葉祥明美術館の企画展:詩画集「雲のゆくおるがん」展-その6

  • 2013.02.10 Sunday
  • 00:00
北鎌倉葉祥明美術館では企画展・『雲のゆくおるがん』の原画を展示中です。地球

今回の企画展は「今道友信先生を偲んで」というサブタイトルにあるように、
今道先生にご縁のあった方、慕ってらっしゃた方々のご協力が多くあります。ニコニコ

そして、当館の会員様でもある“フューネラルフラワー協会”の“理事長・岩田弘美”さんが
今道先生と原画展のために、仏華作品をお贈り下さいました!ラブラブ

フューネラルフラワー”とは「仏事に使用する花の総称」で、
「プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーを使用した供花・仏花の新しいかたち」とのこと。水を差す必要もなく、鮮やかな色合いが長く続くのも魅力です。グッド

当館には現在3作品が置いてあり、展示会に静かに華を添えてくれています。
こちらも是非、合わせてお楽しみ下さい。楽しい

URLフューネラルフラワー協会”へのお問い合わせはこちらから!back

URLこれまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back














そして、2月9日のミュージアムトークに参加してくださった岩田弘美先生です!
フューネラルフラワー普及のために教室・セミナーもされていらっしゃいますよ!おはな

葉祥明美術館の企画展:詩画集「雲のゆくおるがん」展-その5

  • 2013.02.09 Saturday
  • 00:00
北鎌倉葉祥明美術館では企画展・『雲のゆくおるがん』の原画を展示中です。地球

昨日は“今道友信”先生コーナーの様子をご覧頂きましたが、
今日は、今道先生のご子息であられる“今道友隆”さんが今回の企画展のために
お父様の思い出などを寄せて下さいました。鉛筆

ちなみに、今道友隆さんは1980年代にロックバンド“バービーボーイズ”のリーダーとして
活躍された方で、私世代にとっては嬉しいご縁となりました。ラッキー

それでは、一部内容をご紹介します。
ご子息ならではの目線が印象的です。ニコニコ

URLこれまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back


スケッチブックいっぱいに書いて下さいました。読書


おかたい哲学書であれ
やわらかいエッセイなどの読物であれ、
著作が出版されるたび、
サインをして贈ってくれました。
リアルタイムではチンプンカンプンでしたが
成人したいまは、沢山の宿題をもらったなぁ、
という想いも…



初めて一般の人に向けて
わかりやすく書いたという
「愛について」。プロフィール写真の
撮影時、過労から右こめかみに
アザができてしまい、それが
そのまま写るのをとても気にしてました

葉祥明美術館の企画展:詩画集「雲のゆくおるがん」展-その4

  • 2013.02.08 Friday
  • 00:00
北鎌倉葉祥明美術館では企画展・『雲のゆくおるがん』の原画を展示中です。地球

今回は作詩をされた“今道友信”氏が昨年逝去されたこともあり、
今道友信先生を偲んで”という副題を付けています。

通常の企画展では通常は1階の展示室だけでの展開なのですが、
2階のクロードのお部屋を使い、今道先生の直筆原稿や写真などをパネル化して、
足跡の一部をご覧頂けるようにしました。ニコニコ

URLこれまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back


幼少からの写真もお借りしました。
著作本もお読み頂けます。読書


同級生だった演劇研究家で早稲田大学名誉教授“河竹登志夫”氏が、同じく同級だった讀賣新聞グループ会長の“渡辺恒雄”氏と今道先生との再会を果たして書いた寄稿文や、葉祥明との対談記事をパネル化しました。
東京大学哲学部に在籍した“渡辺恒雄”氏が、なぜ学者を目指さず、企業家になったのか?
そんなお話しもユーモアを交えて紹介されていますよ。ラッキー


直筆の原稿やご自身の描いたイラストも展示。

明日は、ミュージアムトークです。
三連休でお天気も良さそうですので、是非お出かけ下さい!

葉祥明美術館の企画展:詩画集「雲のゆくおるがん」展-その3

  • 2013.02.05 Tuesday
  • 00:00
北鎌倉葉祥明美術館での企画展・『雲のゆくおるがん』が先週土曜日からスタートし、
新聞にも掲載されたということで寒い中、お客様にお越し頂いています。GO!

今日のブログでは、まずは1階の展示室の様子をご覧頂きたいと思います。見る

葉祥明が“今道友信”氏の詩から得たインスピレーションで描いた風景画の他に、
今道先生の貴重な直筆の原稿なども合わせて展示しています。
きれいに整った文体からもその几帳面でまじめなご様子が伺えます…。ニコニコ

URLこれまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back







葉祥明美術館の企画展:詩画集「雲のゆくおるがん」展-その2

  • 2013.01.23 Wednesday
  • 00:00
北鎌倉葉祥明美術館での企画展・『雲のゆくおるがん』の開催準備が着々と進んでいます。
その一環として、“かまくら春秋社”コーディネートの元、鎌倉市役所のメディアルームにて、
新聞社4社の取材を受けました。グッド

URLこれまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back


葉祥明だけでなく、私も同席。ニョロ


約1時間後にインタビューは終了し、写真撮影へ。
はじめは鎌倉市のオフィシャル背景を使用することになりましたが、
絵を中心に見てもらうために、変更して背景は無色にすることに。たらーっ


記者のみなさんがカメラマンとして撮影!カメラ


ベストショットを求めて熱心に立ったり、座ったり。温泉


こんな感じになりました。ひらめき

どんな記事になるか楽しみです!楽しい

葉祥明美術館の企画展:詩画集「雲のゆくおるがん」展-その1

  • 2013.01.22 Tuesday
  • 00:00
1月26日(土)から3月15日(金)まで詩画集「雲のゆくおるがん」展と題して
北鎌倉葉祥明美術館にて企画展を行います。グッド

本書の著者である“今道友信”氏は1922年に東京で生まれ、東京大学名誉教授を歴任し、
1986年には紫綬褒章を受章された日本を代表する“哲学者・美学者”です。鉛筆

葉祥明とは前著『人生の贈り物-四つの物語-』でご一緒し、氏の素晴らしい詩を知った葉が、
世に出して、多くの方に紹介したいという思いとが結実した作品でもあります。地球

昨年6月に、その“出版記念パーティ”が行われた際に、今回の企画展開催を発表したのですが、残念ながら10月13日に今道先生が89才で逝去され、「今道友信先生を偲んで」というサブタイトルで、追悼の意を表すことになりました。

今道先生のとても品位があり、すーっと心の中に入ってくる素晴らしい詩と、
葉祥明がそれぞれの場面をイメージして描いた作品との共演をお楽しみ下さい。ニコニコ

今回はかまくら春秋社、そしてご遺族の方々、関係者の方々のご厚意とご協力を得て、
今道先生の偉大な足跡をご紹介する企画も準備しています!おはな

皆様のご来館をお待ちしております!楽しい

URLこれまでの“北鎌倉葉祥明美術館の企画展”の様子はこちらから!back

 downdowndownこちらは皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown
【期  間】2013年1月26日(土)〜2013年3月15日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館展示室
【イベント】2013年2月9日(土)ミュージアムトーク

<ウラページ>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 祥明美術館のお庭便り:2017年<秋の装い>-その3
    toshi (10/24)
  • イベントのお知らせ:平成28年熊本地震:音楽劇『リトル・ツリー』_東京公演!
    toshi (10/23)
  • イベントのお知らせ:宝塚歌劇団花組・公演『ハンナのお花屋さん』_行って来ました!
    もちもち (10/22)
  • 北鎌倉を楽しむ:オススメお食事&カフェ:<牛煮込み専門フレンチ「紫 -Yukari」>
    toshi (10/22)
  • イベントのお知らせ:くじ引き散歩〜北鎌倉をぐるぐるして景品をもらおう!〜
    toshi (10/21)
  • いちご新聞'17年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.24のご紹介です!_2/2
    toshi (10/20)
  • いちご新聞'17年10月号・『心にAroma(アロマ)』no.24のご紹介です!_1/2
    toshi (10/19)
  • 「ミュージアムミュージック」開催のお知らせ:音楽家4名によるアンサンブル!
    toshi (10/17)
  • フェアのお知らせ:2017年<いよてつ高島屋>にて!_原画販売案内!
    toshi (10/16)
  • オススメお食事&カフェ:<鎌倉餃子UMINECO Wine&Cafe>
    toshi (10/15)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM