新刊のご紹介:読み聞かせ英語絵本『星の王子さま〜The Little Prince〜』

  • 2016.12.04 Sunday
  • 17:30

 

昨年から“Jリサーチ出版”より出版している“読み聞かせ英語絵本シリーズ”。

今回は“世界の名作”シリーズとして三部作で出版されます!拍手拍手拍手

 

第一作目は葉祥明がこよなく愛する“サン=テグジュペリ”の不朽の名作『星の王子さまグッド

 

原作が持つ独特の世界観とエッセンスを葉祥明が見事にヴィジュアル化し、あたかも最初からコラボレーションしたかのような自然なページ展開に驚きます!文章も絵本に合わせて短く読みやすくなっていますよ!鉛筆2

 《かんじんなことは、目に見えないんだ
    〜What truly matters the eyes cannot see.〜


お子様だけでなく、忙しい日々を送っている大人の方にもオススメ!

深遠なメッセージが新しいカタチで心に響きますよ!ウィンク

 

青い旗絵本『星の王子さま〜The Little Prince〜』のお買い求めはこちらから!back

 

down大判down

hoshino_1.jpg

【書籍名】読み聞かせ英語絵本
     『星の王子さま〜The Little Prince〜』(大判
【付 録】無料音声ダウンロード付
     (英語バージョン・日本語バージョン・バイリンガル。
      それぞれ BGM入り!)
【原 作】サン=テグジュペリ
【 絵 】葉 祥明
【 訳 】リサ・ヴォート
【装 丁】水崎 真奈美
【価 格】1,800円(税別)
【頁 数】60ページ
【判 型】24.8×24.0×1.0cm
【出 版】Jリサーチ出版(2016年11月10日)
【特 長】だれもが知っている名作だから、安心して英語が読める・
     聞ける。
     美しい絵と言葉。小さなお子様のアート感覚も育つ。
     英語と日本語があるから、お子様一人でも学習できる。
     音声は3バージョン。英語・日本語・英語と日本語バイリ
     ンガル。(無料音声ダウンロード付)
     聞きたいバージョンを読者が選べる。
     プレゼントや卒園・入学祝いにも人気です!

downミニ版down

【書籍名】読み聞かせ英語絵本
     『星の王子さま〜The Little Prince〜』(ミニ
【付 録】無料音声ダウンロード付
     (英語バージョン・日本語バージョン・バイリンガル。
      それぞれ BGM入り!)
【原 作】サン=テグジュペリ
【 絵 】葉 祥明
【 訳 】リサ・ヴォート
【装 丁】水崎 真奈美
【価 格】1,400円(税別)
【頁 数】60ページ
【判 型】15.3×15.3×1.0cm
【出 版】Jリサーチ出版(2016年11月10日)

down<01-02ページ>(一部抜粋してご紹介します)

hoshino_2.jpg

はかないってどういうこと?

そりゃ、<そのうち消えてなくなる>ってことだよ。

ぼくの花も、そのうち消えてなくなるの?

 

What does 'ephemeral' mean ?

It means that things are fleeting and will someday disappear.

Is my flower fleeting, too? Will it someday disappear ?

down<03-04ページ>

おとなだって、さいしょは こどもでした。

でも、そのことを忘れずにいる おとなはいません。

 

At one time, adults were children, too.

But only a few adults remember this.

down<05-06ページ>

hoshino_4.jpg

サハラ砂漠で飛行機のモーターがどこか故障を起こしました。

そこでのはじめての夜、私は人の住むところから

およそ100マイルもはなれた砂地で眠りました。

 

Over the Sahara Desert, my airplane's engine failed.

That first night, I slept on the sand,

a thousand miles away from people and civilization.

down<07-08ページ>

hoshino_5.jpg

すると驚いたことに、夜が明けると、

奇妙な小さな声がして、私は目をさましました。

「ねえ……ヒツジの絵をかいて!」

「え?」

「ヒツジの絵をかいて……」

 

Thus, you can imagine my surprise to be awakened at sunrise

by a soft, unusual voice. It said:

“Draw me a sheep!”

“What?”

“A sheep, draw me a sheep.”

down<23-24ページ>

hoshino_6.jpg

さて、王子さまは、地球に足をふみいれると、

だれもいなくて、びっくりしました。

「こんばんは」と王子さまは、あてもなしに言いました。

「こんばんは」と、ヘビが言いました。

「ぼく、なんていう星に落ちたの?」

「地球だよ、アフリカだよ」と、ヘビは答えました。

 

The little prince landed on Earth.

and was surprised that there were no people.

“Good evening,” said the Little Prince as he looked around.

A snake replied, “Good evening.”

“What's the name of this planet?”

“Earth. We are in Africa,” the snake answered.

down<33-34ページ>

すると、そこへキツネがあらわれました。

「おはよう」と、キツネが言いました。

「おはよう」と、王子さまは、ていねいに答えて

ふりむきましたが、なんにも見えません。

「ここだよ。リンゴの木の下だよ」と、声が言いました。

「ぼくと遊ばない? ぼく、すごくかなしくて……」と、

王子さまは言いました。

 

Then, a fox appeared.

“Good morning,” said the fox.

“Good morning,” the Little Prince responded politely

 and turned but saw no one.

“I'm down here, under the apple tree,” said the fox.

“Why don't we play?” I'm very sad,” the Little Prince said.

down<49-50ページ>

hoshino_8.jpg

「ぼく、その水がほしいな。飲ませてくれない?」

私は、つるべを、王子さまのくちびるに持ち上げました。

すると、王子さまは、目をつぶったまま、

ごくごくと飲みました。

 

“I'd like to drink this water. May I?” the Little Prince asked.

I brought a pail of water to this lips and 

with his eyes closed, he gulped it down.

down<51-52ページ>

hoshino_9.jpg

「ぼく、ここのすぐ近くにおりてきたんだった……」

「きみは、おりてきたところへ、また戻ろうとしていたんだね」

王子さまは顔が赤くなりました。

人が顔を赤らめたら、「そうだ」という意味ではないでしょうか。

 

“I fell from the sky around here,” the Little Prince said.

“So when we met, you were trying

to get back here to where you first landed on Earth.”

The Little Prince blushed.

When one blushes, if probably means, “Yes.”

ご挨拶:大晦日<2011年>!

  • 2011.12.31 Saturday
  • 00:00
2011年…。地球

今年は北鎌倉葉祥明美術館の開館20周年記念の一年ということで、
1月には新春コンサーとして“ビックリトル”にお越しいただき、
2月には“音楽朗読劇「リトル・ツリー」”を開催しました。カラオケ

そして東日本大震災…。
美術館も計画停電による休館や時間短縮の営業が4月5日まで続きました。
この頃のブログには“非日常”を感じさせる“緊急性の高い記述”が見受けられます。
この時、私はアメリカに滞在していたので、スタッフには多いに助けられましたし、
日本の情報を少しでも集めようとやりとりをし、ブログを書いていました。鉛筆

その3月11日の前日である10日には、
皆さんもご存じの“ドラマ『リバウンド』”の撮影場所に葉祥明美術館が選ばれ、
撮影が始まりました。震災の影響でドラマ自体のスタートが延期となり、
撮影日程も早めに終了する予定が6月紫陽花のピークにまで延び、大変な現場となりました。
放映が終わった今でも「リバウンド」という声を聞き、懐かしく感じます。ポッ

そんな中、葉祥明の創作意欲は途切れることなく、
新刊のご紹介:『人生の贈り物 -四つの物語』、絵本「For Your Everything」、
ことばの本「しあわせの法則」、絵本「Imagine & Voice〜あなたとともに〜」、
絵本『美しい朝に、絵本『海からの風』、そして“新作絵本”の取材へと続きます。びっくり

そして、10月29日には開館20周年記念日として“西村由紀江”さんを
お招きしてコンサートを行い、初の試みとして“お食事会”も企画しました。ラーメン

こうして今年1年を振り返りますと、アッという間ではありましたが、
やはり皆様に支えていただいたことには変わりありません。
改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。おはな

来年は葉祥明・画業40周年となり、それにふわしい一年にしたいと思っています。
どうぞ、2012年もご愛顧の程、宜しくお願いします。楽しい

皆様、よいお年をお迎え下さい。
平和な一年になりますように…よつばのクローバー

ミュージアムトークのご報告:第42回「Imagine & Voice」展!

  • 2011.10.08 Saturday
  • 00:00
2011年10月1日(土)14:00より、
北鎌倉葉祥明美術館で開催中の『Imagine & Voice』展をテーマに
ミュージアムトークを行いました。拍手拍手拍手

それでは早速ご覧下さい!見る

URLこれまでのミュージアムトーク記事はこちらからback


厳しい残暑が終わり、とても気持ちのいい一日。
皆さんのほがらかな笑顔の中でのお話しになりました。ニコニコ


仏教の経典がベースにもかかわらず、
ここまで違うものにしてしまってもいいのかと心配にはなりましたが、
依頼主となるお坊さんがまったくそういう発想は必要ない、
ということでまず古典的な仏教の色ではなく、僕のパステル調を基調にし、
英語のタイトルにしました。

Imagine & Voiceは実に今日的なテーマです。
潜在意識をありありとイメージし、そうなるように力を尽くす。
「引き寄せの法則」というのがありますが、
幸せも喜びも自分自身がどれだけ鮮明に強く決心してイメージできるかが重要です。


そして、書籍『笑う門には福島来る』の著書である“渥美京子”さんがおいでくださり、
出版へのきっかけや、福島への思いを語って下さいました。down

10年ほど前からこの本の主人公である大橋さんとはご縁がありました。
今回の原発事故にはとても恐怖でどうなってしまうのだろう?と絶望の気持ちでいました。
そんな中、大橋さんたちは3.11直後から社員総出で1日1万5千個のパンを作り、
町の人に配ってらっしゃいました。放射能が沢山降り注いでいることも知らずに必死で
互いに支え合っていたことに心揺さぶれれました。
この本は7月までの福島の人たちの思い、悩み、苦しみと悲しみ、
そして原発で何が起きているのかをノンフィクションで書かせていただきました。
私たち自身、悲観もせず、楽観もせず、一日一日を一所懸命に生きて、
また未来を切り開いて行ければと思っています。

葉祥明美術館の企画展:「Imagine & Voice」展-その3

  • 2011.09.25 Sunday
  • 00:00
今日は昨日のブログでご紹介した作業の様子から、
設置終了後の展示室をご覧いただきます。見る

URLこれまでの“葉祥明美術館の企画展”に関する記事はこちらから!back








ちょっとラインが濃いかも…と思いつつ、
今回の装飾はこんな感じになりました。

【期  間】2011年9月24日(土)〜2011年11月25日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館展示室
【イベント】2011年10月1日(土)ミュージアムトーク

葉祥明美術館の企画展:「Imagine & Voice」展-その2

  • 2011.09.24 Saturday
  • 00:00
昨日は9月2回目の三連休初日でした。
陽ざしも真夏のような“痛さ”ではなくなり、
風も冷たい秋模様に人出も多くなってきましたよ!ジョギング

そして閉館後に今日から始まる「Imagine & Voive」展のための、
原画の展示入替作業を行いました。工具

URLこれまでの“葉祥明美術館の企画展”に関する記事はこちらから!back


まずは額装の準備。ひらめき


今回も少し装飾を試みています。プシュー

明日、展示の様子をご紹介します!楽しい

【期  間】2011年9月24日(土)〜2011年11月25日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館展示室
【イベント】2011年10月1日(土)ミュージアムトーク

葉祥明美術館の企画展:「Imagine & Voice」展-その1

  • 2011.09.22 Thursday
  • 00:00
今日のブログは北鎌倉葉祥明美術館で企画している
Imagine & Voive」展の展示に関するお知らせです。鉛筆

絵本「Imagine & Voive」はこの“ブログ”でも何度もご紹介していますように、
浄土宗開祖・法然上人八百年大遠忌を記念して制作されました。
800年という、まさに時空を越えて連綿と受け継がれてきた人々の祈りの中に、
葉祥明が携われたことはとても光栄なことです。おはな

東日本大震災、原発事故そして台風の被害…。
この絵本を通して少しでも生きる希望を見出すお手伝いができれば、と思います。ニコニコ

是非、皆様のご来館をお待ちしております!楽しい

URLこれまでの“葉祥明美術館の企画展”に関する記事はこちらから!back

  downdowndownこちらは皆さんにお配りしているチラシです!downdowndown
【期  間】2011年9月24日(土)〜2011年11月25日(金)
【場  所】北鎌倉葉祥明美術館展示室
【イベント】2011年10月1日(土)ミュージアムトーク

イベントのご報告:浄土宗大本山 増上寺「法然セミナー2011-苦楽共生」-その3

  • 2011.09.12 Monday
  • 00:00
今日は昨日の続きです!
それでは早速どうぞ!GO!

法然セミナー』の最後を飾ったのは、絵本「Imagine & Voice」の朗読です。読書

朗読してくださったのは
サンデーモーニング”などに出演されていた“津島亜由子”さん。ラッキー

ページごとに変わる絵の色合いに合わせた
とても幻想的な演出をご覧下さい。見る

URLこれまでの『法然セミナー』関連記事はこちらから!back












モニターにはご覧のように絵本の各ページが映し出されました。便箋

イベントのご報告:浄土宗大本山 増上寺「法然セミナー2011-苦楽共生」-その2

  • 2011.09.11 Sunday
  • 00:00
昨日は浄土宗主催の『法然セミナー』が開催されました!ひらめき

2年前に参加した時は11月12日でかなり寒かったのを憶えているのですが、
昨日は残暑が厳しく暑い一日になりました。たらーっ

それでは早速ご報告です!見る

これまでの『法然セミナー』関連記事はこちらから!


前半のハイライト!オカリナ奏者の“宗次郎”さんの演奏です。

この日のテーマは“四苦八苦”。
宗次郎さんは1975年に出会ったオカリナの音に魅せられて師匠に弟子入りし、
そこで3年間はオカリナ製作をみっちり修行したそうですが、その時期は辛かったそうです…。
現在使用されているオカリナは全てご自身で作られたものとのこと!びっくり


そして後半のハイライト!“王貞治”さんです。

生い立ちから高校、巨人軍、監督時代、そして現在へと一気に語られました。
長い野球人生の中で、今でも思い出すのは王さんにとって最初の大きな挫折でもあり、
その後の巨人軍入りへと傾いたきっかけになった、
早実3年最後の夏に都の決勝戦で敗れて甲子園に行けなかったことだそうです。

元巨人軍の投手だった“ジャイアント馬場”さんや“長島茂雄”さんへの想い、
そして“一本足打法”との出会いのお話しも印象的でした。YES!


休憩の時間帯には葉のサイン会もありましたよ。鉛筆

最後に絵本「Imagine & Voice」が朗読されましたが、
とても幻想的な演出がなされていましたので、
明日のブログで改めてご紹介致します!楽しい

イベントのご報告:浄土宗大本山 増上寺「法然セミナー2011-苦楽共生」-その1

  • 2011.09.10 Saturday
  • 00:00
本日開催される浄土宗主催の『法然セミナー』が開催されるにあたり、
一日だけ展示される原画設置に行ってまいりました。ジョギング

浄土三部経を絵本化した三作品「Call My Name」「For Your Everything
Imagine & Voice」が完結したこともあり、
法然セミナー』に合わせての原画展示です。おはな


ミリ単位の細かな作業をして下さいました。工具


最後にタイトルを貼って出来上がり!ひらめき


とてもきれいに飾っていただきました。
スペースの問題で全点展示はできませんが、原画の美しさはご覧頂けますよ。グッド


こちらは「Imagine & Voice」の原画4点です。楽しい

ミュージアムトークのお知らせ:「Imagine & Voice〜あなたとともに〜」展

  • 2011.08.24 Wednesday
  • 00:00
昨日のブログで紹介した新刊「Imagine & Voice〜あなたとともに〜」の原画展示を
北鎌倉葉祥明美術館にて2011年9月24日(土)から11月25日の期間で予定しています。ひらめき

その企画展に合わせた葉祥明のミュージアムトークを
下記の日程で開催します!拍手拍手拍手

浄土宗における重要な教典三部作となる教典「阿弥陀経」「観無量寿経」「観無量寿経」の
浄土三部経を描き終えた感想などを交えお話しする予定です。ニコニコ

たくさんのご来館をお待ちしております!楽しい

おはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはな
葉祥明美術館ミュージアムトーク開催!
【期 日】2011年10月1日(土) 14:00~15:00
【場 所】北鎌倉 葉祥明美術館 企画展示室
【テーマ】「Imagine & Voice〜あなたとともに〜」展
【参加費】入館料のみ(700円)/会員様は無料
【予 約】必要ありません。
【サイン】トーク後にサイン会があります
【その他】お席の準備を1時から始めます。整い次第、お座りいただけます。
     未就学のお子さまとの参加もお受けしておりますが、他のお客様の聴講環境も鑑み、
     お座席は出入り口付近でのご案内になりますこと、誠に申し訳ございませんが、
     予めご了承下さい。     
おはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはなおはな

新刊のご紹介:絵本「Imagine & Voice〜あなたとともに〜」

  • 2011.08.23 Tuesday
  • 00:00
絵本「Call My Name」そして、絵本「For Your Everything」に続く、
シリーズ最終巻が発刊されました。拍手拍手拍手

このシリーズは浄土宗の開祖・法然上人の八百年大遠忌を記念して制作がスタートしたもので、
現代に生きる葉祥明がその教えを絵本にしたらどうなるのか?
というのが一つのテーマでもありました。ひらめき

浄土三部経の教典「阿弥陀経」を絵本にした「Call My Name」、
観無量寿経」を絵本にした「For Your Everything」。
そして今作は観無量寿経となりました。おはな

今も昔も変わらない一人ひとりの苦悩や葛藤からいかに解放されるか?
そのひとつの答えを“法然上人の教え”を通してお届けします。ニコニコ

北鎌倉葉祥明美術館では2011年9月24日から11月25日まで
本作の原画を開催する予定になっています。
こちらも合わせてご覧下さい。楽しい

URL新刊「Imagine & Voice」のお買い求めはこちらから!back

URLシリーズ1作目「Call My Name」のお買い求めはこちらから!back
URLシリーズ2作目「For Your Everything」のお買い求めはこちらから!back

      down(一部抜粋してご紹介します)down
【書籍名】Imagine & Voice 〜あなたとともに〜
【絵と文】葉祥明 
【監 修】浄土宗
【価 格】1500円(税込) 
【頁 数】 46頁
【判 型】22×15.7×1cm(縦×横×厚)
【出 版】角川学芸出版(2011年4月30日)

<2-3ページ>
あなたは今
心安らかですか?
何か不安を感じてはいませんか?
もしそうなら
そんなあなたに
ひとりの女性のお話をして差し上げましょう

<4-5ページ>
「私は
とてもつらい毎日を
過ごしています
生きる歓びが
感じられず
いつも心がふさがっているようです
苦しみのない世界は
ないものでしょうか?
日々
様々な出来事が
私にやってきます
寄せては返す
波のように
繰り返し繰り返し
私のもとにやってきて
決してやむことがありません
だから私の心は一時も休まらず
苦悩は深くなるばかりです……」

<8-9ページ>
あなたを取り巻く出来事や相手に
変化を望んでも
かえってあなたは
むなしくなるばかりです
それよりも
まずあなた自身の
心を変える
そのほうがむしろ
苦しみから解き放たれる
近道なのです

<10-11ページ>
「人から嫌われるのが怖くて
本当の自分の気持ちをおさえ
なんとか皆に合わせて
生きてきましたけれど
ときどきそれに耐え切れずに
このまま消えたく
なってしまいます
この世には
悲しいことつらいことが
いっぱいなのに
私には
何もできません
こんな私など
もうこの世にいないほうがいいのでは
とさえ思ってしまいます」
<12-13ページ>
あなたは
世の中があなたに
苦しみをもたらしていると
思っていますね
そういうこともあるかもしれません
しかし、苦しみの一因は
あなた自身の中にも
あるのですよ
あなたの考えや
世の中に対する見方が
あなた自身を
苦しめることもあるのです
だから、ほんの少し
あなた自身を変えてみませんか?
そのために
ひとまずこの現実から離れて
心を安らかにすることから
はじめましょう

<14-15ページ>
想い描いてごらんなさい
はるか遠くに沈んでいく夕陽を
燃えるように赤く
雄大で
そして、あたたかい……
もうずいぶん長い間
夕陽をながめるのを
忘れていませんでしたか?

<16-17ページ>
耳を澄ませてごらんなさい
大地を潤す川々の
心地よい せせらぎの音を
春、夏、秋、冬
それぞれの季節に
そのときの風景と一体となって
心地よく奏でるあのリズム

<22-23ページ>
たしかに
美しいものを想い描くだけで
物事が変わるわけではありません
しかし、あなたは変わったはずです
もうさっきまでのあなたではないはずです
そうではありませんか?
世の人びとをごらんなさい
一見、自由に見える若い人だって
若い人なりの
不安感と制限のなかで
生きざるを得ないでいます
大人は、どんなにつらくても
責任と義務を果たしながら
生きていかねばなりません

<34-35ページ>
また、年老いた人は
徐々に世の中から退き
次の世代をただ静かに見守ることが
この世での最後のつとめに
なるかもしれません
だれもが不安や寂しさをかかえながら
生きている
こうしたことに
あなたは気づきはじめているはずです
さあ次は
あなた自身を振り返ってみましょう
ななたを気遣ってくれる人
手を差し伸べてくれる人が必ずいます
あなたは決して
ひとりではありません
それを信じてください

<38-39ページ>

フェアのお知らせ:2011年<福屋広島駅前店>にて!-その2

  • 2011.08.05 Friday
  • 00:00
8月4日から9日まで開催される“福屋広島駅前店”での
フェア展示場の様子が送られてきましたので、ご紹介します!鉛筆

今回はいつもよりも広い会場ということもあり、
葉祥明の油彩画と絵本原画をあわせて20点展示しているところも見どころです。GO!

皆様のお越しをお待ちしております!ジョギング

URLこれまでの“福屋広島駅前店フェア”の様子はこちらから!back


販売用の原画展示です。赤りんご


奥のパーテーションが絵本からの原画展示です。
絵本「森がうみをつくる」「あの夏の日」「Imagine & Voice」から出展しました。読書


新作ジクレー”や“新作ダイヤモンドスクリーニング”などの販売ブース。


新しいポストカードや便箋、封筒などが並んでいます!
一般販売はお盆明けになりますので、先駆けての販売ですよ!グッド

福屋-広島駅前店-
【期  間】 8月4日(木)〜8月9日(火)
【サイン会】 8月6日(日)14:00〜16:00
【場  所】 9階催場
【住  所】 〒732-0822 広島県広島市南区松原町9-1
【問い合せ】 082-568-3612(6階グラフィックステーション)

イベントのお知らせ:浄土宗大本山 増上寺「法然セミナー2011-苦楽共生」

  • 2011.07.08 Friday
  • 00:00
2009年に出版された絵本「Call My Name」がご縁となり、
増上寺で催される“法然セミナー”に葉祥明が出演したことがありました。よつばのクローバー

そして本年2011年は絵本「For Your Everything」「Imagine & Voice」が出版され、
作家本人の出演はありませんが、同時開催として原画展が行われることになりました。拍手

セミナーでは、“宗次郎”氏の神秘的なオカリナの響きが披露されるほか、
皆さんよくご存じの“王貞治”氏が講話をされます。びっくり

チケット発売開始は7月10日からです。
皆様のご参加をお待ちしております!楽しい

法然セミナー”の詳しい案内はこちらから!


どんなに一所懸命生きていても、
毎日がいいことばかりではありません。
時には悲しいことも、
つらいこともあるでしょう。

そんなとき、ふと立ち止まってみてほしい。
そして気づいてほしい。
当たり前に過ごす日々の中に、
小さなしあわせがたくさんあること。
何気ないやさしさやあたたかさに包まれ、
ずっと支えられていたことに。

豊かな生活に慣れ、
いつのまにか忘れていた、
しあわせのかたち。
もういちど、いっしょに見つめてみませんか。
■2011年9月10日(土)13:30〜16:30
【テーマ】法然セミナー2011「苦楽共生」
【出 演】王貞治/宗次郎/八木季生
【会 場】浄土宗大本山 増上寺・大殿
【住 所】〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-35
【入場券】前売り 全席1,000円(当日指定)
     ※指定席券との引換えは、当日12時より、増上寺大殿(本堂)前にて行います。
【お買求】<電子チケットぴあ>
     TEL 0570-02-9999[Pコード 619-316]
     取扱店:サークルKサンクス/セブンイレブン(受け取りのみ)
     <ローソンチケット>
     TEL 0570-084-003[Lコード 39170]
     ローチケ.com http://l-tike.com(PC・モバイル共通)
     ローソンチケットオペレーター(10:00〜20:00)TEL 0570-000-777
     取扱店:ローソン
【問合せ】法然セミナー事務局
     フリーダイヤル 0120-688-080(平日10:00〜12:00/13:00〜16:00)
【同時開催】葉祥明原画展

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フェアのお知らせ:2019年<京急上大岡>にて!_告知!
    toshi (08/20)
  • 原画展<黒部市美術館>:『葉 祥明 展 今、僕はここにいる』_NHK冨山でニュース番組に!
    toshi (08/18)
  • いちご新聞'19年8月号・『心にAroma(アロマ)』no.46のご紹介です!_1/1
    toshi (08/16)
  • 雑誌「SAKIGAKE(魁)」'19年春42号:「葉祥明の世界」のご紹介です!
    toshi (08/15)
  • 投票してね!:ミュージアムキャラクターアワード2019!_途中経過発表!
    toshi (08/13)
  • いちご新聞'19年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.45のご紹介です!_2/2
    toshi (08/11)
  • いちご新聞'19年7月号・『心にAroma(アロマ)』no.45のご紹介です!_1/2
    toshi (08/10)
  • 広島 原爆の日:絵本『きみに聞いてほしい〜広島に来た大統領〜』より…。
    toshi (08/07)
  • お知らせ:会員様特典<壁紙プレゼント>2019年8月!
    葉祥明美術館 堀内 重見 (08/05)
  • お知らせ:会員様特典<壁紙プレゼント>2019年8月!
    toshi (08/05)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM