公式ホームページ:当館の紹介映像を制作中です!

  • 2017.02.16 Thursday
  • 23:00

 

昨年秋に当館の“公式ホームページをリニューアルする”ことが決まり、

その中で、葉祥明と当館の紹介映像をYouTubeで公開することになりました!拍手拍手拍手

 

先日、そのための重要な作業となるナレーション録りを声優の方にお願いし、

スタジオを借りて収録!カラオケ

 

映像は約2分で、外国の方にも分かるように、英語の字幕も入れる予定にしています。ホットコーヒー

 

それでは、早速ご覧下さい!見る

 

URLこれまでの“公式HP制作の様子”はこちらから!back

 

170216-2.jpg

お借りしたスタジオは“コサエル・クリエイティブスタジオ”さん!

 

私もいろいろスタジオは拝見して来ましたが、

代表の“浦本和宏”さんのとても丁寧な応対と確かな技術、そして充実した設備には驚きました。

ちなみに、“コサエル”は熊本弁!最初はスペイン語とか外国語かな?と思ったのですが、

聞きなれた響きに、お尋ねしたところ、お父様が天草出身とのこと!

意味合いとしては「作る、創る」というところでしょうか。モゴモゴ

 

170216-1.jpg

ナレーションを担当して下さる“小口貴子”さんと

DVD“Healing Heart”を制作してくれた“小川翔平”氏。

お二人とも当館のイメージをしっかり受け止めて表現して下さり、大変心強かったです。

ちなみに、BGMは同じくDVD“Healing Heart”から“Masaya”さん!

 

170216-6.jpg

小口貴子”さんの柔らかく温かみのある声質は葉祥明作品にピッタリでした!ロリポップ!

 

170216-5.jpg

小川さんのディレクションの元、作業が進みます。YES!

 

170216-4.jpg

 

170216-7.jpg

僭越ながら、最終OKはいちおう、私です…。

完成まで、まだまだ編集作業は続きます!ウィンク

ミュージアムコンサートのご報告:DVD『Healing Heart』発売記念コンサート!

  • 2014.05.27 Tuesday
  • 00:00
葉祥明美術館の“企画展・DVD『Healing Heart』展”に合わせて、
DVDの楽曲すべてを作曲・演奏してくださった“MASAYA”さんをお迎えし、
5月17日(土)にホームコンサートを開催しました。拍手拍手拍手

第一部は映像をスクリーンに映し出し、DVDを生演奏で再現。
第二部では葉祥明のお話しと詩の朗読などを交えたひとときとなりました。さくらんぼ

MASAYAさんの出演は2年半前の“クリスマスコンサート”以来となり、
DVDのアレンジバージョンだけでなく、素晴らしい即興演奏を披露して下さいました!ラブラブ

企画展・DVD『Healing Heart』展は7月24日(金)までの開催。
7月12日(土)にはミュージアムトークも予定しておりますので、
是非、“Healing”な空間をお楽しみ下さい!パクッ


MASAYAさん伴奏による詩の朗読。ロリポップ!


サイン会では、MASAYAさんにも参加頂きました。鉛筆


映像を制作してくださった“小川翔平”さんもかけつけてくれました。
3人の名前が揃うサイン入りDVDは貴重です。モゴモゴ


最後にDVDをプロデュースした私も加わって、一緒に記念撮影!イヒヒ


ちなみに、この日は“KAB熊本朝日放送”の密着取材が行われました。
数名のお客様がインタビューを受けてらっしゃいましたよ〜。ワッ!

ご来場くださったお客様、ありがとうございました。
MASAYAさん、お疲れ様でした!楽しい

新商品のご紹介:DVD『Healing Heart 〜心の風景を求めて〜』

  • 2014.03.30 Sunday
  • 00:00
葉祥明の作品を映像と音楽で新しく表現したDVD『Healing Heart 〜心の風景を求めて〜

DVDに収められた作品は葉祥明の代表的な作品を中心に全58点を選び、
映像作家の“小川翔平”氏がその世界観を丁寧にビジュアル化しました。テレビ

音楽は当館のミュージアムミュージックやクリスマスパーティでもお馴染みの“MASAYA”氏。
人の呼吸に近いリズムで奏でられる美しいピアノの旋律はまさに“Healing”です。悲しい

特典映像として、熊本市現代美術館での原画展に出品し
大変好評だった映像「COSMIC MESSAGE」も収録した充実の32分!グッド
(日程詳細は明日のブログで告知します。)

4月26日(土)から7月18日(金)まで当館で原画展の開催だけでなく、
5月17日(土)はMASAYA氏による“発売記念ミュージアムコンサート”も企画しています!拍手

当館オリジナル商品として“当館店頭とNETSHOP”でのみ販売です。
皆様のお買い求めをお待ちしております!楽しい

URL DVD『Healing Heart 〜心の風景を求めて〜』のお買い求めはこちらから!back

<パッケージ表紙>
【商品名】Yoh Shomei Art Gallery 『Healing Heart 〜心の風景を求めて〜』
【絵と文】葉祥明
【音 楽】MASAYA
【映 像】小川翔平
【価 格】2,300円(税別)
【内 容】DVD1枚-32分
【販売元】北鎌倉葉祥明美術館(2011年9月23日)
1972年に創作絵本『ぼくのべんちにしろいとり』でデビューして以来、多くの人々を魅了してきた葉祥明作品。水平線や地平線が広がる情景とその色合いは心の琴線にそっと優しくより添い、穏やかなひとときを感じさせてくれます。本作では映像作家・小川翔平が葉祥明の絵を新たなビジュアルとして映像化し、音楽家・MASAYAが作品の持つリズム感と旋律をエモーショナルなピアノ楽曲として表現。収録作品は初期のメルヘンからニューランドスケープに油彩画、そして「ことば」を含めた全58点を収録!
MASAYA:(Piano & Synthesizer, Composer)1984年、三重県に生まれる。幼少よりクラシックの音楽教育を受け、学生時代には作曲も始める。自身のユニット「silent flow」として、2枚のミニアルバムを全国リリースする一方、ソロとして、楽曲提供やサポート演奏、インストラクター等、その活動は多岐に渡る。現在、音楽の新しい価値や可能性を表現する活動に力を注いでいる。
小川翔平(映像作家/エディター)1986年埼玉県に生まれる。
小学生の頃、Hi-8を片手に駆け回る。その後、埼玉県立芸術総合高校(映像芸術科)を経て、東京電機大学(情報社会学科/芸術表現学専攻)を卒業。ビデオアートを始め、ドキュメンタリー、アニメーションなど様々な映像作品を制作。現在は、CM、番組などの編集を手がける。

<パッケージ裏面>


<第一章:穏やかな一日>
夜明け前のほのかな朝の光。徐々に移ろいゆく風景の数々。
葉祥明らしいメルヘンな作品を中心にセレクト。(画像抜粋)










<第二章:静寂の中で…>
地球上に広がる青い世界を様々な表情で描き出す本章。
観る者の心を静けさの海原へと誘います。(画像抜粋)










<第三章:Words & Verse>
葉祥明の心に響いた言葉。
それは私たちの心に癒し、慰め、安らぎ、そして励ましを運んでくれます。
優しい絵を添えてお届けします。(画像抜粋)










<特典映像:Cosmic Message>
葉祥明は宇宙をも“Cosmic Landscape(宇宙風景画)”として捉え、その神秘性と叡智を描きます。2012年春に熊本市現代美術館で開催された画業40周年記念原画展に出品した本品を特典として収録。(画像抜粋)








原画展<熊本市現代美術館>:『葉祥明展〜地平線の彼方へ〜』ご案内!-その5

  • 2012.04.12 Thursday
  • 00:00
今日ご覧頂くのは、
“映像「Cosmic Message」”・“Blue Stream”・“最後の部屋”です。ひらめき

映像『Cosmic Message』は以前の“ブログ”でも予告的な紹介をしましたが、
絵本『宇宙からの声』をベースに映像化し、新しい表現を演出しました。テレビジョン

Blue Stream”は未発表作品の一つ。
ブルー一色で描かれた作品は作家が身体全身を使って描いた“現代アート”と言えます。mac

そして最後の部屋には熊本との関わりや
新作絵本の制作の過程をご覧いただきます。よつばのクローバー

それでは、早速ご覧下さい!見る

URLこれまでの“熊本市現代美術館”の記事はこちらから!back


映像『Cosmic Message』は映像作家の“小川翔平”氏、音楽は北鎌倉葉祥明美術館でも
素晴らしい演奏を何度も披露してくれている“MASAYA”氏にお願いしました。
ご覧下さった方から嬉しいコメントも頂きました!
約10分の映像ですので、ゆっくりとご覧下さい!テレビ


そして遠撮になりますが“Blue Stream”です。
42枚の原画を壁一面に飾ってあります。
こちらも是非、じっくりとご覧いただきたい作品です。ラテ


これまで熊本県や熊本市などに使っていただいた作品の原画を揃えました。
バスカードなどの図案もありますよ。路線バス


そして絵本『渡り鳥からのメッセージ』の原画です。鳥


こちらはその絵本を制作するために取材した時の写真(by Jyuken)や
鳥のデッサン、そして絵本のコマ割り原稿を展示しています。便箋


最後のコーナーに、今回のイメージアイコンとなった
高原の花畑」の原画が飾られ、今回の展示は終了します。おはな

総点数250点。
40年という長い画歴の中で葉祥明自身が生み出してきたもの、
そして私たちが受け取ったものを新しい視点でご覧いただける展示会です。
会期はまだまだ始まったばかり。
是非、一人でも多くの方にお立ち寄りいただきたいと思います。楽しい

【開催場所】熊本市現代美術館
      〒860-0845 熊本市中央区上通町2番3号
      Tel:096-278-7500 Fax:096-359-7892
【タイトル】『葉祥明展〜地平線の彼方へ〜』
【会  期】2012年4月7日(土)〜6月17日(日) 
【開館時間】10:00〜20:00(展覧会入場は19:30まで)
【休館日 】火曜日
【観覧料 】一般1000(800)円、高・大学生500(400)円、小・中学生300(200)円
      *熊本市・福岡市・鹿児島市内小・中学生は無料(要名札)
      *( )は20名以上の団体、身体障害者手帳等をお持ちの方、
       熊本市・福岡市・鹿児島市民で65才以上の方。

東京電気大学理工学部鳩山キャンパス新聞に「葉祥明講演会」掲載!

  • 2008.01.22 Tuesday
  • 23:00
昨年9月29日、東京電気大学・鳩山キャンパスにて
葉祥明の講演会が行われました。

その内容が同校のキャンパス新聞「キャッツアイ」に
掲載されましたので、ご紹介したいと思います。


葉祥明と記事の執筆者・小川翔平さん(情報社会学科3年生)

葉祥明氏講演会「芸術とは何か?」

去る9月29日に絵本作家・画家・詩人の葉祥明氏の講演会が鳩山キャンパスで開かれた。
11月並の肌寒い気候の中ではあったが、一般の方に加えて学生も集まり、
講演に耳を傾けていた。

「芸術とは何か?」という大きなテーマについて、
「アートとは人間が手を加えたという意味。
人間の持つ、知性とセンスで美しいものを作り出すことがアートだ」と葉氏は語った。

一見、電気大学とアートとはあまり関連がないように思えるが、
「ものづくり」の視点からは、この世の人間が生み出すものすべてがアートと考えられ、
そこに関連性が見えてくる。
実は「art」の語源であるラテン語の「ars」には「技術」という意味もある。

講演会中に公開した『葉祥明〜人と自然への愛』は、葉祥明氏(の作品)と
情報社会学科3年の小川(筆者)がコラボレーションしたビデオアート作品である。
8月中旬から企画に入り、葉祥明美術館に完全協力頂いて完成した。
海、空、大地、そして人間。
葉祥明氏の作品に流れる、深々として心温まるものが私たちの心に語りかける。

海の波音は聞いているか。
山の鳥のさえずりは聞こえているか。
大地の鼓動は感じているか。
私たち人間はひとりで生きているわけではない。
私たちが住むこの地球と共存している。
人はひとりでは生きていけない。

葉祥明氏の思想の根本には生命(いのち)がある。
あなたは生命を感じているだろうか。

悠久の美の世界を描き続ける葉氏。
地雷ではなく花をください」などの絵本でも知られているとおり、
平和活動に尽力している。
またスピリチュアルな世界をも描いている葉氏は、
私たちがどこかに忘れてきてしまった
自然や地球に対する感謝の気持ちを伝えてくれている。

葉氏の美術館は北鎌倉南阿蘇にある。
近くまで行ったときは立ち寄ってみてはどうだろうか。

小川さん、映像製作に記事寄稿と大変お疲れ様でした!
ありがとうございました!

作家・葉祥明の世界に、少しでも多くの学生さんがご興味をお持ちいただき
触れるきっかけとなっていただければ非常に嬉しいと思います 楽しい

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2017年<JR京都伊勢丹>にて!_ 原画販売!
    toshi (04/25)
  • フェアのお知らせ:2017年<JR京都伊勢丹>にて!_ 告知!
    toshi (04/25)
  • 新商品のご紹介:ミニトートバッグ<絵本『赤毛のアン』>より!
    toshi (04/24)
  • 新商品のご紹介:ポストカード<絵本『赤毛のアン』>より!
    toshi (04/23)
  • 映画『赤毛のアン』の全国ロードショーが5月6日からスタート!_主演来日インタビュー!
    toshi (04/21)
  • 紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その3
    toshi (04/19)
  • 紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その2
    ゆきの (04/18)
  • 紀行記事:熊本地震・復興支援ツアー『鎌倉から熊本へ』_その1
    toshi (04/17)
  • フェアのお知らせ:2017年<うすい郡山>にて!_ 原画販売!
    toshi (04/15)
  • 平成28年熊本地震:あれから1年経ちました。
    toshi (04/14)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM