpg

【タイトル】Peace Land 〜大地にかかる虹〜 
【予定価格】¥500,000 (税別)
【絵サイズ】23.6cm×31.9cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

 

170309-7.jpg

【タイトル】生きる大地  
【予定価格】¥200,000 (税別)
【絵サイズ】16.3cm×23.9cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

 

170309-3.jpg

【タイトル】朝焼けの中の青い自転車 
【予定価格】¥300,000 (税別)
【絵サイズ】20.0cm×27.0cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

 

170309-1.jpg

【タイトル】悠久の大阿蘇と熊本城 〜復興を祈る白い鳥〜 
【予定価格】¥800,000 (税別)
【絵サイズ】27.2cm×38.0cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

フェアのお知らせ:2017年<熊本鶴屋>にて!_告知!

  • 2017.03.06 Monday
  • 19:30

 

2017年3月8日(水)から14日(火)”まで、
熊本鶴屋百貨店”にて葉祥明フェアが開催中です!拍手拍手拍手

 

昨年の“熊本地震”以降、はじめて行われるサイン会。

半壊、全壊した自宅再建後に絵を飾られる方が増えているそうで、

葉祥明の絵が多く求められいるとのこと。ウィンク

 

葉もその期待に応えて、

これまでにない点数と多彩さで新しい絵を描き下ろしてくれました。ペン

(原画作品はまた改めてご紹介します)

 

皆様のご来場をお待ちしております!楽しい

URLこれまでの“フェアのお知らせ”はこちらから!back

 

熊本鶴屋百貨店
【期  間】2017年3月8日(水)〜 3月14日(火)
【サイン会】3月11日(日)14:00〜16:00(ミニトークショー有)
【場  所】鶴屋百貨店 本館5階 シーズンメッセージ
【住  所】〒860-8586 熊本県熊本市中央区手取本町6-1
【電  話】096-327-3924(グラフィックステーション)

掲載記事のご紹介:『読売新聞』西部朝刊_2017年2月19日(日)

  • 2017.02.25 Saturday
  • 17:30

 

聖徳太子 1400年の祈り>…。

聖徳太子が創建した法隆寺の“熊本地震・復興支援イベント”が

3月14日(火)に熊本で行われます!拍手拍手拍手

 

応募要項などすでにお伝えしている通りですが、

その告知記事が読売新聞西部版に掲載されましたので、ご報告します!

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

170225-1.jpg

紺野美沙子さんが朗読〜来月14日 阿蘇を描いた絵本〜

 

3月14日に「くまもと県民交流館パレア」(熊本市中央区)で開かれる「『和』のこころを語る〜復興への道しるべ〜」(読売新聞社など主催)で、俳優・紺野美沙子さんが、熊本出身の絵本作家・葉祥明さんの「ASO〜阿蘇、ぼくの心のふるさと〜」(佼成出版社)を朗読する。

 

紺野さんは2010年から「紺野美沙子の朗読座」を主宰。全国でアートと朗読を組み合わせた公演を実施しており、東日本大震災の被災地でも披露してきた。「ASO」はカラーのB4変型版、36ページ。鮮やかな緑の草原が広がる場面などが描かれ、阿蘇への望郷の思いなどがつづられている。

 

葉祥明さんの作品を紹介する北鎌倉葉祥明美術館(神奈川県鎌倉市)の堀内重見館長は「地震や豪雨など苦難が続いた今こそ、熊本の人に聞いてほしい」と話している。

 

イベントでは、法隆寺の大野玄妙管長と紺野さん、熊本出身の俳人・長谷川櫂さんが鼎談。奈良県マスコットキャラクター「せんとくん」も登場する。

イベントのお知らせ:『和のこころを語る 〜復興への道しるべ〜』

  • 2017.02.23 Thursday
  • 11:00

 

聖徳太子 1400年の祈り>…。

聖徳太子が創建した法隆寺の“熊本地震・復興支援イベント”が3月14日(火)に熊本で行われることになりました!拍手拍手拍手

 

奈良県マスコットの“せんとくん”も参加して、

法隆寺の“大野管長”、女優の“紺野美沙子”さん、熊本出身の俳人“長谷川櫂”さんによる鼎談のほか、“紺野美沙子”さんによる朗読が予定されています。嬉しい

 

鼎談では<どうすれば心の復興を果たし、より良い未来を切り開くことができるのか>をテーマにし、朗読では、紺野美沙子さんが“葉祥明作『ASO』”を読んでくださいます!グッド

 

私は残念ながら参加することはできませんが、

熊本の方には少しでも震災の経験を通して感じた“和のこころ”を共有して頂けたらと思います。ニコニコ

 

皆様さまのご参加をお待ちしております!楽しい

 

おうちこれまでの“イベントのお知らせ”はこちらから!back

 

170222-1.jpg

2016年4月に起きた熊本地震では、震度7の激しい揺れが大きな被害をもたらし、熊本の皆様はこれまで大変な思いでお過ごしになられてきたことと思います。一方、困難な状況の中で被災者の方がお互いを思いやり、助け合う姿に、国内外の人々が心を打たれました。ここに、聖徳太子が説いた「和」の精神がありました。
 聖徳太子が創建した法隆寺より、大野管長をお招きして開催するこの会では、ご参加くださる方のご意見も伺いながら、「和」の意味についてお話しし、 どうすれば心の復興を果たし、より良い未来を切り開くことができるのかを共に考えていきます。

【名  称】『和のこころを語る〜復興への道しるべ〜
【日  時】2017年3月14日(火)13:30〜15:30
【会  場】くまもと県民交流館パレア 10階パレアホール
【サイン会】予定ございません。
【住  所】熊本市中央区手取本町8-9  テトリアくまもと内
【問い合せ】096-363-6655(平日10時〜18時)KTTエンタープライズ
【応募方法】はがきかFAXで申し込みの方は、代表者の郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号と同伴者(3名まで)の氏名、年齢を明記して、下記へご応募ください。ご質問があれば書き添えてください。

はがき

〒860-8522 熊本市中央区世安町7番地
KKT「和のこころを語る」係

F A X

096-363-6676 ※「和のこころを語る」と必ず明記してください。

W E B

応募フォームからお申し込みください。

※ 応募多数の場合は抽選のうえ、当選された方に 3月上旬 に参加証をお送りします(複数でお申し込みの際は、代表者に人数分の参加証をお送りします)。
※応募に関する個人情報は、本件以外には使用しません。

平成28年熊本地震:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』

  • 2017.02.19 Sunday
  • 16:00

ブログ・メルマガ等で告知をしておりました〜熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜の旅程と費用のが確定し、チラシができあがってきました!グッド

 

いよいよ今週24日(金)から会員様の受付をスタートし、

25日(土)より一般の方の受付が始まります!拍手拍手拍手

 

金額的には“前回のツアー”よりも随分安くご提供できることになりました。

ツインで57,000円、シングルで5,000円プラスの62,000円です!パンチ

 

ただ、フライト時間が“早朝・最終便”となっていますし、“日曜-月曜”という平日がかかってしまう日程なので、ご予定を組むのが大変かもしれません…。しかし、当館ならではのご案内ができるようポイントを押さえた旅程を組んでみました!ウィンク

 

いずれにしましても、今回の訪問が被災地・熊本の現状を知る旅、復興を後押しする旅、

そして何よりもご自身の防災・減災を考えるきっかけになればと思います。ニコニコ

 

募集期限は3月24日(金)までで、15名集まらなければ旅行自体がキャンセルとなります。

ご旅行代金は締切後に別途ご案内致します。便箋

 

鎌倉から熊本へ>…。

皆様のご参加をお待ちしております。おはな

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

〜鎌倉から熊本へ〜熊本地震・復興支援ツアー〜

『葉祥明・熊本ゆかりの地と被災地を訪ねる旅』

 

2016年4月16日の未明に震度7の大地震が熊本を襲いました。前震でも大きな被害を受けた益城町と同様に、熊本市内、そして「葉祥明阿蘇高原絵本美術館」がある南阿蘇の山々・大地も大きく揺れました。人命が失われただけでなく、多くの人が平安な生活を奪われ、避難所での暮らしを余儀なくされることになります。本ツアーは「熊本地震」からちょうど1年となるこの日に、熊本の支援と被災された方々の復興を祈念し、熊本城・益城町・南阿蘇を訪れます。   <鎌倉から熊本へ>…。

 

ご旅行内容

【実施日】2017年4月16日(日)・17日(月)の1泊2日

【料 金】ツイン:57,000円(お一人様)

     ※シングル追加代金 5,000円  ※料金には飛行機代、ホテル代、食事代(一部)を含む。

 

4月16日(日)

・08:05(羽田)→09:50(熊本)JAL625便

     集合時間7時30分。羽田空港までは各自でお越し下さい。

     事前にEチケットを送付致します。

・10:30 貸切バスで空港近くの益城町に向かいます。

・12:30 葉祥明実家界隈を散策した後、同じく実家経営の中華料理店“紅蘭亭”にて昼食。

     熊本名物・太平燕(タイピーエン)と“スイス洋菓子店”のケーキをどうぞ!

     合わせて崩落したビルの一部をご覧頂きます。

・13:30 自由時間。熊本市内の繁華街をご散策下さい。

     ご希望の方にはツアーには含まれない熊本城城壁崩落カ所の一部にご案内。

・15:00 本震で大きく被災してしまった熊本城をガイドの方に案内してもらいながらご覧

     頂きます。

・17:00 “司ビラパークホテル”へ。

     市内より約1時間強で到着。国道57号線通行止めのため迂回路を使用します。

・19:00 夕食は特別室にて阿蘇の食材を使った和食会席。

     食後は阿蘇温泉で展望浴場・露天風呂をお楽しみ下さい。

 

4月17日(月)

・09:15 チェックアウト。朝食はバイキングです。

・09:30 本震で被災した阿蘇神社や被災により観光客が減ってしまった地域を巡ります。

     草千里にも向かいます。

・13:00 葉祥明阿蘇高原絵本美術館訪問。

     昼食は震災直後から営業再開したドイツ料理店“バイエルン”にて。

     美術館では葉山館長の被災時のお話の他、お庭を散策して頂きます。

・14:30 甚大な被害を被った南阿蘇を廻ります。崩落した阿蘇大橋や東海大の他、

     地元で人気のパン屋さんや道の駅に。

・18:00 熊本空港着。機内ご案内まで空港でお過ごし下さい。

     お土産などをお求めいただけます。夕食はこちらでお済ませ下さい。

・19:50(熊本)→21:25(羽田)JAL638便。現地解散となります。お疲れ様でした。

 

【その他】

・旅行の催行人数は15名から25名です。人数に達しなかった場合は実施致しません。

 また、本ツアーの申込み期限は3月24日(金)となります。

・葉祥明本人の参加はございません。

・ホテルでは阿蘇随一の景観を持つお部屋をご準備しております。

 お食事は(朝1、昼2、夜1)にてご用意。

・お部屋は完全禁煙ルームのご用意はございません。換気には注意を払っておりますが

 消臭対応となります。予めご了承下さいませ。施設利用料込。

・お申込は2月25日(土)11:00より<北鎌倉葉祥明美術館(TEL:0467-24-4860)>。

 当館会員様は2月24日(金)先着順。定員になり次第締め切ります。

・料金代金のお振込につきましては旅行確定後の3月25日(土)以降に、旅程詳細と合わ

 せてご案内致します。

・キャンセル料金につきましては次の通りです。3月24日まで(無料)、

 4月7日まで(旅行代金の40%)、前日まで(同50%)、当日(同100%)です。

・このツアーはJTBパッケージを利用しています。旅行規約はJTB規約に準じます。

・ツアー詳細・問い合わせ:トラベルサロン田園調布

 担  当:毛塚・砂原(TEL:03-3721-0353)

 営業時間:10:00〜18:00(土曜〜15時)  定休:水・日・祝日

・当ツアーは「北鎌倉 葉祥明美術館」主催です。ツアー責任者は館長の堀内重見です。

 添乗員として皆様をご案内します。

平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_熊本公演決定!

  • 2017.02.10 Friday
  • 21:30

 

熊本地震の発生からやがて1年になります。

その時に大きなトラウマを負ってしまった子どもたちに“笑顔”を取り戻してもらいたい、と、

昨年夏に“音楽劇『リトル・ツリー』”を熊本で上演する企画が立ち上がりました。グッド

 

そして“クラウドファンディング”は“東京プレ公演”、そして“寄付金”により、

3月4日(土)から9日(木)まで、全8公演が決定しました。拍手拍手拍手

 

益城町飯野小学校・御幸小学校などをはじめ熊本市内の小学校など6公演。

そして2公演は一般公演となりました!ロリポップ!

 

2カ所とも“入場無料”です。

熊本ではなかなか上演が出来なかったプログラムでもあります。

是非、お時間を作ってお越し下さいませ!ジョギング

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

MAIL “リトル・ツリー公式HP”はこちらから!back
URLこれまでの『リトル・ツリー』の記事はこちらから!back

 

170209-1.jpg

子供たちの笑顔まで、

地震に奪われてはいけない

 

【日時】2017年3月6日(月) 17:30開場 18:00開演(約1時間)

    旧南阿蘇村立白水中学校体育館
    2017年3月8日(水) 14:30開場 15:00開演(約1時間)

    熊本市現代美術館ホームギャラリー

【料金】入場無料

【他公演先】3月4日 益城町立飯野小学校
           熊本市立御幸小学校
      3月5日 益城町立広安西小学校
      3月7日 御船町立七滝中央小学校
      3月8日 熊本市立託麻原小学校

      3月9日 みなみYMCAぶどうの木幼児園

 

 

【原 作】葉祥明 【演 出】白峰優梨子

【作 詞】シーラ 【脚 本】中川千英子

【作曲・ピアノ】吉田佐由子 【バイオリン】千葉裕之 【パーカッション】赤羽拓真

【キャスト】青木さおり・川井佐知子・土器屋利行・早川久美子・溝渕俊介(50音順) 

平成28年熊本地震:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_予告!

  • 2017.02.06 Monday
  • 23:30

 

ブログ・メルマガ等で告知をしておりました〜熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』〜の旅程と費用の計算が大詰めを迎えて来ました。グッド

 

詳細はチラシ入稿後にお伝えしますが、今日はそのイメージ案をご覧頂きます!見る

 

図案は“熊本市現代美術館”に収蔵されている2004年制作の《熊本城》です。

この絵と同じように4月16日に熊本市内と熊本城、4月17日は阿蘇を巡ります。ジョギング

 

そして、ツアー名にもなっている『鎌倉から熊本へ』は、主旨に賛同してくださった鎌倉五山第4位の“臨済宗円覚寺派金寶山 浄智寺”ご住職、“朝比奈惠温”さんによるものです。

快く引き受けて下さいました。ありがとうございます!ロリポップ!

 

今回のツアーは葉祥明ゆかりの地を訪ねると同時に、被災地を訪問することで、大地震は一体どいういう現実を引き起こすのか?そこから何を学べるのか?を体感し、減災・防災の意識を高めることが目的です。そして、何よりも熊本の復興支援になれば、という思いです。ニコニコ

 

2月23日(金)には会員様のお申し込み受付、翌24日(土)からは通常受付開始となります。

ご参加をお待ちしております。YES!

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

170206-1.gif

<INFORMATION>2017年2月〜3月版!

  • 2017.01.30 Monday
  • 17:00

YOH SHOMEI INFORMATION”は、
隔月で美術館の“郵送会員”様にお届けしているA4版の情報です。NEW!

2017年の2月と3月分の情報がまとまりましたので、
ご参考までに皆様にもご紹介します。便箋

 

熊本地震の復興支援ツアーの企画も“予告”として記載しました。

お見知りおき下さい。楽しい

 

おうちこれまでの<INFORMATION>記事はこちらから!back

 

1<フェアのお知らせ>
・名古屋三越栄店<サイン会:2月19日(日)>
・高崎高島屋 <サイン会:2月26日(日)> 
・熊本鶴屋 <サイン会・3月12日(日) >
・横浜ロフト<サイン会・4月2日(日) >

2<新商品のお知らせ>
・英語絵本『赤毛のアン~Anne of Green Gables~』 
・ことば集『幸せは日々の中に

・絵本『きみに聞いてほしい』 

3<美術館からのお知らせ>
・絵本原画展『サニーちゃん、シリアへ行く

 <2017年1月21日(土)~3月10日(金) >


・絵本原画展『赤毛のアン~Anne of Green Gables~』展

 <3月11日(土)~5月19日(金) >

 

・第73回 ミュージアムトーク『サニーちゃん、シリアへ行く』

 <2月4日(土)14:00~15:00>

 

・ミュージアムイベント・原画展記念トーク『私が出会ったシリア難民の子どもたち』

 <2月18日(土)14:00~15:00>

 

・ミュージアムミュージック【出演】リラ・コスモス

 <3月18日(土)11:30&14:00>
 

4<熊本地震復興支援ツアー>

【料 金】(予定)S:69,000 円/ツイン:67,000 円(お一人様)

     ※料金には飛行機代、宿泊費、食事代を含みます。

【旅 程】4 月 16 日(日)~17 日(月)

    ・葉祥明実家の紅蘭亭や熊本城・益城町訪問(阿蘇泊)

    ・葉祥明阿蘇高原絵本美術館・被災地訪問・阿蘇観光

【その他】申込開始:2月24日 (金)11:00より(会員様)/2月25日(土)11:00より(一般)
     申 込 先:葉祥明美術館(TEL:0467-24-4860)
     ・遂行人数:15 名~30 名

     ・葉祥明本人の参加はございません。

※詳細については2月中旬にお知らせします。

取材を受けました:通販カタログ『佳人手帳』春号!

  • 2017.01.18 Wednesday
  • 17:00

昨日の1月17日は阪神淡路大震災の日でした。

あの時の映像には信じられない思いを抱きましたが、4月16日には熊本地震から1年となります。

まさか、自分の故郷・熊本が…、と、日本中、どの地域でも震災が起こってもおかしくないことを思い知らされました。ノーノー

 

今回の取材はその熊本地震復興支援の一環として、

小学館が発行している通販カタログ『佳人手帳』に特集ページを企画し、熊本を応援して下さることに!有り難いことです。ロリポップ!

 

熊本の物産を主に取り扱うということですが、

被災地・南阿蘇の“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”もその一つに加えたいとのことで、

取材と商品の提供をすることになりました。ウィンク

 

今日はその取材の様子をご紹介します。

葉山館長の上京に合わせて、兄弟二人揃ってのインタビューです!あっかんべー

 

URLこれまでの“取材を受けた様子”はこちらから!back

 

170118-1.jpg

 

170118-2.jpg

 

170118-3.jpg

 

170118-4.jpg

二人が手にしている原画の他、アートグラフも販売します!モグモグ

ミュージアムイベントのご報告:児童文学絵本『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』原画展_朗読会!_2/2

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 18:30

2016年11月19日(土)〜2017年1月20日(金)まで、

児童文学絵本『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』原画展が開催中です。拍手拍手拍手

 

今回、この原画展の関連イベントとして、

展示作品である“絵本『フーくんと風の郵便屋さん』の朗読会”を催しました!


出演は元NHKエグゼクティブアナウンサーの“村上信夫”さん!スペード

中国・上海出身の揚琴(ようきん)プレーヤーの“金亜軍”さん!クローバー

そしてピアニストの“高梨美生”さん!ハート

 

快晴とは言え、寒波襲来の中、40名ほどのお客さまがお越しくださり、

約1時間30分の熱いイベントとなりました。

 

それでは、早速ご覧下さい!

 

これまでの“ミュージアムイベント”はこちらから!

 

170116-1.jpg

まずは“揚琴”プレーヤーの“金亜軍”さんからスタート!

はじめて聴く音色に会場が一体となりました。

繊細かつエネルギー溢れる演奏に拍手喝采!

 

170116-7.jpg

揚琴のルーツとピアノの関係性など楽器の由来について分かりやすく、面白く、

お話して下さいました!

 

170116-3.jpg

そして“村上信夫”さんがインタビュアーとなって“葉山館長”に地震発生時のこと、

その後のことについての話を引き出して下さいました。

後日、村上さんがご自身の“ブログ”で「自然にも喜怒哀楽がある」という話が印象的だったと、

綴って下さっています。

 

170116-8.jpg

“葉山館長”の自作の詩の朗読。

 

170116-4.jpg

金亜軍”さんが『五木の子守歌』を感情豊に繊細に演奏して下さいました。

それを受けて、葉祥明が描いた五木村(絵本『にじいろのみち』より)のことをご紹介。

 

170116-2.jpg

そして、今回のメインイベント、絵本『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』についてのお話。

 

170116-6.jpg

 

170116-9.jpg

金亜軍”さんの演奏をBGMに、行間の感情を汲んでの素晴らしい朗読。

 

170116-5.jpg

このイベントは絵本原画展関連で、ということで企画がスタートしたのですが、

熊本地震復興支援”とも謳いました。

出演してくださったお三方に心より感謝すると同時に、ご来館下さったお客さまに改めてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

ご挨拶:大晦日<2016年>!

  • 2016.12.31 Saturday
  • 18:00

 

2016年…地球

 

毎年、今日を迎えると今年1年の出来事を振り返るのですが、やはり関連記事が45件にもなった“熊本地震”のことを語らない訳にはいきません。

その節には“復興支援ブルービーTシャツ”、“チャリティコンサート”などご援助、ご声援を頂戴し、心より感謝申し上げます。ニコニコ

 

葉祥明阿蘇高原絵本美術館も無事に再開したものの、熊本への観光客数が大幅に減り、その影響は特に阿蘇に顕著に表れています。ポロリ

 

まだ正式に告知はできませんが、継続的な復興支援が必要ということと、熊本市街や阿蘇がどんな状態にあるのか、ご心配の声を頂戴していましたので、2017年4月16日(日)と17日(月)の1泊2日の予定で復興支援と銘打って“熊本ツアー”を企画する予定です。飛行機

 

その地震と平行して準備し開催した本年7月9日(土)から8月28日(日)まで“佐久市立近代美術館”で開催された『葉祥明アート展 〜絵本と絵画と言葉の世界〜』がありました。拍手拍手拍手

 

イベントだけでなく、平日も多くの方にご来館頂いたということで、歴代ベスト3に入る賑わいだったそうです。改めて、“葉祥明という作家の魅力”を感じて下さっている方が日本中にいらっしゃるんだな、ということを感じました。グッド

 

葉祥明の絵本作家の活動としては今年も大忙し!

絵本『星空のジェイク』、絵本『サニーちゃん、シリアに行く』、ことば集『幸せは日々の中に』、絵本『星の王子さま』、絵本『赤毛のアン』、絵本『きみにきいてほしい』の計6冊で2ヶ月に1冊のペースでした。工具

 

来年はどんな一年になるでしょうか?

いろいろ企画も進行中ですので、ワクワクする一年にしたいですね。ロリポップ!

 

本年も一年間、ご愛顧をありがとうございました。

心より感謝申し上げます。わーい

 

どうぞ佳いお年をお迎え下さい。
そして、2017年が皆さまにとって豊かな実りある一年となりますように…。
ポッ


URLこれまでの“大晦日ご挨拶“の記事はこちらからどうぞ!back

 

161231-1.jpg

(お気づきの方もあると思いますが、2006年にスタートした本ブログは“毎日更新”を謳っていたものの、熊本地震以降、途切れてしまいました。震災を前にしてブログをやる時間が取れなくなってしまったことがきっかけですが、私自身もあまり無理せずに…、というスタイルに改めることにしました。誠に勝手ではありますが、どうぞご理解・ご承知おき下さいませ…。)

ミュージアムイベントのお知らせ:児童文学絵本『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』原画展_朗読会!

  • 2016.12.26 Monday
  • 23:00

 

2016年11月19日(土)〜2017年1月20日(金)まで、

児童文学絵本『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』原画展が開催中です。拍手拍手拍手

 

今回、この原画展の関連イベントとして、

展示作品である“絵本『フーくんと風の郵便屋さん』の朗読会”を催すことが決定しました!グッド


朗読は、この作品を是非、朗読したい!とお声を掛けてくださった、

元NHKエグゼクティブアナウンサーの“村上信夫”さん!スペード

 

そして、その朗読に合わせて音楽を演奏して下さるのが、

中国・上海出身の揚琴(ようきん)プレーヤーの“金亜軍”さん!クローバー

 

もちろん、文章を書いた葉山祥鼎も絵本の舞台となった阿蘇から駆けつけ、
村上信夫さんと対談します。YES!

 

村上信夫さんと金亜軍さんの共演によるとても贅沢なひとときを、

どなたでもお楽しみいただける企画になっています。

この貴重な機会をお見逃しなく!ラブ


本イベントは「熊本地震復興支援」として行います。

募金実施の他、関連グッズも販売しますよ!楽しい

 

写真

     up<村上信夫さん>up

 

プロフィール写真

     up<金亜軍さん>up

 

161127-1.jpg

<北鎌倉葉祥明美術館ミュージアムイベント・朗読会>
タイトル:絵本『フーくんと風の郵便屋さん』朗読会
出  演:元NHKエグゼクティブアナウンサー村上信夫

     揚琴(ようきん)プレーヤー金亜軍

     葉祥明阿蘇高原絵本美術館 館長 葉山祥鼎

日  時:2017年1月15日(日)14:00より(イベントは1時間以上を予定しています)
料  金:入館料700円(当館会員様は無料です)
問い合せ:北鎌倉葉祥明美術館(TEL:0467-24-4860)

北鎌倉葉祥明美術館のクリスマスパーティーのご報告<2016>-その3/4

  • 2016.12.19 Monday
  • 23:00

 

2016年12月17日(土)”は毎年恒例となっている
北鎌倉葉祥明美術館の“クリスマスホームパーティ”を行いました!拍手拍手拍手

 

今日は本番の様子をご紹介します。

とっても心があたたまる一日になったのではないかと思います。

また来年もこうして皆さんと楽しめるよう、しっかり頑張ろう!と思える日でもあります。

 

それでは、ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの北鎌倉葉祥明美術館のクリスマスパーティーのご報告はこちらから!back

 

downまずは葉祥明の一年を振り返るお話からdown

161219-1.jpg

 

161219-2.jpg

 

downチェロの生演奏をBGMに詩の朗読down

161219-13.jpg

 

downお待ちかねのティータイム!down

161219-3.jpg

 

down今年のケーキは田園調布に出店したばかりの“PINEDE(ピネード)”!down

161219-4.jpg

 

161219-5.jpg

 

downサンドウィッチは毎年“メゾンカイザー”!down

161219-6.jpg

 

down第二部は熊本地震復興支援のために結成された“Fiary Flower”の皆さんdown

161219-7.jpg

 

161219-8.jpg

 

161219-9.jpg

 

down阿蘇から葉山館長も駆けつけてくれましたdown

161219-10.jpg

 

down恒例の“クリスマスプレゼントくじ”!down

161219-11.jpg

 

downそして最後に合唱をして終了しました!down

 

Fairy Flower”の皆さん、お疲れ様でした!

ご来場のお客さま、ありがとうございました!

161219-12.jpg

 

テレビ放映:葉祥明出演<きっとある虹色の道>リメイク版放送のお知らせ!

  • 2016.12.15 Thursday
  • 23:00

 

2015年2月27日に発売された絵本『にじいろのみち』では、
葉祥明の絵本作りのための取材や取り組みにテレビカメラが密着し、
そのドキュメンタリー番組が九州圏内で放映されました。あっかんべー

 

そして熊本地震を受けて、もう一度、熊本の良さを伝えたいという主旨で、葉祥明の出演部分を新たに追加し、“リメイク版”として再放送されることになりました。拍手拍手拍手

 

今回は熊本だけでの放映ですが、BSでの全国放送も期待したいところですね!グッド

 

念のため、番組表にてご確認いただいた上で
是非、是非、ご覧くださいませ!ウィンク

 

URLこれまでの“絵本(KAB熊本朝日放送)制作の様子”はこちらから!back

 

161215-2.jpg

 

161215-1.jpg

きっとある虹色の道〜葉祥明から未来へのメッセージ〜>リメイク版
【放送局】2016年12月25日(日)熊本テレビ朝日 14:00<13:55からとなりました>
【出 演】葉祥明
【語 り】森高千里

掲載されました:『夕刊讀賣新聞』_2016年6月11日(土)

  • 2016.12.02 Friday
  • 17:06

 

ご報告が遅くなりましたが、

2016年6月11日”に“夕刊讀賣新聞”から発行された紙面に葉祥明の描き下ろし作品が掲載されました!拍手拍手拍手

 

このコーナーは「いちまいの絵本」と題して4月からスタートしたそうで、

著名人の絵と文を掲載しているとのこと。鉛筆

 

今回は“熊本地震”の直後に依頼を受けたこともあり、

熊本の復興と再生を祈った作品になりました。

 

そして、この紙面をご覧になられた読者の方から「絵に感動しました」という感想が寄せられ、

なんとデジタル版画の“アートグラフ”の制作をご依頼いただきました!楽しい

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

161202-1.jpg

いちまいの絵本〜『天上の大草原』 作・葉祥明

 

幸せになりたかったら

ここにいらっしゃい!

下界を遠く離れ

天空に近づけば近づくほど

あなたは感じるでしょう

 

明るく透明な光と

清澄な大気に

包まれているこの地が

特別な場所だということを

果てしなく広がる大空

緑したたる大草原

青く澄みきった湖面……

 

静かな水辺では

牛や馬がのんびりと

草をはみ 水を飲んでいる

あなたも このいちまいの

絵本のような世界に

いらしたらどうですか

そして 大自然のふところに

抱かれているこの喜びを

感じてみてはいかがでしょう

 

ここは地上に降りてきた

天上界の楽園です

この地で心とからだを休ませ

元気を取り戻して

下界にお帰りください

あなたはもうここに

来る前のあなたではありません

活きる力であふれた

新しいあなたです

あなたが

幸せでありますように

 

故郷の阿蘇の

復興と再生を祈って

葉祥明阿蘇高原絵本美術館:阿蘇山の噴火について

  • 2016.10.08 Saturday
  • 10:04

 

すでにテレビなどの報道でご存知の方も多いと思いますが、
本日8日未明に阿蘇山の中岳で爆発的な噴火がありました。富士山

中岳から数キロしか離れていない葉祥明阿蘇高原絵本美術館ですが、

今回は風向きが東寄りということで、降灰はなく、

いつも通りのきれいな風景が広がってるとのこと。ウィンク

 

熊本地震に続き、大雨、台風、噴火と天災続きの熊本ではありますが、

NEVER GIVE UP! ”の精神で頑張って参ります!わーい

 

今日はこれから葉山館長はお手伝して下さる方と一緒に、

庭の草刈りをするそうですよ!工具


皆さまのお越しをお待ちしております!ジョギング

 

家葉祥明阿蘇高原絵本美術館
〒869-1401 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5988-20
TEL/FAX:0967-67-2719
入館料:大人¥450/中・高¥250/小学生¥150
通常営業時間:10:00〜17:00(年中無休)

 

平成28年熊本地震:掲載されました!_熊本日日新聞<2016年10月4日>音楽劇『リトル・ツリー』_東京プレ公演!

  • 2016.10.06 Thursday
  • 13:40

 

10月1日と2日の日程で行われた熊本地震復興支援のための

音楽劇「リトル・ツリー」東京プレ公演”の様子が地元紙「熊本日日新聞」に掲載されました!ペン

 

これから地元で大きな広がりを見せるのではないかと期待しています。

少しでも、子どもたち、そして大人の方にも笑顔が生まれるといいな、と思います!楽しい

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

MAILリトル・ツリー公式HP”はこちらから!back
URLこれまでの『リトル・ツリー』の記事はこちらから!back

 

音楽劇 子どもに笑顔を 〜在京の済々黌OBら計画

 

「子どもたちの笑顔まで地震に奪わせない」。

熊本市出身のミュージカル俳優・土器屋利行さん(40)ら東京都に住む済々黌高卒の同級生らが来年3月、益城町や熊本市などで被災者を無料で招待する音楽劇の上演を計画している。

 

きっかけは、土器屋さんが9歳のおいっ子の異変を目の当たりにしたこと。熊本地震発生から約1週間後、熊本市の実家へ片付けに帰った際、昼間はやんちゃだったおいっ子が夜になると1人でトイレに行きたがらないことに気付いた。

「傷ついた子どもたちのために、何かできないか」。東京に戻った後、同級生ら数人と話すうちに、音楽劇を開催することを6月に思い立った。

 

同級生は大手広告社勤務や大学講師ら多彩な顔ぶれ。公演のチラシ作りや資金集めなど得意分野を生かしながら、準備を進めた。土器屋さんは知り合いの演出家や俳優、ピアニストらを集めた。

 

演目は、熊本市出身の絵本作家、葉祥明さん原作の「リトル・ツリー」。森に生まれた幼い木が自然の中で支え合いながら、成長していく姿を描く。

 

今月1、2日には、県内公演の運営資金を賄うため、都内で有料公演を開催。観客も一緒に振り付けを踊ったり、手拍子したりして盛り上がっていた。

 

土器屋さんは「不安を抱える子どもに少しでも元気になってほしい。プロがそろっており、大人でも楽しめる」と話している。

 

公演は来年3月4日から同9日、益城町や熊本市の小学校などを予定。

littletree.kumamoto@gmail.comで公演の希望を受け付けている。

                                (記事:内田裕之)

平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_東京プレ公演!

  • 2016.10.03 Monday
  • 17:30

 

熊本地震の大きな揺れを経験して心に傷を負ってしまった子どもたち。今もその傷は癒えることなく、少しでも揺れると一気に緊張が走ると言います。ノーノー

 

そんな子どもたちに笑顔を届けようと、来年3月に“音楽劇『リトル・ツリー』”を熊本の小学校など9カ所に届けるプロジェクトが立ち上がりました。拍手拍手拍手

 

そして、そのプレ公演が10月1日(土)と3日(日)に狛江市の“泉の森会館”で上演され、

いずれの公演も客席70席が完売するなど、大好評!

涙を流す方も多く、感動の作品に仕上がっていました!悲しい

 

これから更にブラッシュアップをして、

本番となる熊本公演へと繋げていくことになります。工具

 

それでは、今日は葉祥明が観劇したあとの様子をご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

MAILリトル・ツリー公式HP”はこちらから!back
URLこれまでの『リトル・ツリー』の記事はこちらから!back

 

161003-1.jpg

葉祥明の挨拶。「原作より30倍よかった!」汗

 

161003-2.jpg

絵本もずいぶん、お買い求め頂きました!

利益の一部は熊本公演への活動費用となります。YES!

 

161003-3.jpg

キャストの皆さんと!モグモグ

 

161003-4.jpg

影で支えてくださったスタッフの皆さんと!わーい

 

キャスト、スタッフの皆さん、大変お疲れ様でした!

そして、ご来場下さった皆様、クラウドファンディング等でご寄付下さった皆様、本当にありがとうございます!ロリポップ!

平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_東京プレ公演!

  • 2016.10.02 Sunday
  • 14:45

 

音楽劇『リトル・ツリー』東京プレ公演”が昨日10月1日(土)からスタートしました!

 

私と葉祥明はこれから2日目、午後3時からの公演を観劇して来ます!

初日が好評だったそうで、楽しみです!




 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

MAILリトル・ツリー公式HP”はこちらから!back
URLこれまでの『リトル・ツリー』の記事はこちらから!back

 

<東京プレ公演・チラシ表>

160812-1.jpg

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「チャリティーコンサート」@日本橋_ご報告!_その2/2

  • 2016.09.30 Friday
  • 17:00

 

2016年9月25日(日)”に、日本橋の“パソナグループ本部 アーバンファーム”にて、熊本地震で被災した“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”のためのチャリティコンサートが開催されました!拍手拍手拍手

 

第一部は葉山館長のお話からスタート。

震度7という巨大地震とはどんなものだったのか?その時、人々はどう動いたのか?

そして、被災地・阿蘇は? 現状を含めて、いろいろなお話がありました。ポッ

 

そのあと、“橋本昌彦”さんのコーディネートで“ウォン・ウィンツァン”さんに“葉祥明”が加わり、

4人でのトーク。震災についての他、皆さんの創作の秘訣も語られました。ワッ!

 

休憩を挟んでの第二部はウォン・ウィンツァンさんと橋本昌彦さんによる、それぞれのソロコンサート。葉も詩の朗読をするなど、一部、二部合わせて約2時間半たっぷりとお楽しみ頂けたのではないかと思います。ウィンク

 

今回、250席のチケットが完売したことは、

少しでも阿蘇のためにと善意を寄せて下さった方々の思いの結晶というだけでなく、

「諦めないで」という大きな声援をもらったのではないかと感じています。ニコニコ

 

プロジェクトを発案・企画して下さった“橋本昌彦”さんご夫妻をはじめ、

率先してお手伝いをして下さったスタッフの皆さん、“ウォン・ウィンツァン”さんご夫妻、

そしてお客様…、改めて厚く御礼申し上げます。ラブ

 

それでは、本番の様子をご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

160929-5.jpg

 

160929-6.jpg

 

160929-1.jpg

 

160929-2.jpg

 

160929-3.jpg

 

160929-4.jpg

 

160929-7.jpg

 

160929-8.jpg

 

160929-9.jpg

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「チャリティーコンサート」@日本橋_ご報告!_その1/2

  • 2016.09.28 Wednesday
  • 11:16

 

2016年9月25日(日)”に、日本橋の“パソナグループ本部 アーバンファーム”にて、熊本地震で被災した“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”のためのチャリティコンサートが開催されました!拍手拍手拍手

 

熊本地震に関連する報道がほとんどなくなった今、

どれだけの方にお越し頂けるのか心配していましたが、

サポーターの皆さんのお声掛けの成果もあって、満席で当日を迎えることができました!悲しい

 

今日はコンサートの準備の様子をご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

160927-1.jpg

販売ブースです。工具

 

160927-2.jpg

チラシの折り込み作業。工具

 

160927-3.jpg

音響のバックヤード。るんるん

 

160927-4.jpg

 

160927-5.jpg

 

まずは“橋本昌彦”さんのリハ。カラオケ(ここだけ本番中の写真…。)

 

160927-6.jpg

ウォン・ウィン・ツァン”さんと“葉祥明”。

ウォンさんがおどけて葉のマイクを調整中!楽しい

 

160927-7.jpg

 

160927-9.jpg

 

160927-8.jpg

最後に“葉山祥鼎”館長のリハ。読書

掲載されました:PETサマーセミナー2016 in 熊本_ポスターのご紹介

  • 2016.08.31 Wednesday
  • 23:00

 

日本核医学会PET核医学分科会”が2016年8月26日から28日まで、熊本市内で開催され、

そのポスター、チラシ、HP等に葉祥明の『トスカーナの丘』を使用して下さいました!拍手拍手拍手

 

4月に発生した“熊本地震”で開催への影響も心配されましたが、

滞りなく盛会裏に閉幕したとのこと。ムード

 

大会長で日本赤十字社熊本の中島留美先生が葉祥明の大ファン!ということもあってのご縁。

葉祥明の世界観を大切にデザインして下さいました。嬉しいですね!ロリポップ!

 

それでは早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“学会ポスター”はこちらから!back

 

160831-1.jpg

 

           downこちらは大会の公式HPdown

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「チャリティーコンサート」@日本橋_お知らせ!

  • 2016.08.23 Tuesday
  • 23:00

 

2016年9月25日(日)”に、日本橋の“パソナグループ本部 アーバンファーム”にて、

熊本地震で被災した“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”のためのチャリティコンサートが開催されます!

 

出演は瞑想のピアニストとしても知られ、葉祥明とは旧知の仲である“ウォン・ウィンツァン”さんに、葉祥明と何度も共演したことのあるシンガーソングライターの“橋本昌彦”さん!

もちろん、葉山館長と葉祥明も出演します!

 

葉祥明とウォンさんのコラボレーションは“2010年の雲仙観光ホテル”以来!

橋本さんとは2014年のクリスマスコンサートでもご一緒しています。

 

8月8日の開館記念日に再オープンしたとはいえ、復旧工事をしなければならない場所はまだありますし、観光客の方がどれだけ南阿蘇に戻ってきて下さるかも心配です…。

どうぞ、皆様のご支援を宜しくお願いします。

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

160823-1.jpg

 

熊本地震葉祥明阿蘇高原絵本美術館チャリティトーク&コンサート

          〜希望へと続く道〜
【期 日】2016年9月25日(日)14:00より
【場 所】パソナグループ本部 アーバンファーム

    〒100-8228 東京都千代田区大手町2-6-4
【出 演】ウォン・ウィン・ツァン+橋本昌彦+葉祥明+葉山祥鼎

【お申込】こちらから
【問合せ】info@masahikohashimoto.com (橋本昌彦音楽事務所)

     TEL:050-3636-5770
【料 金】前売3,500円/当日券4,000円(全席自由席)

     収益は、交通費・準備費を省いた全額を美術館のために寄付します。

160823-2.jpg

葉祥明美術館の企画展:絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』原画展_くまモンがやってくる!_やって来た!_その2

  • 2016.08.21 Sunday
  • 18:00


2016年7月16日(土)〜9月15日(金)まで開催されている、
絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』の原画展関連イベントとして、

8月20日(土)に行われた“くまモン握手会&絵本お渡し会”のご報告です!鉛筆2

 

今日は、くまモンの“到着からバイバイ”までをご覧頂きます!パー

 

それでは早速ご覧下さい!見る


家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

 

160821-5.jpg

高速道路で事故渋滞が発生したということで予定の時間より遅れての到着でしたが、

そんなことはどこ吹く風で、雨がぱらつく中、自分で傘を差して入館。

橋のところで川が気になったらしく、上から覗くなど、けっこう自由できままな感じでした。イヒヒ

 

160821-2.jpg

まずは葉山館長に絵本のこと、熊本地震のことについてお話し頂きました。鉛筆2

 

160821-1.jpg

いつもはイスを並べていますが、さすがに今回はすべての備品を後ろに移動させました。

引換券1番から皆さん、きちんと静かに並んでくださり、大変助かりました。グッド

 

160821-4.jpg160821-3.jpg

そして急きょ、“握手会”から“2ショット撮影会”に!

皆さんの歓声にくまモンもノリノリでしたよ!イケテル

 

160821-8.jpg

イベント終了後はショップで“缶バッチおみくじ”を弾いたくまモン!

素晴らしい引きで“大吉”!

その場にいた全員が大喜び。祝

 

160821-9.jpg

2階の控え室へ。バイバ〜イ。

 

160821-10.jpg

皆さんに喜んで頂けて本当に良かったです。

こうして無事にイベントは終了しました。わーい

 

  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

【期  間】2016年7月16日(土)〜9月15日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2016年7月30日(土)15:00〜17:00
      2016年8月14日(日)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

      2016年8月20日(土)14:00〜15:00<くまモンがやってくる!> 

平成28年熊本地震_チャリティーコンサートのご報告!:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の現状報告と音楽の会

  • 2016.08.14 Sunday
  • 23:00

 

2016年7月30日(土)に“葉祥明阿蘇高原絵本美術館の現状報告と音楽の会”と題して、
チャリティコンサートを当館にて開催致しました!拍手拍手拍手

 

八木倫明”さん率いる“いちよ・きよ・やぎりんバンド”による演奏で、

葉山館長と葉祥明にも参加してもらいました。グッド

 

八木倫明”さんには3月にコンサートをして頂いたばかりで、

まさかこうした形で2回目をすることになるとは思いもしませんでしたが、

お客様お一人、お一人の善意に満ちた温かいまなざしと

心のこもった演奏に本当に頭の下がる思いでいっぱいになりました。悲しい

 

この場を借りて、ご来館下さった皆様、

いちよさん、きよさん、やぎりんさんに御礼申し上げます!

ありがとうございました!ニコニコ

 

それでは早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

160814-1.jpg

 

160814-2.jpg

 

160814-3.jpg

 

160814-4.jpg

 

160814-5.jpg

平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_ クラウドファンディング!

  • 2016.08.13 Saturday
  • 23:00

 

昨日は“音楽劇『リトル・ツリー』東京プレ公演”のお知らせをしましたが、

今日はその本来の目的である“熊本公演巡回”の資金集めについての

クラウドファンディング”をご紹介します。鉛筆2

 

クラウドファンディング”とは、

インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うこと”です。

本プロジェクトでは目標“680,000円”を目指し、現在は“371,000円”が集まっています!有料

 

とは言え、まだまだ道半ば…。

皆様の熱いご支援をどうぞ宜しくお願いします!楽しい

 

おうちクラウドファンディング”へのご協力はこちらから!back

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

MAILリトル・ツリー公式HP”はこちらから!back
URLこれまでの『リトル・ツリー』の記事はこちらから!back

 

 

<東京プレ公演・チラシ表>

160812-1.jpg

 

<チラシ裏>

160812-2.jpg

今年の秋、東京でプレ公演を行い、
そこで得た収益を来年春の熊本公演の資金にしようと考えています。

音楽劇『リトル・ツリー』東京プレ公演

 

【日時】10月1日(土) 18:00開演
    10月2日(日) 11:30[親子限定]/15:00/18:00 開演

    (開場は開演の30分前)

【料金】大人4,500円 小学生以下 3,500円 各公演 80席

【2日11:30の回は親子のための限定公演です。】
 親子券 5,000円(保護者 1人分+小学生以下のお子様 1 人分)この回のみ60席

 追加の大人1人あたり4,000円、追加のお子様(小学生以下)1人あたり1,000 円

例1)ご夫婦+小学生以下のお子様3人= 計5人の場合:親子券5,000 円×2+追加券小人1,000円×1=11,000 円

例2)ご夫婦+中学生以上のお子様1人+小学生以下のお子様1人= 計4人の場合:親子券5,000円×1+追加券大人4,000円×2=13,000円
床に直座りとなりますのでクッションなどをご持参ください。

【場所】泉の森会館(〒201-0013 東京都狛江市元和泉 1-8-12 )

    ※小田急線狛江駅北口徒歩1分

○ チケットの予約はCoRichチケット予約サイトから 。
クラウドファンディングでも公演に必要な資金を募っています。
○Facebook:Little Treeくまもと

○お問合せは:littletree.kumamoto@gmail.com
○ご支援等はこちらまで。
 <ゆうちょ銀行>名義:LittleTreeくまもと製作委員会 店番:018 記号:10170

         番号:91416671
○協力:北鎌倉葉祥明美術館
○企画・運営:Little Treeくまもと製作委員会 

 

平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』東京プレ公演のお知らせ!@狛江市

  • 2016.08.12 Friday
  • 23:00

 

子供たちの笑顔まで、地震に奪われてはいけない。

 

このブログでは“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”の被災を中心に記事を書いてきましたが、

熊本全体を見回すと、様々な状況下で被災された方が数多くいらっしゃいます。ポロリ

 

今回ご紹介するのは“子供たち”に目を向けたチャリティー公演です。

これまで上演してきた葉祥明原作の音楽劇『リトル・ツリー』を熊本の子供たちに届けます。ムード

 

主催は熊本出身の大人たち。

ミュージカル俳優として活躍中の“土器屋利行”さんを中心に、

来年春の熊本公演を目指します。ワッ!

 

そこで、熊本公演を実現させるために、クラウドファンディングや企業からの協賛金などの他、

東京でプレ公演を行い、その資金を得ることになりました。ロリポップ!

 

このプロジェクトを少しでも多くの方に知っていただき、

賛同頂くことが大切です。

皆様のご協力をどうぞ宜しくお願いします。わーい

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

MAILリトル・ツリー公式HP”はこちらから!back
URLこれまでの『リトル・ツリー』の記事はこちらから!back

 

<チラシ表>

160812-1.jpg

子供たちの笑顔まで、 地震に奪われてはいけない。

熊本で暮らす子供たちのなかには、 言葉遣いや行動が乱暴になった子がいます。 赤ちゃん返りした子がいます。 原因は地震とそのあとの避難生活から来るストレスです。 心の扱い方に不慣れな子供のことを心配するのは、大人の役目。

 

私たちは、歌と踊りで子供たちを支えることができないかと考え、 ミュージカル俳優として活躍中の土器屋利行を中心に、 音楽劇プロジェクトを立ち上げることにしました。

 

2017 年の春、被災地にある体育館などを巡回しながら、 子供たちに、ある音楽劇を観てもらうつもりです。 それは熊本出身の絵本作家である葉祥明さん原作の「Little Tree」。

 

山火事にあった幼い木がみんなと支え合いながら再生していく成長の物語です。 この音楽劇で子供たちに束の間でも震災を忘れてほしいと願う一方で、 あえてそこに自らの経験を重ねてもらいたいとも思っています。

 

立ち直る力と未来へ踏み出す勇気を感じ取ってほしいのです。 本当の笑顔は、乗り越えた先にあるのだと私たちは信じています。 そんな私たちの思いにどうか力を貸してください。 

<チラシ裏>

160812-2.jpg

今年の秋、東京でプレ公演を行い、
そこで得た収益を来年春の熊本公演の資金にしようと考えています。

音楽劇『リトル・ツリー』東京プレ公演

 

【日時】10月1日(土) 18:00開演
    10月2日(日) 11:30[親子限定]/15:00/18:00 開演

    (開場は開演の30分前)

【料金】大人4,500円 小学生以下 3,500円 各公演 80席

【2日11:30の回は親子のための限定公演です。】
 親子券 5,000円(保護者 1人分+小学生以下のお子様 1 人分)この回のみ60席

 追加の大人1人あたり4,000円、追加のお子様(小学生以下)1人あたり1,000 円

例1)ご夫婦+小学生以下のお子様3人= 計5人の場合:親子券5,000 円×2+追加券小人1,000円×1=11,000 円

例2)ご夫婦+中学生以上のお子様1人+小学生以下のお子様1人= 計4人の場合:親子券5,000円×1+追加券大人4,000円×2=13,000円
床に直座りとなりますのでクッションなどをご持参ください。

【場所】泉の森会館(〒201-0013 東京都狛江市元和泉 1-8-12 )

    ※小田急線狛江駅北口徒歩1分

    http://izumino-mori.net/

原作:葉祥明

演出:白峰優梨子

作詞:シーラ

脚本:中川千英子

作曲・ピアノ:吉田佐由子

パーカッション:飯塚直

バイオリン:千葉裕之

Cast:青木さおり・川井佐知子・眥遊値子・土器屋利行・溝渕俊介(50音順) 

○ チケットの予約はCoRichチケット予約サイトから 。
クラウドファンディングでも公演に必要な資金を募っています。
○Facebook:Little Treeくまもと

○お問合せは:littletree.kumamoto@gmail.com
○ご支援等はこちらまで。
 <ゆうちょ銀行>名義:LittleTreeくまもと製作委員会 店番:018 記号:10170

         番号:91416671
○協力:北鎌倉葉祥明美術館
○企画・運営:Little Treeくまもと製作委員会 

フェアのお知らせ:2016年<米子・天満屋>にて!_告知!

  • 2016.08.11 Thursday
  • 23:00

 

こちらのブログでも度々ご紹介したことのある“人形のウエダ”さん主催のフェアが

米子しんまち天満屋”にて行われることになりました!拍手拍手拍手

 

今回は“熊本地震”への復興を応援して下さる企画にもなっており、

熊本の物産品も販売するそうですよ!ロリポップ!

9月4日(日)にはサイン会も開催します!グッド
是非、多くの方にお越しいただき、熊本応援をお願いします!ワッ!


URLこれまでの“フェアのお知らせ”はこちらから!back

160811-1.jpg

米子しんまち天満屋
【期  間】2016年9月1日(木)〜9月5日(月)
【サイン会】9月4日(日)14:00~17:00
【場  所】1階しんまち広場(入場無料)
【住  所】〒683-0805 鳥取県米子市西福原2-1-10
【電  話】0859-35-0834(人形のウエダ)

平成28年熊本地震:掲載されました!_熊本日日新聞<2016年8月9日>

  • 2016.08.10 Wednesday
  • 23:00

 

116日にぶりに再開した“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”。

そのことを地元紙“熊本日日新聞”がニュースとして取り上げて下さいましたが、

なんと翌日の9日にも記事にして下さいました!拍手拍手拍手

 

熊本の明るい話題として注目してもらえているのですね!

南阿蘇の地域の方にとっても勇気づけられる記事になればと思います。ニコニコ

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

HPより引用)

青いハチ、また会える 〜南阿蘇村・葉祥明絵本美術館が再開〜

 

熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県南阿蘇村河陽の葉祥明阿蘇高原絵本美術館が8日、116日ぶりに再開した。待ち望んでいたファンらでにぎわった。

 

地区では地震で家屋の倒壊や道路の崩落が相次いだ。美術館の敷地にも地割れが走ったが、建屋や展示していた絵本の原画などは無事だった。長引いていた断水も今月6日に仮復旧した。

 

館内には、「ブルー・ビー」と仲間たちを描いた絵本の原画展と、葉山祥鼎[しょうてい]館長(67)=熊本市=が撮影した阿蘇の風景写真が展示された。来館者は作品とともに、阿蘇の山々を望む広大な庭園の散策も楽しんだ。

 

「ブルー・ビーが大好きな娘は、やっと美術館に来られて喜んでいます」と、横浜市から来た主婦松澤真弓さん(39)。葉山館長は「これからも子どもたちに夢と希望を与えていきたい」と語った。(小野宏明)

平成28年熊本地震:掲載されました!_熊本日日新聞<2016年8月8日>

  • 2016.08.09 Tuesday
  • 14:30

 

昨日は“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”が116日ぶりに再開したことをお伝えしましたが、

地元紙の“熊本日日新聞”でも再開のニュースを取り上げて下さいました!鉛筆2

 

今週末はお盆の帰省の時期と重なりますから、

熊本地震のことを忘れるような賑わいになれば嬉しいですね!楽しい

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

絵本と自然「南阿蘇の希望に」葉祥明美術館きょう再開

 

熊本地震で甚大な被害を受けた南阿蘇村河陽の沢津野地区の葉祥明阿蘇高原絵本美術館が8日、地震から116日ぶりに再開する。周辺は道路の寸断や断水が続くが、「地元に希望を届けたい」と絵本の原画展や庭園の開放を始める。

同地区は4月16日の地震で家屋の倒壊や道路の崩落が続発。同美術館の敷地は地割れが走った。だが、幸いにも本館の建屋や展示していた絵本の原画は無事だった。

葉山祥鼎[しょうてい]館長(67)=熊本市=は地震後、南阿蘇村に毎日通い、東京の知人らと連携して地元に支援物資を配送。その間を縫って、「地区の方々を勇気づけるためにも再開したい」と、美術館内で倒れた家具を片付け、庭園で草刈りなどを続けた。

長引いていた断水はプレオープンの6日に仮復旧し、庭園には美術館のマスコットで「ブルー・ビー」と親しまれるルリモンハナバチが例年通りに飛び交い始めた。

8日は、物語に登場するブルー・ビーと仲間たちを葉山館長が描いた絵本の原画展で開幕。広大な草原にある庭園の丘からは、阿蘇の山々や熊本市の金峰山、有明海が望める。葉山館長は「美術館を南阿蘇の復興の基点にするため、多くの人に来ていただきたい」と期待する。(堀江利雅)

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館_再開致します!

  • 2016.08.08 Monday
  • 17:45

 

熊本地震による被災で、2016年4月16日より休館していた“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”が

開館記念日となる本日“8月8日”、“116日”ぶりの再開館を致します!拍手拍手拍手拍手

 

地震発生時には一体、どうなることかと、とても心配しましたが、沢山のご支援、

そしてご声援を力に変え、この日を迎えられることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。悲しい

 

とは言え、阿蘇大橋や俵山トンネルの崩落のほか、草千里までの道路の封鎖が続くなど、

アクセスは不十分なままですし、お庭には土砂崩れが残り、“ツリーハウス”が傾いた状態です。

浄化槽の修理や水道の本格的な復旧も必要です。工具

 

万全な状態ではありませんが、決して諦めず、地域の皆さんと共に、

一緒に頑張って乗り越えていきたいと思いますグッド

 

幸せを呼ぶ青いハチ“ブルービー”も現れてくれたそうです。

地震前と変わらない緑の草原と青い空で皆様のご来館をお待ちしております!

本当にありがとうございます。楽しい

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

(今日のショット)

家葉祥明阿蘇高原絵本美術館
〒869-1401 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5988-20
TEL/FAX:0967-67-2719
入館料:大人¥450/中・高¥250/小学生¥150
開館時間:10:00〜17:00(年中無休)

葉祥明美術館の企画展:絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』原画展_展示の様子

  • 2016.08.03 Wednesday
  • 23:00


2016年7月16日(土)から9月15日(金)まで、
絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』の原画を展示中です!拍手拍手拍手

 

絵を担当したのは、

葉山館長の長男で、スイス在住の画家・“ハヤマテイジ”さん。ロリポップ!

 

テイジさんはこの絵を描くために日本に一時帰国し、

くまモンとの対面を果たしたあと制作をスタート。GO!

 

熊本県の監修が必要な上に、短い滞在期間のため、

全ページ間に合わず、さすがに一部はスイスで描いたそうです。てれちゃう

 

テイジさんの優しい人柄が出ている世界観も、

この作品の魅力を引き立てています。わーい

 

是非、この機会にご覧下さい!楽しい

 

おうちハヤマテイジ”さんの作品はこちらから!back


家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

 

160803-1.jpg

 

160803-2.jpg

 

160803-3.jpg

 

160803-5.jpg

 

160803-4.jpg

 

160803-6.jpg

 

160803-7.jpg

 

down合わせて熊本地震による“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”の様子を紹介しています。down

160803-8.jpg


  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

【期  間】2016年7月16日(土)〜9月15日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2016年7月30日(土)15:00〜17:00

      <葉祥明阿蘇高原絵本美術館復興支援チャリティコンサート
            〜葉祥明阿蘇高原絵本美術館の現状報告と音楽の会〜>
      2016年8月14日(日)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

      2016年8月20日(土)14:00〜15:00<くまモンがやってくる!> 

原画展<佐久市立近代美術館>:掲載されました:『アートアニュアルオンライン』_2016年6月29日

  • 2016.07.28 Thursday
  • 23:00

 

本年7月9日(土)から8月28日(日)まで“佐久市立近代美術館”で開催中の

葉祥明アート展 〜絵本と絵画と言葉の世界〜』が

アートアニュアルオンライン”にて紹介されました!鉛筆2鉛筆2鉛筆2

 

葉祥明にも電話インタビューをして下さり、

作家の思いも汲んである素敵な記事になっています。ラブ

 

ご一読下さい!わーい


おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

 

長野県の佐久市立近代美 術館にて、日本を代表する絵本作家・葉祥明(1946年熊本県生まれ)の信州では初となる個展が開催される。 デビュー以来44年、犬のジェイクシリーズや『地雷 ではなく花をください』など数多くの絵本を発表してきた。1990年 にイタリア・ ボローニャ国 際児童図書展 グラフィック 賞を受賞。その後神奈川県 鎌倉市に北鎌倉葉祥明美術館を、故郷の熊本県阿蘇郡に葉祥明阿蘇高原絵本美術館を開館している。

 

葉が絵本を創作するきっかけとなったのは、雑誌で見た谷内こうたの作品だったという。一人で絵も話も つくる絵本の一方、葉は世 界と人生について思索し続けて、それを詩や言葉として日々書き留めている。そうして生まれるのは、さりげない呟きのようなポエ ム。生き方について問う普 遍的な言葉は、教育現場においても使われている。

 

また、絵本作家として広 く知られる葉だが、その根底にあるのは「絵描き」としての想い。今展では油彩やデッサンの展示を通し、「絵画芸術としての側面も見てほしい」と語る。 今展では「自分を投影したキャラクター」であるジ ェイクなどの絵本原画をはじめ、油彩、デッサン、直 筆詩といった163点を展示。 熊本地震に思いを寄せ、新作の阿蘇の風景画も紹介する。

 

会期中にはギャラリートークやサイン会など様々なイベントが開催予定。 一見メルヘンチックな葉 の作品には、平和への願い や「いのち」への畏敬の念が込められていることも多い。

 

例えばその絵画におけ る、大自然に人や動物がぽ つんと佇む構図。「地震からも分かるように、大自然から見れば生きものはちっぽけな存在です。でもその生きとし生けるものたちの、小さなドラマが愛おしい」。

 

作品に込められたあたたかな想いが、佐久の地にじんわりと響き渡ることだろう。

 

★ 7月9日(土) ~ 8月28日(日) 佐久市立近代美術館 油井一二記念館(長野県佐久市猿 久保35-5)

☎0267-67-1055/休無休/料一般600円

 

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「チャリティーコンサート」@六本木_ご報告!

  • 2016.07.25 Monday
  • 23:00

 

2016年7月10日(日)”に、六本木の“ハリウッドビューティプラザ”にて、

熊本地震復興支援のためのチャリティコンサートが開催されました!拍手拍手拍手

 

場所は東京のど真ん中、六本木ヒルズに隣接する“ハリウッドビューティプラザ”。

ご存知のように、“メイ・ウシヤマ”さんがプロデュースする“ハリウッド化粧品”のビルです。

今回のコンサートの主旨にご理解いただき、会場を提供して下さいました。失恋

 

出演者一同も同じようにボランティア。

特に司会の“風戸直子”さんは長年熊本に住み、ソプラノ歌手の“Misa”さんは熊本出身ということで、この企画の立ち上げから深く関わっておられました。かわいいかわいい

 

葉山館長も上京して、震災で感じたこと、これからの南阿蘇のことをお話ししました。

お客様も熊本の方が多かったですね!チューリップ

 

皆さんの“熊本のため、葉祥明阿蘇高原絵本美術館のために何かしたい

という温かい気持ちで会場が一体感に包まれたように思います。

ありがとうございます!ニコニコ

 

それでは早速ご覧下さい!見る

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

きのこオレンジ当館では7月30日(土)に“チャリティコンサート”を実施します!きのこブルー

 

160725-1.jpg

 

160725-2.jpg

 

160725-3.jpg

 

160725-5.jpg

 

160725-6.jpg

 

160725-7.jpg

 

160725-8.jpg

 

160725-9.jpg

 

160725-10.jpg

テレビ放映:<首都圏ニュース>_2016年7月17日(日)

  • 2016.07.18 Monday
  • 17:15

 

昨日のブログでご紹介した“NHK鎌倉支局”による取材が、

無事に放映されました!拍手拍手拍手

 

とは言え、ご案内した時間ではなかったので、

「あれ?ないな…。」と観ることができなかった方も多かったのではないかと思います。汗

 

かく言う、私もその一人だったのですが、

見逃した方、番組そのものをご覧になれない地域の方!

朗報です!祝

 

なんと、放映番組のHPである“首都圏 NEWS WEB”にアップされていました!グッド

 

熊本支援のくまモン絵本原画展」というタイトルです。

映像をクリックして頂くと音声付きで映像を観ることできますよ!テレビ

(2016年7月24日まで)

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

おうち首都圏 NEWS WEB「熊本支援のくまモン絵本原画展」”はこちらから!back

 

放送された内容です

熊本地震の被災地を支援しようと、熊本県の人気キャラクター「くまモン」が登場する絵本の原画の展示会が神奈川県鎌倉市で開かれています。

会場には、熊本市出身で童話作家の葉山祥鼎さんと息子のハヤマテイジさんが手がけた「くまモン」が登場する絵本の原画17枚が展示されています。


この絵本は「くまモン」が南阿蘇村に生息する青い蜂のキャラクター「ブルービー」や森の仲間と一緒に木の上にツリーハウスを作る物語で、原画は1枚1枚、柔らかな色あいで表現されています。


家族が熊本地震で被災したという60代の女性は、「くまモンからすごく元気をもらえます。絵本もかわいいです」と話していました。


展示会を開いた北鎌倉葉祥明美術館の堀内重見館長は「絵本を通じて熊本のことをもっと知ってほしいです」と話していました。


この展示会は9月16日まで開かれ、絵本の売り上げの一部は熊本県に寄付されるということです。 (HPより)

 

 

 

 

 

 

取材を受けました:<NHK鎌倉支局>より

  • 2016.07.17 Sunday
  • 13:50


2016年7月16日(土)〜9月15日(金)まで、
絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』原画展を開催中ですが、

熊本地震復興支援”ということもあり、“NHK鎌倉支局”さんが取材に来て下さいました!グッド

 

本日午前中にいらして、同日の夕方に“地域のニュース”として放映されます。

まさに“ニュースな話題”がほぼリアルタイムで流れるという作業感覚に、

美術館の仕事とは時間軸がだいぶ違うことを実感しました。汗

 

<放映は大河ドラマ「真田丸」の放送前の時間と9時のBSニュースで放映がありました…。>

【番組名 】首都圏ニュース(内)

【放映日 】2016年7月17日(日)午後6時45分〜6時53分

【チャネル】NHK総合・1チャンネル

 

URLこれまでの“取材を受けた様子”はこちらから!back

 

160717-1.jpg

 

160717-3.jpg

 

160717-2.jpg

原画展<佐久市立近代美術館>:『葉祥明アート展 〜絵本と絵画と言葉の世界〜』_展示の様子(第三展示室)

  • 2016.07.12 Tuesday
  • 23:00


本年7月9日(土)から8月28日(日)まで“佐久市立近代美術館”にて、
葉祥明アート展 〜絵本と絵画と言葉の世界〜』が開催中です!拍手拍手拍手

 

今日は2部屋目にあたる“第3展示室”をご覧頂きます。見る

 

この部屋では“気づき”をテーマに

絵本『オレンジ色のペンギン』と『ヒーリングキャット』を展示しています。ペン

 

その他に東日本大震災を描いた絵本『あのひのこと』、

熊本地震で被災した阿蘇への想いを描き下ろしたコーナーも設けました。工具

 

それでは、早速ご覧下さい!楽しい


おうちこれまでの“佐久市立近代美術館”の記事はこちらから!back

 

160712-1.jpg

 

160712-2.jpg

 

160712-3.jpg

 

160712-4.jpg

 

160712-5.jpg

 

160712-6.jpg

 

160712-7.jpg

 

160712-8.jpg

 

160712-9.jpg

葉祥明美術館の企画展:絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』原画展_くまモンがやってくる!

  • 2016.07.10 Sunday
  • 23:00


2016年7月16日(土)〜9月15日(金)まで、
絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』からチョイスした原画を展示致します。拍手拍手拍手

 

今日は8月20日に実施予定のイベント“くまモン握手会&絵本お渡し会”の詳細をお伝えします。鉛筆2

 

4月に発生した熊本地震からの復興を支援してくださった皆様への感謝の気持ち、

そして、これからも熊本への応援をお願いするために、“くまモン”に“出動”を依頼したところ、

まさに“快諾”!びっくり

 

美術館にとっても大きなイベントになりそうです!ラブ

 

8月20日(土)はおそらく真夏日でしょう…。

皆さんが少しでもたくさん“くまモン”とふれ合えるよう準備して参りますが、

出動時間に限りのある“くまモン”にできるだけ負担をかけないよう、

スムーズな進行にご協力をお願い致します!ウィンク

 

それでは、イベント詳細をご覧下さい!見る


家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

 

熊本地震復興支援チャリティーイベント〜くまモン握手会&絵本お渡し会

【期 日】2016年8月20日(土)14:00〜15:00(頃)

【場 所】北鎌倉 葉祥明美術館 企画展示室

【出 演】くまモン+葉山祥鼎

【予 約】電話予約必須(電話以外でのご予約は受け付けておりません)

     TEL:0467-24-4860

     一般:2016年7月16日(土)午前11時より

【料 金】絵本代(1,620円)と特別入館料(380円)の合計2,000円が必要です。

     ※会員様は入館料無料です。

【内 容】くまモンと著作者・葉山祥鼎のサイン入り絵本をお買い求めの方、先着100名様

     (要電話予約)に、くまモンとの握手会引換券を当日店頭でお渡しします。

     くまモンとのツーショット撮影はできませんが、フォトタイムの時間を設けてい

     ますので、くまモン撮影OKです!


  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

【期  間】2016年7月16日(土)〜9月15日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2016年7月30日(土)15:00〜17:00

      <葉祥明阿蘇高原絵本美術館復興支援チャリティコンサート
            〜葉祥明阿蘇高原絵本美術館の現状報告と音楽の会〜>
      2016年8月14日(日)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

      2016年8月20日(土)14:00〜15:00<くまモンがやってくる!> 

葉祥明美術館の企画展:絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』原画展_チラシご紹介!

  • 2016.07.09 Saturday
  • 23:00


2016年7月16日(土)〜9月15日(金)まで、
絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』からチョイスした原画を展示致します。拍手拍手拍手

 

ゆるキャラNo.1のご存知“くまモン”と葉祥明阿蘇高原絵本美術館のバジルの花に真夏にやってくる幸せを呼ぶ青いハチ“ブルービー”の物語は、美術館のお庭を舞台に繰り広げられるとっても楽しいお話です。楽しい

 

爽やかな感動と共に、皆で一緒に協力しながら人生を積み重ねていく大切さが語られています。ペンギン

 

しかし、その舞台となった庭は熊本地震で傷つき、“ツリーハウス”は傾いてしまいました。

一日でも早く、この南阿蘇に子どもたちの賑やかな声が戻ってくるよう祈ってやみません。ニコニコ

 

期間中は“熊本地震復興支援チャリティコンサート”の他、“くまモン”の来館も予定しています!

“くまモン来館”の詳細については、改めて掲載致します!ワッ!

 

どうぞ、ご期待下さい。

皆様のご来館をお待ちしております!ロリポップ!


家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

【期  間】2016年7月16日(土)〜9月15日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2016年7月30日(土)15:00〜17:00

      <葉祥明阿蘇高原絵本美術館復興支援チャリティコンサート
            〜葉祥明阿蘇高原絵本美術館の現状報告と音楽の会〜>
      2016年8月14日(日)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

      2016年8月20日(土)14:00〜15:00<くまモンがやってくる!> 

<ウラページ>

ミュージアムトークのご報告:第70回『今田美奈子と葉祥明の『名作の中の素敵なワンシーン?〜お菓子物語展〜』

  • 2016.07.02 Saturday
  • 23:00



北鎌倉葉祥明美術館にて開催中の『名作の中の素敵なワンシーン?〜お菓子物語展〜』に合わせて、葉祥明による“ミュージアムトーク”を“2016年7月2日(土)”に行いました。地球

 

この日は“紫陽花の季節”の最後の週末ということもあってか、

7月にも関わらず、北鎌倉は沢山の観光客で賑わっていました!

もちろんミュージアムトークにも沢山のお客様がご来館!

 

熊本からは葉山館長も急きょ参加し、

地震の体験や被災者の方の体験談も交えて熊本地震の“現実”を話してくれました。

それでは早速、どうぞ!見る

URLこれまでの“ミュージアムトーク記事こちらからback



 

 

 

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「チャリティーコンサート」@六本木_お知らせ!

  • 2016.06.30 Thursday
  • 23:00

 

2016年7月10日(日)”に、六本木のハリウッドビューティプラザにて、

熊本地震復興支援のためのチャリティコンサートが開催されます!拍手拍手拍手

 

ピアノと歌とチェロとヴァイオリンの演奏です。

葉山館長も上京して被災地・熊本についてお話をする予定になっています。ジョギング

 

とてもエレガントなコンサートになりそうですね!

熊本への支援とともに、素敵なひとときをお過ごし下さい!ロリポップ!

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

160630-1.jpg

熊本復興支援チャリティコンサート -pray for kumamoto- vol.1
【期 日】2016年7月10日(日)14:00より
【場 所】ハリウッドビューティプラザ4階

     〒106-8541 東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズ ハリウッドプラザ
【出 演】Yuko(ピアノ)、Misako、Misa(ソプラノ)、Ayumi(バイオリン)、

     Tamami(チェロ)+葉山祥鼎
【予 約】misaticket3310@gmail.com
【料 金】前売3,000円/当日券3,500円(全席自由席)

【販 売】Tシャツ、絵本など

葉祥明美術館「ミュージアムミュージック」のご報告:出演<Mie Yoneya & Junya Fukumoto>!

  • 2016.06.27 Monday
  • 23:00

 

2016年6月26日(日)は“Mie Yoneya”さんとピアニストの“Junya Fukumoto”さんをお迎えしました。

 

熊本地震へのチャリティとして、絵本『ヒーリングキャット』の朗読と

ジャズピアノのコラボで、印象的な演奏をご披露下さいました。

 

写真からはちょっと分かりにくいですが、

【熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】を着てのご出演!

終演後はお客様もTシャツを買って下さいましたよ!

 

おうちJunya Fukumoto”さんのHPもご覧下さいね!back

 

URLこれまでの“ミュージアムミュージック”のご報告はこちらから!back

 


 

 

 

 

平成28年熊本地震_掲載されました:『毎日新聞』_2016年6月15日(水)

  • 2016.06.24 Friday
  • 23:00

 

毎日新聞”の朝刊・九州版に南阿蘇村や葉祥明阿蘇高原絵本美術館を支援する

チャリティコンサートの様子が記事になりました!拍手拍手拍手

 

福岡県北九州市で開催され、会場には“くまモン”も登場!

葉山館長も登壇し、当時の様子や南阿蘇の現状をお話しました。ニコニコ

 

先日の大雨によって多発した土砂崩れや、給水パイプの喪失により、

更に復旧・復興が遠のいた感のある南阿蘇村ではありますが、

希望の火を灯して、NEVER GIVE UPの精神で頑張って参ります!グッド

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

くまモンも感謝

葉祥明阿蘇高原絵本美術館支援・黒崎でチャリティコンサート

 

熊本地震から約2ヶ月の12日、南阿蘇村の葉祥明阿蘇高原絵本美術館や村を支援するチャリティーコンサートが八幡西区黒崎の子どもの館であり、葉さんの実弟の葉山祥鼎美術館館長とくまモンが感謝と支援の継続を呼びかけた。

 

地元音楽家らによる絵本コンサート実行委員会(佐藤佳美代表)主催。葉山さんは4月16日の本震後に館へ駆けつけたが、アトリエは損壊、道路や橋、水道の復旧が遅れ館の再開のめどは立っていないという。

 

「阪神や東日本の大震災で応援してきたが、まさか自分が支援されるとは。皆さんの応援が身にしみます」と感謝。「自然は時に過酷だが、花や草原に癒される。何があっても希望はある」という内容の震災後に作った詩を披露した。

 

コンサートでは、絵本朗読に合わせたフルートやピアノ演奏のほか、くまモンが会場と一緒になって熊本城のポーズや体操で盛り上げた。

 

                         【前田敏郎】

 

掲載されました:『浄土宗新聞』_2016年5月号_2/3

  • 2016.06.22 Wednesday
  • 23:00


以前”にも取材を受けたことのある“浄土宗新聞”。
今回は新リレー連載「あの言葉に想う」の栄えある第一回目に葉祥明が登場しました!拍手拍手拍手

新聞の印刷入稿締切が4月19日で熊本地震直後だったこともあり、

追記した“熊本へ寄せる想い”を先に掲載致しました。鉛筆2

今日と明日はその本文をご紹介します。読書
それでは早速ご覧下さい!見る

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

160509-1.jpg

あの言葉に想う 〜役に立つ善人たれ

 

私は18歳で熊本を離れ、半世紀余りを東京で過ごしているなか、ずっと心に響き続けている言葉が「役に立つ 善人たれ」である。この言葉は、私が3年間通った熊本市内にある高校の玄関ホールに飾ってあった額縁の文句だ。

 

当時の私にとって、一番関心が深かったことは自分自身のことや、若者らしい生活、絵画や文学など自分の好きなもので、その言葉はさほど意味もなく、ただ毎日学校で目にする文章に過ぎなかった。

 

しかし、世の中に出て数十年経ち、50歳を迎えた頃から、自分の存在と絵本作家としての経験が、「役に立つ 善人たれ」という言葉に向かって進んでいると、はっきりと自覚するようになった。

 

そのきっかけとなったのは、NPO法人「難民を助ける会」の依頼で絵を担当した、地雷の恐ろしさを訴える絵本『サニーのお願い 地雷ではなく花をください』(柳瀬房子著・自由国民社)だった。


                                 葉祥明

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援「くまモンとブルービーの仲間たち」原画展@画廊茶屋 梵天

  • 2016.06.21 Tuesday
  • 23:00

 

2016年6月11日(土)から30日(火)まで、

熊本地震復興支援として山口県下関にある“ギャラリー&カフェ 画廊茶屋 梵天”にて

絵本『くまモンとブルービーの仲間たち』の原画展が“開催中”です!拍手拍手拍手

 

こちら梵天さんでは“2006年”に葉祥明原画展も開催したこともあり、

今回の地震で未だ休館となっている葉祥明阿蘇高原絵本美術館の支援になればと、

開催を申し出て下さいました。悲しい

 

(6月20日(月)の大雨で近くの道路の陥没の他、電柱の倒壊で一般車両はまた近づけなくなってるだけでなく、どうにか残っていた給水パイプも土砂で流されてしまい、更に再開館が遠のいてしまいました…。)

 

6月18日(土)には葉山館長のお話し会も実施されました。

その時の“映像”もご覧頂けます。見る

 

皆様のお越しをお待ちしております!楽しい

 

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事は“こちら”から!back

 

【タイトル】南阿蘇村 葉祥明阿蘇高原絵本美術館 地震支援

      〜くまモンとブルービーのなかまたち」絵本原画展〜
【開催場所】ギャラリー&カフェ 画廊茶屋 梵天
      〒752-0972 山口県下関市長府古江小路2-26

      TEL 083-246-6255(茶屋)/083-246-6266(画廊)
      FAX 083-246-6288

【会  期】2016年6月11日(土)〜6月30日(日)
【作家来場】6月18日(土)
【営業時間】平日/10:30〜17:00 土日/10:30〜18:00
【定休日 】金曜日(祝日は営業)
【観覧料 】無料

 熊本はこの4月に未曾有の大地震に見舞われました。  県内各地は立ち上がれない程の被害です。  心を病んだ子供達も沢山です。    梵天では、南阿蘇と葉祥明絵本美術館復興の為に  支援活動をいたします。くまモンとブルービーの遊ぶ 美しい南阿蘇の大自然に子供達の笑顔と笑い声の 戻ってくる日が来ることを願っています。

 

                           (梵天HPより)

 

                         (九州テレビHPより)

「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:出演<Mie Yoneya & Junya Fukumoto>

  • 2016.06.17 Friday
  • 23:00

ミュージアムミュージック”とは、
北鎌倉葉祥明美術館の展示室で音楽の生演奏を聞きながら、
心休まる素敵な時間を過ごして頂こう!という企画です。ロリポップ!

 

しかしながら、今回は特に“熊本地震復興支援”ということを意識したプログラムになっています。

 

出演者の“Mie Yoneya”さんとピアニストの“Junya Fukumoto”さんは“Makanaとして何度も当館で演奏を披露して下さっています。地震発生後にいち早くご連絡をくださり、チャリティコンサートのお申し出を頂戴しました。

 

演目は「ヒーリングキャット」の朗読と素敵なピアノ演奏を中心に

祈りと鎮魂を表現してくださることと思います。


皆様のお越しをお待ちしております。楽しい

URLこれまでの“ミュージアムミュージック”のお知らせこちらから!back

おはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはな

ミュージアムミュージック開催!
【期 日】2016年6月26日(日)11:30の1回のみ
【場 所】北鎌倉 葉祥明美術館 企画展示室
【参加費】入館料のみ(700円)/会員様は無料 (当日チケットのみ、再入館OK)
【予 約】必要ありません。
【サイン】葉祥明の出演予定もございません…。   
おはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはな

葉祥明美術館の企画展:今田美奈子と葉祥明の『名作の中の素敵なワンシーン供舛菓子物語展〜』_今田美奈子先生ミュージアムトーク!

  • 2016.06.16 Thursday
  • 23:00


2016年5月21日(土)〜7月15日(金)まで、
レシピ絵本『名作の中のお菓子物語』からチョイスした原画を展示中です!拍手拍手拍手

 

2016年5月20日”のブログでもご案内しておりましたが、

6月25日(土)午後2時”から“今田美奈子ミュージアムトーク”を開催することになりました!ロリポップ!

 

前回、ご来館頂いたは葉祥明との対談でしたが、

今回は今田美奈子先生のお話をたっぷり聞いて頂きたいと思います。ウィンク


熊本地震復興支援チャリティーイベント”の一環としてご来館下さいます。

本展に関するお話だけでなく、

東日本大震災で取り組んでこられた支援のことなどもお話頂く予定です。あっかんべー

この機会に
少しでも多くの方に、“Tシャツやトートバック”のご購入のほか、

募金にご協力頂けると大変助かります楽しい

家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

【期  間】2016年5月21日(土)〜7月15日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2016年6月25日(土)14:00〜15:00<今田美奈子ミュージアムトーク>
      2016年7月02日(土)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>

いちご新聞'16年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.9のご紹介です!_1/2

  • 2016.06.10 Friday
  • 23:00

いちご新聞』(サンリオ刊)の最新号が発刊されましたのでご紹介します!見る

心にAroma(アロマ)』!
皆さんの心の中に良い香りが漂ってきますように!ウィンク

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの『いちご新聞』の記事はこちらから!back

心の故郷』   絵・文:葉祥明

いかなる年月の
変化にあっても
我が心の故郷は
変わることなし
常に美しく麗しく
豊かさと歓びに
包まれている

    
        (このたびの熊本地震によって、大被害を被った故郷 熊本・阿蘇を想って…)

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援ブルービーTシャツ_発送スタート!

  • 2016.06.04 Saturday
  • 23:00

熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】の発送作業が始まり、
5月17日までにご予約頂いた方への発送が完了しました。
ロリポップ!

明日も引き続き作業を進めますが、
Lサイズの入荷分がすでに在庫「ゼロ」になってしまいました。
がく〜

Lサイズをご注文下さっている方には大変申し訳ございませんが、6月10日以降のお届けとなります。また、その他のサイズも入荷一回目分が終わりますと、同じく6月10日までお待ち頂くことになります。汗

皆様の善意に少しでもよい形でお応えできるよう、
入荷間隔の調整を工場としたのですが、
Tシャツ制作の繁忙期ということもあり、この日程になってしまいました。
ギザギザ

大変心苦しいのですが、
もうしばらくお待ち下さるようお願い致します。
ニコニコ

青い旗熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】のお買い求めはこちらから!back

青い旗熊本地震復興支援ブルービートートバッグ】のお買い求めはこちらから!back
注)こちらは先行予約となります。お届けは6月10日頃を予定しています。

160604-1.jpg

160604-2.jpg


平成28年熊本地震:熊本地震復興支援ブルービーTシャツ_発送スタート!

  • 2016.06.03 Friday
  • 23:00

5月末に予定していた【熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】の発送が
予定よりも遅くなりましたが、本日、ようやく入荷し、早速発送を始めました!
楽しみにして下さっている皆様、ご心配をおかけしました。
ひやひや

急ピッチで発送して参りますが、
入荷数量の関係で、まずは5月10日から5月20日頃までにご注文頂いた方へお送りします。
それ以降の方には6月10日より順次発送となりますこと、どうぞご容赦下さいませ…。
汗
また、サイズによっては6月10日を待たずにお送り致します。

青い旗熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】のお買い求めはこちらから!back

青い旗熊本地震復興支援ブルービートートバッグ】のお買い求めはこちらから!back
注)こちらは先行予約となります。お届けは6月10日頃を予定しています。

160603-3.jpg

160603-1.jpg

160603-2.jpg

平成28年熊本地震_チャリティーコンサートのお知らせ!:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の現状報告と音楽の会

  • 2016.06.01 Wednesday
  • 23:00

熊本地震”の発生により葉祥明阿蘇高原絵本美術館が被災し、
たくさんの方々からお見舞いの言葉を頂戴しました。
その中には「美術館のために何かできないか?」というお申し出もたくさんありました。

そこで、当館では“熊本地震復興支援チャリティグッズ”として、【ブルービーTシャツ】の他、
ブルービーマグネット】(完売)、【ブルービートートバッグ】を制作しました。

そして、今回、7月30日(土)に“葉祥明阿蘇高原絵本美術館の現状報告と音楽の会”と題して、
チャリティコンサートを開催致します!

ミュージシャンは本震後、すぐに支援を申し出てくださり、今年3月の“ミュージアムコンサート”にも出演下さった“八木倫明”さん率いるバンドです!
葉山館長にも上京してもらい、一連の地震で体験したこと、感じたこと、そして美術館のことをお話する予定です。

現地に行くことは大変ですが、遠く離れていてもできる支援を続けて参ります。
本コンサートの趣旨をご理解頂きますと幸いです。
皆様のご予約をお待ちしております!

葉祥明阿蘇高原絵本美術館復興支援チャリティコンサート
  〜
葉祥明阿蘇高原絵本美術館の現状報告と音楽の会〜
【期 日】2016年7月30日(土)15:00〜17:00
【場 所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【出 演】いちよ・きよ・やぎりんバンド+葉山祥鼎+葉祥明
     歌:枝元一代 ギター:清永充美 ケーナとナイ:八木倫明
【予 約】会員:6月04日(土)午前11時より
     一般:6月05日(日)午前11時より
     定員:50名
【料 金】共通:3,500円(小学生2,500円)
【趣 旨】葉祥明阿蘇高原絵本美術館の復興支援チャリティコンサート。
     チケットの収益金は館の再建のため使用します。






 

平成28年熊本地震_新商品のご紹介:熊本地震復興支援ブルービートートバッグ_先行予約スタート!

  • 2016.05.31 Tuesday
  • 22:00

熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】の発送がもうすぐ始まります。
当初の予定枚数よりも多くのご注文を頂くことができました。
発送につきましては5月末の出荷を予定していたのですが、6月4日より順次発送します。
今しばらくお待ち下さい。

そして、Tシャツに続き、今度はトートバッグを制作しました。
キャッチコピーは『ALL TOGETHER WITH KUMAMOTO』。
みんなの力を合わせて復興へと進んでいきたいですね!

どうぞご支援とご声援を宜しくお願いします!ムード

青い旗熊本地震復興支援ブルービートートバッグ】のお買い求めはこちらから!back
注)こちらは先行予約となります。お届けは6月10日頃を予定しています。

bb_tote_wide.jpg

BB_Tote_up.jpg

BB_tote_生地.jpg

【商品名】熊本地震復興支援ブルービートートバッグ
【 絵 】ハヤマテイジ
【デザイン】ハヤマケンエイ
【価 格】1,800円(税込)
     ・会員様割引きはございません。
【サイズ】約W360xH370xD110mm(船底)
     約W25xL470mm
     容量 約10リッター
【素 材】コットン100% 9オンス
【特 徴】ライトキャンパストートです。
【発売日】2016年6月10日

平成28年熊本地震:阿蘇大橋の様子

  • 2016.05.30 Monday
  • 23:00

葉祥明阿蘇高原絵本美術館”での“復活祭”を終えたあと、
館からすぐ近くの崩落した“阿蘇大橋”に立ち寄りました。

対岸からみた現場は写真や言葉では表現することができない緊張感が漂い、
自然の持つ圧倒的な力に、おそろしさと無力感が入り交じりました。

大きな地震や長雨で崩落する危険性があることは素人目にもすぐにわかる状態で、
復旧復興への大きな障壁になっていることは間違いありません。

改めて犠牲になられた方のご冥福をお祈りします…。

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらから!back

160530-3.jpg

160530-1.jpg

160530-2.jpg

160530-5.jpg

160530-4.jpg

160530-9.jpg

160530-6.jpg

160530-7.jpg

160530-8.jpg

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館・復活祭!_草刈りの様子!

  • 2016.05.29 Sunday
  • 23:00

5月28日(土)午後1時から美術館再建のための希望を乗せて『復活祭』と銘打ち、
葉祥明も参加して、お庭の草刈り作業を行いました!グッド

昨日のブログでは、葉祥明の取材をご覧頂きましたが、
今日はボランティアでお手伝いをして下さったお客さまとの草刈りの様子を掲載します。
スタッフの家族も総出でお手伝い!
ときめき

お陰様でスッキリ!
きれいな道ができました。
再開館が待ち遠しいです…。
ノーノー

ご協力をありがとうございました!
それでは、早速ご覧下さい!見る

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらから!back

160529-1.jpg

160529-2.jpg

160529-3.jpg

160529-4.jpg

160529-5.jpg

160529-6.jpg

160529-7.jpg

160529-8.jpg

160529-9.jpg

160529-10.jpg

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館・復活祭!_取材の様子

  • 2016.05.28 Saturday
  • 23:00

5月28日(土)午後1時から美術館再建のための希望を乗せて『復活祭』と銘打ち、
葉祥明も参加して、お庭の草刈り作業を行いました!
グッド

雨がぱらつくなか、まずは美術館の被災状況の説明を葉山館長から受る葉祥明。
地震後初の熊本入りということもあり、新聞社やテレビ局の同行取材も。
ラッキー

それでは、早速ご覧下さい!見る

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらから!back

160528-1.jpg

160528-2.jpg

160528-3.jpg

160528-4.jpg

160528-5.jpg

160528-6.jpg

160528-7.jpg

160528-8.jpg

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館・復活祭!

  • 2016.05.26 Thursday
  • 23:00

葉祥明阿蘇高原絵本美術館が被災して1ヶ月と10日が経ちました。

いまだ断水が続き、再開のめどが立っていませんが、
広い庭の草木が伸び放題になる前に葉山館長が草刈りをすることになりました。
モゴモゴ

そこで、“5月28日(土)午後1時”から美術館再建のための希望を乗せて『復活祭』と銘打ち、
葉祥明も参加してのオープンガーデンイベントを開催します!
ワッ!

お時間のある方、草集めのお手伝いに来て頂けませんか?
熱中症の備えとして飲み物をご持参下さい。
軍手、長靴があると作業がしやすいですよ!
あっかんべー

皆様のお越しをお待ちしております!ロリポップ!

平成28年熊本地震:熊本復興支援イベント『熊本こころの復興イベント』のお知らせ!

  • 2016.05.25 Wednesday
  • 23:00

熊本地震では多くの人が「家で寝るのが怖い」と車中泊をしました。
子供だけでなく、大人も怖かったのです。
命の危険を感じる揺れを何度も経験してしまった熊本の人にとって、
心のケアもこれから大切になってきます。

絵本『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』の販売元である“グッドブックス”の主催で
復興イベントが開催されます。葉山館長も参加します。
少しでも素敵な時間にふれていただければと思います。

URLこれまでの“講演会のお知らせ”はこちらから!back

160525-1.jpg

グッドブックスの本は熊本在住の著者が多く、弊社スタッフも何度も訪れてきた愛着のある土地です。今回の熊本地震で被災された著者の方々、お世話になっている書店様、読者の皆様、それぞれ力強く活動を続けられています。

そこで、山本トースネスみゆきさんの新刊発売を機に、熊本在住のグッドブックスの著者の方々にお集まりいただき、長崎書店様やたくさんの方々のご協力を得て、イベントを開催させていただくことになりました。

生きるとは何か、いのちとは何かを追求してきた著者たちが一堂に会して語り合います。

        山本トースネスみゆき著『7週間セルフイメージ革命』、
     『ボディイメージ変身ノート』発売記念「熊本 こころの復興イベント」

【日時】 6月11日(土)14:00〜16:00(13:30開場)

     第一部 山本トースネスみゆきさん 講演&ワークショップ
     「心のケアと生きる希望〜今こそ自分の魂の声を聞こう〜」

     第二部 山本トースネスみゆき+藤岡靖也・典代+葉山祥鼎トークセッション
     「どんな災害に遭ってもここに在る私たちの生きる力」

     絵本『キツネのフーくんと風の郵便屋さん』朗読
                    (長崎書店 絵本セラピスト 中山理紗さん)
     ※終了後、全著者のサイン会を行います。

【会 場】長崎書店3階リトルスターホール(熊本市中央区上通町6-23長崎書店ビル)
【入場料】無料
     ※会場に甚大な被害を被った葉祥明阿蘇高原絵本美術館復興支援の
       募金箱を設けさせていただきます。
【定 員】60名(事前申込者優先)
【主 催】株式会社グッドブックス
【共 催】藤岡医院、しましまの木、葉祥明阿蘇高原絵本美術館、EQカレッジ
【協 力】長崎書店
【お申込方法】グッドブックスのFacebookイベントページよりお申し込みください。
必要事項(お名前、ご参加人数、ご住所、お電話番号)を明記のうえこちらから、もしくは上記チラシを印刷していただき、申込み欄にご記入のうえ、グッドブックスまでFAXでのお申し込みも可能です。EQカレッジ、しましまの木、長崎書店様でもお申し込みいただけます。お申し込みなしでもご参加いただけますが、事前申込者優先とさせていただきますのでご了承ください。

株式会社グッドブックス FAX:03-6262-5423
東京都中央区日本橋本町2-3-6協同ビル602 TEL:03-6262-5422
(ご質問等がございましたら、こちらからお問い合わせください)

平成28年熊本地震:熊本地震復興支援ブルービーTシャツ_予約状況!

  • 2016.05.22 Sunday
  • 23:00

絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』をはじめ、数々の絵本に登場している幸せを呼ぶ青いハチ“ブルービー”をモチーフにした【熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】。

2016年5月10日にネットショップで<先行予約>をスタートした後、
沢山の方から善意を頂戴し、予想を超える枚数のご注文が入っています。
特に朝日新聞・毎日新聞等で記事になったこともきっかけになりました。
チョキ

そして商品が到着しだい、順次発送を始められるよう、
当館スタッフが心を込めて下準備の真っ最中です!
モグモグ

現在も“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”の再オープンのメドは立っておらず、
南阿蘇の復興の道筋も見えてない状態です。
これからも皆様のご支援、ご声援を宜しくお願いします。


赤い旗熊本地震復興支援ブルービーマグネット】のお買い求めはこちらから!back
注)Tシャツとご一緒にご購入の場合は5月下旬の発送を予定しています。

青い旗熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】のお買い求めはこちらから!back
注)こちらは先行予約となります。お届けは5月下旬を予定しています。

downdowndown注文書です。ずいぶん厚くなっています!びっくり
160522-1.jpg

downdowndownご住所などを書いて、いつでも発送できるよう下準備です。鉛筆2
160522-2.jpg

         downdowndown改めてTシャツのご紹介!downdowndown
BB_T_0508_net.jpg

【商品名】熊本地震復興支援ブルービーTシャツ
【 絵 】ハヤマテイジ
【デザイン】ハヤマケンエイ
【価 格】2,500円(税込)/110,130サイズ
     3,000円(税込)/150,S,M,Lサイズ
     ・会員様割引きはございません。
【サイズ】◯ キッズ(110)サイズ(身長:105〜115cm)
     ◯ キッズ(130)サイズ(身長:125〜135cm)
     ◯ 150サイズ(身長:145〜155cm)
     ◯Sサイズ(身長:155〜165cm)
     ◯Mサイズ(身長:165〜175cm)
     ◯ Lサイズ(身長:170〜180cm)
【素 材】5.6oz 天竺
     セミコーマ糸(綿90% ポリエステル10%)
     その他:綿100%、首回り:ダブルステッチ
【特 徴】着心地や素材感にこだわった上質なTシャツです。
【発売日】2016年5月末

葉祥明美術館の企画展:今田美奈子と葉祥明の『名作の中の素敵なワンシーン供舛菓子物語展〜』_チラシご紹介!

  • 2016.05.20 Friday
  • 17:00

2016年5月21日(土)〜7月15日(金)まで、
レシピ絵本『名作の中のお菓子物語』からチョイスした原画を展示致します。拍手拍手拍手

今年初めに開催した『名作の中の素敵なワンシーン』に続く第二弾!
本展では葉祥明の作品だけでなく、今田美奈子先生によるレシピを再現したお菓子なども展示する予定になっています!<こちらは6月11日(土)からの特別展示です。

さらに!今回は葉祥明のミュージアムトークに加え、
今田美奈子先生のミュージアムトーク”を開催致します!
グッド

今田先生のご好意により“熊本地震復興支援チャリティーイベント”の一環としてご来館頂けることになりました。本展に関するお話や東日本大震災で取り組んでこられた支援のことなどをお話頂く予定です。あっかんべー

この機会に世界中で愛されている名作に再びふれてみませんか?楽しい

家これまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

  downdowndown皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown

【期  間】2016年5月21日(土)〜7月15日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館 企画展示室
【イベント】2016年6月25日(土)14:00〜15:00<今田美奈子ミュージアムトーク>
      2016年7月02日(土)14:00〜15:00<葉祥明ミュージアムトーク>
<ウラページ>
160520-2.jpg

平成28年熊本地震_掲載されました:『朝日新聞』_2016年5月18日(水)

  • 2016.05.18 Wednesday
  • 23:00

“朝日新聞”の朝刊・九州版に、熊本地震の復興支援として先行予約を始めている【熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】のことが掲載されました!拍手拍手拍手

この記事を読んでくださった多くの方から沢山の善意とあたたかい声援を頂戴しています!
心より感謝申し上げます!
ハート大小

それでは、早速ご覧下さい!見る

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

赤い旗熊本地震復興支援ブルービーマグネット】のお買い求めはこちらから!back
注)お陰様で販売終了しました!お心遣いに感謝申し上げます。

青い旗熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】のお買い求めはこちらから!back
注)こちらは先行予約となります。お届けは5月下旬を予定しています。

160518-1.jpg

        『幸せの青いハチ 復興に一役』〜南阿蘇の絵本美術館

熊本地震の影響で休館中の葉祥明阿蘇高原絵本美術館(熊本県南阿蘇村)が「幸せを運ぶ」と言われる青いハチ「ブルービー」のキャラクターをデザインしたTシャツを作る。
5月から発売予定で、売上げを館の復興費用にあてる。

絵本作家、葉祥明さんらの作品を展示する同館は今も断水が続き、敷地内に地割れが残る。アトリエは危険と判定され、再開のめどはたっていない。

ブルービーは、毎年8月ごろ館周辺に姿を現し、地域や観光客に愛されてきた。同館の館長、葉山祥鼎さん(67)は「幸せと元気を被災地に運んでもらい、復興のきっかけにしたい」とTシャツの販売を決めた。「KUMAMOTO NEVER GIVE UP」というメッセージもあしらった。

村は阿蘇大橋が崩落するなど甚大な被害が出た。多くの観光施設で休業が続くが、葉山さんは「早く再開できるところから再開して、南阿蘇に元気を取り戻したい」と話す。
                                 (山野健太郎)

平成28年熊本地震_新商品のご紹介:熊本地震復興支援ブルービーマグネット

  • 2016.05.11 Wednesday
  • 18:50

昨日は【熊本地震復興支援Tシャツ】の予約販売スタートを記事にしました。
今日は同時に販売を始めた【熊本地震復興支援ブルービーマグネット】のご紹介です。
グッド

Tシャツと同じく“ブルービー”がモチーフとなっていますが、
図案に葉祥明阿蘇高原絵本美術館のお庭に植わっている“コブシの木”が描かれています。

そして、この商品は当館のクリアファイルやピンバッチを作ってくださっている“アドバンス”さんのご好意により無償でご提供下さり、“売上金の全て”が美術館の再建と南阿蘇復興のために役立てられます
!!

皆様、どうぞご支援とご声援を宜しくお願いします!ムード

赤い旗熊本地震復興支援ブルービーマグネット】のお買い求めはこちらから!back
注)Tシャツとご一緒にご購入の場合は5月下旬の発送を予定しています。

青い旗熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】のお買い求めはこちらから!back
注)こちらは先行予約となります。お届けは5月下旬を予定しています。

magnet_BB_a_net.jpg

【商品名】熊本地震復興支援ブルービーマグネット
【 絵 】ハヤマテイジ
【価 格】540円(税込)
     ・会員様割引きはございません。
【サイズ】タテ7.8cm×ヨコ5.3cm
【発売日】2016年5月10日

magnet_BB_net.jpg

平成28年熊本地震_新商品のご紹介:熊本地震復興支援ブルービーTシャツ_先行予約スタート!

  • 2016.05.10 Tuesday
  • 20:20

熊本地震”が発生してやがて1ヶ月になります。
ようやく学校が再開されるなど、少しずつ明るいニュースが入ってくるようになりましたが、
まだまだ予断を許さない状況であるのも事実です。

現在の“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”は残念ながら水道の復旧のメドが立っていないことと、
ツリーハウス”など付帯施設の復旧、周辺の施設や道路事情など総合的に判断すると当面、
休館”の状態が続きます。
ポロリ

そこで今回、絵本『くまモンとブルービーのなかまたち』をはじめ、数々の絵本に登場している幸せを呼ぶ青いハチ“ブルービー”をモチーフにした【熊本地震復興支援Tシャツ】を作成することになりました!ロリポップ!

Tシャツは2002年に開館した“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”が、再びお客さまの憩いの場となるよう売上げの一部を美術館再建のため、そして南阿蘇復興のために使用します。ニコニコ

皆様、どうぞご支援とご声援を宜しくお願いします!ムード

青い旗熊本地震復興支援ブルービーTシャツ】のお買い求めはこちらから!back
注)こちらは先行予約となります。お届けは5月下旬を予定しています。

BB_T_0508_net.jpg



BB_T_UP_0508_net.jpg

【商品名】熊本地震復興支援ブルービーTシャツ
【 絵 】ハヤマテイジ
【デザイン】ハヤマケンエイ
【価 格】2,500円(税込)/110,130サイズ
     3,000円(税込)/150,S,M,Lサイズ
     ・会員様割引きはございません。
【サイズ】◯ キッズ(110)サイズ(身長:105〜115cm)
     ◯ キッズ(130)サイズ(身長:125〜135cm)
     ◯ 150サイズ(身長:145〜155cm)
     ◯Sサイズ(身長:155〜165cm)
     ◯Mサイズ(身長:165〜175cm)
     ◯ Lサイズ(身長:170〜180cm)
【素 材】5.6oz 天竺
     セミコーマ糸(綿90% ポリエステル10%)
     その他:綿100%、首回り:ダブルステッチ
【特 徴】着心地や素材感にこだわった上質なTシャツです。
【発売日】2016年5月末

掲載されました:『浄土宗新聞』_2016年5月号_1/3

  • 2016.05.09 Monday
  • 23:00


以前”にも取材を受けたことのある“浄土宗新聞”。
今回は新リレー連載「あの言葉に想う」の栄えある第一回目に葉祥明が登場しました!
拍手拍手拍手

新聞の印刷入稿締切が4月19日。
奇しくも熊本地震が発生した直後ということもあり、
3月下旬に書き終えて編集に渡していた原稿に、急きょ熊本への思いを追記しました。
鉛筆2

本編の掲載は後日にまわし、今日はその追記した文章をご紹介します。読書

それでは早速ご覧下さい!見る

おうちこれまでの“掲載記事”はこちらから!back

160509-1.jpg

故郷の熊本が大地震に襲われた。
「葉祥明阿蘇高原絵本美術館」周辺もひどくやられ立ち入れない程だ。
多くの生命も、人々の生活も失われ、この世の無常を目の当たりにした。
と同時に、これからどう生きたらいいか、
真剣に考えなくてはいけないと心から思う。
被災された皆様が一日も早く日常生活を取り戻せることを切に祈るばかりだ。
                                 葉祥明

平成28年熊本地震:難民を助ける会-被災者支援

  • 2016.05.08 Sunday
  • 23:00

このブログでも何度もご紹介してきている
特定非営利活動法人 難民を助ける会(AAR Japan)”さん。

今回の熊本地震では前震となった4月14日(木)の翌15日(金)から熊本に“緊急支援チーム”を派遣し、益城町、阿蘇市、熊本市で早速活動をスタートして下さいました。

東日本大震災でもたくさんの活動をされてきた会ですので、現地の方々のニーズにもしっかり応えて下さったのではないかと思います。災害時に支援のネットからもれやすいご高齢の方や障害のある方への配慮もあり、心強い活動です。HPでは活動の報告もありますので、ご一読下さい!

ちょうど本震に遭遇され、東京事務所に戻って来られたスタッフの方の「九州が二つに割れるんじゃないかと思った…。」という言葉が揺れの激しさを物語っています…。

これからもまだまだ支援を続けて下さいます。
是非、緊急募金へのご協力をお願いします。

緊急専用郵便振替:00100-9-600「難民を助ける会」
・通信欄に「熊本地震」とお書き下さい。
・募金はインターネットでも受付中です。


おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

160508-1.jpg

平成28年熊本地震:被災地慰問

  • 2016.05.07 Saturday
  • 23:00

昨日は熊本城の様子をご覧頂きましたが、
その取材をしている時にある国の駐日大使が“大西一史熊本市長”に伴われ、
被災した熊本城の視察にいらっしゃいました。

私も記者さんにまじり、パチリ。
今回の熊本地震だけでなく、これまでも沢山の支援をして下さっています。
大西市長もそのことへの感謝の言葉を述べられていました。

どこの国の大使か?
もうお分かりかと思います!ウィンク

それでは、ご覧下さい!見る

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

160507-1.jpg

160507-5.jpg

160507-4.jpg

160507-2.jpg

160507-3.jpg

160507-6.jpg

160507-7.jpg

160507-8.jpg
キャロライン・ブービエ・ケネディ駐日米国大使”と“大西一史熊本市長
ケネディ大使の“声明”はこちらからどうぞ。
読書

平成28年熊本地震:熊本城の被災の様子

  • 2016.05.06 Friday
  • 23:00

今日はもうひとつの大きな被災を受けた熊本の誇りである“熊本城”をご覧頂きます。

天守閣が砂埃を上げている映像、そして石垣が崩れたさまは大変ショックでしたが、
傷つきながらも雄々しい姿を見ることができ、
震災に負けない熊本の逞しい心を見たように思います。

被害は甚大で、城内に立ち入ることができるようになるのは、
まだまだ先のことになりそうですが、その日を心待ちにしたいと思います。

それでは、早速ご覧下さい。見る

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

160506-1.jpg

160506-2.jpg

160506-3.jpg

160506-7.jpg

160506-6.jpg

160506-5.jpg

160506-4.jpg

160506-9.jpg

160506-8.jpg

160506-13.jpg

160506-10.jpg

160506-12.jpg

160506-14.jpg

<在りし日の熊本城天守閣>
160506-15.jpg

平成28年熊本地震:南阿蘇・益城町の被災の様子

  • 2016.05.05 Thursday
  • 23:00

“熊本地震”の前震から3週間…。
回数は減ってきたものの、震度4の地震が連日発生しています。

熊本市中心街はだいぶ落ち着き、賑わいが戻って来ているとのことですが、
南阿蘇、益城町はまだまだ先の長い復興への道のりとなります。

今日は地震発生約2週間後となる南阿蘇と益城町の様子をご覧頂きます。
被害の激しさだけでなく、大地震へ備える気持ちを今一度、顧みて下されば、と思います。

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

南阿蘇の様子
160505-1.jpg

160505-2.jpg

160505-3.jpg

160505-4.jpg

益城町の様子
160505-5.jpg

160505-6.jpg

160505-7.jpg

160505-8.jpg

熊本市中心街の様子
​熊本市中心街では家屋やビルが倒壊するような被害は限られていたようですが、
ビルの一部に亀裂が入るなど、安全確認のために休業する店舗やホテルがありました。
160505-9.jpg

160505-10.jpg





平成28年熊本地震:復興支援販売<スイス洋菓子店>

  • 2016.05.02 Monday
  • 23:00

ここ数日のブログでは“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”の被災状況などをご覧頂いてきましたが、
今日はその緊迫した内容から少しリラックスできる記事をお伝えします。
鉛筆2

葉祥明の実家が経営している“紅蘭亭下通本店”が被災し、
他店舗は営業再開したものの、まだ本格的な営業が再開できていません。
ポロリ

そこで当館では同じ系列である“スイス洋菓子店”で販売している“三年坂マドレーヌ”を
熊本から取り寄せ、復興支援として、急きょ販売することにしました!
ワッ!

三年坂マドレーヌ”は昭和30年代の創業当時に発売され、その味を再現したものです。
新鮮な卵をふんだんに使い、クルミがアクセントの昔懐かしい焼き菓子です。
当館店頭で1個130円(税込)で販売スタート!
YES!

そして、休止していた“スイス洋菓子店”の“NETSHOP”も再開しました!
当館店頭にお越しになれない方は是非、こちらのご利用もお待ちしております!
ウィンク

どれも美味しくて、リーズナブル!
葉祥明は“リキュールマロン”が大好きですよ〜。
猫2

熊本では復旧への歩みがまだ始まったばかり。
どうかこれからも息の長いご支援ご声援を宜しくお願いします。
ニコニコ

downdowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndowndown
(HPより引用)
ケーキスイスのNETSHOP”のご利用はこちらから!back

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

160503-1.jpg

160503-2.jpg

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館周辺の被災状況〜道路編〜

  • 2016.05.01 Sunday
  • 23:00

昨日までのブログでは、“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”の“本館”と“付帯施設”、“お庭”の様子をご報告しましたが、今日はその周辺道路の状況をご覧いただきます。

実際に走ってみるとまだいたるところに亀裂があり、
4月16日の本震直後は道路の崩落や崖崩れが多発して通行不能だったことが容易に想像できます。

4日後の4月20日(水)に自衛隊や工事関係者皆さんの懸命な復旧作業のおかげでようやく美術館まで辿り着くことができるようになったそうです。

熊本市中心街からは迂回路として“ミルクロード”を利用すると1時間30分程度で到着します。
崩落した“阿蘇大橋”と“俵山トンネル”が復旧するまでは、この“ミルクロードルート”がメインになります。

下記の写真は4月27日(水)と28日(木)に撮影したものですから、
現在はさらに復旧が進んでいると思います。

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

160502-1.jpg

160502-12.jpg

160502-2.jpg

160502-3.jpg

160502-4.jpg

160502-5.jpg

160502-6.jpg

160502-7.jpg



160502-8.jpg
草千里に続く道も土砂で遮られていました。
その先の道には大きな亀裂が走り、すぐにはのぼれない様子です…。

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の被災状況_その3

  • 2016.04.30 Saturday
  • 19:30

本館”、“付帯施設”と被害の様子をご覧頂いてきましたが、
今日は“葉祥明阿蘇高原絵本美術館のお庭の被災状況をご報告致します。鉛筆2

葉山館長の指揮のもと、多くの方の手をお借りしながら再オープンにむけて、
安全確保の作業が今後進められていきます。工具

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

ベンチとテーブルの被害
160429-2.jpg
3台すべてこの状態です…。

ツリーハウスの被害
昨年できたばかりの“ツリーハウス”が傾いてしまいました。
建物は問題なさそうなので、クレーン車でつり上げて補修することになります。
160429-1.jpg

160429-7.jpg160429-8.jpg

庭の崩落
庭の一番奥のなだらかな斜面が崩落していました。
危険な状態ですので、立入禁止にする必要があります。
160429-3.jpg

160429-4.jpg

160429-5.jpg

160429-6.jpg

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の被災状況_その2

  • 2016.04.29 Friday
  • 23:00


昨日のブログでは、“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”が無事であることをお伝えしました。
今日は駐車場の一部、そして付帯施設である車庫や倉庫の被災の様子をご報告します。
鉛筆2

それでは早速ご覧下さい!見る

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

地割れの被害
南阿蘇一帯を襲った地震の影響でなんと30mを越す“地盤断層・断裂”による“地割れ”が発生していました。被害がこうした形で表れていることに驚きを隠せませんし、この地割れが少しでもずれていたら、本館への被害は甚大になっていたと思われます。

160428-9.jpg


160428-6.jpg

160428-2.jpg

160428-1.jpg

緊急改修工事
この地割れにどう対処するか悩ましいところだったのですが、
開館当初からお付き合いのある“有限会社 大阿蘇環境計画”の後藤社長がすぐに点検にきて下さり、
27日の雨が止むのを待って、作業開始から1日も経たずに解決して下さいました!

160428-14.jpg

160428-16.jpg

160428-17.jpg





改修作業完了
見事に作業を終了!
この緊急工事に感謝の言葉が見つからないほどの勇気をもらい、
葉山館長にとっても、前に進む大きな弾みになったことは間違いありません。
私も復旧作業の現場に立ち会えて良かったです。
ニコニコ

160428-10.jpg

160428-4.jpg

160428-3.jpg

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の被災状況_その1

  • 2016.04.28 Thursday
  • 01:17

昨日、無事に熊本に着き、
通称“ミルクロード”という道路で南阿蘇に向かいました。車

空港近くでもブルーシートの家が目立ったように思えましたが、
倒壊している家はほとんどなく、地震の爪痕を強く感じることはありませんでした。
しかし、南阿蘇に近づくにつれ、その色は濃くなっていきます。ポロリ

今日のブログは、“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”が無事であることを
まずはご報告し、その他の様子は順次、お伝えして参ります。鉛筆2

あいにくの雨模様ではありますが、
葉山館長の元気な後ろ姿と合わせてご覧下さい!見る

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

160428-1.jpg

160428-2.jpg





160428-3.jpg

平成28年熊本地震:熊本に行って参ります。

  • 2016.04.27 Wednesday
  • 07:59

“2016年4月14日(木)”に発生した一連の“熊本地震”から13日目。
ようやくホテルを確保することができ、熊本に行くことができます。

“葉祥明阿蘇高原絵本美術館”や“熊本市内”の様子を皆さんにご報告できればと思っています。

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

160427-1.jpg

平成28年熊本地震:紅蘭亭について

  • 2016.04.23 Saturday
  • 23:00

このブログでも何度かご紹介してきた葉祥明実家の“紅蘭亭”。
熊本市の中心街で“下通本店”、“上通パビリオン”、“セカンドサイト”など、
スイス洋菓子店”を含めて広く市民の皆さまに愛されています。

しかし、地震の影響で長期の休業を余儀なくされ、
全面的な営業再開を目指して鋭意復旧作業中とのことですが、
一部メニューを限定して上通パビリオンが“オープン”決まりました!

スイス洋菓子店”でも同じく上通パビリオンや他店舗で“一部営業再開”。

温かい食べ物、甘いスイーツ…。
熊本の皆さんに喜んで頂けると思います。

“紅蘭亭”と“スイス洋菓子店”の“オンラインショップ”については、残念ながら“お休み中”。
再開しましたらお知らせしますので、その際には是非、皆さまにお買い求め頂ければ幸堪です。

おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback

 

紅蘭亭からのお知らせ>(HPより)

現在紅蘭亭の各店舗は復旧作業中でございます。
開店のスケジュールも未定ですので順次ホームページにてお知らせ致します。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

<店舗別 営業状況>
・紅蘭亭下通本店1階 馬馬虎虎・・・復旧中
・紅蘭亭下通本店2階 レストラン・・・復旧中
・紅蘭亭下通本店3〜5階 和室宴会場・・・復旧中

・紅蘭亭上通りパビリオン・・・復旧中
・ジャンジャンゴー・・・4/24(日)営業開始予定
             ※一部提供できないメニューがございます
・オンラインショップ・・・復旧中(注文もお受け致しておりません)

スイス洋菓子店>(HPより)

・スイス下通店・カフェ・・・臨時休業とさせて頂きます。
・スイス上通店・カフェ・・・10時〜18時 営業中
              (カフェは限定メニューで営業致します。)
・スイス栄通セカンドサイト店・・・22日 18時〜24時 営業開始
・スイスゆめタウンはません店・・・臨時休業とさせて頂きます。
・スイスイオン熊本嘉島店・・・10時〜18時 営業中
・スイスゆめタウン光の森店・・・26日 11時〜18時 営業開始
・スイスイオン大津店・・・23日 10時〜19時 営業開始
・オンラインショップに関しましてはお休み致します。(準備が出来次第開始致します。)

葉祥明美術館のお庭便り:2016年<春の装い>-その3

  • 2016.04.22 Friday
  • 23:00

 “熊本地震”の本震からようやく1週間経ちます。
今日もすでに震度4の余震が2回あり、まだまだ予断を許しません。

生活インフラでは電気、水道の復旧がだいぶ進んだものの、
ガスの使用ができない地域が多く、お風呂に苦労なさっているようです。

私は被災地の情報収集や、メール、電話などの対応を続けていますが、
ふと外に出ると春らしい青空と緑の息吹に癒されました。

自然災害に我々は苦しめられることがありますが、
同時に恩恵を受けていることに気づかされます。

それでは、北鎌倉の様子をご覧下さい。見る

URLこれまでの“お庭便り”はこちらから!back

160422-1.jpg

160422-6.jpg

160422-2.jpg

160422-3.jpg

160422-4.jpg

160422-5.jpg

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の様子について_最新

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 23:00

2016年4月16日”の未明に熊本を襲った本震から、
ようやく葉祥明阿蘇高原絵本美術館の館内に立ち入ることができたと連絡がありました。

予想はしていたものの、館内には商品を含めいろいろな物が散乱し、
建物にも亀裂が入っている状態とのこと。

今後、修復可能かどうか、可能な場合どの程度の工事期間が必要なのかも含めて、
専門家を交え検証していくことになります。
まだまだ当面休館ではありますが、再開館を目指して一歩ずつ進んで行けると信じています。

まだまだ余震が収まる気配のない熊本地方です。
皆さまのご支援、ご声援をこれからも宜しくお願いします。


おうちこれまでの“平成28年熊本地震”の記事はこちらからback


大きく揺れた大地は静寂そのもの。祈りの大地です。

お問い合わせは“北鎌倉葉祥明美術館”までお願い致します。

お問合せ先
北鎌倉葉祥明美術館
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内318-4
TEL:0467-24-4860 FAX:0467-24-6536

フェアのお知らせ:2016年<新宿高島屋>にて!_原画販売!_1/2

  • 2016.04.19 Tuesday
  • 23:00

2016年4月13日(水)〜4月26日(火)まで
新宿高島屋”にて葉祥明フェアが開催中です!拍手拍手拍手

今回の原画作品のテーマはジェイク!

熊本地震に心を痛めている葉祥明が出来ることは絵を描くこと。
少しでもこの“平和な世界”が心の慰みになれば…と思います。
ニコニコ

皆さまのお越しをお待ちしております。地球

URLこれまでの“フェアのお知らせ”はこちらから!back

【タイトル】JAKE’S SPRING 
【予定価格】¥200,000(税別)
【絵サイズ】21.1cm×21.2cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。


【タイトル】SUMMERJAKE 
【予定価格】¥200,000(税別)
【絵サイズ】21.1cm×21.2cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。


【タイトル】JAKE IN AUTUMN 
【予定価格】¥200,000(税別)
【絵サイズ】21.1cm×21.1cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。


【タイトル】WINTER JAKE 
【予定価格】¥200,000(税別)
【絵サイズ】21.1cm×21.0cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。


【タイトル】JAKE’SWORLD 
【予定価格】¥400,000(税別)
【絵サイズ】22.0cm×28.2cm
※実際の色味と若干違う場合があります。予めご了承下さい。
※解像度の影響でムラがありますが原画はきれいに仕上がっています。

新宿高島屋
【期  間】2016年4月13日(水)〜4月26日(火)
【サイン会】4月24日(日)14:00〜16:00
【場  所】10階インテリアアートギャラリー
【住  所】〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
【電  話】03-5361-1452 

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の様子について_ その1

  • 2016.04.18 Monday
  • 17:00

4月14日に発生した「平成28年熊本地震」で、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、御遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。また、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

そして、沢山のご心配と励ましの言葉を頂戴し、心より感謝申し上げます。

今日は“2016年4月16日”の記事に続き、
ようやく南阿蘇村の美術館の様子を確認することができましたのでお知らせします。

今朝、葉山館長から連絡があり、
葉祥明阿蘇高原絵本美術館は“無事に立っている”ことを確認したとのことです。
葉山館長自身が足を運ぶことができない状況ということもあり、近くに住む村の方が目視して下さいました。

まずはホッとするニュースです。

ただ、地震の影響で周辺の道路がうねってしまい、敷地に近づくのが難しく、“目視”となったようです。館そのものの被害状況はまだ分かりません…。

余震も続き、インフラの復旧もまだまだ先のようです。
地震の収束と少しでも早く自宅で寛げるようインフラ等の復旧を祈るばかりです…。

お問い合わせは“北鎌倉葉祥明美術館”までお願い致します。

お問合せ先
北鎌倉葉祥明美術館
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内318-4
TEL:0467-24-4860 FAX:0467-24-6536

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の休館について

  • 2016.04.16 Saturday
  • 10:00

本日未明に発生した地震により、
葉祥明阿蘇高原絵本美術館が位置する南阿蘇村に甚大な被害が発生しました。

美術館に通じる“阿蘇大橋”と“俵山トンネル”の崩落もあり、当面は休館いたします。

また、多数のお気遣いのご連絡をありがとうございます。
美術館そのものの被害は不明ですが、葉山館長夫妻は市内の自宅で無事です。
他、スタッフにも被害はないと聞いています。

とはいえ市内でもライフラインがストップし、葉山館長自身も含め、多くの人が避難所で一夜を過ごしているとのこと。
空港閉鎖、鉄道運休、高速道路の寸断と現地に赴くこともできません。
事態を見守りたいと思います。

お問合せのある場合は“北鎌倉葉祥明美術館”までお願い致します。

お問合せ先
北鎌倉葉祥明美術館
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内318-4
TEL:0467-24-4860 FAX:0467-24-6536


 

平成28年熊本地震:葉祥明阿蘇高原絵本美術館の開館について

  • 2016.04.15 Friday
  • 10:00

昨日発生した地震の影響が心配されましたが、
葉祥明阿蘇高原絵本美術館は一部商品の落下があった程度で、
館内やお庭には被害は見受けられなかったとのこと。

通常通りに開館しております。
(4月16日の本震による被災により現在は休館しております。)

皆さまのお越しをお待ちしております。

家葉祥明阿蘇高原絵本美術館
〒869-1401 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5988-20
TEL/FAX:0967-67-2719
入館料:大人¥450/中・高¥250/小学生¥150
通常営業時間:10:00〜17:00(年中無休)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2019年<京急上大岡>にて!_告知!
    toshi (08/20)
  • 原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_NHK冨山でニュース番組に!
    toshi (08/18)
  • いちご新聞'19年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.46のご紹介です!_1/1
    toshi (08/16)
  • 雑誌「SAKIGAKE(魁)」'19年春42号:「葉祥明の世界」のご紹介です!
    toshi (08/15)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2019!_途中経過発表!
    toshi (08/13)
  • いちご新聞'19年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.45のご紹介です!_2/2
    toshi (08/11)
  • いちご新聞'19年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.45のご紹介です!_1/2
    toshi (08/10)
  • 広島 原爆の日:絵本『きみに聞いてほしい〜広島に来た大統領〜』より…。
    toshi (08/07)
  • お知らせ:会員様特典<壁紙プレゼント>2019年8月!
    葉祥明美術館 堀内 重見 (08/05)
  • お知らせ:会員様特典<壁紙プレゼント>2019年8月!
    toshi (08/05)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM