葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』_その3

  • 2019.01.19 Saturday
  • 17:00

 

三日連続で詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』から、“リラちゃんのお部屋”で展示している葉祥明作品のご紹介です。鉛筆

 

原画作品の展示としては、表紙絵なのですが、詩は別のページからの引用となっています。

そちらも合わせてご一読下さい。見る

 

作品は今日も“ヘルマン・ヘッセ”の詩より。

すごく分かりやすいのですが、相当なロマンチストのように感じます。

でも、そこに葉祥明の絵がマッチするということは、やはり同じようにロマンチストなのかもしれませんね!ウィンク

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_3299 2.jpg

 

IMG_3300.jpg

 

 

恋愛詩_3net.jpg

愛の歌』 詩」ヘルマン・ヘッセ 絵:葉祥明

 

ぼくの故郷は何だろう?

ぼくの故郷は かわいらしい

ここかと思うと またあちらへ

ぼくの心をうばって つれて行く

痛みを 安らぎを ぼくにあたえる

きみこそが ぼくの故郷

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

<表紙カバー>

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』_その2

  • 2019.01.18 Friday
  • 19:30

 

昨日に引き続き、“リラちゃんのお部屋”の展示作品のご紹介です。

 

画集『世界の恋愛詩を読みかえす』より、葉祥明の作品が掲載されているページの原画を展示しています。ロリポップ!

(※昨日は「世界の名詩を読みかえす」としてご紹介しましたが、上記の間違いでした。お詫びして訂正致します)

 

今日も“ヘルマン・ヘッセ”の詩より。

私生活では何度も失恋し、結婚生活も何度も破綻したとか…。

だからこそ、生まれた名詩なのかもしれませんね。

1946年にはノーベル文学賞を受賞しています。鉛筆

 

そして、葉祥明の濃紺の夜の絵がちょっと寂しくも、どこかに柔らかな眼差しを感じます。ニコニコ

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_0064.jpg

 

IMG_0065.jpg

 

恋愛詩_2.jpg

なんと毎日が…』 詩」ヘルマン・ヘッセ 絵:葉祥明

 

なんと毎日がやりきれないのだろう!

どんな暖炉にあたっても

からだがあたたまらない

太陽ももう

わたしにほほえんではくれない

なにもかもうつろで

なにもかも冷ややかで 心つれない

やさしい明るい星たちも

どう慰めたらいいのかわからないまま

わたしを見つめている

恋も死ぬことを

身にしみて知ったあの日から

 

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

<表紙カバー>

葉祥明美術館の常設展:2018-19年<冬の展示>_リラちゃんのお部屋_詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』

  • 2019.01.17 Thursday
  • 15:00

 

先日、“階段とクロウドの部屋の常設展示”をご案内しましたが、“リラちゃんのお部屋”では、詩画集『世界の恋愛詩を読みかえす』より、葉祥明の作品が掲載されているページの原画を展示しています。ロリポップ!

 

本書はヘッセ、ハイネ、リルケ、ゲーテ、コクトーなど、世界の名だたる詩人が読んだ恋愛詩を49編セレクトして、そこに、日本を代表する画家の絵を添えたユニークな詩画集です。とても知的で品位のある一冊としてロングセラーになっています。ニコニコ

 

今日は、その中から1点、ご紹介します。鉛筆

 

URLこれまでの“常設展”の様子はこちらから!back

 

IMG_0058.jpg

 

IMG_0057.jpg

おねがい』 詩:ヘッセ 絵:葉祥明

 

いつかあなたが

言えないことをたくさん言える

あなたのかわいらしい手を

さしのべてくれたとき

わたしはあなたにききました

わたしを愛してくださいますか と

 

でも いまのおねがいは

愛してください ではありません

ただ あなたがわたしのそばにいて

ときおり 黙ったままそっと

手をさしのべてさえいてくだされば

いいのです

downdowndownご購入はこちらからどうぞ!downdowndown

恋愛詩_1a.jpg

【訳・解説】飯吉 光夫
【表 紙】葉祥明
【頁 数】127ページ
【出版社】いそっぷ社(2013/10/15)
【サイズ】17×13.6×1.6cm

恋愛詩_1.jpg

 

※昨日アップした記事の内容を訂正しております。掲載本が「世界の名詩よ読みかえす」ではなく、正しくは「世界の恋愛詩を読みかえす」でした。お詫び致します。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その3(明月院情報)
    toshi (06/03)
  • 葉祥明美術館の企画展:新作絵本原画展『花のすきな おおかみ』_告知動画のご紹介!
    toshi (06/01)
  • <開館についてのお知らせ>:6月1日(月)より再開致します!
    toshi (05/31)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その2
    toshi (05/28)
  • 北鎌倉を楽しむ:日本料理・懐石<北鎌倉 円(えん)>_テイクアウト版!
    toshi (05/26)
  • 葉祥明美術館の企画展:絵本『そらのむこうに』展_展示の様子!
    toshi (05/24)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2020年<紫陽花便り>-その1
    toshi (05/23)
  • 商品のご紹介:絵本『そらのむこうに 〜THE SKY DOME〜』
    toshi (05/21)
  • 新商品のご紹介:マグネットの新柄!_5柄!
    toshi (05/19)
  • お知らせ:葉祥明阿蘇高原絵本美術館が再開しました!
    toshi (05/17)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM