新刊のご紹介:絵本『にじいろのみち』

  • 2015.03.01 Sunday
  • 00:00
KAB熊本朝日放送開局25周年特別番組<きっとある虹色の道>プロジェクトの一環として
制作された新作絵本『にじいろのみち』が発刊になりました!拍手拍手拍手

2014年3月の阿蘇の野焼きからスタートした熊本探訪は約1年続き、
そこで出会った風景や生き物たちを葉祥明が感じたままに描きました。ラブラブ

阿蘇菊池人吉・五木村天草・水俣天水…。
大自然の変わらぬ姿と人々が紡いできた悠久の歴史。
熊本の魅力だけでなく、皆さんの故郷の素晴らしさを再発見してみてはいかがでしょうか?地球

そして、この絵本のもう一つの魅力が“AR(Augmented Reality=拡張現実)”です。
崇城大学”の全面的な協力の元、“和泉助教”によって制作されました。
スマートフォンやタブレットにダウンロードした専用アプリを使って絵本にかざすと
360度の風景が現れたり、朗読音声が流れ、電車やイルカが動いたりします。
2016年2月21日までの期間限定アプリです!グッド

この絵本の取材・制作過程の様子は2015年2月21日(土)午後4時から1時間の特別番組として、語りを森高千里さんが担当され、九州沖縄山口7局ネットで放映されました。
当館での関連イベントは3月14日(土)から5月15日(金)まで原画展開催の予定です。

URL『にじいろのみち』のお買い求めはこちらから!back

URLこの商品の“取材紀行・絵本制作など関連記事”はこちらから!back

           down(一部抜粋してご紹介します)down
【書籍名】絵本『にじいろのみち
【絵と文】葉祥明
【装 丁】水崎真奈美(BOTANICA)
【頁 数】32ページ
【判 型】28.4×22.6×0.8cm(縦×横×厚)A4変型 判
【出 版】自由国民社(2015年2月27日)
「にじいろのみち」は、僕にとって、特別な絵本です。熊本に生まれ、育ったけれど、まだまだ熊本には、僕の知らない素晴らしいところがいっぱいある、ということを「KAB熊本朝日放送」の開局25周年特別企画番組の取材を通して知りました。

阿蘇・菊池・人吉・天草・水俣・五木村・天水。その他、地名だけは知っていても、これまではよく知らなかった場所を訪れ、現地で写生しその全体を一冊の旅の絵本にするのは、楽しく、また困難な仕事でした。けれど、熊本の多彩な風土を七色の道になぞらえて、大空を自由に漂う風船とともに虹色をたどるユニークな絵本にすることができました。今はほっとしています。

テレビの映像とこの絵本を見て、故郷の皆様そして日本全国の皆様が熊本、ひいては、この日本の知られざる魅力を感じ実際に旅に出よう、という気持ちになってくれたら幸いです。そして皆様が各々の「虹の道」を、各々の人生の中にもまた見い出さんことを心から願ってやみません。                               
                            葉祥明 〜あとがきより〜

<1ページ>
風にふかれて 旅にでよう
きっとある
にじいろのみちが…
この空のむこうに

<4-5ページ>
この広々とした大空間!
山と大地がおりなす世界は
人を謙虚にし、自然への畏敬の念をよびおこす

<10ページ>
ミカンの里にうまれ
ミカンの里にそだち
ミカンの里にねむる
心はいつも ミカンいろ…

<14-15ページ>
ふるさとの やさしい川と
おもちゃのようなでんしゃ
いくさきは ひ・み・つ!

<16-17ページ>
見渡すかぎり 咲きほこる
あわいピンクのツクシイバラ
たいせつに たいせつに
みんなで守っていこう

<23ページ>
イルカといっしょに ジャーンプ ジャーンプ
たかく たかく
夢も理想も おもいつづければ いつかかなう

<24-25ページ>
大海原に夕陽がしずむ
ここは どこ?
ここは----地球!

<30ページ>

KAB熊本朝日放送<きっとある虹色の道>:熊本県知事表敬訪問!_その2/2

  • 2015.02.21 Saturday
  • 00:00
昨日、2月20日(金)は午前11時15分から30分までの約15分間、
プロジェクトの一環で制作された新作絵本『にじいろのみち』を携え、
熊本朝日放送の磯松社長をはじめとする関係社員の皆さんと“熊本県庁”を訪問しました。ジョギング

熊本県を舞台にした本書の完成ご報告と共に、
この絵本が県内全小学校380校へ寄付されることになり“贈呈式”が行われました。祝

この様子は九州圏内の朝日放送の夕方のニュース番組で放映されたそうです。テレビ

それでは早速ご覧下さい!見る


磯松社長と葉祥明のご挨拶。


蒲島知事からのご挨拶。


寄付される絵本です!






この絵本のもう一つの特徴は“AR”!
制作にあたった“熊本崇城大学”の“和泉助教授”から使い方の説明がありました。


葉もビックリ!




最後に記念撮影です!
熊本朝日放送の皆さんと一緒に葉山館長と私もカメラに収まりました!

イベントのご報告:元気フェスタ_KAB熊本朝日放送!_その他!

  • 2014.10.20 Monday
  • 00:00
KAB熊本朝日放送”が主催する
KAB元気フェスタ2014 くまもとPOWER大集5ch(ゴー)』の開催に合わせ、
葉祥明ブースの出店&サイン会そして18日には生出演しました!グッド

会場設営やサイン会の様子をご覧頂いて来ましたので、
今日はその他のブースなどをご紹介します!鉛筆

URLこれまでの“イベントのご報告”はこちらから!back


ARを体験しよう」のコーナーです。“AR”とは“現実拡張”のこと。
具体的にはスマートフォンやタブレットのカメラを通して葉祥明の絵が動いたり、絵本の中に入り込むような体験ができます。
今回の企画絵本にその“AR”を組み込むアイデアが考えられています。!


こちらが“AR”の画面。
絵本『ジェイクと海のなかまたち』のワンシーンを切り取っています。ワッ!


ソフトウエア開発者である“熊本崇城大学”の“和泉助教授”から講義を受けています。
タブレットをどこに動かしても海の中にいる状態!
画面をタッチすると小魚が動き出す仕掛けも!びっくり

その他には番組の紹介パネルや、地元の食べ物や食材が所狭しと販売されていました。
スイス洋菓子店”の出店もあり、ビックリ!
約5万人来場のとても賑やかなイベントとなりました!楽しい







calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いちご新聞'17年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.20のご紹介です!_1/2
    toshi (07/20)
  • 葉祥明美術館メールマガジンvol.74を配信しました!
    toshi (07/18)
  • 新商品のご紹介:ジェイクぬいぐるみキーホルダー_再販です!
    ゆきの (07/17)
  • 掲載記事のご紹介:通販カタログ『佳人手帳』春号!
    toshi (07/16)
  • ミュージアムトークのご報告:絵本『星の王子さま』原画展
    toshi (07/15)
  • 新刊のご紹介:絵本『ピーターパンとウェンディ』_制作進行中!_その2
    toshi (07/13)
  • 原画展<萬鉄五郎記念美術館>:招待券プレゼント!
    toshi (07/11)
  • 原画展<萬鉄五郎記念美術館>:『葉祥明展 〜絵本文学の世界へ〜』_展示の様子_2/2
    toshi (07/09)
  • 今日は七夕&葉祥明の誕生日です!
    ゆきの (07/07)
  • 葉祥明美術館のお庭便り:2017年<夏の装い>-その1
    おおほり (07/07)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM